*

PR

1982 Rondeau M482 Le Mans GTP 2569万円(SOLD)

公開日: : GTP , , ,

PA14_r127_001 PA14_r127_002 PA14_r127_003 PA14_r127_004

 

Sold for €212.800

550馬力、3296 ccのフォード・コスワースDFV DOHC V型8気筒エンジン、ヒューランド製5速ギアボックス、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、リア半径アーム、および4輪油圧ディスクブレーキと4輪独立サスペンション。ホイールベース:2490ミリメートル550馬力、3296 ccのフォード・コスワースDFV DOHC V型8気筒エンジン、ヒューランド製5速ギアボックス、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、リア半径アーム、および4輪油圧ディスクブレーキと4輪独立サスペンション。ホイールベース:2490ミリメートル
ジャン・ロンドーのルマン競争相手の最後の反復1983〜1987年ルマンレースの5 24時間のベテランサルト・サーキット – ミュゼデ24ユールに表示

ジャン・ロンドーの記録は等しくされることはないことがあります。彼は彼自身の設計と建設の車の中でルマンの1980 24時間を獲得しました。彼は1985年にル・マンでの無未満10レースに出場彼の最初のロンドーM378レーサーは、すべてでは1981年に第二と高い仕上げ、ロンドーは19競合他社を建て、彼の最後の外観で2位を終え、11年間のサーキットでレース自分の名前の下に、17で今日存続。
ロンドーとプジョーのデザイナーのジェラール・ウェルターは1976年のために独自のルマンレースカーを入力するように計画し、それが2.7リットルプジョー/ルノー/ボルボV-6エンジンを搭載されることになっていました。つまり、パワープラントは強いフランスの支援を保証しているだろうが、ロンドーではなく、より強力な英語コスワースのV-8を選択しました。ロンドーは彼のスポンサー、Inaltera後に2台の車の名前。ジャン=ピエール・ベルトワーズとアンリ・ペスカロロは、GTPクラスで優勝し、ロンドー、ジャン=ピエール・ジョッソーながら、全体の8終了し、「クリスティンは、「GTPに第三を終えました。 1977年、InalterasはロンドーとジャンRagnottiはGTPと総合4で第一を終えて、さらに良いフェアリング、および他の車が全体のクラスと13位立派11日を終えました。
Inalteraのスポンサーは、もはや1978年に存在していないので、ロンドーはコンストラクタとしてその年のル・マンに復帰しました。遅くすることはない、彼はベルナール・ダルニッシュとジャッキー・ハランで総合9位を置く、3回目のGTPクラスを獲得しました。 1979年、ロンドーとハランが更新M379を運転したが、彼らは、事故後に終了することができませんでした。ベルナール・ダルニッシュとジャンRagnottiしかし、チームメイトは、第五を終了し、ジャン=ピエール・ベルトワーズとアンリ・ペスカロロは、10日を置きました。
ロンドーは、最終的にはジャン=ピエール・ジョッソーで、1980年にル・マン24時間レースに勝った、とベルギーの兄弟フィリップとジャン・ミッシェル・マーティンとゴードンスパイス、完成した第三によって駆動されたセカンドカー、。スポンサーシップは、成功に続いて、ロンドーはルマンの1981の24時間に5台に入りました。チームは、ポルシェ936にジャッキー・イクスとデレック・ベルをキャッチできませんでしたが、彼らは第二と第三の管理でした。悲しいことに、ドライバジャン=ルイ・ラフォッセは、レース中に殺されました。
1982年には、さらに災害がル・サルトでロンドーを打ちます。彼は2 M379sと4 M382sに入りました。 2台の車は10日と15日終了したが、他の4つは決裂しました。さらに悪いことに、ロンドーはFIAがポルシェはプライベーターの勝利を主張することができたときに世界スポーツカーメーカーの選手権を奪われました。
ロンドーは再生する1以上のカードを持っていました。その後1982年に、彼はマックスサルドゥによって設計された見事な地上効果を持っていた彼の新しいM482を、発表しました。彼は次の年のル・マンに彼の車の6に入りました。しかし、ポルシェ956はあまりにも強力証明し、それは猛烈なペースで最初の8つの場所を取りました。唯一の1ロンドーは終了となります。その後、ロンドーは店を閉じたが、彼の車は別の5年のために競争し続けました。
1982年に、3 M482sは非常に最初のM482-001、本日発表の車であることで、建設されました。シャーシ001の最初の遠出は、それがジャン・ロンドー自身とフランソワ・ミゴールによるものであった1982年にシルバーストンの6時間でした。彼らは2時間のマークに近づいたとして残念ながら、車はエンジンの問題のため引退を余儀なくされました。シャーシ001は、次のエンジンのみの問題のため10時間目で引退することを、1983年のル・マン24時間レースでそのフォードConcessionnairesフランスのカラーリングに現れます。 1983年のル・マンでの失敗外出した後、ジャン・ロンドー、アラン・フェルテ、そしてミシェル・フェルテの手の中に、M482-001はジム・マレン、ウォルトBohren、そしてアラン・フェルテによって駆動され、1984年にルマンで第13回を終えました。
1985年には、この車はAutovoxの制服の下にルマンに入りました。しかし、再び、それは信頼性の問題を持っていた、11時間で引退、仕上げに失敗しました。車は1986年に、ブーベブリュットカラーリングで、ルマンに戻るだろう。この時間は、それがジャン・フィリップグランド、ジャックGoudchaux、およびマルクMenantによって駆動され、それが第13回全体的に終了しました。車はジャック・テリアン、ガストン・ライエ、とジャン・フィリップグランドの手で第12回を終え、1987年にわずかに良好な性能。ルマンで5厳しいレースに出場した後、M482は競争から引退したとミュゼデ24ユールに表示 – サルト・サーキット、他の注目すべき競合他社の中で。最近では、荷送人によって買収された、それは1983年にその最初の24時間レースに登場し、同じカラーリングで提供されています。
それは伝説的なトラック上ノー未満5 24時間レースに出場しているように、このロンドーは、ルマンの歴史の真の作品です。車は現在、ジョン・ニコルソン3.3リッターコスワースV-8エンジンが装備され、そして最初に出場史上認識フォードフランス色に仕上がっています。この歴史的なM482は、その今までに才能のあるクリエイターへのオマージュのまま。

 

 

550 hp, 3,296 cc Ford Cosworth DFV DOHC V-8 engine, Hewland five-speed gearbox, four-wheel independent suspension with double wishbones, coil springs, and rear radius arms, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,490 mm

  • The final iteration of Jean Rondeau’s Le Mans competitor
  • A veteran of five 24 Hours of Le Mans races between 1983 and 1987
  • Displayed at the Musée des 24 Heures – Circuit de La Sarthe

Jean Rondeau’s record may never be equalled: He won the 1980 24 Hours of Le Mans in a car of his own design and construction. He raced at the circuit for 11 years, finishing 2nd in his very last appearance in 1985. His first Rondeau M378 racer competed in no less than 10 races at Le Mans, finishing as high as 2nd in 1981. In all, Rondeau built 19 competitors under his own name, with 17 surviving today.

Rondeau and Peugeot designer Gerard Welter planned to enter their own Le Mans race car for 1976, and it was to be powered by the 2.7-litre Peugeot/Renault/Volvo V-6 engine. That powerplant would have guaranteed strong French backing, but Rondeau chose the more powerful English Cosworth V-8 instead. Rondeau named the two cars after his sponsor, Inaltera. Jean-Pierre Beltoise and Henri Pescarolo won the GTP class and finished 8th overall, whilst Rondeau, Jean-Pierre Jaussaud, and “Christine” finished 3rd in GTP. In 1977, the Inalteras faired even better, with Rondeau and Jean Ragnotti finishing 1st in GTP and 4th overall, and the other car finished a respectable 11th in class and 13th overall.

The Inaltera sponsorship no longer existed in 1978, so Rondeau returned to Le Mans that year as a constructor. Not to be slowed, he won the GTP class for the third time, placing 9th overall with Bernard Darniche and Jacky Haran. In 1979, Rondeau and Haran drove an updated M379, but they failed to finish after an accident. However, teammates Bernard Darniche and Jean Ragnotti finished 5th and Jean-Pierre Beltoise and Henri Pescarolo placed 10th.

Rondeau finally won the 24 Hours of Le Mans in 1980, with Jean-Pierre Jaussaud, and a second car, which was driven by Belgian brothers Philippe and Jean-Michel Martin and Gordon Spice, finished 3rd. Sponsorship followed success, and Rondeau entered five cars in the 1981 24 Hours of Le Mans. The team couldn’t catch Jacky Ickx and Derek Bell in the Porsche 936, but they did manage 2nd and 3rd. Sadly, driver Jean-Louis Lafosse was killed during the race.

In 1982, further disaster would strike Rondeau at Le Sarthe. He entered two M379s and four M382s. Two cars finished 10th and 15th, but the other four broke down. Even worse, Rondeau was robbed of the World Sportscar Manufacturer’s Championship when the FIA allowed Porsche to claim a privateer’s victory.

Rondeau had one more card to play. Later in 1982, he announced his new M482, which had stunning ground effects that were designed by Max Sardou. He entered six of his cars into Le Mans the following year. However, the Porsche 956 proved too potent, and it took the first eight places at a blistering pace. Only one Rondeau would finish. After that, Rondeau closed up shop, but his cars continued to compete for another five years.

In 1982, three M482s were built, with the very first being M482-001, the car presented today. The first outing for chassis 001 was the 6 Hours of Silverstone in 1982, where it was driven by Jean Rondeau himself and François Migault. Unfortunately, as they approached the two-hour mark, the car was forced to retire due to engine problems. Chassis 001 would next appear in its Ford Concessionnaires France livery at the 1983 24 Hours of Le Mans, only to retire in the 10th hour due to engine problems. After an unsuccessful outing at Le Mans in 1983, in the hands of Jean Rondeau, Alain Ferte, and Michel Ferte, M482-001 finished 13th at Le Mans in 1984, being driven by Jim Mullen, Walt Bohren, and Alain Ferte.

In 1985, this car entered Le Mans under the Autovox livery; however, once again, it had reliability problems and failed to finish, retiring in the 11th hour. The car would return to Le Mans, in the Bouvet Brut livery, in 1986; this time, it was driven by Jean Philippe Grand, Jacques Goudchaux, and Marc Menant, and it finished 13th overall. The car performed slightly better in 1987, finishing 12th in the hands of Jacques Terrien, Gaston Rahier, and Jean Philippe Grand. After competing in five gruelling races at Le Mans, M482 was retired from competition and displayed at the Musée des 24 Heures – Circuit de La Sarthe, amongst other notable competitors. It was recently acquired by the consignor and is offered in the same livery it appeared in in its first 24-hour race in 1983.

This Rondeau is a true piece of Le Mans history, as it has competed in no less than five 24-hour races on the fabled track. The car is currently fitted with a John Nicholson 3.3-litre Cosworth V-8 engine, and it is finished in the ever recognisable Ford France colours it first competed in. This historic M482 remains a tribute to its ever talented creator.

 

 

http://rmsothebys.com/pa14/paris/lots/1982-rondeau-m482-le-mans-gtp/1064432

関連記事

used-1992-nissan-gtp-zxturbo-9423-5117091-1-640

1992 Nissan GTP ZX Turbo ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

used-1984-jaguar-xjr~5-imsagtp-9423-5792896-4-640

1984 Jaguar XJR-5 IMSA GTP ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title En

記事を読む

431326

1985 Lola Corvette GTP 2450万円

  車両価格:£175,000 この車、シャーシT711-HU02は、

記事を読む

699x436_crop

Porsche 962-200 ¥ASK

車両価格:ASK PORSCHE 962 - 200  The 1988 &

記事を読む

leytonhouse_gpc_le_mans_08_001

Porsche 962 Kremer CK6 – Air Water ¥ASK

車両価格:ASK Porsche 962 Kremer CK6 Leyton Hou

記事を読む

March-GTP (7)

MARCH 84G IMSA GTP PROTOTYP

BJ1984 620馬力 6200 ccの 最高速度毎時356キロ シボレーの

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク