*

PR

Toyota Carina NZ Touring Car Castrol ex works Factory built Race Car 328万円

公開日: : トヨタ ,

$_57

<スポンサーリンク>

 

 

車両価格:£21,500

 

販売のためにこの素晴らしい、元トヨタカリーナの作品です。
最近復元されたが、彼女は回路にそれを引き出すために新しい所有者を必要とするため出走ません。
レース準備ができて仕事のほんの少量を必要とする、これはお金のない大量のために車を造った本物の作品を駆動するための絶好の機会です。ランニングコストも比較的低くなり、私はそのようなbeatifully準備シェルを有する、それは右の手で非常に競争力になると確信しています。

トヨタ建てられ、この素晴らしい作品がニュージーランドスケジュールS 2.0リットルのツーリングカークラス用に構築された2台の車の一つであった、これは90年代初めの国立NZツーリングカークラスでした。
例F1ドライバージュリアン・ベイリーによって駆動され、トヨタツーリングルは24時間日産グループC、1999年の英国のGTチャンピオン、FIA GTチャンピオン2000およびパートタイムトップギアスティグをMANS、ドライバBTCCに動作します。
ブルース・マイルズ、トヨタニュージーランドのMDは、英国のデイブ・クックレーシングサービスを委託2カリーナツーリングカーを構築するために(ジョン・クレランドボクソールを構築しました)。シェルは、その後、デイブコックが与えられた規制の範囲内仕様の最高に殻を設計し、構築するためにすべての彼のBTCCカー知識を使用し、工場から直接配信されていました。

一度今トヨタは黄金時代からの車を働く識別するフルカストロールの裏で、チームタスマンとして知られていたチームを完了しました。

私はここに提供する上で持っている車はその年、彼のトヨタワークスプログラムの一環として、ジュリアン・ベイリーによって駆動数32車です。姉妹車は姉妹車もまだ存在しているとニュージーランドのトヨタディーラーで常駐し、グレッグ・ブリンクによって駆動数38でした。

1995年にチームタスマントヨタカストロールは、フォードのRadisichとBMWのベアードに対して懸命に戦った戦いでチャンピオンシップで2位と4位を管理していました。シリーズは、爪がBTCCとやる気バンジのpriviteersから有名な作品のドライバとの間にレースを噛んで巨大な群衆に引っ張ります。レースは、ニュージーランドが今日カーレースをツーリングするための基準を設定し、近いと予測不可能でした。

トヨタニュージーランドはナショナルサルーンカーカップ1997年にそれを実行するデイブピッチャーにジュリアン・ベイリーの車を販売し、これは車が英国で今日れるようになったかです。

2000年以降車は引退したと戻ったばかりの裸のシェルに完全な再構築が行われました。車が愛情を込めて惜しま無償で復元された、エンジンの再は、より積極的なカムでfreshedし、約少なくとも220bhpを​​生産します。

車が事故にされておらず、車ツーリング90年代の作品の本当に素晴らしい例ですでした。

スペック。

– 完全に準備されたシーム(BTCCベイリーカリーナとほぼ同じ)デイヴ・クックレーシングシェルを溶接

– リモートキャニスター、調整可能なcoiloverサスペンションにすべてのラウンドを動作します。

– 調整可能なフロント/リアアンチロールバー。

– パイ – 2ダッシュ(第2世代/コスワース)これは、完全なフォルダ/ユーザーマニュアルとダッシュとMOTEC ECUのための専用のノートパソコンとソフトウェアが付属しています)

– ワークストヨタはカーボンドアパネル×4、プラスパーセルシェルフをエンボス加工しました。

– カーボンセンターコンソールとエアボックス

– APのマスターシリンダーとダッシュアジャスター付きカスタムバイアス合金ペダル

– 日付ハーネスと座席で

– カーボンファイバースーパーツーリングバンパーとスプリッタ

– 東洋888、6スペアオンスマグネシウム15 “ホイールとX4カンプホイール。

– プレミア燃料電池/膀胱

– 内蔵再、トヨタ3S-GEエンジンをチューニングし。特大primeries、リードとラップトップコンピュータとの完全な鍛造ロッド、鍛造JEピストン、4月のロッドボルト、MOTEC ECU上で実行している個々のスロットルボディ、。このエンジンは、BHP 240から220の間で生成されます

– のAp 4ポットキャリパーとディスク

車は絶対に新鮮であり、最近の復元以来、トラック上で実行されていません。それは多くのポストの歴史的2.0ltrクラス選手権で競争力があるだろう。

非常に稀なような血統を持つレースカーを見つけて、とても新鮮で、お金のこの種のために行く準備ができている車はもちろんのこと、レースや世話をするのは非常に深いポケットを必要としないチームの歴史に動作します。

summeriseするには、このツーリングカーは、スピードとシルバーストーン・クラシックのグッドウッド・フェスティバルにprestigous招待のための多くの歴史的なイベントや素晴らしい候補でレースをする機会を大きな価値を提供しています。これは良い投資である必要があります – 30Kの下で、工場構築されたレースカーを取得します!!! ???

私にご質問、または特典付きの電話を与える – あなたは本当に写真はそれを正義をしない、肉に車を確認する必要があります。

見ていただきありがとうございます。 07952 656046

For sale is this wonderful, ex works Toyota Carina.
Recently restored but not raced since, she needs a new owner to bring it out onto the circuits.
Requiring just a small amount of work to be race ready, this is a great opportunity to drive a genuine works built car for not a great deal of money. Running costs will be relatively low too and i am sure that having such a beatifully prepared shell, it will be very competitive in the right hands.

This superb works built Toyota was one of two cars built for the New Zealand Schedule S 2.0 litre touring car class, this was the National NZ touring car class in the early nineties.
Driven by Julian Bailey the Ex F1 driver, Toyota touring works driver BTCC, Le mans  24 hr Nissan group C, 1999 British GT Champion, FIA GT Champion 2000 and part time top gear Stig.

Bruce Miles, MD of Toyota New Zealand commissioned Dave Cook racing Services of UK ( built the John Cleland Vauxhall ) to build two Carina Touring cars. The shells were delivered direct from the factory, then Dave cook used all his BTCC car knowledge to design and build the shells to the highest of spec within the given regulations.

Once completed the team was known as Team Tasman, with full Castrol backing which now identifies the Toyota works cars from the golden era.

The car I have on offer here is the number 32 car driven by Julian Bailey as part of his Toyota Works programme that year. The sister car was number 38 driven by Greg Brink, the sister car also still exists and resides with a Toyota dealership in New Zealand.

In 1995 the Team Tasman Toyota Castrol managed a 2nd and 4th position in the Championship with hard fought battles against Ford’s Radisich and BMW s Baird. The series pulled in huge crowds with nail biting racing between famous works drivers from the BTCC and motivated banzi priviteers. The racing was close and unpredictable, it set the standards for New Zealand touring car racing today.

Toyota New Zealand sold the Julian Bailey car to Dave Pitcher to run it in the National Saloon Car Cup 1997, this is how the car came to be in the UK today.

After 2000 the car was retired and has just undergone a full re build back to the bare shell. The car has been lovingly restored with no cost spared, engine re freshed with more aggressive cams and producing approx at least 220bhp.

The car has never been in an accident and is a truly superb example of a 90s works Touring car.

Spec.

– Fully prepared and seam welded Dave Cook racing shell (almost identical to the BTCC Bailey Carina)

– Remote canister, works adjustable coilover suspension all round.

– Adjustable front/rear anti-roll bars.

– Pi – 2 Dash (2nd generation / Cosworth) This comes with a full folder/user manual and dedicated laptop and software for dash and MOTEC ECU)

– Works Toyota embossed Carbon door panels x4 plus parcel shelf.

– Carbon centre console and airbox

– Custom bias alloy pedals with AP master cylinders and dash adjuster

– In date harness and seat

– Carbon fibre super touring bumper and splitter

– X4 comp wheels with Toyo 888, six spare oz Magnesium 15” wheels.

– Premier fuel cell/bladder

– Re built, tuned Toyota 3S-GE engine. Oversized primeries, forged rods and forged JE pistons, APR rod bolts, individual throttle bodies running on Motec ECU, complete with leads and Laptop computer. This engine will be producing between 220 to 240 BHP

– Ap four pot callipers and discs

The car is absolutely fresh and has not been run on the track since the recent restoration. It would be competitive in many post historic 2.0ltr class championships.

Very rare to find a race car with such pedigree and works team history that doesn’t require extremely deep pockets to race and look after, not to mention a car that is so fresh and ready to go for this kind of money.

To summerise, this Touring car offers great value, an opportunity to race at many historic events and great contender for prestigous invites to The Goodwood festival of speed and Silverstone Classic. This has to be a good investment – get a factory built race car for under 30K!!!???

Give me a call with any questions, or offers – you really need to see the car in the flesh, the pictures do not do it justice.

Thanks for looking.  07952 656046

 

http://www.ebay.co.uk/itm/Toyota-Carina-NZ-Touring-Car-Castrol-ex-works-Factory-built-Race-Car-/121995510642?hash=item1c677fc372:g:OSgAAOSwU1FXQiQl

関連記事

昭和42年 トヨタ2000GT ¥ASK

車両価格:ASK 昭和42年   55,100km 赤/黒 純正ステアリングホ

記事を読む

1968 Toyota 2000GT 1億661万円(SOLD)

Sold for $880,000 150馬力、3ソレックスツインチョークサイド

記事を読む

Toyota Soarer JDM Race Car Roller Drift Convertible RHD ONE OF A KIND! 32万円

車両価格:$2,600 1991トヨタソアラJDMドリフト車ローラー(トランスまたはD

記事を読む

【ヤフオク】輸出厳禁!国内利用のみ!プロトタイプ!車台番号1番2000GT 現在価格1億円

現在価格:1億円 海外への輸出目的の方には販売出来ません。  

記事を読む

【ヤフオク】【即決】2013 サイオン FR-S レース仕様

【即決】2013 scion FR-S レースカー サイオンFR-Sのレースカー仕

記事を読む

トヨタ 2000GT ¥ASK

車両価格:ASK フルレストア済み http://www.kmauto.jp/v

記事を読む

TOYOTA Célica GT Four TTE last evolution 1142万円

車両価格:€85,000 TOYOTA Célica GT Four TTE last

記事を読む

1981 Toyota Corolla GB Rally Car 203万円

Sold for (£): 11,040 This Corolla has been

記事を読む

【ヤフオク】GAZOO Racing 86/BRZ レース クラブマン仕様

レースサイト http://gazooracing.com/onemake/86brz/

記事を読む

【ワイルドスピード】【オークション】ポールウォーカー使用 1993 Toyota Supra 

車両価格:ASK この1993トヨタスープラについて 機器 •ワイルドスピードス

記事を読む

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク