*

PR

1964 LANCIA SPORT ZAGATO PROTOTIPO

公開日: : ランチア

0005jan_luehn_20.11.2015 0022jan_luehn_20.11.2015 0020jan_luehn_20.11.2015

<スポンサーリンク>

 

 

EX-WORKS 1964年タルガ・フローリオ入
シャーシNo
815538 1001
モデルの歴史:
1963年Fulviaでサルーンの導入は、自動車デザインの革新のためのランチアの比類のない評判を維持しました。 boxilyスタイルアッピアの交換はすべて新しい、狭角オーバーヘッドカムシャフトのV4エンジンを特色にしました。前輪駆動。ダブルウィッシュボーンによって独立したフロントサスペンション。そして、ディスクブレーキのすべてのラウンド。機械的に類似した、新人が持っていたすべてのビジュアル存在は、その前駆細胞が欠けていたと80bhpを​​生産1,216ccエンジンに付属しているものの、1965年に発売短いホイールベース上の2 + 2クーペ。町の名を冠したカロッツェリア年代ミラネーゼ一般的に軽量かつ空力ボディのいずれかによって特徴づけ目を引くスポーツザガート、そのそこスタイルに意識しながら調整された「HF」のバージョンでは、パフォーマンスの向上を提供します。第千九百六十の象徴的なアストンマーチンDB4GTザガートとの創造的な輝きのための彼の評判を築いていたエルコレスパーダ、間違いなくザガートの最も重要な戦後デザイナーで書いたものを形

この車の具体的な歴史:
1964年、ランチアワークスチームがスポーツプロトタイプザガート、軽量ボディと多数の軽量化対策とのユニークな創造を発表しました。マルコとフェルナンドCrosinaフレスコバルディと1964年タルガ・フローリオ、で、残念ながらレース番号184を使用して、ドライバーと車がレース中に起因する予定外のオフロード遠足のにフィニッシュラインを見ていないその最初のレース。タルガ・フローリオエントリの後、車が原因で限られた資金に非常に短いレースの歴史を持っていました。ワークスチームは、代わりに、車の販売がなかった助けるためにしようとする「グランツーリスモ」のカテゴリに標準roadgoingフラビアザガートレースを決定しました。回路のイベント、未使用とほぼ忘れられた、ランチアのRepartoコルセに残され、数年のために保存されているものスポーツプロトタイプザガートには、いくつかのより多くの外出後。

それは次いで、1967年に、ワークスチームのためにレースを停止し、1965年と1966年のランチアとイタリアのチャンピオンは、彼が無シャーシに出くわした何クラウディオMaglioliは、815 538 1001。行なったし、すぐにサンドロ・フィオリオ、ランチアのレースの頭と交渉します部門は、自動車および任意の残りのスペアパーツを購入します。 Maglioliは慎重かつ細心の交感神経復旧に着手、20年間、彼のワークショップで車を保ちました。細部、カラー:そのような油の左側の隅、weremadeの急増、と彼は熱心なランチアコレクタに、現在の所有者に1001年に815538を売却することを決めた1991年まで、彼と一緒に残った車を避けるために、サンプにバッフルを置くなど。

シャーシ815538 1001は軽合金ボディから始まる多くの特別な機能は、標準ランチアフラビアザガートだけでなく、より良いハンドリングのための短縮ホイールベースと比較すると、いくつかの220キロ軽く何をやっていました。長いキャブレターに到達し、呼吸するトランペットのためのスポーツPrototipoザガート車はボンネット上のツインエアインテークを持つ非常に積極的と低めな外観を持っています。ノートのように、低いルーフライン、削除されたバンパーやレース特有のインテリア、すべての重量を保存し、パフォーマンスを向上させるです。また、車をはるかに良好な応答を与え装着し、よりダイレクトステアリングボックス、。

トレンティーノ雑誌RuoteclassicheでクラウディオMaglioliとテストドライブとのインタビューで、彼は車がどのように処理したかよく覚えています。 Maglioliはすぐに車を運転するためにやった、あなたはスローで、高速アウト戦術を使用していた覚えています。彼はコーナーの周りにきれいなレースのラインで行った報告、この車は、ほとんどのように、迅速かつとして有効であることができ、期間中ランチアワークスチームからもう少し支援を受けて、それはより多くの成功したレースカーの一つであると上行っているだろうランチアの歴史インチその第二の所有者が、ここに提供される例は、その最初の所有者、ワークスドライバーによって光のみ保全作業で、比較的手つかずと元のまま。このユニークなザガートボディの車の競争はランチアの歴史の一回限りの作品で、集会やイベントに表示または使用できるようになりました。

このプロトタイプは深刻なコレクターランチアのための真の宝石のように見ることができます。車は、クラスA1の総合的な履歴ファイルだけでなく、FIVAのIDカードが付属しています。

EX-WORKS 1964 TARGA FLORIO ENTRANT
Chassis No
815538 1001
Model history:
The introduction of the Fulvia saloon in 1963 maintained Lancia’s unparalleled reputation for innovation in automobile design. The boxily-styled Appia replacement featured an all-new, narrow-angle overhead-camshaft V4 engine; front wheel drive; independent front suspension by double wishbones; and disc brakes all round. A 2+2 coupe on a shorter wheelbase was launched in 1965. Though mechanically similar, the newcomer had all the visual presence its progenitor lacked and came with a 1,216cc engine producing 80bhp. Tuned ‘HF’ versions provided increased performance, while for the style conscious there was the eye-catching Sport Zagato, characterised by one of the eponymous Milanese carrozzeria’s typically lightweight and aerodynamic bodies. The shape was penned by Ercole Spada, arguably Zagato’s most important post-war designer, who had forged his reputation for creative brilliance with the iconic Aston Martin DB4GT Zagato of 1960.Specific history of this car:
In 1964, the Lancia Works team presented the Sport Prototipo Zagato, a unique creation with a lightweight body and numerous weight-saving measures. Its first race was at the 1964 Targa Florio, with Marco Crosina and Fernando Frescobaldi, using race number 184. Unfortunately, the drivers and the car did not see the finish line due to an unplanned off-road excursion during the race. After the Targa Florio entry, the car had a very short racing history due to limited funds; the Works team, instead, decided to race the standard road going Flavia Zagato in the ‘Turismo’ category to try to help the sales of that car. After a few more outings on circuit events, the Sport Prototipo Zagato was left in Lancia’s Reparto Corse and stored for a few years, unused and nearly forgotten.

It was then, in 1967, that Claudio Maglioli, who was the Italian champion with Lancia in 1965 and 1966, was still racing for the Works team and he came across chassis no. 815538 1001 and immediately negotiated with Sandro Fiorio, head of Lancia’s racing department, to purchase the car and any remaining spare parts. Maglioli kept the car in his workshop for 20 years, undertaking a careful and meticulous sympathetic restoration. Small details, such as putting baffles in the sump to avoid oil surge in left hand corners, were made, and the car remained with him until 1991, when he decided to sell the 815538 1001 to the current owner, an avid Lancia collector.

Chassis 815538 1001 had many special features, starting from the light alloy body that was some 220 kilograms lighter, compared to the standard Lancia Flavia Zagato, as well as the shortened wheelbase for better handling. The Sport Prototipo Zagato car has a very aggressive and low slung look with twin air intakes on the bonnet for the long carburettor trumpets to reach and breathe. Also of note are the lower roof line, deleted bumpers and a race specific interior, all to save weight and increase performance. In addition, a more direct steering box was fitted, which gave the car a much better response.

In a test drive and interview with Claudio Maglioli in Italian magazine Ruoteclassiche, he remembers how well the car handled. Maglioli remembers that to drive the car quickly, you had to use the slow-in, fast-out tactic. He reported that with clean racing lines around the corners, this car can be as quick and as effective as most and with a little more support from the Lancia Works team in period, it would have gone on to be one of the more successful race cars in Lancia’s history. The example offered here, by its second owner, remains relatively untouched and original, with only light preservation work by its first owner, a Works driver. This unique Zagato bodied competition car is a one-off piece of Lancia history and is ready to be shown or used on rallies and events.

This prototype can only be seen as a true jewel for any serious Lancia collector. The car comes with a comprehensive history file as well as FIVA identity card in the class A1.

関連記事

Lancia Integrale Martini 5 1519万円

車両価格:£79,995   The Lancia Delta was

記事を読む

1961 Lancia Flaminia Sport by Zagato 3861万円(SOLD)

Sold for €302.400 半と3ウェーバーキャブレターと140馬力、2

記事を読む

LANCIA 037 Stradale 4420万円

車両価格:378,000スイスフラン mehr Fotos unter ww.ku

記事を読む

【ヤフオク】95 ランチア デルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネⅡ D車

【年式】1995(平成7年) 【走行距離】23600km 【カラー】レッド

記事を読む

Volpini Lancia Aprilia MM, 1937. ¥ASK

車両価格:ASK One-off car prepared by Giampaolo

記事を読む

1960 Lancia Appia GTE Zagato 1142万円

Sold for (£): 62,500 The Lancia Appia saloo

記事を読む

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos will probably re

記事を読む

Lancia Delta Evolution Ex Works 1761万円

車両価格:€130,000 Lancia Delta Integrale Evolutio

記事を読む

【ヤフオク】94y ランチア・デルタ・エボⅡ 検査29年3月迄!!ディーラー物

■記録簿有り、本年も整備バッチリです、スペアキー、付属ツール マニュアル・ワランティブ

記事を読む

【Group B】1983 Lancia 037 Rally Serial Number 305

  1983 Lancia 037 Rally Se

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク