*

PR

1980 Tyrrell 010 Formula One 2202万円(SOLD)

公開日: : F1 , ,

MC14_r155_001 MC14_r155_001a MC14_r155_002 MC14_r155_003 MC14_r155_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for €179.200

ルーカスの燃料噴射と475+馬力、2933 ccのDOHCフォード・コスワースDFV V-8エンジン、5速ヒューランド製FG400マニュアルトランスアクスル、カーボンファイバーモノコック、プルロッド操作コイルスプリング付きのダブルウィッシュボーン式フロントとリアのサスペンション、および4 -wheelディスクブレーキ。重さ:585キロホイールベース:2692ミリメートル

まず1980年モナコGPでデレック・デイリーによりレース
元の仕様にティレル機関によって復元
有名なドニントン・グランプリコレクションに表示
非常に新鮮で正確な車やエンジン。 FIA事務処理を含み
ケン・ティレルのフォーミュラワンチームは、彼らの最初の5シーズンでドライバージャッキー・スチュワートと3世界選手権を獲得しました。 1973年の終わりにスチュワートの退職後、ティレルはジョディー・シェクターとパトリック・デパイユでレースに勝つ、1970年代力を残りました。 1979年シーズンのキャンディ国内家電からスポンサーの追加は1980年のグランプリシーズンに向けて開発されているモーリス・フィリップ・設計ティレル010で、その結果、チームは金融ブーストを与えました。

「二重-OH-10」としてデレック・デイリーにより記述010は、それがジャン=ピエール・ジャリエとダリーによって駆動された南アフリカで、1980年シーズンの第三のレースでデビューしました。この車、シャーシ010から3は、最初に彼とチームメイトJarierは有名な空気中にデイリーと010/3を突入させ、レースの開始時に一緒に来たダリー、によって1980年にモナコでレースをしました。車は部品を新しいタブで再構成された修理、Worksのに戻しました。車は、前にその後継のデビューに、1980年シーズンの残りの部分を通って、1981年に、011は最終的に、この車は17 F1グランプリの合計で競っ競争を続け、デイリーの同類によって駆動されましたJarier、エディ・チーバー、とミケーレ・アルボレート。

010/3のためのグランプリのハイライトは最終戦に続いて1981年にロングビーチGPとモナコGPでチーバーによって駆動されるときに、2つの5位は、1980年に英国とオランダのGPSと5位の仕上げの別のペアでJarierで終了含めます1981年シーズンは、この車はそれを分解し、再構築元の仕様に、チームのためのショーカーとして使用したティレル、に戻しました。 1986年には、シャーシ010/3は、それが彼らの有名なグランプリコレクションの中に表示されていたドニントン博物館に貸し出されました。

1998年、ポール・ストッダート、将来のミナルディF1チームのオーナーは、ティレルに関わるようになった、と後でその年、彼は010/3を含め、チームの歴史的なクルマのすべてを獲得しました。車は博士ムーグは、歴史的なグランプリカーのFIAテクニカルレギュレーション内の最新の標準に車を高めるために多くの改良を行うことを進ん2004年に述べたドイツの歴史的なレーサー博士ポールP.ムーグによってストッダートから購入した(のコピーFIAの事務処理)は、ファイルに含まれています。別の修飾は、改善された安全のための新しい燃料システム(燃料ポンプ、燃料電池、及びキャッチタンク)に含ま。

この歴史的なF1マシンが、その後FIAの事務処理に伴い2007年8月に博士ムーグからの現在の所有者に買収された、ティレルは、所有権と技術文書のファイルだけでなく、これを概説アレン・ブラウン、によってコンパイルされた歴史的な関係書類を含み、車のレースと所有権の歴史。さらに、010/3はまた、ホイールのスペアセットで提供されます。

ティレル010が提供されるように優勝を受賞したウィリアムズFW​​ 07.並みに、その時代の最も競争力のある車であると言われ、このティレル010フォーミュラワンレーサーは、新しい所有者のレースの準備のための準備ができていると歴史的にその場所を取るために世界中のグランプリグリッド。

 

475+ hp, 2,933 cc DOHC Ford-Cosworth DFV V-8 engine with Lucas fuel injection, five-speed Hewland FG400 manual transaxle, carbon-fibre monocoque, double-wishbone front and rear suspension with pull-rod operated coil springs, and four-wheel disc brakes. Weight: 585 kg Wheelbase: 2,692 mm

  • First raced by Derek Daly at the 1980 Monaco Grand Prix
  • Restored by Tyrrell Racing Organization to original specs
  • Displayed in the famed Donington Grand Prix Collection
  • Very fresh and correct car and engine; includes FIA paperwork

Ken Tyrrell’s Formula One team won three World Championships with driver Jackie Stewart in their first five seasons. Following Stewart’s retirement at the end of 1973, Tyrrell remained a force throughout the 1970s, winning races with Jody Scheckter and Patrick Depailler. The addition of sponsorship from Candy Domestic Appliances during the 1979 season gave the team a financial boost, resulting in the Maurice Philippe-designed Tyrrell 010 being developed for the 1980 grand prix season.

The 010, described by Derek Daly as the “double-oh-ten”, made its debut in the third race of the 1980 season, in South Africa, where it was driven by Jean-Pierre Jarier and Daly. This car, chassis 010-3, was first raced at Monaco in 1980 by Daly, where he and teammate Jarier famously came together at the start of the race, catapulting Daly and 010/3 into the air. The car was returned to the Works for repairs, where the components were reassembled with a new tub. The car continued to compete through the remainder of the 1980 season and into 1981, prior to the debut of its successor, the 011. Ultimately, this car competed in a total of 17 Formula One grand prix and was driven by the likes of Daly, Jarier, Eddie Cheever, and Michele Alboreto.

Grand prix highlights for 010/3 include two 5th place finishes with Jarier at the British and Dutch GPs in 1980 and another pair of 5th place finishes when driven by Cheever at the Long Beach GP and the Monaco GP in 1981. Following the last race of the season in 1981, this car was returned to Tyrrell, where it was disassembled and rebuilt to original specifications and used as a show car for the team. In 1986, chassis 010/3 was loaned to the Donington Museum, where it was displayed amongst their famous Grand Prix Collection.

In 1998, Paul Stoddart, future Minardi F1 team owner, became involved with Tyrrell, and later that year, he acquired all of the team’s historic cars, including 010/3. The car was purchased from Stoddart by noted German historic racer Dr Paul P. Moog in 2004. Dr Moog proceeded to undertake a number of improvements to raise the car to the latest standards within the FIA technical regulations for historic grand prix cars (copies of the FIA paperwork are included on file). Another modification included a new fuel system (fuel pumps, fuel cell, and catch tank) for improved safety.

This historic Formula One car was then acquired by the current owner from Dr Moog in August 2007. Along with the FIA paperwork, the Tyrrell includes a file of ownership and technical documents, as well as a historical dossier compiled by Allen Brown, which outlines this car’s racing and ownership history. Additionally, 010/3 will also be offered with a spare set of wheels.

The Tyrrell 010 is said to be the most competitive car from its era, on par with the championship-winning Williams FW 07. As offered, this Tyrrell 010 Formula One racer is ready for the new owner’s race preparations and to take its place on historic grand prix grids around the world.

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1980-tyrrell-010-formula-one/1065908

関連記事

THE WILLIAMS FW23B #01 1512万円

  車両価格:£97,500+VAT 公式ウィリアムズ遺産エージェント

記事を読む

BENETTON-COSWORTH FORD B194 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER 9682万円(SOLD)

Sold for £617,500 元ミハエル・シューマッハ、1994 FIAフォーミ

記事を読む

アイルトンセナ TOLEMAN-HART F1 1億8255万円

車両価格:£1,000,000 The Monaco Grand Prix,

記事を読む

Ayrton Senna 1987 Lotus 99T Engine Cover 768万円

    販売価格:£48,000 ロータス99Tは、1

記事を読む

【F1】Lotus 81 Formel 1, Chassis No. 2 7053万円

車両価格:7053万円 Description: Lotus 81 Chassis

記事を読む

2011 SAUBER FERRARI C30 1938万円

  車両価格:£125,000 我々は、この2011年ザウバーのF1マ

記事を読む

March 741 DFV F1 Car ¥ASK

月741 DFV F1カー もともと月のF1チームのために構築され、ヴィットリオ・ブランビ

記事を読む

Footwork Arrows Porsche FA11C (F1) 670万円

車両価格:€50,000 Description: Footwork Arrows

記事を読む

1999 Williams FW21 4843万円

車両価格:£255,000 1999 Williams FW21 in original

記事を読む

1993 ザウバー・メルセデス 1500万円

車両価格:1500万円 93年シーズン、ハインツ・ハラルド・フェレンツェン仕様のショー

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク