*

PR

Chevron B26 2785万円

公開日: : 未分類 ,

2005

<スポンサーリンク>

 

車両価格:€245000

私たちは販売のためのex-トニーCicaleシェブロンB26を提供する喜びしています。トニーCicaleはよく大西洋のこちら側に知られているものではないかもしれないが、彼はU.S.Aの高い点で開催された伝説的なレースとチャンピオンシップ優勝エンジニアです..

デレク・ベネット、シェブロン自動車株式会社の創設者は、彼はすぐに彼自身の名前を開発した北イングランドのお店で後半50iesでレースカーを構築するために始めた華麗なエンジニアでした。彼は著しく短い時間でブランドの新型車を開発することもできたが、彼はめったに新鮮なデザインが本当に必要だったこと見つかりませんでした。これは確かに最新のシェブロンB23がLolasとOsellasには一致しませんでした1973年シーズンの途中でケースでした。だから、ベネットは、クリーンなシートデザインが競争力を取り戻すために必要であると判断しました。彼は、ブランドの新しいシェブロンB26のテストを発見された直後に。

何前任者から離れてB26を設定すると、アルミモノコックでした。前シェブロンスポーツレーサーが同様の剛性を提供したが、あまりの重さがあった最初の1967年のB6にB26の新しいモノコックタイプのシャーシを使用した強化スペースフレームのデザインを使用していました。ただ、以前の車上など個別のフロントサブフレームは、事故の損傷の場合には、メンテナンスや交換を容易にするために使用しました。リアサスペンションは、B25式2シングルシーターから派生している間に、最新のロープロファイルタイヤに適応し、フロントサスペンションは、B23の最終進化から引き継がれました。また、B26は単純なくさび形の本体と一体化リヤウイングの恩恵を受け。

このB26は、シャーシのB26 / 74/05は、新しいからわずか数、主に長期的な所有者との継続的な歴史を持っています。現在の所有者はフランスにインポートされると、完全には完成された車の再構築委託し、米国から2008年に車を買ったと。すべてが通過してきた、新しいゼロ・マイルリチャードソンフォードBDGがインストールされています。所有者は今、時間不足のため、として車を売却することを決定しました、彼はこの美しいと非常に高速なシェブロンB26を使用する喜びを持っていません。

車上のすべては、現在の(シートベルト、燃料電池など)であり、それは完全にレース準備の米国の歴史的なレースシーンへの再登場を作るためです。ヨーロッパでレースをする場合は、車が唯一の正しいB26テールとFIAのHTP書類が必要になります。

これは、優れた来歴、新鮮な、レースレディ状態にあると無ストーリーシェブロンB26を取得するための貴重な機会です!

歴史:
シャーシB26-74-05は1974年に建てられ、ニューヨークのSCCAクラブレーサートニーCicale、SCCAクラブレースに興味がなっていた高校数学の教師に新しい配信されました。トニーは1974年から77年まで4年間のSCCAでB26とCAN-アムイベントをレース。それはSCCAでレース最速の2リットルのプロトタイプの1つになることのために彼の手ごわい数学のスキルを適用すると、トニーは徐々に年間でこの車を再設計だろう。

1975年に、トニーは、分割チャンピオンシップを獲得し、再び彼は第二を終えロードアトランタでの米国チャンピオンズのために修飾。 1976年に、トニーはモスポート200マイル、世界スポーツカー選手権のラウンドに参加しました。マルティーニ・ポルシェとアルパイン・ルノーのターボ車、CAN-アムシャドウ、いくつかのマクラーレン缶・アム車、ハーレーCluxtonのミラージュGR8の形をした工場のプロトタイプが充填されたフィールドでは、トニーは信じられないほどではほとんどB26ホームをもたらしました2 -litreクラスを勝つために全体の6位。これまでの成功をもたらす応用数学の完璧な例があった場合、これはそれでした。トニーはまた三度目のストレートSCCA米国チャンピオンズ、第五の仕上げこの時のためにその年の資格。

1977年にトニーはグループ6のプロトタイプではなく、新しい無制限の容量」中心シーター「グループEの車を実行しているクラブレーサーで直接目的とした下の2リッタークラスを組み込むことになる復活でき-アムシリーズにギアを上に移動しました。トニーは、彼のクラスを獲得したことはありませんが、彼は4クラスの表彰台を達成したし、一度だけトップ10全体的に仕上げることができませんでした。今年の終わりまでに、トニーの目には、シェブロンのエンジニアリング能力は限界に達していたし、彼はいくつかを建てそのうち2リットル缶・アムカーの下で彼自身の「Cicale」を構築することを決めました。トニーは、その後最初にニューマン・ハースで、アメリカで最も尊敬開発とレースカーエンジニアの一人になることへの駆動終了することを決定し、その後、パトリック・レーシング、ポルシェインディカーチーム、ガレス・Kraco、プレーヤー・フォーサイス、チームクールグリーンとAndretti-と緑。 Cicaleは1983-’85からニューマン・ハースマリオ・アンドレッティのレース・エンジニアだったし、再び1988年、’90と’91インチCicaleはアンドレッティ、1995年CARTのタイトルとジャック・ビルヌーブとインディ500、およびポール・トレイシーと2003年チャンプカーのタイトルで1984年のCARTチャンピオンシップを獲得しました。このごろCicaleはウィンドサーフィンを楽しんで消極的退職者です。

トニーはバージニア州からの仲間のSCCAクラブレーサージョーSalyerに1978年にB26を販売しました。ジョーは基本的にはCicaleしていましたし、かなりそれにトニーは、アップセットと車を設計していた道をレースのように、彼は正確に同じカラーリングを保持し、彼はシェブロンを所有していた多くの年間を通じて実際に、車には何も変化しませんでした。 「システム機械業者」の下に入り、後援バナージョーはまた、ミッドオハイオCAN-アムテリーホイットロックに車を雇って、事故後に引退ワトキンスグレンCAN-アムのためのビルファヌフに、次のレースを逃しましたロードアメリカで。彼の前にトニーCicale様SCCAクラブレース、ジョーSayler、次の5シーズンにわたり、米国選手権のための一貫性の修飾子であろう。

1983年にB26は、初歩的なフロントガラスと屋根の構造を追加することによって、IMSA GTPライト仕様に変換ロジャーSchroerに売却されました。それは一度だけミッドオハイオでSchroer自身が、かつてデールワイズコロンバスで、1985年に、この仕様では二回、両方の回出走しました。彼らは両方の終了に失敗しました。

B26-74-05はそれが適切なグループ6トリムおよびスペックに復元されていたながら、車を買ったシカゴの歴史的レーサーボブヨルダンにより1993年に購入しました。ボブはB36型テールで、修復を終え、多くの米国の歴史的なレースで後半90年代まで、シェブロンが出走しました。所有し、レースのほぼ十年後にB26ボブは歴史的レーサーRasim Tugberk ofVirginiaに車を売却しました。彼は以前、彼は「ブルーチップ・レーシング「トリプルトーンブルーのカラーリングで塗装90年代後半に米国historicsに出走B19を所有していました。 Rasimは同じカラーリングでB26を塗り替え、彼が最近終了しました車の完全な復旧に着手し、現在の所有者に車を売却し2008まで米国historicsで車をレース。

We have the pleasure to offer for sale the ex-Tony Cicale Chevron B26. While Tony Cicale may not be that well known this side of the Atlantic, he is a legendary race and championship winning engineer held in high regard in the U.S.A..

Derek Bennett, founder of Chevron Cars Ltd. was a brilliant engineer who started to build race cars in the late 50ies in a shop in North England where he quickly developed a name for himself. He could develop a brand new car in a remarkably short time but he rarely found that a fresh design was really necessary. This was certainly the case in the middle of the 1973 season when the latest Chevron B23 was no match for the Lolas and Osellas. So, Bennett decided that a clean sheet design was needed to regain competitiveness. Shortly after he was found testing the brand new Chevron B26.

What set the B26 apart from its predecessors was the aluminium monocoque. Previous Chevron sports racers had used a reinforced spaceframe design that was first used in the B6 of 1967. The new monocoque type chassis of the B26 offered similar rigidity but weighed less. Just as on the earlier cars a separate front subframe was used for ease of maintenance or replacement in case of accident damage. Adapted to the latest low profile tires, the front suspension was carried over from the final evolution of the B23 while the rear suspension was derived from the B25 Formula 2 single seater. In addition, the B26 benefitted from a simple wedge-shaped body and an integrated rear wing.

This B26, chassis B26/74/05, has continuous history from new with just a few, mostly long-term owners. The current owner bought the car in 2008 from the USA and, once imported into France, commissioned a full rebuild of the car which has now been completed. Everything has been gone through and a new zero-miles Richardson Ford BDG has been installed. The owner has now decided to sell the car as, due to a lack of time, he has not had the pleasure to use this beautiful and very fast Chevron B26.

Everything on the car is current (seat belts, fuel cell, etc.) and it is totally race-ready for making its re-appearance on the US historic racing scene. If to be raced in Europe, the car would only need a correct B26 tail and FIA HTP papers.

This is a rare opportunity to acquire a no-stories Chevron B26 with excellent provenance and in fresh, race-ready condition !

History:
Chassis B26-74-05 was built in 1974 and delivered new to SCCA club racer Tony Cicale of New York, a high-school maths teacher who had become interested in SCCA club racing. Tony raced the B26 in SCCA and Can-Am events for four years from 1974 to ‘77. Applying his formidable maths skills, Tony would gradually reengineer this car over the years for it to become one of the fastest 2-litre prototypes racing in the SCCA.In 1975, Tony won the divisional championship and again qualified for the US Champions at Road Atlanta where he finished 2nd. In 1976, Tony took part in theMosport 200 Miles, a round of the World Sports Car Championship. In a field packed with factory prototypes in the shape of the Martini-Porsche and Alpine-Renault turbo cars, a Can-Am Shadow, several McLaren Can-Am cars, and Harley Cluxton’s Mirage GR8, Tony brought the little B26 home in an incredible 6th place overall to win the 2 -litre class. If ever there was the perfect example of applied mathematics bringing success, this was it. Tony also qualified that year for his third straight SCCA US Champions, this time finishing 5th.

In 1977 Tony moved up a gear to the revived Can-Am series which would incorporate an under 2-litre class aimed directly at the club racer running Group 6 prototypes rather than the new unlimited capacity “centre-seater” Group E cars. Although Tony never won his class, he did achieve four class podiums and only once failed to finish in the top ten overall. By the end of the year, in Tony’s eyes, the engineering potential of the Chevron had reached its limit and he decided to build his own “Cicale” under 2-litre Can-Am car of which he built a few. Tony then decided to quit driving to be become one of America’s most respecteddevelopment and race car engineers, firstly with Newman-Haas, then with Patrick Racing, the Porsche Indycar team, Galles-Kraco, Players-Forsythe, Team Kool Green and Andretti-Green. Cicale was Mario Andretti’s race engineer at Newman-Haas from 1983-’85 and again in 1988, ’90 and ’91. Cicale won the 1984 CART championship with Andretti, the 1995 CART title and Indy 500 with Jacques Villeneuve, and the 2003 Champ Car title with Paul Tracy. These days Cicale is a reluctant retiree who enjoys wind-surfing.

Tony sold the B26 in 1978 to fellow SCCA club racer Joe Salyer from Virginia. Joe basically didn’t change anything on the car, indeed throughout the many years he owned the Chevron he retained the exact same livery as it was with Cicale and pretty much raced it the way Tony had set-up and engineered the car. Entered and sponsored under the “Systems Mechanical Contractors” banner Joe also hired out the car to Terry Whitlock for the Mid-Ohio Can-Am, and to Bill Phaneuf for the Watkins Glen Can-Am who retired after an accident then missed the next race at Road America. Over the next five seasons of SCCA club racing, Joe Sayler, like Tony Cicale before him, would be a consistent qualifier for the US Championships.

In 1983 the B26 was sold to Roger Schroer who converted it to IMSA GTP Lights spec by adding a rudimentary windscreen and roof structure. It was only raced twice in this spec, both times in 1985, once by Schroer himself at Mid-Ohio and once at Columbus with Dale Wise. They both failed to finish.

B26-74-05 was then purchased in 1993 by historic racer Bob Jordan of Chicago who bought the car whilst it was being restored to proper Group 6 trim and spec. Bob finished the restoration, with the B36 type tail, and raced the Chevron until the late-90s in many U.S. historic races. After nearly a decade of owning and racing the B26 Bob sold the car to historic racer Rasim Tugberk ofVirginia. He had previously owned a B19 which he raced in US historics in the late 90s painted in “BlueChip Racing” triple-tone blue livery. Rasim repainted the B26 in the same livery and raced the car in US historics until 2008 when he sold the car to the current owner who undertook a full restoration of the car which was recently finished.

http://www.rmd.be/index.php/cars?pid=55&sid=218:B26

 

関連記事

1965 Superformance Cobra 427 969万円

車両価格:$79,995 This '65 Superformance Cobra we

記事を読む

1965 Superformance Cobra Daytona Coupe 1090万円

車両価格:$89,995 This west coast car was ordered

記事を読む

TWO FORMULA NOVIS (TWO SEATER) – MYGALE 2000 606万円 1077万円

車両価格:€45,000 €80,000 2完全な式ノビス(2人乗り) - トガリネズ

記事を読む

スーパーフォーマンス GT40 マーク1 ¥ASK

車両価格:ASK GT40のレプリカの中でも、正式にGT40を名乗り、レジストリーにも

記事を読む

LISTER Storm GTM005 3479万円

車両価格:€260,000   リスターは、それが有名なジャガー「D」

記事を読む

【ヤフオク】Giovanna 6輪国内一台 低(実)走行33690KM ガルーウィング

  自動車基本情報 メーカー名 ハマー 車種名 ハマ

記事を読む

2005 Panoz GTLMe chassis 007 2220万円

車両価格:$179,900 Very successful GTLM car campa

記事を読む

March 83 S Sports 2000 532万円

  車両価格:£38,000 仕事は私の所有で行わ: 新しいベル

記事を読む

MATRA MS630 ¥SOLD

車両価格:SOLD Matra Sport was created in 1964 by

記事を読む

1981 AAR Eagle Indianapolis 424万円(SOLD)

Sold for $38,500 スモールブロックシボレーのV-8エンジン、ヘビ

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク