*

PR

1974 Lancia Stratos HF Stradale by Bertone 7302万円(SOLD)

公開日: : ランチア ,

MO14_r227_001 MO14_r227_002 MO14_r227_003 MO14_r227_004

<スポンサーリンク>

 

Sold for $660,000

192馬力、トリプルウェーバーキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、フロントコイルスプリング付き4輪独立サスペンションとリアマクファーソンストラット、および4輪ベンチレーテッドディスクブレーキと2418 ccのDOHCディノV-6エンジン。ホイールベース:中85.8。

真の「タイムカプセル」の例。信じられないほどのオリジナルと悩まされていません
走行距離計の上でのみ4476キロで新しいからワンオーナー、
オリジナルランチア配信文書、取扱説明書、ツールキット、およびジャック
逆さま世界を回した自動車が今まであった場合、それはランチアストラトスHFました。それはおそらく定期的に見られるだけでフェラーリのパワーで動く車の一つであったことを考慮した場合であってもより多くのように、それは意図的に世界ラリー選手権での競争のために構築された最初の自動車だった、とストラトスの強力な、過激なデザインは、道路上の何もないように見えました泥に覆われました。

イタリアのデザインハウスベルトーネは積極ラジカルストラトスゼロのコンセプトカーで1970年トリノモーターショーに到着しました。それは粋なと急激スカラップだったので、コンセプトはメディアやショー来場者の群衆にも広報サンドロ・フィオリオのランチア・ディレクターにだけでなく、際立っていました。フィオリオは彼の息子、チェーザレ、ランチアのラリーチームのチーフになった、と2はストラトスの生産バージョンは、自動車メーカーの不安定な画像とその苦労モータースポーツ部門の両方を逆に利用することができる方法について考えました。

一緒に、Fioriosはストラトスゼロの概念に基づいたベルトーネボディ車のアイデアをランチアマネージングディレクターウーゴGobbatoに近づきました。興味をそそら、Gobbato、元フェラーリのチーフ、青信号プロジェクトは、それがミッドマウントさフェラーリ/ディノV型6気筒エンジンと5速マニュアルギアボックスによって電力を供給されるであろう提供しました。

(「ハイ・フィデリティ」のための)一年後、輝くオレンジストラトスHFプロトタイプは、1971年トリノ自動車ショーでデビューしました。ストラトス」見事なデザインは、そのドライバーのための巨大な外向きのビューを提供するために、マルチェロ・ガンディーニに委託し、車の競争の意図にうなずきで、彼はそれに大きなラップアラウンドフロントガラスを特色にしました。未来的なまだ明らかに1970年代ストラトスは、すぐ下に44インチ背の高い立って、2100ポンド以上の毛でスケールをひっくり返しました。

ここで紹介する1974年ストラトスHF Stradale、または通りのバージョンが、それはその走行距離計に新しいからすぐ下に4500キロを示しているように、「タイムカプセル」真であると記載されています。当時三月1986年にローマ、イタリアは、ランチアディーラーカンピドリオMotoriから「新しい」を取得しているので、車が唯一の所有者を有すると理解され、カンピドリオは車がデモンストレーターとして使用されたことを通知し、このように、それはありました非常に最後ストラトスの1が販売しました。配信では、走行距離計は3236キロをお読みください。

最後の28年間で、車はそれに付随する履歴ファイルによって確認され、さらに1240キロを、旅してきました。重要なことは、この時間の間に、車が専門的に、より最近ニュージーランドでイギリスに格納されました。車は全体で信じられないほど、元のままで、それはまだ予備を含め、元のピレリタイヤを身に着けています。塗料は、ほとんど手つかず表示され、運転席の小さなパッチの保存、内装も完全に元のままです。イギリスに保存されているが、ストラトスは、その走行状態を維持するために、週単位で開始しました。しかし、車の中や外技師クライミングの結果として、外側は運転席の強化材料に小さな涙を開発しました。所有者は、任意のさらなる損傷を防ぐために、座席の上に交換することを決めました。

重要なのは、車の識別タグは、トランクリッドに、両方のドアジャムの内側には、目に見えてフロントクリップの下刻印されているマッチングScocca番号、を含む、無傷のままであり、車のトランク内部のバルクヘッド上。オリジナルペイントステッカーもそのまま​​で、ロッソARANCIO(2.464.171)などの車の元の色を確認します。最後に、リアスクリーン上の元カンピドリオMotoriステッカーもあります。車はさらに6月11日、1974年に製造された車を確認しランチア、から元の配付証拠資料を提供しています優れた履歴ファイルが含まれ、ランチアは、所有者のマニュアルとランチア販売店ブックレット、ディノエンジン部品マニュアル、および特徴未使用のツールジャックを含むキット、ならびにランチアストラトスの書籍や文献の数。

この驚くべき車は最近、サービスを提供し、楽しむこと準備ができて、あるいは単にその現在の状態で保存されてきました。それは泥の外にそれを残すのがベストかもしれませんが伝説 – このランチアストラトスHF Stradaleは典型道路レディ世界ラリー選手権の最高級の元、悩まされていない例間違いなくの一つであり、そうでない場合は!

 

192 bhp, 2,418 cc DOHC Dino V-6 engine with triple Weber carburetors, five-speed manual transmission, four-wheel independent suspension with front coil springs and rear MacPherson struts, and four-wheel ventilated disc brakes. Wheelbase: 85.8 in.

  • A true “time capsule” example; incredibly original and unmolested
  • One owner from new, with only 4,476 kilometers on the odometer
  • Original Lancia delivery documents, owner’s manual, tool kit, and jack

If there was ever an automobile that turned the world upside down, it was the Lancia Stratos HF. It was the first automobile purposely built for competition in the World Rally Championships, and the Stratos’ powerful, radical design looked like nothing else on the road, even more so when considering that it was probably one of the only Ferrari-powered cars regularly seen covered in mud.

Italian design house Bertone arrived at the 1970 Turin Motor Show with the positively radical Stratos Zero concept car. As it was rakish and sharply scalloped, the concept stood out not only to crowds of media and show-goers but also to Lancia Director of Public Relations Sandro Fiorio. Fiorio turned to his son, Cesare, Lancia’s rally team chief, and the two pondered about how a production version of the Stratos could be utilized to reverse both the automaker’s shaky image and its struggling motorsports division.

Together, the Fiorios approached Lancia Managing Director Ugo Gobbato with the idea of a Bertone-bodied car that was based on the Stratos Zero concept. Intrigued, Gobbato, an ex-Ferrari chief, green-lighted the project, provided it would be powered by a mid-mounted Ferrari/Dino V-6 engine and a five-speed manual gearbox.

A year later, the glowing orange Stratos HF (for “High Fidelity”) prototype debuted at the 1971 Turin Auto Show. The Stratos’ stunning design was entrusted to Marcello Gandini, and in a nod to the car’s competition intentions, he featured a large wraparound front windshield on it, to offer an enormous outward view for its driver. The futuristic yet decidedly 1970s Stratos stood just under 44 inches tall and tipped the scales at a hair over 2,100 pounds.

The 1974 Stratos HF Stradale, or street version, presented here is described as being a true “time capsule,” as it shows just under 4,500 kilometers from new on its odometer. The car is understood to have only one owner since being acquired “new” from Lancia dealer Campidoglio Motori in Rome, Italy, in March 1986. At the time, Campidoglio advised that the car was used as a demonstrator, and as such, it was one of the very last Stratos sold. On delivery, the odometer read only 3,236 kilometers.

In the last 28 years, the car has only traveled a further 1,240 kilometers, which is confirmed by its accompanying history file. Importantly, during this time, the car was professionally stored in the United Kingdom and more recently in New Zealand. The car remains incredibly original throughout, and it still wears its original Pirelli tires, including the spare. The paint appears mostly untouched, and save for a small patch on the driver’s seat, the interior also remains totally original. While stored in the United Kingdom, the Stratos was started on a weekly basis to maintain its running condition. However, as a result of the technician climbing in and out of the car, the outside bolster of the driver’s seat developed a small tear in the material. The owner decided to swap the seats over in order to prevent any further damage.

Importantly, the car’s identification tags remain intact, including the matching Scocca numbers, which are visibly stamped under the front clip, on the inside of both door jams, on the trunk lid, and on the bulk head inside the trunk of the car. The original paint sticker is also intact and confirms the car’s original color as Rosso Arancio (2.464.171). Finally, there is also an original Campidoglio Motori sticker on the rear screen. The car includes an excellent history file that features the original delivery documentation from Lancia, which confirms the car was manufactured on June 11, 1974. Furthermore, the Lancia features an owners’ manual and Lancia dealership booklet, a Dino engine parts manual, and an unused tool kit, which includes the jack, as well as a number of Lancia Stratos books and literature.

This amazing car has recently been serviced and is ready to be enjoyed or simply preserved in its current state. This Lancia Stratos HF Stradale is undoubtedly one of, if not the finest original, unmolested example of the quintessential road-ready World Rally Championship legend—though it may be best to leave it out of the mud!

 

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1974-lancia-stratos-hf-stradale-by-bertone/1068220

関連記事

Lancia Delta Evolution Ex Works 1761万円

車両価格:€130,000 Lancia Delta Integrale Evolutio

記事を読む

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos is probably th

記事を読む

【ヤフオク】ランチア・デルタ HFインテグラーレ16vエヴォルツィオーネII

ご覧頂きありがとうございます ランチア・デルタ HFインテグラーレ16vエヴォル

記事を読む

lancia delta GR.A 1487万円?

車両価格:€110,000? lancia delta evoluzione GR.A t

記事を読む

Lancia LC2 SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

Lancia Stratos

スポーツカー/クーペ 内部番号:lancia_stratos 140キロワット(290馬

記事を読む

Lancia Integrale Martini 5 1519万円

車両価格:£79,995   The Lancia Delta was

記事を読む

【ヤフオク】95 ランチア デルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネⅡ D車

【年式】1995(平成7年) 【走行距離】23600km 【カラー】レッド

記事を読む

1980 LANCIA RALLY SE 037 PROTOTYPE GROUP B COMPETITION CAR 予想価格:3900-4900万円

€320,000 - 400,000 最初の工場のプロトタイプ 1980ランチアラリ

記事を読む

【ヤフオク】94y ランチア・デルタ・エボⅡ 検査29年3月迄!!ディーラー物

■記録簿有り、本年も整備バッチリです、スペアキー、付属ツール マニュアル・ワランティブ

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク