*

PR

1971 Lamborghini Miura SV 2億3217万円(SOLD)

MO14_r138_001 MO14_r138_002 MO14_r138_003 MO14_r138_004

<スポンサーリンク>

 

 

Sold for $2,090,000

385のbhp-腕、筒状の衝撃とコイルスプリング、およびアンチロールバーと、3929 ccの横ミッドマウント型合金DOHC V-12エンジン、ウェーバーツインチョークキャブレター、5速マニュアルギアボックス、独立したフロントとリアのサスペンション、四輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:98.42で

美しく修復された本物の三浦SV
2009年のウズラでのクラス優勝者のベスト
最近のサービスと機械のオーバーホール
「オリジナルスーパーカー」の例外的な例
ランボルギーニから最初の “スーパーカー”、そして世界が今まで見ていた、おそらく最初のスーパーカーは、P400三浦だった、それが最初に1966年ジュネーブサロンで発表されたとき、その影響は臨時の短い何もなかったです。簡単に言えば、三浦は、道路上の何もないように見えた、そしてそれは、高性能車の設計のパラダイムシフトをマーク。その感覚的なラインは、ちょうど車室の後ろ、横置きされたそのエンジンの配置に間違いなくお世話になりました。三浦の性能は、そのルックスにマッチした、そして車はガソリンを燃料とする発電用の申し子であることに行くだろう。このように、Miurasは、多くの場合、マイルス・デイビス、ロッド・スチュワート、そしてフランク・シナトラなど、その日の最もファッショナブルな有名人の多くのガレージで発見することができました。

マルチェロ・ガンディーニは27歳でゴージャスなデザインを書いて、それが美しく時代の若々しい精神をカプセル化。車は美しく、そのようなおそらく荒れ狂う牛の角のオフにモデル化されたドアの形状として、車と対話するとき、常に運転者の顔に笑顔をもたらす複雑な詳細と、全体にスタイルを作られました。官能的であったと同じくらい筋肉たとして多くの人にとって、それは、完璧な自動車のシルエットを誇りました。

三浦、SVの最後の反復は、その前に来て、すでに壮大なP400Sの上に多数の変更を特色にしました。 SVは、以前の車のように特徴的な「フロントエンドの明るさ」を削除するのに役立った少し修正されたサスペンション、のおかげで改善された取り扱いを特色にしました。今度は、後部車体がわずかに広く行われました。彼らはSV下のrpmではるかにユーザーフレンドリーを作ったとして、おそらく最も顕著な変化は、ラガーキャブレターと若干異なるカムタイミングを特色にしたエンジンにありました。そのエンジンは385ブレーキ馬力を生産すると、SVは信じられないほどのパフォーマンスを誇りました。停止状態から毎時60マイルのスプリントは、ちょうど5.8秒を要し、その最高速度は毎時180マイルで引用されました。

この特定の三浦SVは70モデルの総生産量を見たSVの生産の最初の年の間に、1971年9月22日に建設されました。数週間後、10月8日に、それはドイツのランボルギーニの輸入H.ハーンにGIALLO三浦と黒のインテリアを、身に着けて、新しい配信されました。 H.ハーンへの送達後に、車が、それが30年以上にわたって残り、後でトラックテストのための日本の雑誌のスーパーカーの2004号に掲載されました日本に直接移動していると考えられます。

記事の発表に続いて、車台番号4942は、フルレストアを依頼し、新しい所有者にその方法を発見しました。エンジンとトランスミッションを除去したと体から剥離塗料は、車がオレンジ色に塗られていたが、残念ながら、塗料が不適切に硬化させたと終了後に部分的に回復過程を経て、結果として台無しになりました。その時点で、復元を停止し、復元を続けることにしましたランチョサンタフェのコレクタに「そのまま」2007年に、車が販売されました。インテリアはブルーのインサートと黒のビニールダッシュと黒のレザーシートで、大部分が無傷であることが判明しました。塗料はもう一度ストリッピングして、元の色、ほぼオレンジに輝く深い黄色は、ドアのジャムで見つかりました。このように、車はその色に塗り替えました。

続いてその再構築、その後のフルが完了するまでに1年以上かかった、そしてそれは、400以上の写真が記載されていました。シャーシは自由に錆びていることが見出された、そしてエンジンはに沿って、ゼロから再構築されていた車で配信されたオリジナルのユニットとして、ジョーSackeyの本、ランボルギーニミウラ聖書で提供される情報によると、確認されましたZF 5速トランスミッション、限定されたスリップディファレンシャル、ガーリング換気ディスクブレーキ、そしてサスペンション付き。電気系は、新しい部品と交換し、内部は車が新しかったオプションであっただけではなく、座席に、フルレザーにアップグレードされました。さらに、車はエイボンタイヤに包まれている元のカンパニョーロマグネシウムホイール、上に座っています。

この三浦は、2010年以来、トロントでの現在の所有者と居住しており、それは完全なランボルギーニの専門家によるエンジン、キャブレター、および送信の再構築最近完了から利益を得ます。同時に、排気が適切に洗浄され、セラミックコーティングされた、主放熱パイプを交換し、放熱器をrecoredし、ガスタンクを除去完全に洗浄し、復元されました。このとき、大型のバッテリーは、バッテリーカットオフスイッチを使用して、インストールされた、第2のスイッチは、燃料ポンプを遮断するために設置したので、キャブレターを完全に記憶する前に燃料を排出することができます。
また、全ての配線要素を検査し、整流されました。

再構築が完了した後、車はほぼ千キロを駆動しており、所有者は、それが見事に実行されることを報告しています。フルレザーインテリアは素晴らしい状態にあり、グローブボックスを開いたときに、紙の小さなシートは、現在の所有者と車のすべての遠出の日付と走行距離がリストされ、内見つけることができます。 $十三万七千に合計そのエンジンからの領収書の再構築、のすべてに加えて、車が完全な写真をその以前の復元を記録したアルバムと、元の所有者のマニュアルによって文書化されています。

三浦は、世界が今まで見た最も象徴的な自動車のシルエットの1を誇り、それが業界全体にもたらし何のための画期的な自動車です:素晴らしいパフォーマンス、華麗なルックス、スタイルの信じられない感覚。マルチェロ・ガンディーニはベルトーネで、自動車設計が今日になるかわからありませんしながら、このレイジング・ブルにそれらの設計の側面を貸す続くので、多くの車として、三浦を設計するために紙に彼のペンを入れたことがありませんでした。このミウラSVはまだその完全な復元次信じられないほどの状態のままで、それは三浦の最後の反復の美しい表現です。それは最終的にかつてあった、またはまだ彼の寝室の壁のポスターには、ある車を所有するために探して、個々のために理想的です。

 

385 bhp, 3,929 cc transverse mid-mounted alloy DOHC V-12 engine, Weber twin-choke carburetors, five-speed manual gearbox, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs with tubular shocks, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 98.42 in

  • A genuine Miura SV that has been beautifully restored
  • Best in Class winner at The Quail in 2009
  • Recent servicing and mechanical overhaul
  • An exceptional example of “the original supercar”

The first “supercar” from Lamborghini, and perhaps the first supercar the world had ever seen, was the P400 Miura, and when it was first unveiled at the 1966 Geneva Salon, its impact was nothing short of extraordinary. Simply stated, the Miura looked like nothing else on the road, and it marked a paradigm shift in the design of high-performance cars. Its sensuous lines were undoubtedly indebted to the placement of its engine, which was mounted transversely, just behind the passenger compartment. The Miura’s performance matched its looks, and the car would go on to be the poster child for a petrol-fueled generation. As such, Miuras could often be found in the garages of many of the most fashionable celebrities of the day, including Miles Davis, Rod Stewart, and Frank Sinatra.

Marcello Gandini penned the gorgeous design at the age of 27, and it beautifully encapsulated the youthful spirit of the age. The car was beautifully styled throughout, with intricate details that would always bring a smile to the driver’s face when interacting with the car, such as the shape of the doors, which were supposedly modeled off of the horns of a raging bull. To many, it boasted the perfect automotive silhouette, as it was just as muscular as it was sensual.

The final iteration of the Miura, the SV, featured numerous changes over the already spectacular P400S that came before it. The SV featured improved handling, thanks to a slightly revised suspension, which helped to remove the “front-end lightness” so characteristic of the earlier cars; in turn, the rear bodywork was made slightly wider. Perhaps the most notable changes were to the engine, which featured lager carburetors and slightly different cam-timing, as they made the SV much more user-friendly at lower rpms. With its engine producing 385 brake horsepower, the SV boasted incredible performance. A sprint to 60 mph from a standstill took just 5.8 seconds, and its top speed was quoted at 180 mph.

This particular Miura SV was built on September 22, 1971, during the first year of SV production, which saw a total production of 70 models. A few weeks later, on October 8, it was delivered new, wearing Giallo Miura and a black interior, to German Lamborghini importer H. Hahn. Following its delivery to H. Hahn, it is believed that the car travelled directly to Japan, where it remained for over 30 years and was later featured in a 2004 issue of Japanese magazine Supercars for a track test.

Following the publication of the article, chassis number 4942 found its way to a new owner, who commissioned a full restoration. Partially through the restoration process, after the engine and transmission had been removed and the paint stripped from the body, the car was painted orange, but unfortunately, the paint was improperly cured and the finished was ruined as a result. At that point, the restoration was halted, and in 2007, the car was sold “as is” to a Rancho Santa Fe collector, who decided to continue with the restoration. The interior was found to be mostly intact, with black leather seats with blue inserts and a black vinyl dash. The paint was stripped once more, and the original color, a deep yellow that shines almost orange, was found in the door jams; thus, the car was repainted in that color.

The subsequent full rebuild that followed took more than a year to complete, and it was documented with over 400 photos. The chassis was found to be rust free, and the engine was confirmed, according to information provided in Joe Sackey’s book, The Lamborghini Miura Bible, as the original unit that was delivered with the car, which had been rebuilt from the ground up, along with the ZF five-speed transmission, the limited-slip differential, the Girling ventilated disc brakes, and the suspension. The electric system was replaced with new components, and the interior was upgraded to full leather, not just on the seats, which was an option when the car was new. Additionally, the car sits on its original Campagnolo magnesium wheels, which are wrapped in Avon tires.

This Miura has resided with its current owner in Toronto since 2010, and it benefits from a recently completed full rebuild of the engine, carburetors, and transmission by Lamborghini specialists. At the same time, the exhaust was properly cleaned and ceramic coated, the main radiator pipe was replaced and the radiator was recored, and the gas tank was removed, fully cleaned, and restored. At this time, a heavy-duty battery was installed, with a battery cut-off switch, and a second switch was installed to cut off the fuel pump, so the carburetors can be completely drained of fuel before storage.
Also, all the wiring components were inspected and rectified.

Following the completion of the rebuild, the car has been driven nearly 1,000 kilometers, and the owner reports that it runs beautifully. The full-leather interior is in wonderful condition, and upon opening the glove box, a small sheet of paper can be found within, which lists the date and mileage of the car’s every outing with its current owner. In addition to all of the receipts from its engine rebuild, which total to $137,000, the car is documented by a complete photo album, which documents its previous restoration, and its original owner’s manual.

The Miura boasts one of the most iconic automotive silhouettes the world has ever seen, and it is a landmark automobile for what it brought to the entire industry: fantastic performance, brilliant looks, and an incredible sense of style. Had Marcello Gandini never put his pen to paper to design the Miura while at Bertone, there’s no telling where automotive design would be today, as so many cars that followed lend facets of their design to this Raging Bull. This Miura SV still remains in incredible condition following its full restoration, and it is a beautiful representation of the final iteration of the Miura. It would be ideal for the individual looking to finally own the car that once was, or still is, on a poster on his bedroom wall.

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1971-lamborghini-miura-sv/1067938

 

関連記事

2012 Lamborghini Gallardo LP570-4 Super Trofeo Stradale – GCC Specs 1840万円

車両価格:AED545,000 Details Make Lambor

記事を読む

Lamborghini Super Trofeo – 4WD 1318万円

車両価格:€99,000   Description: The c

記事を読む

【ヤフオク】ランボルギーニ カウンタック クワトロバルボーレ希少車!

御覧になってありがとうございます。 カウンタックの中でも人気のクワトロバルボーレヨー

記事を読む

1980 Lamborghini LP400S ¥ASK

車両価格:ASK A very original 1980s icon • F

記事を読む

Lamborghini Gallardo LP570 Supertrofeo 1564万円

車両価格:€115,000   Description: We s

記事を読む

LAMBORGHINI Aventador LP750-4 Superveloce Roadster E-Gear

    LAMBORGHINI Aventa

記事を読む

【ヤフオク】ランボルギーニ アヴェンダドール LP750-4 SVロードスター 新車

  自動車基本情報 メーカー名 ランボルギーニ 車種名 アヴ

記事を読む

1971 Lamborghini Miura P400 SV by Bertone

予想価格:$2,000,000 - $2,400,000 4ウェバーツインチョー

記事を読む

2010 Lamborghini Gallardo LP560-4 GT2/3 4948万円

車両価格:4948万円 Description: 2010 Lamborghini

記事を読む

Lamborghini Countach 5000QV 4936万円

車両価格:£274,995 エンジン容量:5167cc。 トランスミッション:5

記事を読む

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク