*

PR

1969 Lola T-162 Can-Am Car 3501万円

公開日: : 未分類 , ,

415660

<スポンサーリンク>

 

車両価格:$349,000

アーティストの数の文化と音楽的貢献のためだけでなく、思い出したが、重要なのは素晴らしいスポーツや世界中から登場レーシングカーのためのブラックベリー – 1960年代は素晴らしかったです。

それはフェラーリ、ポルシェ、ジャガー、フォード、および多くの他からの早期戦後の貢献の成功を構築し、スポーツカーレースのための全盛期でした。 1966年、カナダのアメリカンチャレンジカップを形成し、アメリカのスポーツカークラブ(SCCA)およびカナダ自動車スポーツクラブ(CASC)が。この新しい「CAN-アム」式は、工学の熱いベッドを作成し、エッジに設計エンベロープレースをプッシュ何度もCAN-アムシリーズの9年間の実行時に。

式は素晴らしく簡単でした。エンジン排気量に制限なく、タイヤをカバーする4つのタイヤ、2席、2つのドア、およびボディワーク。それはそれについてでした。このbrought`レースチームやメーカーのすべての組み合わせを一緒に迅速に。 CAN-Amが空力、ダウンフォース、ターボ過給技術の使用に影響を与えるために知られるようになった、と航空宇宙産業は、シャーシの建物のための技術を適応させます。

ローラは、早い時期にCAN-アムシリーズを支配しました。その後マクラーレンは勝ちの組み合わせであることが証明され、その後、車がすべてを支配していること1500HP呼吸火の中に彼らのポルシェ917を進化デザイン。精彩を欠いた1974年シーズン後のCAN-アムシリーズの終焉に1973リードのガス危機。

オリジナル缶・アムシリーズの注目すべきドライバが1960年代後半と1970年代初頭の事実上すべての絶賛されたドライバが含まれていました。ジム・ホール、マーク・ドノヒュー、マリオ・アンドレッティ、Parnelliジョーンズ、ジョージFollmer、ダン・ガーニー、フィル・ヒル、デニス・ハルム、ブルース・マクラーレン、ジャッキー・オリバー、ピーター・レブソン、そしてジョン・サーティースは競争的にすべてのCAN-アム車を運転し、成功した、レースに勝利し、チャンピオンシップのタイトル。

ジョン・サーティースは、ローラT-70 MK2スパイダーを駆動就任の1966缶・アムシリーズを獲得しました。非常に成功したローラT-70の車からは、ローラは、T-160-165シリーズへと進化しました。ほとんどすべてのシェビーを電源が入っていて、そのチャンピオンシップ1966年後に強く競合するように続けました。

販売のために提供され、車の詳細:

このローラT-162 CAN-アムカー(シリアル番号SL162 / 13)は、ローラによって生成ちょうど2つのT-162車の一つでした。それは初日以来、積極的に運動をしており、そのレースの寿命の間、シャーシの損傷を被ったことはありません。

所有権の歴史とタイムラインシャーシ

•1969 – ローラ・カーズ、英国プロデュースSL162 / 13。

•1970 – モンテシェルトンが使えます(ポートランドで注意レーサーや車のディーラー、OR)

•1972 – 1位就任ローズカップレース(オレゴン州ポートランド)

•1973 – 1975を介して車をレースを続けてポートランドエリアの地元の医者に販売される前にエドモントンとラグナセカでのCAN-アムレースを競いました。

•1975 – ビジネスの優先順位は、数年間停車中の車を見て前に成功した1978年を通じて車をレースゲイリーRubottomが使えます。

•1985 – 注目される車のコレクタとレーサーが使えます – トム・アームストロング

•1990 – シャーシ(2を傷つけないように、化粧品の修復のために)すべての元の隔壁とシャーシコンポーネントを使用して再スキンピュアラップ、ワシントン州のJ&L製作することによって。 J&Lはサービスに行くと現代を通じてこの車を維持するであろう。

•1985-2011 – 米国全土ヴィンテージレースイベントで選挙運動を積極的に(暦年当たり3-6イベント) – などワトキンスグレン、ロードアメリカ、ラグナセカ、シアーズポイント、コロナド、ポートランド、シアトル、

技術仕様

•エンジン – Hillbornインジェクションを持つすべての合金ブロック410ciシボレーパワー。 700以上のHP。ドライサンプ給油システム、外部フィルタ。ストレートコレクタに1排気管に4のセラミックコーティングされたカスタムヘッダー。含まマフラーはノイズ制限された会場のためにボルトで固定することができます。

•重量 – 1840ポンド。 (燃料またはドライバなし)

•トランスミッション – ヒューランド製LGボックス。車でのような追加のギアセット/比。

•ブレーキ – 11 “ベンチレーテッド、掘削クロス、およびすべての四隅にダクトの空気ディスクブレーキ。

•ホイール/タイヤ – マグネシウムホイール(15 “x11の”フロント、15 “X15″リア)、グッドイヤースリックタイヤ(23x11x15と27x14x15)

•サスペンション – アイバッハスプリングとペンスキー反転coilover減衰器

•消火システムは – カスタム右側の内側のマウントは、ドライバの区画とエンジンの領域内の複数のノズルと、オンボードハロンシステムの燃料電池面積を退役しました。

•燃料システム – 左サイドポッドシャーシ内の単一燃料電池、燃料アキュムレータを利用し、注射のための適切な燃料供給システムのためのシステムを遮断してください。

•メンテナンス – 車上のすべてのメンテナンスが排他的に2015年11月に実行し、1985年最近のフラッシュ流体およびエンジン始動/以来、J&L製造することによって処理されました。

•スペア – フィルター、ホース、特殊なツール、完全なフロントノーズ型、マフラー、迅速なジャックのバラエティ。

•ログブック – 車は内競っていされているすべてのシリーズのレースのログブックの完全なパッケージでお届けいたします。

車はないときはトラックに1985年から加熱されたストレージに格納されています。豊富なサービスおよびメンテナンス記録車と同様に、そして何のコストは、これまでこのレースカーの使用に惜しみませんでした。それは言い訳を持っていないし、所有権と使用の次の章の準備ができています。

2016年には、この車は不問所有権の歴史と起源で、それらのすべての対象である1966年のシリーズの作成を祝うカン・アム50周年記念イベントの様々なをもたらします。カン・アム・デザインの最も美しいの一つは、この車は、レースの準備ができた状態にあり、世界のどのレース会場での観客と同じくらいドライバ/コレクタを感動させる準備ができて。

このレースカーのみ販売のビルに販売されますのでご注意ください。

 

The 1960s were fantastic – an era remembered not only for the cultural and musical contributions of a number of artists, but more importantly for the amazing sports and racing cars that emerged from around the globe.

It was a heyday for sports car racing, building on the successes of the early post war contributions from Ferrari, Porsche, Jaguar, Ford, and many others. In 1966, the Sports Car Club of America (SCCA) and Canadian Auto Sports Club (CASC) formed the Canadian American Challenge Cup. This new “Can-Am” formula created a hot bed of engineering and pushed the racing design envelope to the edge over and over during the 9 year run of the Can-Am series.

The formula was wonderfully simple. Four tires, two seats, two doors, and bodywork covering the tires, with no restrictions on engine displacement. That was about it. The combination of all of this brought race teams and manufacturers together quickly. Can-Am became known for influencing the use of aerodynamics, downforce, turbocharging technology, and adapting the aerospace industry techniques for chassis building.

Lola dominated the Can-Am series in the early years. Later the McLaren designs proved to be the winning combination, and then Porsche evolved their 917 into a fire breathing 1500hp car that dominated all. The gas crisis in 1973 lead to the Can-Am series demise after a lackluster 1974 season.

Notable drivers in the original Can-Am series included virtually every acclaimed driver of the late 1960s and early 1970s. Jim Hall, Mark Donohue, Mario Andretti, Parnelli Jones, George Follmer, Dan Gurney, Phil Hill, Denny Hulme, Bruce McLaren, Jackie Oliver, Peter Revson, and John Surtees all drove Can-Am cars competitively and were successful, winning races and championship titles.

John Surtees won the inaugural 1966 Can-Am series driving a Lola T-70 Mk2 Spyder. From the highly successful Lola T-70 car, Lola evolved into the T-160-165 series. Almost all were Chevy powered and continued to compete strongly after that 1966 Championship year.

Details Of The Car Offered For Sale:

This Lola T-162 Can-Am car (serial number SL162/13) was one of just two T-162 cars produced by Lola. It has been campaigned actively since day one, and has never incurred chassis damage during its racing life.

Ownership History and Chassis Timeline

• 1969 – SL162/13 Produced by Lola Cars, UK.

• 1970 – Purchased by Monte Shelton (noted racer and car dealer in Portland, OR)

• 1972 – 1st place inaugural Rose Cup Race (Portland, OR)

• 1973 – Competed Can-Am races in Edmonton and Laguna Seca before being sold to a local doctor in the Portland area that continued to race the car through 1975.

• 1975 – Purchased by Gary Rubottom who successfully raced the car through 1978 before business priorities saw the car parked for a number of years.

• 1985 – Purchased by noted car collector and racer – Tom Armstrong

• 1990 – Chassis re-skinned using all original bulkheads and chassis components (for cosmetic restoration purposes, not due to damage) by J&L Fabricating in Puyallup, WA. J&L would go on to service and maintain this car through the present day.

• 1985-2011 – Campaigned actively (3-6 events per calendar year) in vintage racing events across the United States – Watkins Glen, Road America, Laguna Seca, Sears Point, Coronado, Portland, Seattle, etc.

Technical Specifications

• Engine – 410ci all alloy block Chevrolet power with Hillborn Injection. 700+ HP. Dry sump oiling system, external filter. Ceramic coated custom headers with 4 into 1 collectors to straight pipe exhaust. Included mufflers can be bolted on for noise restricted venues.

• Weight – 1,840 lbs. (without fuel or driver)

• Transmission – Hewland LG box. Additional gear sets/ratios come with the car.

• Brakes – 11” Ventilated, cross drilled, and air ducted disc brakes at all four corners.

• Wheels/Tires – Magnesium wheels (15”x11” front, 15”x15” rear), Goodyear slick tires (23x11x15 and 27x14x15)

• Suspension – Penske inverted coilover dampeners with Eibach springs

• Fire Suppression System – Custom mount inside of right side decommissioned fuel cell area of an on board Halon system, with multiple nozzles in driver’s compartment and engine area.

• Fuel System – Single fuel cell in left side chassis pod, utilizing a fuel accumulator and shut off system for adequate fuel delivery for injection system.

• Maintenance – All maintenance on the car has been handled exclusively by J&L Fabricating since 1985. Recent fluid flush and engine start/run in November 2015.

• Spares – Variety of filters, hoses, specialty tools, complete front nose mold, mufflers, quick jack.

• Log Books – the car will be delivered with the complete package of racing log books for all series is has competed within.

The car has been stored in heated storage since 1985 when not on the track. Extensive service and maintenance records come with the car, and no cost was ever spared in use of this race car. It has no excuses and is ready for the next chapter of ownership and use.

2016 will bring about a variety of Can-Am 50-year anniversary events celebrating the creation of the series in 1966. This car is eligible for all of them, with unquestioned ownership history and provenance. One of the most beautiful of the Can-Am designs, this car is in race ready condition, and ready to impress the driver/collector as much as spectators at any racing venue in the world.

Please note this race car is sold on a Bill of Sale only.

 

http://www.nweuro.com/Inventory/1969-Lola-T162-CanAm-Car/

関連記事

1968 Howmet Turbine Race Car 3268万円(SOLD)

Sold for $264,000 330hp, Free-turbine TS325

記事を読む

1974 TOJ Formula 2 SS02 – 2 ¥ASK

1974 TOJ SS02 BMW元JObermoser/チームヴァルシュタイナーEuro

記事を読む

AMS Autoracing Tipo 277 778万円

  車両価格:€70,000 AMS - 特別な機械設備は現在、2人乗

記事を読む

【ヤフオク】レイナ―ドカーボンモノコックエンジンレスヒューランド付き

不動車です 現状でお願いします 【ヤフオク】レイナ―ドカーボンモノコックエンジンレスヒュ

記事を読む

スーパーフォーマンス GT40 マーク1 ¥ASK

車両価格:ASK GT40のレプリカの中でも、正式にGT40を名乗り、レジストリーにも

記事を読む

Formula Ford Kent Series Ray GR06/07 238万円

車両価格:£12,500 Fully re built last year and mai

記事を読む

1960 Pininfarina X Sedan 7076万円

車両価格:$595,000 エアロダイナミクスは、50年代後半と60年代前半におけるモ

記事を読む

Aquila CR1 1886万円

車両価格:£99,000 This car has been built using th

記事を読む

1959 Dagrada Lancia Formula Junior 2613万円

車両価格:$220,000 歴史 これは、構成された第1 Dagradaランチア

記事を読む

Dacia Logan CUP 130万円

車両価格:£7,000 非常に希少車 - ポーランドとヨーロッパ全体でユニークなモデル

記事を読む

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク