*

PR

1982 Mirage M12 Group C Sports Prototype 1032万円(SOLD)

公開日: : Group C ,

MC14_r154_001 MC14_r154_002 MC14_r154_003 MC14_r154_004

 

 

Sold for €84.000

540馬力、3995 ccのDOHCフォード – コスワースDFL V-8エンジン、5速ヒューランド製VG5マニュアルトランスアクスル、ダブルウィッシュボーンとコイルスプリング、および4輪油圧ディスクブレーキと4輪独立サスペンション。ホイールベース:2667ミリメートル

2つだけミラージュグループCスポーツプロトタイプの1つ
広範囲に車輪の後ろハーレーCluxton IIIで、GTCによってテスト
素晴らしい3.9リットルフォードDFLエンジンを搭載
グループC、歴史的なレースの対象。 FIA事務処理を含み
1967年、ジョンWyerとジョンWillment設立J.W.自動車エンジニアリング株式会社は、チームはFIA世界メーカーの選手権にGT40に時間を呼び出したときにフォードによって残された空白を埋めるためでした。ガルフ・オイル社のグラディ・デイビス、M1の結果、今後のシーズンに向けて3プロトタイプを構築について、チームセットからささやかな資金を調達するために管理しました。 4月、4ヶ月開封後、J.W.ことで自動車はモンツァでM1競合ました。次のレースは、スパでは、ジャッキー・イクスと博士ディック・トンプソンは、独自のリーグですでにありました。土砂降りの雨で、彼らは手近に2オーバーラップの背後に終わっフェラーリP4、との戦いに勝ちました!

1974年には、ジョンWyerは部分的に引退し、チームはミラージュの専用サポーターを反映し、湾岸研究レーシングと改名されました。ジョンHorsmanは、チームを指揮し続けるであろう、そして新たに開発されたM6はGR7改題されました。 1974年の世界選手権でマトラに第二を終え、チームは、世界で最も権威あるイベント、ル・マン24時間レースに集中することにしました。翌年、ミラージュはデレク・ベルとジャッキー・イクスと過酷な24時間レースに勝ちました。

1975年シーズンの終わりまでに、湾岸は彼らの後援を撤回し、チームは元レーシングドライバーハーレーCluxton IIIに買収されました。チームが成功した競争を続け、1976年および1977年に、ミラージュは、工場出荷時にサポートされているポルシェマルティーニ936sのみで殴られ、ルマンで第二を終えました。チームが進行し、グループC選手権が生まれたように、完全に新しい車が競争力を維持するために必要でした。

新しいM12地面効果車はジョンHorsmanによって設計され、イギリスでハウデン・ガンレイのティガレースカー(株)によって建設されました。 M12は、幻想的な3.9リッターコスワースDFL V-8エンジンを特色にし、それは父と息子のデュオマイケルとマリオ・アンドレッティによって駆動されるルマンの1982ランニングで入力されました。ミラージュは、比較的重い車と考えられていたにもかかわらず、その高度なエアロダイナミクスは、有名なミュルザンヌのストレート上の印象的な毎時212マイルをクロッキング、実際には最速の車の中でそれを作りました。

ここに提供されるM12、シャーシM12-002は、部分的に組み立てられた予備車として1982年にル・マンに搬送しました。それが必要とされなかったとして、それは組み立てが完了したフェニックス、​​アリゾナ州のグランドツーリング車社に戻りました。シャーシ002は、開発車として使用され続け、さらにはフォードのアリゾナ試験場で220 mph以上のクロックで動作しました。それは競争力のある義務を果たすために呼び出されていなかった一方で、それが広く、その姉妹車、M12-001と一緒に試験しました。両方の車のための試験の結果、写真、および対応の包括的な本は、ファイルに含まれており、それは、この画期的なグループCスポーツプロトタイプの開発に魅惑的な表情となっています。

テストが終了した後、M12-002は数年間保管したことは、その生涯を通じて、最小限の使用を見ていたが、それは2003年に以前の所有者が買収したまでは、車はトニー・ニコルソンのロビン・オートモーティブ中により徹底した検査を与えられましたソノマ、カリフォルニア州。およそ$ 10,000合計サービス作業のための請求書は、ファイルだけでなく、数多くの所有権文書、FIA事務処理、および前述の開発ファイルに含まれています。現在の所有者は2005年に車を購入し、他の注目すべきグランプリとプロトタイプレーシングカーの彼のコレクションにこれを追加しました。

 

540 bhp, 3,995 cc DOHC Ford-Cosworth DFL V-8 engine, five-speed Hewland VG5 manual transaxle, four-wheel independent suspension with double wishbones and coil springs, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,667 mm

  • One of only two Mirage Group C Sports Prototypes
  • Extensively tested by GTC, with Harley Cluxton III behind the wheel
  • Equipped with the fantastic 3.9-litre Ford DFL engine
  • Eligible for Group C historic races; includes FIA paperwork

In 1967, John Wyer and John Willment founded J.W. Automotive Engineering Ltd. The team was to fill the void left by Ford when they called time on the GT40 in the FIA World Manufacturers’ Championship. Having managed to source modest funding from Grady Davis, of the Gulf Oil Corporation, the team set about building three prototypes for the forthcoming season, resulting in the M1. By April, four months after opening, J.W. Automotive was competing the M1 at Monza. The following race, at Spa, Jacky Ickx and Dr Dick Thompson were already in a league of their own. In the pouring rain, they handily won the race against the Ferrari P4, which finished over two laps behind!

In 1974, John Wyer partially retired and the team was renamed Gulf Research Racing, reflecting the Mirage’s dedicated supporter. John Horsman would continue to direct the team, and the newly developed M6 was retitled GR7. Having finished 2nd to Matra in the 1974 World Championship, the team chose to concentrate on the world’s most prestigious event, the 24 Hours of Le Mans. The following year, Mirage won the gruelling 24-hour race with Derek Bell and Jacky Ickx.

By the end of the 1975 season, Gulf withdrew their sponsorship and the team was bought by former racing driver Harley Cluxton III. The team continued to compete successfully, and in 1976 and 1977, Mirage finished 2nd at Le Mans, beaten only by the factory-supported Porsche Martini 936s. As the team progressed and the Group C Championship was born, a completely new car was required to remain competitive.

The new M12 ground-effect car was designed by John Horsman and built by Howden Ganley’s Tiga Race Cars Ltd. in England. The M12 featured the fantastic 3.9-litre Cosworth DFL V-8 engine and was entered in the 1982 running of Le Mans, where it would be driven by father and son duo Michael and Mario Andretti. Even though the Mirage was considered a relatively heavy car, its advanced aerodynamics made it amongst the fastest cars in practice, clocking an impressive 212 mph on the famous Mulsanne Straight.

The M12 offered here, chassis M12-002, was transported to Le Mans in 1982 as a partially assembled spare car. As it was not needed, it returned to the Grand Touring Cars Inc. in Phoenix, Arizona, where the assembly was completed. Chassis 002 continued to be used as a development car and was even clocked at over 220 mph at Ford’s Arizona Proving Grounds. Whilst it was not called upon to serve competitive duty, it was extensively tested alongside its sister car, M12-001. A comprehensive book of tests results, photographs, and correspondence for both cars is included on file, and it serves as a fascinating look into the development of this ground-breaking Group C Sports Prototype.

After testing was concluded, M12-002 was stored for a number of years, until it was acquired by the previous owner in 2003. Although it had seen minimal use throughout its life, the car was given a thorough inspection by Tony Nicholson’s Robin Automotive in Sonoma, California. Invoices for the service work, which totalled to approximately $10,000, are included on file, as well as numerous ownership documents, FIA paperwork, and the aforementioned development files. The current owner purchased the car in 2005 and added it to his collection of other notable grand prix and prototype racing cars.

 

 

http://rmsothebys.com/mc14/monaco/lots/1982-mirage-m12-group-c-sports-prototype/1065901

関連記事

1990 Porsche 962C Team Trust - Click to see full-size photo viewer

Competition Car Porsche 962C ¥ASK

車両価格:ASK   Team Trust One of th

記事を読む

CIMG1989jTsw4JqU

1988 Spice C2 car 2656万円

車両価格:£150,000   Description: This 1

記事を読む

244_Kremer_CK7

Porsche Kremer CK7  1682万円

車両価格:€125,000 Chassis und Karosserie Teile

記事を読む

image

1989 Brun Porsche 962C Group C Sports Prototype 9600万円~1億2000万円

車両価格:€750,000 - 950,000 元ブルン・モータースポーツ、オスカー・

記事を読む

614_3

Ford Probe Zakspeed ¥ASK

車両価格:ASK Ford Probe GTP (Gruppe C) einer

記事を読む

screen_shot_20150205_at_11_17_21

Nissan R88C Group C Le Mans Race Car 7363万円

車両価格:£400,000 Description: One of four

記事を読む

1986 Group C Tiga C2

1986 Group C Tiga C2 2307万円

車両価格:£123,500   Description: 1986

記事を読む

PA14_r103_001

1982 Porsche 956 Group C Sports-Prototype 2億8496万円(SOLD)

  Sold for €2.352.000 620馬力、モトロニ

記事を読む

Rondeau M382 Group C

ロンドー M382 グループ C ¥ASK

車両価格:ASK 提供する上で、全体のロンドーM382を受賞1982年モンツァ千キロで

記事を読む

Spice C1

【グループC】Spice C1 ¥ASK

車両価格:ASK 1990#028 これは、スパイス·エンジニアリングによって行われ

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク