*

PR

2006 Ferrari FXX Evoluzione 1億6180万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

MO14_r109_001 MO14_r109_002 MO14_r109_003 MO14_r109_004

 

 

Sold for $1,485,000

860馬力、ボッシュモトロニックME7電子燃料噴射と6262のcc後部に取り付けられた縦65度のV-12エンジン、6速電子油圧不等長ウィッシュボーン、コイルオーバースプリング付きセミオートマチックトランスミッション、フロントとリアの独立したプッシュロッドサスペンション、および手動で調整式ショックアブソーバー、および四輪ブレンボカーボンセラミックディスクブレーキ。ホイールベース:104.3で

フェラーリの最も高級な自動車の一つ
構築された38の31。新しいからの単一の所有権
常に維持され、フェラーリの工場でgaraged
工場Evoluzioneパッケージで更新
コルセ・クリエンティイベントの準備トラック日のチタン、
21世紀の幕開けは「hypercars、「信じられないほど技術的に高度であり、記念碑的なパフォーマンスの数値を誇った自動車の数の導入を見ました。二つの主要な候補、ポルシェのカレラGTとメルセデス・マクラーレンSLRは、両方の世界が今まで見た中で最も望ましい自動車であることがダイシングされました。彼らの努力があったが、印象的な、フェラーリのエンツォは、最先端の技術、キラー性能、息をのむようなルックスの完璧な組み合わせを提供する、2002年の導入時に丘の王であることが判明しました。

エンツォは、高性能な駆動機の頂点だった、と多くはフェラーリが彼らの次の無妥協のスーパーカーを導入するまで、それがトッピングされていないと信じていたかのように時、それが見えました。

しかし、フェラーリは彼らの袖を1より多くのトリックを持っていました。 2005年の夏のコースで、工場は工場と協力し、道路の車の将来の世代を開発するためのユニークな体験を提供し、特別なトラック専用車が生産すると発表しました。今後数ヶ月で、プロトタイプはプロジェクトのために関心を測定するために、ヨーロッパや北米では「家の友人」の一握りに、招待によってのみ、プライベート設定で示されました。 FXXは最終的に正式に発表し、それが世界の自動車に乗るプレスからの注目をたくさん集めボローニャモーターショー、でその年の12月に発表されました。ただ、38例が生成される、と彼らはフェラーリの非常に最高のクライアントに使用可能になりました。それらの個人のために、ほとんどの工場と直接連携し、カヴァッリRampanteベアリング将来の車の開発を支援する機会を与えられるべき祝福であると考えられました。

さらにフェラーリが提供する他の車からFXXを区別するために、FXXプログラムは、フェラーリの十分に確立されたチャレンジシリーズのように動作しないでしょう。これは、コルセ・クリエンティの傘の下で実行されるだろう完全に異なるエンティティであることでした。所有者は、非競争的な環境で高速でトラックに自分の車を運転することができるであろうイベントを、選択するために、自分の車と一緒に、招待されることになります。イベントでは、工場出荷時には、サポートのための技術者やエンジニアのチームと所有者を提供するであろうし、そのFXXから最高の結果を達成する方法についてのアドバイスを提供します。これらのイベントは、彼らはフェラーリの最高のエンジニアと工場出荷時のドライバーの経験やフィードバックを追跡与え、所有者が制御された環境内でFXXの巨大な機能を体験することができました。また、フェラーリはFXXプログラムイベントに定期的なメンテナンスや修理だけでなく、輸送のためのコルセ・クリエンティが責任を残して、彼らは必要に応じて、工場出荷時に保存されている自分の車を持っている機会を持つ所有者を提供しました。

ここで提示FXXは、構築された38例の31日だった、そしてそれが今日であるとして、それは、白のトリムと象徴的なロッソコルサに完成送達しました。その現在の所有者だけが彼の車が配信された瞬間からFXXプログラムに大きな関心と熱意を取って、彼はいつも彼のお気に入りのおもちゃの足を伸ばすことに熱心でした。その結果、この車は見たことが2007年とあるのでト​​ラック使用量の2010年の間のすべてのコルセ・クリエンティイベントで、4大陸のアクションと現在の参加、最も駆動され、楽しんFXXsの間であったが、フェラーリはとしてそれを使用します冷却システム、ブレーキシステム、フロントとリアのグリルなど、FXX上のさまざまなコンポーネントに今年半ばのアップグレードを開発するためのラバ。所有者があっても、開発中のシリーズと援助の彼の記念碑的な参加のために彼を賞賛し、2008年のフィナーレMondialiでミハエル・シューマッハの特別賞を提示しました。

FXXプログラムの最初の2年間は、フェラーリのエンジニアはFXXモデルのすべてから集めたテレメトリを分析し、車のコンポーネントをアップグレードし、$ 250,000のコストで、それに応じて既に非常識な性能仕様を向上させることができました。いわゆるEvoluzione、またはエボ、アップグレードはギアシフトをもたらしたエンジンによって生成される余分な1000回転に対応するために変更されるギア比は、今60ミリ秒単位で行われているとフィオラノ周りFXXのラップタイムが2秒によって伐採されている含ま。 Evoluzioneのアップグレードの追加の成分は、後方視界の増加ドライバを提供し、空気力学、より複雑なトラクション・コントロール・システム、より耐久性のあるブレーキパッドと、より効率的なブレーキ冷却ダクト、および改善されたリアカメラシステムと改良されたブレーキを修正含まれています。

このFXXは、2007年および2008年コルセ・クリエンティ季節の間に工場でEvoluzione仕様に変換され、それがアップグレード、工場試験での以前の使用の恩恵を受けた最初の1でした。 Evoluzione機能に加えて、2013年にFXXは€7,500コストで、新しいピレリタイヤによって補完された更新サスペンション、装備するだけで、数の一つとなりました。これは、定期的にそのトラックの日で使用された収納ボックスの3つのすべてを伴っている、と彼らは、3つの車輪のセット、レーシングスリックタイヤで1、ウェットウェザータイヤで1、およびその他を含む、特殊工具とスペアが充填されていますこれを実行するために必要なストレージのためのストリートタイヤだけでなく、ストーブリ給油タンク、マフラーの余分なセット、特別なFXXジャックスタンド、完全なツールキット、標準のFXXとエボ仕様のため、元のマニュアル、および完全なデータ収集機能を持ちます非常に洗練されたレーシングカー。また、自分の車の配送時にすべてのFXXの所有者に才能し、この所有者によって使用されていないこのFXXと一致するように描いたヘルメットは、販売している提供します。

最後に、このFXXが常に保存され、その全生涯を通じてフェラーリ施設で維持されていることを追加することが重要です。いいえ費用は、このFXXがトラックレディ状態に常にあったことを確認することに惜しまなかった、それは今までその最初のイベント以来、マラネロで同じ専用の男性と女性によって準備されました。

FXXプログラムは、フェラーリがこれまで生産している最も先進的なスーパーカーの一つと所有者を提供し、それはまた、工場や完全にユニークなレースの経験に信じられないほどのアクセスをもたらすだけではありません。経験とFXXプログラムから得られたデータは、間違いなく革命的なフェラーリ・ラフェラーリに貢献していない、それは何年もフェラーリのロードカーに影響を与えていきます。これまでフェラーリによって生成され、その種の最初の車として、それはそのクライアントとその顧客に究極の自動車に乗る経験を与える製品を設計し、生産する意欲を持つ企業の素晴らしい関係を紹介しています。熱心なティフォージとトラック日間の愛好家のために、より良いものは、単に存在しません。

 

860 bhp, 6,262 cc rear-mounted longitudinal 65-degree V-12 engine with Bosch Motronic ME7 electronic fuel injection, six-speed electro-hydraulic semi-automatic transmission, front and rear independent pushrod suspension with unequal length wishbones, coil-over springs, and manually adjustable telescopic shock absorbers, and four-wheel Brembo carbon-ceramic disc brakes. Wheelbase: 104.3 in

  • One of Ferrari’s most exclusive automobiles
  • The 31st of 38 built; single ownership from new
  • Always maintained and garaged at the Ferrari factory
  • Factory updated with the Evoluzione package
  • A track-day titan, ready for Corse Clienti events

The dawn of the 21st century saw the introduction of a number of “hypercars,” automobiles that were incredibly technologically advanced and boasted monumental performance figures. The two major contenders, Porsche’s Carrera GT and the Mercedes-McLaren SLR, were both dicing to be the most desirable automobile the world had ever seen. However impressive their efforts were, Ferrari’s Enzo proved to be the king of the hill upon its introduction in 2002, providing the perfect combination of cutting-edge technology, killer performance, and breathtaking looks.

At the time, it seemed as if the Enzo was the pinnacle of high-performance driving machines, and many believed that it would not be topped until Ferrari introduced their next no-compromises supercar.

However, Ferrari had one more trick up their sleeves. Over the course of the summer of 2005, the factory announced that a special track-only car would be produced, offering a unique experience to collaborate with the factory and develop the future generation of road cars. In the coming months, prototypes were shown in private settings, by invitation only, to a handful of “friends of the house” in Europe and North America, to gauge interest for the project. The FXX was finally formally announced and unveiled in December of that year at the Bologna Motor Show, where it garnered lots of attention from the world’s motoring press. Just 38 examples would be produced, and they were made available to Ferrari’s very best clients. For those individuals, it was almost considered to be a blessing to be given the opportunity to work directly with the factory and help develop future cars bearing the Cavallino Rampante.

To further differentiate the FXX from other cars offered by Ferrari, the FXX program would not operate like Ferrari’s well-established Challenge series. It was to be a completely different entity that would be run under the umbrella of Corse Clienti. Owners would be invited, along with their cars, to select events, where they would be able to drive their cars on the track at speed in a non-competitive environment. At the events, the factory would provide the owners with a team of technicians and engineers for support and to offer advice on how to achieve the best results from their FXX. These events allowed owners to experience the immense capabilities of the FXX within a controlled environment, giving them track experience and feedback from Ferrari’s best engineers and factory drivers. In addition, Ferrari provided the owners with the opportunity to have their cars stored at the factory, if they so desired, leaving Corse Clienti responsible for routine maintenance and servicing, as well as transportation to the FXX Programme events.

The FXX presented here was the 31st of 38 examples built, and it was delivered finished in iconic Rosso Corsa with white trim, as it is today. Its current and only owner took great interest and enthusiasm in the FXX program from the moment that his car was delivered, and he was always keen to stretch the legs of his favorite toy. As a result, it has been among the most driven and enjoyed FXXs, participating in action on four continents and present at every Corse Clienti event between 2007 and 2010. Because of the amount of track use that this car saw, Ferrari used it as a mule to develop mid-year upgrades to various components on the FXX, including the cooling systems, braking systems, and the front and rear grilles. The owner was even presented with a special award by Michael Schumacher at the Finale Mondiali in 2008, praising him for his monumental participation in the series and assistance in development.

During the first two years of the FXX program, engineers at Ferrari were able to analyze the telemetry gathered from all of the FXX models and upgrade the car’s components and increase its already insane performance specifications accordingly, at a cost of $250,000. The so-called Evoluzione, or Evo, upgrades included gear ratios being changed to accommodate the extra 1,000 rpm produced by the engine, which resulted in the gearshifts now taking place in 60 milliseconds and the FXX’s lap time around Fiorano being cut down by two seconds. Additional components of the Evoluzione upgrade included modified aerodynamics, a more complex traction-control system, improved brakes with more durable brake pads and more efficient brake cooling ductwork, and an improved rear camera system, providing the driver increased rearward visibility.

This FXX was converted to Evoluzione specifications by the factory between the 2007 and 2008 Corse Clienti seasons, and it was one of the first to receive the upgrade, a benefit of its earlier use in factory testing. In addition to the Evoluzione features, in 2013 the FXX became one of only a few to be outfitted with an updated suspension, which was complemented by new Pirelli tires, at a cost of €7,500. It is accompanied by all three of the storage boxes that were regularly used at its track days, and they are filled with specialty tools and spares, including three sets of wheels, one with racing slicks, one with wet-weather tires, and the other with street tires for storage, as well as a Stäubli fueling tank, an extra set of mufflers, special FXX jack stands, a full tool kit, both its original manuals for standard FXX and Evo specification, and full data acquisition capabilities necessary to run this very sophisticated racing car. Also offered with the sale is a helmet painted to match this FXX, which was gifted to all FXX owners upon delivery of their cars and has never been used by this owner.

Finally, it is important to add that this FXX has always been stored and maintained at the Ferrari facilities throughout its entire life. No expense was spared in making sure that this FXX was always in track-ready condition, and it was readied by the same dedicated men and women in Maranello ever since its first event.

Not only does the FXX program provide owners with one of the most advanced supercars Ferrari has ever produced, but it also brings incredible access to the factory and a completely unique racing experience. Experience and data gained from the FXX program no doubt contributed to the revolutionary LaFerrari, and it will continue to influence Ferrari’s road cars for years to come. As the first car of its kind ever produced by Ferrari, it showcases the company’s wonderful relationship with its clients and their desire to design and produce products that give their customers the ultimate motoring experience. For the avid tifosi and track-day enthusiast, there is simply nothing better.

関連記事

1986 Ferrari 328 GTS

1986 Ferrari 328 GTS 2047万円

車両価格:$164,900 With more power, interior sty

記事を読む

PA16_r123_001

Ferrari F1 046/2 Engine, 1997, No. 354

予想価格:€50.000 - €70.000 730馬力、2998のcc DOHCマネ

記事を読む

フェラーリ 512BBi ディーラー車

フェラーリ 512BBi ディーラー車 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.kmauto.jp/vcsMember/st

記事を読む

tubi_style_japan-img600x450-1445301303p3np7f13808

【ヤフオク】■フェラーリF40純正リアカウル/中古■

Ferrari純正、F40のリアカウルです。 リアアクリルガラス、スポイラー等の付属品

記事を読む

2011 Ferrari 599 GTO

2011 Ferrari 599 GTO 8905万円

車両価格:$725,000 Comfort   Becke

記事を読む

AZ15_r235_001

2005 Ferrari 575 Superamerica 6374万円(SOLD)

Sold for $517,000 コイルスプリング、アダプティブダンピングとア

記事を読む

1979 Ferrari 308 GTS

1979 Ferrari 308 GTS 1519万円

Sold for (£): 82,225 The 308 GTB was launch

記事を読む

Ferrari - F 355 Berlinetta

フェラーリ – F 355 Berlinetta ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

PA16_r157_001

1962 Ferrari 400 Superamerica LWB Coupé Aerodinamico by Pininfarina

予想価格:€3.000.000 - €3.300.000 340馬力、3ウェバー

記事を読む

Ferrari 550 Maranello 1997

Ferrari 550 Maranello 1997 ¥ASK

車両価格:ASK フェラーリ550マラネロ1997マニュアル6VX。 6600ミルのス

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク