*

PR

1966 Brabham-Repco BT20 Formula One 1億3419万円(SOLD)

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 F1 ,

MC14_r169_001 MC14_r169_002 MC14_r169_003 MC14_r169_004

 

 

Sold for €1.092.000

300馬力、2994のcc SOHC V型8気筒エンジン、5速マニュアルトランスミッション、フロントとコイルスプリング、アンチロールバー、および調整可能なショックアブソーバー、および四輪ガーリングディスクブレーキとリアの独立ウィッシュボーンサスペンション。ホイールベース:2375ミリメートル

1967年モナコグランプリの受賞
彼の1967年ドライバーズ・チャンピオンシップへの途中でデニス・ハルムによって駆動
ブラバムのバックツーバックのコンストラクターズ選手権の不可欠な部分
まあF1とヴィンテージレースのコミュニティで知られています
2010年に完成した3年間の修復
FIAは、3リットルの制限は1966年にフォーミュラワンレースに課されるであろうことを後半1963年に発表した際、スクランブルは、適切な新しいエンジンを開発するために、競合他社の間で続きました。コベントリークライマックス直列4気筒エンジン、すでに多数のチームが使用して、新しい式のための最も明らかに適応可能な基盤を提供しますが、コベントリーのリソースがすでにそれまでに薄すぎる広がり、サービスや部品可用性たますます問題でした。

新鮮なアプローチが必要とされたことを認識した後、オーストラリアのレーサーとチームマネージャーのジャック・ブラバムはレプコ、オーストラリアの部品サプライヤーになりました。開発は、既存および実証済みのクランクケースの利点を提供オールズモビルのF85のV-8ブロック、を中心に。ブラバム・エンジニアフィル・アーヴィングが監督、レプコはブラバムと共同デザイナーロンTauranacにちなんで命名(エンジンのサイズを最小化し、それが成功したBTシャーシに適合することができ、変位を減少し、一本鎖駆動のカムシャフトとのオーバーヘッドバルブ配置を置換しました)。

第一のタイプのRBながら620モータは、元のF85ブロックに基づいた、全く新しい鋳造品は、最終的にレプコはアルミの外にブロックを作成することができました。軽量パワープラントは、非常に信頼性があり、結果的にはるかに成功した競争によってゼロから開発3リッター発電所のほとんどよりであることが判明しました。ジャック・ブラバムは唯一BT19シャーシを駆動する1966年シーズンを始めたが、数ヶ月以内に、2 BT20車は(むしろ楕円形よりも)円形チューブフレームを除いて、BT19と本質的に同一であったこと造られたと強化コックピット。

シャーシF1-2-66、これら2台の車の第二は、それが有名なデニス・ハルムによって駆動された1966年7月3日、上のフランスGPでレースを開始しました。ただ、1964年にブラバムチームで破り、ヒュームは着実な改善を示した信頼性の高いバックアップドライバになっていた、と偉大さへの彼の上昇はイギリスGPで、二週間後1966年にランスで3位フィニッシュによって証明されました、ヒュームは2位フィニッシュに大笑いした後、9月4日にモンツァで3位。オールトン・パークで別の2位はシーズン締結ブラバムの1966年コンストラクターズチャンピオンシップをシール、10月23日にメキシコグランプリをで3位で、9月17日に続きます。特に、ジャック・ブラバムも今までに自分の車の中でタイトルを獲得する最初で唯一のドライバになって、その年ドライバーズチャンピオンシップを確保しました。

車はブラバムチームの努力の焦点となった1967年シーズンは、さらに重要F1-2-66のためであることが判明しました。車は4月15日にオールトン・パークで第二、1月2日にキャラミで第4回を終え、今シーズンの前半のためにヒュームによって排他的に駆動され、フィッティングしたモナコグランプリ、で5月7日に初のチェッカーフラッグを取っていました車の最大のレースの成果のロケール。

ヒュームは、彼が第三を終えた6月4日、上のオランダGPで車を最後に1回運転しました。その後、ブラバムチームは、その2つのBT20sを引退し、BT24の開発を進めました。ヒュームは、1967ドライバ未実現行っているだろう選手権-成果、それがこの車の強力なためではありませんでした」選手権とブラバムは、その2年連続メーカーウォン」が獲得したようにかかわらず、F1-2-66は、F1レースの歴史の中で重要な位置を誇っています貢献。

このBT20はガイリジェ、その後の人生でレースに取って、ジャック・ブラバムとの友情を打っていた元プロラグビー選手と建設業界の大物に1967年オランダグランプリ後に販売されました。リジェは、1967年メキシコグランプリで6 8月6日と11日にニュルブルクリンクでのドイツGPで6位を終え、1967年シーズンの残りのために車を走りました。 1967年シーズン終了後、リジェはチャールズはVögeleに車を販売し、それは、オランダGPで5位と高く置く、シルビオ・モーザーによって1968年全体で参戦しました。

オフシーズンの間に、ブラバム・レプコは、フランツ・アルバートにより購入し、9月7日にGaisbergでヨーロッパヒルクライム選手権で5位を終え、1969年に倍の一握りをレース。彼のプライベートコレクションのために伝説のジョー・シフェールによって取得された後、F1-2-66はその後、最終的には1997年に最初のモナコヒストリック・グランプリでヴィンテージ形式でレースに戻って、世話人の小さな一握りを通過しました。

数多くの請求書で示すように、2007年2月に販売委託者に買収された後、この重要なBT20は総合的に、約€200,000の合計作業で、シュトゥットガルトのピーターRosenmayer、によって復元されました。終了後、技術的なパスポートが2010年4月30日にFIAによって発行された、そして車はそれ以来ホッケンハイムとディジョンでの古典的なイベントに参加しました。それは非常によく、特​​にブラバムのネイティブオーストラリアとニュージーランドのヒュームの故郷で、歴史的なレースのコミュニティで知られたままになります。

F1-2-66を構築のみ2 BT20の例の一つであり、それはブラバムとヒュームの成果の遠心コンポーネントです。これは、それが元の1966レプコV-8を搭載しているとともに、その重要なレースカーの任意のコレクションに優れた加えになるだろう。

300 bhp, 2,994 cc SOHC V-8 engine, five-speed manual transmission, front and rear independent wishbone suspension with coil springs, anti-roll bars, and adjustable shock absorbers, and four-wheel Girling disc brakes. Wheelbase: 2,375 mm

  • Winner of the 1967 Monaco Grand Prix
  • Driven by Denny Hulme en route to his 1967 Drivers’ Championship
  • Integral part of Brabham’s back-to-back Constructors’ Championships
  • Well known in the F1 and vintage racing communities
  • Three-year restoration completed in 2010

When the FIA announced in late 1963 that a three-litre limit would be imposed on Formula One racing in 1966, a scramble ensued amongst competitors to develop suitable new engines. The Coventry Climax inline four-cylinder engine, already in use by numerous teams, offered the most obviously adaptable foundation for the new formula, but Coventry’s resources were already spread too thin by then, and service and parts availability were increasingly an issue.

After realising that a fresh approach was required, Australian racer and team manager Jack Brabham turned to Repco, an Australian parts supplier. Development centred on Oldsmobile’s F85 V-8 block, which offered the advantage of a pre-existing and proven crankcase. Overseen by Brabham engineer Phil Irving, Repco decreased the displacement and substituted the overhead-valve arrangement with a single chain-driven camshaft, minimising the engine’s size and allowing it to fit into the successful BT chassis (named for Brabham and co-designer Ron Tauranac).

Whilst the first type RB 620 motors were based on original F85 blocks, all-new castings eventually allowed Repco to create the blocks out of aluminium. The lightweight powerplant proved to be extremely reliable and consequently far more successful than most of the three-litre powerplants developed from scratch by the competition. Jack Brabham began the 1966 season driving the sole BT19 chassis, but within a matter of months, two BT20 cars were built that were essentially identical to the BT19, with the exception of a circular-tube frame (rather than oval) and a reinforced cockpit.

Chassis F1-2-66, the second of these two cars, commenced racing at the French Grand Prix on 3 July 1966, where it was driven by the renowned Denny Hulme. Just breaking in with the Brabham team in 1964, Hulme had become a reliable back-up driver who displayed steady improvement, and his rise to greatness was evidenced by the 3rd place finish at Reims in 1966. Two weeks later, at the British Grand Prix, Hulme roared to a 2nd place finish and then 3rd at Monza on 4 September. Another 2nd place at Oulton Park followed on 17 September, with a 3rd place at the season-concluding Mexican Grand Prix on 23 October, sealing Brabham’s 1966 Constructors’ Championship. Notably, Jack Brabham also secured the Drivers’ Championship that year, becoming the first and only driver to ever win the title in his own car.

The 1967 season proved to be even more significant for F1-2-66, as the car became a focal point of the Brabham team’s efforts. The car was driven exclusively by Hulme for the first half of the season, finishing 4th at Kyalami on 2 January, 2nd at Oulton Park on 15 April, and taking its first chequered flag on 7 May at the Monaco Grand Prix, which was a fitting locale for the car’s greatest racing accomplishment.

Hulme drove the car one final time at the Dutch Grand Prix on 4 June, where he finished 3rd. After which, the Brabham team retired its two BT20s and moved forward with the development of the BT24. Regardless, F1-2-66 boasts an important place in F1 racing history, as Hulme went on to win the 1967 Drivers’ Championship and Brabham won its second consecutive Manufacturers’ Championship—achievements that would have gone unrealised were it not for this car’s strong contributions.

This BT20 was sold after the 1967 Dutch Grand Prix to Guy Ligier, a former professional rugby player and construction magnate who took to racing later in life and had struck up a friendship with Jack Brabham. Ligier ran the car for the remainder of the 1967 season, finishing 6th at the German Grand Prix at Nürburgring on 6 August 6 and 11th at the 1967 Mexican Grand Prix. After the 1967 season, Ligier sold the car to Charles Vögele, and it was raced throughout 1968 by Silvio Moser, placing as high as 5th at the Dutch Grand Prix.

During the off-season, the Brabham-Repco was purchased by Franz Albert and raced a handful of times in 1969, finishing 5th at the European Hill Climb Championship at Gaisberg on 7 September. After being acquired by the legendary Jo Siffert for his private collection, F1-2-66 subsequently passed through a small handful of caretakers, eventually returning to race in vintage format at the first Monaco Historic Grand Prix in 1997.

After being acquired by the consignor in February 2007, this important BT20 was comprehensively restored by Peter Rosenmayer, of Stuttgart, with the work totalling to approximately €200,000, as illustrated by numerous invoices. Following completion, a technical passport was issued by the FIA on 30 April 2010, and the car has since attended classic events at Hockenheim and Dijon. It remains very well known by the historic racing community, particularly in Brabham’s native Australia and Hulme’s homeland of New Zealand.

F1-2-66 is one of only two BT20 examples constructed, and it is a centrifugal component of the accomplishments of Brabham and Hulme. This, along with it being equipped with an original 1966 Repco V-8, would make it an outstanding addition to any collection of important race cars.

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1966-brabham-repco-bt20-formula-one/1065941

関連記事

image

1991-1992 BENETTON-FORD B191/191B 2700万円~3500万円

  予想価格:€220,000 - 280,000 元ミハエル・シュー

記事を読む

2002 Jaguar R3 F1

2002 Jaguar R3 F1 ¥ASK

車両価格:ASK フォードコスワースのCK V10エンジンを搭載した2002年ジャガ

記事を読む

1995 F1 Jordan Peugeot V10 - driven by Barrichello + Irvine, 2nd Canada GP

1995 F1 Jordan Peugeot V10 – driven by Barrichello + Irvine, 2nd Canada GP 1852万円

車両価格:£97,500 Chassis 195/04 is ex-Eddie Jor

記事を読む

4663372

Benetton Toleman Hart F1 ¥SOLD

ベネトンTolemanハートF1 1985ローリングシャーシとギアボックスから。 ロ

記事を読む

Betsafe_04_60C

TEAM BETSAFE GUMBALL 3000 F1 ¥ASK

    私たちは、2016年のチームBetsafeガムボール

記事を読む

F1 Jordan 3-03

【F1】F1 Jordan 3-03 ¥ASK

車両価格:ASK F1 Jordan 3-03 for sale 2003 h

記事を読む

alfaromeo1

Alfa Romeo 179 f1 ¥SOLD

例ファクトリーチームアルファロメオ179/3.0リットルF1例ジャコメリ。大スペアパッケージ

記事を読む

4342700

Ferrari F1 Simulator ex Ferrari Factory ¥ASK

フェラーリ公式F12006チームのドライバーは、シミュレータを使用していました。 これは、

記事を読む

1993 Footwork Arrows FA14

1993 Footwork Arrows FA14 ¥SOLD

車両価格:SOLD 1993 Footwork Arrows FA14 complet

記事を読む

1998 Jordan 198 and simulator

1998 Jordan 198 and simulator 1329万円

車両価格:£69,995 1998 Jordan 198, this car has

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク