*

PR

1965 Ferrari 275 GTB Alloy by Scaglietti 3億7040万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

MO14_r222_001 MO14_r222_002 MO14_r222_003 MO14_r222_004

<スポンサーリンク>

 

 

Sold for $3,382,500

280馬力、上下のダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒状の衝撃、および四輪ディスクブレーキとのトリプルウェーバーデュアルチョークキャブレター、5速マニュアルトランスアクスル、4輪独立サスペンションと3286 ccのV-12エンジン。ホイールベース:94.5。

40年のための現在の所有権
非常によく保存さロングノーズ、合金ボディ275 GTB
新しいからわずか59000元キロ
すべての元の本やツールを提供しています
275 GTB ALLOY

1960年代半ばすることで、フェラーリは全く間違った操作を行うことができなかったかのように見えました。競争相手の車が毎年より多くの顧客を引き付け、カレンダー、それらの道路の車上のほぼすべての主要なレースで成功した新興により、同社は手近に工場の門を出て、自動車の歴史の中で評判、それぞれの新しい車を固めていましたマラネロは、最後のよりも良いように見えました。フェラーリの275 GTBは250 GT SWBおよび250 GT / Lルッソの明確な進化でした。これは、グランドツーリングカーの老化250シリーズを置き換えるために1964年のパリオートショーで導入され、それはV-12搭載のberlinettasの別の素晴らしいシリーズの始まりをマークしました。

それは古典的なコロンボのV-12の3.3リットルのバージョンを利用される時には、275は、これまで生産フェラーリに行く最も先進的な道でした。取り扱いを改善するためには、エンジンの全高が低い重心を実現するために減少した、と275 GTBは、4輪独立サスペンションと後部に取り付けられた5速を誇るブランドからの最初の車でした同時に、より優れた重量配分を達成することを助けるトランスアクスルのギアボックス。

それは象徴的なSWBが提供するが、それでもルッソと同じくらい豪華でした性能のすべてを誇ったとして車は、それを交換車よりもあらゆる方法で優れていることが判明しました。 275 GTBは280馬力を生産し、毎時160マイルの最高速度につながる、わずか6秒で0から毎時60マイルに全力疾走することができました。遅い車上ロングノーズ構造はさらに、車のすでに柔軟性を高めること、早期の変異体の望ましくない高速リフト特性をなくす助けました。 2のための荷物の週末の価値のための十分なスペースを持つ驚異的なパフォーマンスのその組み合わせは、明らかに、このデュアルパーパスグランドツーリングカーや裕福な個人のための完全な選択のレースに勝つために探して、欧州全域ドライブ、またはその両方を行いました。このように、顧客が他の快適さとツーリングのために主に装備しながら、心の中でレースを装備工場を残していくつかの車につながる、彼らがフィット見たように自分の車を整えるための無料の治世を持っていました。

もちろん、最も望ましいオプションは、合金ボディワークでした。フェラーリの最も競争力の競争車の中には、250 SWBの250 GTOと競争バージョンを含む、アルミニウムにボディました。このオプションは、通常のスチールボディワークよりもかなり軽量だったとアルミニウムの使用は、彼らはいくつかの不要な体重を減らすため、自分の車のパフォーマンスを向上させたとして、多くの場合、彼らの新しい車をレースに探して、クライアントによって選択されまし​​た。車のデザインはピニンファリーナによって書かれたが、体はモデナのスカリエッティの職人によって手で殴られました。生産はより強力な275 GTB / 4に切り替わるまでに、アルミボディの例のほんの一握りは、今後数年間のための彼らの望ましさをセメンチング、生産されていました。

40年CURRENT所有権

ここに提供される例、車台番号08069は、フェラーリによって1965年に製造されました。これは、合金ボディワーク、トリプルウェーバーキャブレターとロングノーズ275 GTBであり、それが注目フェラーリの歴史家マルセル・マッシーニによると、フルネロ(VM 8500)本革シートの上にアルジェントMetallizzato(106-E-1)で終了しました。これは、その後、ミラノのフェラーリの公式ディーラー、M. Gastone Crepaldi S.a.s.に新しい配信されましたその年の後半、Crepaldiは、その最初の民間所有者、イタリアに居住して氏Zaniboniに車を販売しました。いつかその後、Zaniboniは、その第二のイタリア語の所有者、トリエステの街に住んでいた氏Ghisa、他のイタリアの市民に車を売却しました。

なお、この275 GTBはいつか1970年代初頭にイタリアから米国に輸出して、その後ヤングスタウン、オハイオ州のロナルド・DeLorenzo、によって購入されたと考えられています。 DeLorenzoはロード&トラック誌の1974年7月号に販売のための車を記載されています。広告は、それがまだ走行距離計の上31000キロで、そのシルバーとブラックのインテリアを着ていた、そしてそれはさらにDeLorenzoは、米国での車の所有者のみであったことを述べていることを指摘しています。広告を見た後、車の現在の所有者は、DeLorenzoに連絡し、$六七〇〇のためにそれを購入しました。それ以来、車はすべての車のライフサイクル全体の9年過ぎ、過去40年の間、同じ世話人、イタリア車の定評のコレクターと愛好家で、オハイオ州の状態で推移しています。

彼の所有権では、車が頻繁に使用を見て、その現在の所有者とロード&トラックからの広告からタイトルによって記録されるように走行距離計は、現在、新しいからわずか59000元キロを示しています。車は非常によく彼の所有権の早い段階で、元の設定から、その唯一の偏差はアクロン、オハイオ州のジョー・Piscazziによる赤内の単一の再描画されると、保存されます。次の40年の間に、車はメドウコンクール・デレガンスとワトキンスでアメリカの年次大会のフェラーリクラブを含め、オハイオ州のその採用家の周りや時折北東米国でより大きなショーで駆動し、示されました1990年細心の注意でグレンは、常に車の著しく元の状態を維持するために、現在の所有者によって撮影された、その結果として、それは非常によく示していると簡単に復元する必要はありませんでした。インテリア、席は慎重に長年の使用によって達成して再作成することは不可能である魅力的な、わずかな緑青で、優れた元の状態のままです。また、車はまだ元の所有者のポーチやマニュアルや、元の完全なツールロールを伴っていることに留意することが重要です。最近の光の化粧品および機械的なサービス前にこの夏に続いて、275 GTBは次の所有者が店に持っているされているものの準備ができて、それはそのメーカーが意図したのと同様に、イベント駆動のイベント、または長距離クルージングをコンクールします。

合金ボディ275 GTBsは、それらがフェラーリ競技車に近いリンクを保持するように、275 GTBの最も望ましい変異体であると多くの人に考えられ、60個未満の道路バージョンが構築されたように、それらはまた、たぐいまれなの一つであるされています。シャーシ08069は非常にオリジナルの合金ボディ275 GTBの素晴らしい例であり、それが40年ぶりに、現在のカストディアンによって今日提供されています。 275 GTBs近年のコレクタに、より望まれるようになっているにもかかわらず、合金ボディの例は、常に高い需要にされている、と彼らはめったに特に、販売のために四十年のために、単一の所有権にされているものを思い付くません。その高度に元の状態と素晴らしい出所を考慮すると、シャーシ08069カヴァッリRampanteベアリング車のコレクションへの壮大なほかになるだろうし、それは間違いなくから来るように美しく保存された状態で合金ボディ275 GTBを見つけるための1のためにほぼ不可能であろう長期的な所有権。歴史的にフェラーリの神秘性を踏襲し、所有者は、フェラーリのグランツーリスモの「究極の創造」として275 GTBのスカリエッティ自身の説明を回想します。 「私は反対することはできませんが、「現在の所有者は語りました。そして、どちらも私たちすることができます。

 

280 hp, 3,286 cc V-12 engine with triple Weber dual-choke carburetors, five-speed manual transaxle, four-wheel independent suspension with upper and lower wishbones, coil springs, and tubular shocks, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 94.5 in.

  • Current ownership for 40 years
  • A remarkably well-preserved long-nose, alloy-bodied 275 GTB
  • Just over 59,000 original kilometers from new
  • Features all original books and tools

THE 275 GTB ALLOY

By the mid-1960s, it seemed as if Ferrari could do no wrong. With their competition cars emerging successful at nearly every major race on the calendar and their road cars attracting more and more customers every year, the company had handily cemented its reputation within the history of the automobile, and each new car that exited the factory gates in Maranello seemed to be better than the last. Ferrari’s 275 GTB was a clear evolution of the 250 GT SWB and the 250 GT/L Lusso. It was introduced at the 1964 Paris Auto Show to replace the aging 250 series of grand touring cars, and it marked the beginning of another fantastic series of V-12-powered berlinettas.

At the time, the 275 was the most advanced road going Ferrari ever produced, as it utilized a 3.3-liter version of the classic Colombo V-12. In an effort to improve handling, the overall height of the engine was reduced to achieve a lower center of gravity, and the 275 GTB was the first car from the marque to boast a four-wheel independent suspension and a rear-mounted five-speed transaxle gearbox, helping it to achieve a better weight distribution at the same time.

The car proved to be better in every way than the cars it replaced, as it boasted all of the performance that the iconic SWB offered but was still just as luxurious as the Lusso. The 275 GTB produced 280 horsepower and was capable of sprinting from 0 to 60 mph in just over six seconds, leading to a top speed of 160 mph. The long-nose construction on the later cars also helped eliminate the undesirable high-speed lift characteristics of the early variants, further increasing the already flexible nature of the car. Its combination of incredible performance with enough space for a weekend’s worth of luggage for two clearly made this a dual-purpose grand touring car and the perfect choice for the well-heeled individual looking to win races, drive across Europe, or both. As such, customers had free reign to outfit their cars as they saw fit, leading to some cars leaving the factory outfitted with racing in mind, while other were outfitted primarily for comfort and touring.

Of course, the most desirable option was alloy bodywork. Some of Ferrari’s most competitive competition cars were bodied in aluminum, including the 250 GTO and competition versions of the 250 SWB. This option was considerably lighter than the normal steel bodywork and was often selected by clients looking to race their new cars, as the use of aluminum allowed them to shed a few unnecessary pounds and therefore increase their car’s performance. While the design of the car was penned by Pininfarina, the bodies were hand-beaten by Scaglietti’s craftsman in Modena. By the time production switched over to the more powerful 275 GTB/4, only a handful of aluminum-bodied examples had been produced, cementing their desirability for years to come.

CURRENT OWNERSHIP FOR 40 YEARS

The example offered here, chassis number 08069, was manufactured in 1965 by Ferrari. It was a long-nose 275 GTB with alloy bodywork and triple Weber carburetors, and it was finished in Argento Metallizzato (106-E-1) over full Nero (VM 8500) leather seats, according to noted Ferrari historian Marcel Massini. It was subsequently delivered new to Ferrari’s official dealership in Milan, M. Gastone Crepaldi S.a.s. Later that year, Crepaldi sold the car to its first private owner, a Mr. Zaniboni, who was residing in Italy. Sometime thereafter, Zaniboni sold the car to its second Italian owner, a Mr. Ghisa, another Italian citizen who was living in the city of Trieste.

It is believed that this 275 GTB was exported from Italy to the United States sometime in the early 1970s and was then subsequently purchased by Ronald DeLorenzo, of Youngstown, Ohio. DeLorenzo listed the car for sale in the July 1974 issue of Road & Track magazine. The advertisement notes that it was still wearing its silver and black interior, with 31,000 kilometers on the odometer, and it further mentioned that DeLorenzo was the car’s only owner in the United States. After seeing the advertisement, the car’s current owner contacted DeLorenzo and purchased it for $6,700. Since then, the car has remained in the state of Ohio, with the same caretaker, a well-regarded collector and enthusiast of Italian cars, for the past forty years, all but nine years of the car’s entire life.

In his ownership, the car saw frequent use, and the odometer currently shows just over 59,000 original kilometers from new, as documented by titles from its current ownership and the ad from Road & Track. The car is remarkably well preserved, with its only deviation from its original configuration being a single repaint in red by Joe Piscazzi in Akron, Ohio, early on in his ownership. Over the course of the next 40 years, the car was driven and shown around its adopted home of Ohio and occasionally at larger shows in the Northeast United States, including at the Meadowbrook Concours d’Elegance and the Ferrari Club of America’s annual meet at Watkins Glen in 1990. Utmost care was always taken by the current owner to preserve the remarkably original condition of the car, and as a result, it shows very well and has simply never needed to be restored. The interior and seats remain in excellent original condition, with a charming, slight patina that is only achieved through years of careful use and is impossible to recreate. Furthermore, it is important to note that the car is still accompanied by its original owner’s pouch and manuals and its original complete tool roll. Following a recent light cosmetic and mechanical service earlier this summer, the 275 GTB is ready for whatever is next owner has in store, be it concours events, driving events, or long-distance cruising, just as its manufacturers intended.

The alloy-bodied 275 GTBs are considered by many to be the most desirable variant of the 275 GTB, as they hold a close link to Ferraris competition cars, and they are also one of the rarest, as fewer than 60 road versions were built. Chassis 08069 is a wonderful example of a highly original alloy-bodied 275 GTB, and it is being offered today by its current custodian for the first time in 40 years. Even though 275 GTBs have become more desirable to collectors in recent years, alloy-bodied examples have always been in high demand, and they rarely come up for sale, especially ones that have been in single ownership for four decades. Considering its highly original condition and wonderful provenance, chassis 08069 would make a spectacular addition to a collection of cars bearing the Cavallino Rampante, and it would undoubtedly be nearly impossible for one to find an alloy-bodied 275 GTB in such beautifully preserved condition coming from long-term ownership. The owner, who historically followed the Ferrari mystique, recalls Scaglietti’s own description of the 275 GTB as “the ultimate creation” of Ferrari’s Gran Turismo. “I can’t disagree,” said the current owner. And neither can we.

 

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1965-ferrari-275-gtb-alloy-by-scaglietti/1067960

関連記事

1972 Ferrari 246 Dino GT 4399万円(SOLD)

Sold for $363,000 コイルスプリングとアンチロールバー、および四

記事を読む

1960 Ferrari 250 GT Pininfarina Series II Coupe 1億3063万円

Sold for (£): 707,250 After years of racing

記事を読む

1989 Ferrari Testarossa 3252万円

車両価格:$265,000 1989 Ferrari Testarossa 19

記事を読む

Ferrari 458 GT2 6084万円

車両価格:6084万円 Description: In perfect condit

記事を読む

【ヤフオク】■フェラーリF40純正リアバンパー/中古■

Ferrari純正、F40のリアバンパーです。 フォグランプ等の付属品は含まれていませ

記事を読む

1967 Ferrari Dino 206 S Spider 2億5466万円(SOLD)

    Sold for €2.072.000

記事を読む

Ferrari 430 GT3 1347万円

車両価格:€99,900 Carrera de coches preparado en

記事を読む

2009 Ferrari 430 Scuderia Spider 16M 4421万円

車両価格:$359,900 Here is a 2009 F430 Scuderia Spid

記事を読む

フェラーリ 348 LMバージョン ¥ASK

車両価格:ASK 1992年式 フェラーリ アイディング 348LMバージョン ベー

記事を読む

1980 Ferrari F40 2億6753万円

車両価格:$2,200,000   Please do not bid

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク