*

PR

Nissan R88C Group C Le Mans Race Car £400,000→¥ASK

公開日: : Group C, 日産 , , ,

6645941 9652194 1901957 9623047 9577011

<スポンサーリンク>

4 R88CグループCレースシャーシの一つは、この車は富士と鈴鹿で1988プラス6レースでル・マン24時間で競いました。常に23号を運ぶ、それは通常、星野一義と高橋健司によるものでした。これらはエンジンが故障したまで星野は286周を完了し、車で和田孝夫と鈴木亜久里により提携したルマン24時間月88富士千キロのための勝利パーシーが加わりました。

RACEの歴史:

03/03/88フジ500キロK.Hoshino / K.Takahashi DNF
10/04/88鈴鹿500キロK.Hoshino / K.Takahashi 6日
01/05/88フジ千キロK.Hoshino / K.Takahashi / W.Percy第七
12/06/88ルマン24時間K.Hoshino / T.Wada / A.Suzuki DNF
24/07/88富士500マイルK.Hoshino / K.Takahashi第五
28/08/88鈴鹿千キロK.Hoshino / K.Takahashi / T.Suzuki DNF
09/10/88フジ千キロK.Hoshino / K.Takahashi / A.Grice第九

仕様:

全体の長さ/幅/高さ:
4780/1990/965ミリメートル
ホイールベース:
2800ミリメートル
トラック(フロント/リア):
1600/1550ミリメートル
重量を抑えます:
850キロを超えます
エンジン:
VRH30T(V8、DOHC)、2,966cc
エンジンマックス。パワー:
551kW(750PS)/ 8,000rpm以上
エンジンマックス。トルク:
735Nm(75.0kgm)/ 5,500rpm以上
送信:
月87T(5速)
サスペンション:
ダブルウィッシュボーン(フロント&リア)
ブレーキ:
APの14インチ4ポッド(フロント&リア)
ホイール:
フロント13×17、リア14×19
タイヤ:
フロント320 / 30R17、リア350 / 40R19

グループCレースで日産:

80年代半ばには、グループCカー(試作品)は、世界チャンピオンのタイトルを争う開始し、日本ではこれらの選手権スーパーシルエット(グループ5)レースに人気の代替品になりました。

一流のチームに技術支援を提供する方法として、日産はこのカテゴリーに参加し始めました。これは、高容量での作業中に、それが築き上げた技術的な専門知識、スーパーシルエットイベントのターボ過給機を使用してCカーを開発し始めました。

最初のC車はスカイライン、シルビアとフェアレディ入るのレースで、国内のルマンLM03Cシャーシに基づいていました。その後、そこに英国製マーチエンジニアリングのシャーシにスイッチがあって、シルビアは、日本では1985年WECで初勝利を獲得しました。 1986年に、それはまた、ル・マンで初めて獲得しました。ローラ・カーズ国際シャーシを採用した1989年からは、シルビアは、その最高の結果は2位だった世界選手権でレースを始めました。 1990年、日産は日本の選手権レースで行(1990から1992)で3勝を達成し、シャーシを含め、全体の設計のための責任を取りました。

エンジンは、2011年4月に再構築し、ゼロ時間に現在ました。この時点では、それが期間内に実行された3,3リットル仕様に変換しました。

次の部品が使用されました

1セットピストンアセンブリ
1セットクランクシャフトベアリング
1セット入口弁
1セットの排気弁
1セットバルブスプリングリテーナ
1セットバルブコレット
1セットバルブスプリング
1セットのDLCカムフォロア
両方のヘッドで1セットバルブシートを交換します
1広報燃料レールとインジェクタ
1広報適合リビルト部品ターボ
1セットO’rings、ガスケットシールとファスナー

シリンダブロックは、機械と新しい「nikaseal ‘タイプのライナーを取り付けました

前回の再構築は、新しいスチールコンロッドを含めたターボは、ボールベアリングに変換され、水を冷却し、新たな廃棄物のゲート、新しいセンサーや配線織機でMOTECエンジン管理システム、

エンジンは、ダイナモ上や車の両方で大規模な「マッピング」の仕事を持っていました

1.4バールの過給圧で、現在の仕様では電力出力は530lbs /フィートの最大トルク図で780hpです

ポールKnapton、XTECエンジニアリング

売却に含まれることになっているスペア。

日産グループC 87Eは、02から2016スペア

オリジナルパーツ

オリジナルタコ
オリジナルルマン車輪
オリジナルドアミラー
元のピストンとエンジン部品
オリジナルの小さなパネル

予備品

2ギアボックスハウジング
2ドライブシャフト
4ディスクの鐘
2直立ダクト
8ブレーキパッド
6さまざまなサポートブラケット
1リアジャックストップ
3各種のパネル
6燃料タンクシール
2フロント内側のホイールベアリングキャップ
1ブラケット
1 aeroquipパイプ
5リアウィッシュボーン取り付けブラケット
2インタークーラーパイプクーラー
4リアウイング取付ブラケット
5リアウィングのエンドプレート
2フロントコーナースプリッタ
2炭素パネル
1リアせん断プレート
クレビス取付3リアウイング
2差動側板
7シム
13様々なローラーベアリング
5差動サイドプレートシール
2ハブ
7さまざまなレースベアリング
1オイルシール
2ピニオンナット
6ピニオンベアリング
3差動側板ベアリング
1ドレンプラグ
9犬リング
2セレクタフォーク
2差動ケーシング
5クラウンホイール
6ピニオン
1差動体
1差動
5第一/リバース犬リング
2出力フランジ
3指ハウジング
1エンドカバー
1サンドイッチプレート
3 CVジョイント
3マスターシリンダ
6ステアリングブロック
4プッシュロッド
12キャンバーシム
2ラムダセンサ
2リレー
1速センサ
2ドライブベルト
取り付け3リアTCAリンク
5ブーストパイプ
2燃料タンクナットリング
4ホイールナット
4ホイールナットロケータ
5燃料タンクシール
3復帰バネ
15排気ガスケット
7ターボガスケット
6スパークプラグ
1昇圧制御ノブ
4ドアミラー
1ステアリングユニバーサルジョイント
1ウエストゲートダイアフラム
15様々なシリコーンホース
1燃料フィルター
15排気ストラップ
7さまざまなクランプ
3さまざまなアルミニウムパネル
1タコ
1ヘッドレスト
1オイルゲージ

ギア比

9第一歯車
34狭い第三の歯車
23ワイド第四歯車
23ではハブ第五ギア
28ではハブ第五ギア

合計117スペア比

BAUパーツ

スプリッタ型
BBSホイール上の新しい濡らすのフルセット
追加の車輪

エンジン部品を再構築 – XTECで

2ブランドの新しい、ラップされたヘッドライトカバー
排気弁の1ブランドの新しいセット
入口弁の1ブランドの新しいセット
ピストン、リング、ピンの1ブランドの新しいセット(特大)

必要な場合は、すべての金型をソースすることができます..

これは完全に包括的なリストではありませんが、私はそれの負荷がありますで…ものの多くを得るように私はそれに追加されます…..

 

One of four R88C Group C Race chassis, this car competed at Le Mans 24 Hours in 1988 plus six races at Fuji and Suzuka. Always carrying the no.23, it was normally driven by Kazuyoshi Hoshino and Kenji Takahashi. They were joined by Win Percy for the Fuji 1000km in May 88. For the LeMans 24 Hours Hoshino was partnered by Takao Wada and Aguri Suzuki with the car completing 286 laps until the engine failed.

RACE HISTORY:

03/03/88 Fuji 500km K.Hoshino/K.Takahashi DNF
10/04/88 Suzuka 500km K.Hoshino/K.Takahashi 6th
01/05/88 Fuji 1000km K.Hoshino/K.Takahashi/W.Percy 7th
12/06/88 LeMans 24 Hours K.Hoshino/T.Wada/A.Suzuki DNF
24/07/88 Fuji 500miles K.Hoshino/K.Takahashi 5th
28/08/88 Suzuka 1000km K.Hoshino/K.Takahashi/T.Suzuki DNF
09/10/88 Fuji 1000km K.Hoshino/K.Takahashi/A.Grice 9th

SPECIFICATION:

Overall length / width / height:
4,780/1,990/965mm
Wheelbase:
2,800mm
Track (front/rear):
1,600/1,550mm
Curb weight:
Over 850kg
Engine:
VRH30T (V8, DOHC), 2,966cc
Engine Max. power:
Over 551kW (750PS)/8,000rpm
Engine Max. torque:
Over 735Nm (75.0kgm)/5,500rpm
Transmission:
March 87T (5-speed)
Suspension:
Double wishbone (front & rear)
Brakes:
AP 14in. 4-pod (front & rear)
Wheels:
Front 13×17, Rear 14×19
Tyres:
Front 320/30R17, Rear 350/40R19

NISSAN IN GROUP C RACING:

In the mid-eighties, Group C cars (prototypes) started contending for the title of World Champion, and in Japan these championships became a popular replacement for the Super Silhouette (Group 5) races.

As a way of providing technical support to leading teams, Nissan started participating in this category. It began to develop C cars using the technological expertise it had built up while working on the high-capacity, turbocharged machines of the Super Silhouette events.

The first C cars were based on the domestic Le Mans LM03C chassis, with the Skyline, Silvia and Fairlady entering races. Later, there was a switch to the UK-made March Engineering chassis, and the Silvia won its first victory in the 1985 WEC in JAPAN. In 1986, it also won for the first time at Le Mans. From 1989, when a Lola Cars International chassis was adopted, the Silvia started racing in the World Championships, where its best result was 2nd place. In 1990, Nissan took responsibility for the entire design, including the chassis, achieving 3 victories in a row (1990-92) in the championship races in Japan.

The Engine was rebuilt April 2011, and is currently on zero hours. At this time it was converted to the 3,3 litre specification it ran in period.

The following parts were used

1 set Piston assembly
1 set Crankshaft bearings
1 set Inlet valves
1 set Exhaust valves
1 set Valve spring retainers
1 set Valve collets
1 set Valve springs
1 set DLC cam followers
1 set Valve seats in both heads replaced
1 pr Fuel rails and injectors
1 pr Reconditioned turbos
1 set O’rings, gaskets seals and fasteners

The cylinder block was also machine and new ‘nikaseal’ type liners fitted

The previous rebuilds had included new steel conrods, the turbos converted to ball bearing and water cooled, new waste gates, Motec engine management system, with new sensors and wiring loom

The engine has had extensive ‘mapping’ work both on the dyno and in the car

Power output in its current specification at 1.4 bar boost pressure is 780hp with a maximum torque figure of 530lbs/ft

Paul Knapton, Xtec Engineering

Spares that are to be included in the sale;

Nissan Group C 87E spares 02-2016

Original parts

Original Tacho
Original Le Mans wheels
Original wing mirrors
Original pistons and engine parts
Original small panel

Spares

2 gearbox housings
2 drive shafts
4 disc bells
2 upright ducts
8 brake pads
6 various support brackets
1 rear jack stop
3 assorted panels
6 fuel tank seals
2 front inner wheel bearing cap
1 bracket
1 aeroquip pipe
5 rear wishbone mounting bracket
2 intercooler pipe cooler
4 rear wing mounting bracket
5 rear wing end plate
2 front corner splitter
2 carbon panels
1 rear shear plate
3 rear wing mounting clevis
2 differential side plate
7 shims
13 various roller bearings
5 differential side plate seals
2 hubs
7 various race bearings
1 oil seal
2 pinion nut
6 pinion bearings
3 differential side plate bearings
1 drain plug
9 dog rings
2 selector forks
2 differential casings
5 crown wheels
6 pinions
1 differential body
1 differential
5 1st/reverse dog rings
2 output flange
3 finger housing
1 end cover
1 sandwich plate
3 CV joints
3 Master cylinders
6 steering blocks
4 pushrods
12 Camber shims
2 Lambda sensors
2 relays
1 speed sensor
2 drive belt
3 rear TCA link mounting
5 boost pipe
2 Fuel tank nut ring
4 wheel nuts
4 wheel nut locators
5 fuel tank seal
3 returning spring
15 exhaust gasket
7 turbo gasket
6 spark plugs
1 boost control knob
4 wing mirrors
1 steering universal joint
1 wastegate diaphragm
15 various silicone hose
1 fuel filter
15 exhaust strap
7 various clamps
3 various aluminium panels
1 tacho
1 headrest
1 oil gauge

Gear ratios

9 1st Gears
34 Narrow 3rd gears
23 Wide 4th gears
23 Hubbed 5th gears
28 Hubbed 5th gears

Total 117 spare ratios

BAU Parts

Splitter mould
Full set of new wets on BBS wheels
Additional wheels

Engine Rebuild parts – At Xtec

2 brand new and wrapped headlight covers
1 brand new set of exhaust valves
1 brand new set of inlet valves
1 brand new set of pistons, rings and pins (oversize)

All moulds can be sources if required..

This is not a fully comprehensive list but I will add to it as I get more of the stuff in… There is loads of it…..

 

https://www.motorsportauctions.com/category/334/Historic-Sports-Cars/listings/35780/Nissan-R88C-Group-C-Le-Mans-Race-Car.html

関連記事

2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN ALMS P2 SPORTSRACER 2220万円

車両価格:$179,900 2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN

記事を読む

日産 Super Taikyu Z33 750万円

車両価格:750万円 販売全スポットについてスーパー耐久ニスモZ33のレースカーは、7

記事を読む

1982 Mirage M12 Group C Sports Prototype 1032万円(SOLD)

    Sold for €84.000 540

記事を読む

Nismo GT300 JGTC Silvia race car ¥ASK

GT300 with DTM engine Combining the very

記事を読む

【ヤフオク】超貴重品!! 日産 シルビア S42年

  超貴重!! 車体番号が00003番。 現存するシルビアでは一番古いの

記事を読む

1986 Group C Tiga C2 2307万円

車両価格:£123,500   Description: 1986

記事を読む

1972 Nissan Skyline H/T 2000GT-R ‘Hakosuka’ 2665万円(SOLD)

Sold for $242,000 トリプルサイドドラフト三国ソレックスキャブレ

記事を読む

1974 Datsun 260Z ‘Super Samuri’

登録:CWA 506M シャーシ番号:R530000307 エンジン番号:L2

記事を読む

【ヤフオク】驚愕のスタート価格!!S30ゼット走行3000KM強!オリジナル!!

衝撃価格よりのスタートです!! 1980000円スタートよりの販売です!! これ

記事を読む

【ヤフオク】【33GTR】オーテック塚田サーキット仕様フルチューン

富士ベストタイム 1分49秒 車検2年付き。 チューニング総額2000万 チューニング

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク