*

PR

1969 Lamborghini Miura P400 S by Bertone 1億3778万円(SOLD)

MO14_r232_001 MO14_r232_002 MO14_r232_003 MO14_r232_004

<スポンサーリンク>

 

 

Sold for $1,265,000

370馬力、4ウェーバー40 IDL-3Cキャブレター、5速マニュアルトランスアクスル、独立したフロントとリアのサスペンションアームを有する、コイルスプリング、筒状の衝撃吸収材、および抗と3929のcc DOHC横ミッドマウント型合金V-12エンジンロールバー、および4輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:98.4。

素晴らしい色の望ましい早期P400 S
ブランドの専門家によって復元
近代的な運転のための多数のアップグレード
ドン・エドゥアルド・三浦・フェルナンデス、激しいスペインの戦いの雄牛の伝説的なブリーダーにちなんで名付けられたランボルギーニ・ミウラは、「スーパーカー」モニカの非常に実施形態でした。 1967年に三浦の到着に先立ち、多くのスポーツカーは確かにパフォーマンスとハンドリングの高レベルを提供しました。唯一の裕福を目指すことができ、タグれる財布、しおれ価格で、その結果、驚異的なスピードと技術革新と相まって顎ドロップデザイン:三浦は、しかし、スーパーカーの私たちの近代的な概念を定義した基準を中心に構築された最初の。

1967年、今では4リットルに拡大されていたランボルギーニV-12エンジンの最新バージョンは、まったく新しいラジカル三浦のために使用しました。この三浦は最初のジュネーブサロンで1966年3月に唖然と公衆に示された、そのしなやかな体は、一度に22歳の若さであったベルトーネデザイナーマルチェロ・ガンディーニ、によって書かれました。三浦の開発チームは、独自の権利で名声を得ることになる2華麗なエンジニア、ジャンパウロ・ダラーラとパオロStanziniが含まれていました。

ニュージーランドボブ・ウォレスの指導の下、三浦のシャーシを慎重に利用可能な電力の驚異的な量を含有し、活用するために必要な処理レベルを提供するように調整しました。各コーナーでのダブルウィッシュボーンサスペンションと、最高のレースの伝統では、三浦の技術仕様は、道路に行く車のための非常に高度でした。ミッド搭載されたエンジンは、より小型の全体的なレイアウトを可能にするために横方向に取り付けられました。三浦さんのオリジナルデザインのスケッチも途中でドライバーとどちらかの側に1つの乗客で、ガラスのエンジンカバーと3席の配置を求めました。この後者の特徴は、生産三浦にそれを作ったことがないが、それは1990年代のマクラーレンF1で最も顕著なのは、将来のスーパーカーに再emergeんでした。

ガラスのエンジンカバーを使用していませんでしたが、量産モデルに表示された後部窓ルーバーは、業界初でした。エンジンはもはやなかったのでフロントマウント、むしろposterioreは、Miurasの第一世代は、それに応じP400と命名しました。これはセンセーショナルな、流行の決定であることが判明しました。ほとんどすぐに、若いランボルギーニのエンブレムは、この革新的なミッドエンジン構成で、よく前方にフェラーリとマセラティの両方の、クラスの先頭にleapfrogged。

それは十分に証明された、シンフォニックV-12エンジンが提供する軽量フレーム、完全に独立したサスペンション、4輪ディスクブレーキ、パワーを持っているとして、三浦の技術仕様は、今日でも印象的なままです。 4トリプルチョークウェーバーキャブレターを通して深く吸い込ん三浦は、最初に蛇口の350ブレーキ馬力を提供し、毎時175マイルの上に行くことができた可能性があります。勇敢なの手で、それは時代の量産車を行く他の道路に対して複数の試合でした。

進化と改善の着実なプロセスは、三浦の生産サイクルを通して維持された、そして1968年に、「S」、またはスピント(調整された)は、バージョンが370ブレーキ馬力、更新されたブレーキ、および他の多数の機能強化を誇る、登場しました。三浦のSバージョンはより速く、より豪華な内装、より良いブレーキングでより安定であり、それはその既に壮大な前任者から大きく前進を表します。三浦Sはわずか5.5秒で毎時60マイルと未満30秒で毎時140マイルに達し、毎時177マイルの最高速度を達成することができました。 1970年4月には、ロード&トラック」は、自動車技術のエクササイズ。」と呼びました

CHASSIS番号3982

国際ランボルギーニレジストリによると、三浦Sシャーシ番号3982は、第三百四十六三浦が構築された、それはジョー・Sackeyのザ・ランボルギーニ・ミウラ聖書に発表された工場出荷時のシャーシリストは、現在のエンジン、数2898ことを確認した3月12日、1969年に完了しました。 、このシャーシにオリジナルです。車は当初、ベージュと黒のインテリアとGIALLOフライに終わった、そしてそれは、元の所有者に販売されるミラネーゼディーラーGerini Maiocchiに送信されました。

スターリング、バージニア州のDEWモーターカーで定評のあるブランドの専門家は、元の状態に三浦Sを復元するために委託されました。車は微妙年間でMiuras用に開発された最高の変更を組み込むために全体にアップグレードされました。いくつかの後にSVの上で使用されることが望ましいスプリットサンプ潤滑システムは、伝説のランボルギーニのテストドライバーボブ・ウォレスによって開発された競争の設計に組み込まれ、リアサスペンション、と一緒に、インストールされています。新しいオリジナルの株式フロントとリアのスプリングは、電子点火、ケブラークラッチ、調整されたウェーバーキャブレター、カム給油、アルミ燃料タンク、およびrecoredラジエーターとともに、探し出してインストールしました。最も重要なのは、すべての、オリジナルのエンジンは伝え完全に、再建に詳述し、それは美しく実行することを保証し、徹底したダイナモテストとチューニングで、blueprintedました。すべてでは、こ​​の三浦は完全に写真や領収書に記載復元で、完了にそれを持って来るために骨の折れる仕事の4年間を関与しました。

現在の所有者は最近、金曜日の早朝でマルホランド・ドライブに沿ってテストドライブ上のRMの専門家を取りました。車はスリリングなエキゾーストノートと、高速で美しく行われ、それがタイトとよく制御さを感じました。専門家はリコールのように、「コーヒーカップよりも朝、はるかに良いで目を覚ますためにエキサイティングな方法」であった。それは、後輪の2セットで、今日提供されているの一つは、現在のSV-スタイルのセットです。装着され、他方は、正しいS-スタイルホイールセットです。今日、3万マイルの周りのシャーシ3982が表示され、そしてそれは誇らしげにこのようにフェルッチオ・ランボルギーニは、意図したとおりに彼または彼女の車を楽しむことを好む三浦の目利きに最適です、自分の車を運転楽しむ愛好家が所有されています。所有者は、現在の所有者自身のケアの下で行われた有名な西海岸の専門家ゲイリーBobileff、による最近の大規模なサービスのためのDEWの車が前の所有権にあった自動車だけでなく、領収書から請求書が多数でRMオークションを供給してきました。

道路に行くスリルのために、1が正しくセットアップ三浦を打つことができません。
補遺
このランボルギーニミウラの歴史はイランで博士サレハが所有している車には無関係であることに注意してください。実際には、博士サレハと父親のキャリアも同様に不正確に印刷しました。別のノートではしかし、この車は最近、完全にゲイリーBobileffによって検査されていて、彼の肯定的な報告書は、当社のオークションオフィスのファイルにあります。

370 bhp, 3,929 cc DOHC transverse mid-mounted alloy V-12 engine with four Weber 40 IDL-3C carburetors, five-speed manual transaxle, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs, tubular shock absorbers, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 98.4 in.

  • A desirable early P400 S in wonderful colors
  • Restored by marque specialists
  • Numerous upgrades for modern driving

The Lamborghini Miura, named after Don Eduardo Miura Fernández, the legendary breeder of fierce Spanish fighting bulls, was the very embodiment of the “supercar” moniker. Prior to the arrival of the Miura in 1967, many sports cars certainly offered high levels of performance and handling. The Miura, however, was the first to be built around the criteria that defined our modern concept of the supercar: tremendous speed and jaw-dropping design coupled with technical innovation, resulting in a wallet-wilting price tag to which only the wealthiest could aspire.

By 1967, the latest version of the Lamborghini V-12 engine, which by now had been enlarged to four liters, was used for the entirely new and radical Miura. This Miura was first shown to a stunned public in March 1966 at the Geneva Salon, and its sinuous body was penned by Bertone designer Marcello Gandini, who was at the young age of 22 at the time. The Miura development team also included two brilliant engineers who would gain fame in their own rights, Gian Paulo Dallara and Paolo Stanzini.

Under the guidance of New Zealander Bob Wallace, the Miura’s chassis was carefully tuned to deliver the handling levels needed to contain and exploit the prodigious amounts of available power. With a double-wishbone suspension at each corner, in the best racing tradition, the Miura’s technical specifications were very advanced for a road going car. The mid-mounted engine was fitted transversely to allow for a more compact overall layout. The Miura’s original design sketches also called for a glass engine cover and a three-seat layout, with the driver in the middle and one passenger on either side. Although this latter feature never made it to the production Miura, it did reemerge on future supercars, most notably on the McLaren F1 of the 1990s.

While the glass engine cover was never used, the rear window louvers that did appear on production models were an industry first. As the engine was no longer front-mounted, but rather posteriore, the first generation of Miuras were accordingly named P400. This turned out to be a sensational, trendsetting decision. Almost immediately, the young Lamborghini marque leapfrogged to the head of the class, well ahead of both Ferrari and Maserati, with this innovative mid-engine configuration.

The Miura’s technical specifications remain impressive even today, as it has a lightweight frame, fully independent suspension, four-wheel disc brakes, and power provided by that well-proven, symphonic V-12 engine. The Miura, which breathed deeply through four triple-choke Weber carburetors, could initially offer 350 brake horsepower on tap and was capable of going over 175 mph. In the hands of the brave, it was more than a match for any other road going production car of the era.

A steady process of evolution and improvement was maintained throughout the production cycle of the Miura, and in 1968, the “S,” or spinto (tuned), version appeared, boasting 370 brake horsepower, updated brakes, and numerous other enhancements. The S version of the Miura was faster, more luxuriously appointed, and more stable with better braking, and it represented a large step forward from its already magnificent predecessor. The Miura S was capable of reaching 60 mph in just 5.5 seconds and 140 mph in fewer than 30 seconds and achieving a top speed of 177 mph. In April 1970, Road & Track called it “an exercise in automotive art.”

CHASSIS NUMBER 3982

According to the International Lamborghini Registry, Miura S chassis number 3982 was the 346th Miura built, and it was completed on March 12, 1969. The factory chassis list, published in Joe Sackey’s The Lamborghini Miura Bible, confirms that the present engine, number 2898, is the original to this chassis. The car was originally finished in Giallo Fly with a beige and black interior, and it was sent to Milanese dealer Gerini Maiocchi to be sold to its original owner.

Well-regarded marque specialists at DEW Motorcars in Sterling, Virginia, were entrusted to restore the Miura S to original condition. The car was subtly upgraded throughout to incorporate the best changes developed for Miuras over the years. The desirable split-sump lubrication system used on some later SVs was installed, along with a rear suspension built to a competition design, which was developed by the legendary Lamborghini test driver Bob Wallace. New original stock front and rear springs were sought out and installed, along with an electronic ignition, a Kevlar clutch, tuned Weber carburetors, cam oilers, an aluminum fuel tank, and a recored radiator. Most importantly of all, the original engine was reportedly fully rebuilt, detailed, and blueprinted, with thorough dynamometer testing and tuning, ensuring that it would perform beautifully. In all, this Miura involved four years of painstaking work to bring it to completion, with the restoration fully documented in photographs and receipts.

The current owner recently took an RM specialist on a test drive along Mulholland Drive in the early morning hours of a Friday. The car performed beautifully at high speeds, with a thrilling exhaust note, and it felt tight and well controlled. It was, as the specialist recalls, “an exciting way to wake up in the morning—much better than a cup of coffee.” It is being offered today with two sets of rear wheels, one of which is the SV-styled set currently mounted and the other is the correct S-style wheel set. Today, chassis 3982 displays around 30,000 miles, and it has been proudly owned by enthusiasts who enjoy driving their cars, thus making it ideal for the Miura connoisseur who prefers to enjoy his or her car as Ferruccio Lamborghini intended. The owner has supplied RM Auctions with a large number of invoices from DEW Motors when the car was in previous ownership, as well as receipts for a recent extensive servicing by renowned West Coast specialist Gary Bobileff, which took place under the current owner’s own care.

For road going thrills, one cannot beat a properly set-up Miura.

ADDENDUM

Please note the history of this Lamborghini Miura is unrelated to the car owned by Dr. Saleh in Iran. In fact, the careers of Dr. Saleh and his father were printed inaccurately as well. On a different note however, this car has recently been fully inspected by Gary Bobileff and his positive written report is on file in our auction office.

 

http://rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1969-lamborghini-miura-p400-s-by-bertone/1068256

関連記事

1969 Lamborghini Islero s 3330万円

車両価格:$279,500 この1969ランボルギーニ·イスレロSは非常にまれであり、

記事を読む

1988 LAMBORGHINI COUNTACH 5000 QUATTROVALVOLE

US$ 350,000 - 500,000 JPY 41 million - 59 mil

記事を読む

ランボルギーニ ディアブロ ¥ASK

車両価格:ASK http://www.carsensor.net/usedcar/d

記事を読む

2006 Lamborghini Murcielago 2dr Conv Roadster Convertible 2005万円

車両価格:$169,900 ドア:2ドア。 モデル:ムルシエラゴ。 インテリアカラ

記事を読む

1975 Lamborghini Urraco P111 by Bertone ¥SOLD

Sold for $126,500 180馬力、4ツインチョークソレックス40I

記事を読む

no image

1971 Lamborghini Miura SVJ by Bertone ¥SOLD

Sold for $1,897,500 コイルスプリングと不等長ウィッシュボーン

記事を読む

LAMBORGHINI, Diablo SV-R Race 3948万円

車両価格:298,500スイスフラン   Marque : LAMB

記事を読む

1973 Lamborghini Espada 400 GT Series III by Bertone 1356万円(SOLD)

Sold for $110,000 350馬力、3929のcc DOHC V型1

記事を読む

1998 ランボルギーニ ディアブロSV 2980万円

車両価格:2980万円 パールホワイト 走行22,000km http://ww

記事を読む

LAMBORGHINI LM-002 2711万円

車両価格:230,000スイスフラン 提供を求めるために私達に連絡することを躊躇しないで

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク