*

PR

1970 PORSCHE 917/10 PROTOTYPE

公開日: : ポルシェ ,

0003jan_luehn_mariobok.de_ 0006jan_luehn_mariobok.de_ bok_3074

<スポンサーリンク>

FACTORY PROTOTYPE
シャーシNo
917/10から001
ポルシェ917/10から001は、プロトタイプ」シリーズ10「CAN-AM /インターシリーズの車と何ポルシェ独自のテストの目的のために1970年12月に建てられています。早い1月’71 10月’72まで6月’71からストレッチング、テストおよび開発プログラムに着手する前にWeissach風洞でテストしたものエアロ車の中で。これはマーク・ドノヒューによってそしてジョー・シフェールとチーフテストドライバーHerrman Mimlerによって他の回でWeissachで執拗にテストされ、したがって、ホッケンハイムとニュルブルクリンクで、主にウィリKauhsenによるが、このように長さにしました。

’72を受賞10分の917で10から001の役割は-Amができます過小評価することはできません。それは機会のために、それははるかにそれから規制が合金で​​あろうもの超えるそれをタイヤ幅を与えたツイン後輪を装着したものWeissachスキッドとステアリングパン、上の著しい23日連続を含む80日間のトラックテストの合計を過ごしました。 10から001それでは、すべてのターボエンジン試験と耐久性の実行をした車。いくつかの時点で、ルマンの1971 24H後にペドロ・ロドリゲス/ジャッキー・オリバー湾の鼻は、917/10から001に取り付けられたもの917Lを後援しました。今日車は時間のこの瞬間を表しています。

1は、このユニークな917スパイダープロトタイプシャーシで917に持つことができる最も象徴的なレースの統一デザインのいずれかを再会します。

テスト車としてその時間の間に、それが車体の三つの異なるセットを生産風洞に3の訪問を持っていました。ジョー・シフェールのSTPで使用されてしまった最初のセットは、10から002までが’71 CAN-アムの候補を後援しました。第2のセットは丸い鼻と短いリアウイングのオーバーハングを持つ顧客の仕様の車体をwurde。第三のセットはさらに後退し、リアウイングを持つ工場「シャベルノーズ」仕様をwurde。

10月’72完全に工場出荷時のレーシング部門によって再建され、以前はクラッシュし、部分的に燃え尽きインターシリーズで彼は、その後どのようなレース、EX-STP / Siffertの’71 CAN-アム車ていたウィリーKauhsenに売却コール車で車、10から002まで。

10から001が最終的に顧客の仕様の鼻を装着しホッケンハイムInterserie、でそのレースデビューを果たした、いくつかの18ヶ月、それ以降に建てられた最初の事は、Kauhsenは第二を終えました。 10から001は、その後、今の工場仕様「シャベル」鼻を装備CAN-アムのためにアメリカにその方法を作りました。 Kauhsenは吹きターボとラグナセカで引退したが、チェッカーフラッグのラップのカップル内の燃料が不足しているにもかかわらず、リバーサイドで8位を終えました。

Kauhsenその後、12月’72で開催されたインテルラゴスでのコッパ・ブラジルの最初の2ラウンドでレースするFitipaldi兄弟によって招待状を取りました。 Kauhsenは最初のレース、その唯一のこれまでの記録全体のレースの勝利を獲得したが、一週間後に保持された第2レースで引退しました。

1973年についてはKauhsenは、彼は両方の車をレースになる年間を通して10から015のブランドの新しい車を買った、と。彼がどのような新しい車をレースすると、10から001には、ドライバを支払うことに貸し出されることになります。

チャーリー・ケンプがレースをするために月’73でのイモラでは、ボビーRinzlerは車を借りて、それがどのようなRCクラウンコーラカラーリングで再塗装します。早期に健闘した後、ケンプは、機械的な故障で引退しました。

シルバーストンで1973年の次のレースのために、10から001は、その通常の黄色と赤のカラーリングに戻っていたし、6位に雇われた銃ドライバギュンターSteckkonigによってレース。

Kauhsenはその後、彼は10から015ウィルソンFitipaldiに貸し出さた10から001にホッケンハイムでのインターシリーズのイベントのためにヨーロッパに戻る前に、引退した8月にミッドオハイオCAN-アムイベントを行いました。

ホッケンハイムウィルソンFitipaldiにかかわらず、このように10から001までの初期段階で練習をやったポルシェターボパワーの彼の最初の味。

レース自体では、Kauhsenは熱1第6回を終え及び第二の熱を獲得した後10から001で総合4位を終えました。

917/10から001以上の処置の後、それがどのようなニュルブルクリンク300キロ、インターシリーズのラウンドでレースにエマーソン・フィッティパルディのためKauhsenによって入力された6月’74までなかった見ました。彼は8月に数ヶ月の時間のカップルで開催されるニュルブルクリンクのドイツGPの前にいくつかの練習を得るチャンスとしてそれを見たようエマーソンドライブを取りました。

レースのために、車はRedlefsen、10から015までの彼の’74インターシリーズキャンペーンのKausenのメインタイトルスポンサーの、白、赤と青のカラーリングを身に着けていました。

エマソンは、ポールポジションに資格が、湿式混合/ドライコンディションで開催されたレースで、仕上げ6日に戻って下落しました。

Kauhsenは、1974年のレースシーズンの終わりに活発な競争から10から001を引退し、それが1997年までそのまま残ったところ乾式貯蔵に彼の車を置いていました!
それは、その象徴的な黄色と赤のカラーリングボッシュに引き返しする2年間持続する完全な復元を行いました。

2000年以降ヴィリKauhsenはグッドウッドニュルブルクリンク、デイトナとブランズハッチで出演して、今後数年間で、いくつかのクラシックカーや歴史的なイベントで10から001をdemostratedだけでなく、いつかスパでスタヴロ博物館で過ごします。

車は、ドキュメントを10から001までの人生のこの部分をやったKauhsenのアーカイブからの個人的な写真の素晴らしいコレクションが付属しています。

2003年モータースポーツ誌によってテストされ、トラック車ですので、フロントカバーで特色。

2006年には、車は何​​それは売ることができなかったモナコCoysオークション、で販売のために提供しました。オークションカタログが誤っKauhsenの他の車の10から015に加え、マグネシウムシャーシテストの構成を示すフルページの画像、10から010まで、どこでも近くにないものをレースの歴史の期間の写真を使用していることは何を助けていません正確な。

ウルリッヒ・シューマッハは2008年に10から001を買って、今後4年間でホッケンハイム、グッドウッドで2010年にはそれが何の元フェラーリグランプリドライバーのゲルハルト・ベルガーによってdemostratedザルツブルクのEnnstalのクラシックで車をdemostrated。

ウルリッヒ・シューマッハは、モナコの外に基づいて、どのようなその次のキーパーに2012年12月に10から001を販売しました。その次の修復、それは最高のレースカーのためのトロフィーを受賞どのようなサンラファエルコンコース・ド・エレガンスで示さ車を受ける前に。

2014年11月に車が一緒に戻っていました。大きな1.100bhpターボエンジンは、工場出荷時に、その初期の頃に持っていたように、通常のフラット12を吸引より管理600bhpの賛成でスワップアウトされていました。

2015年の終わりまでに現在のポルシェWeissach /湾岸のカラーリングに仕上げ、完全にいくつかのブランドの専門家の助けを借りて設定車。

917/10から001所有権TRAIL

1972分の10へ1970年12月3日:ポルシェKGレーシング部門、ドイツ。
1972分の10 10/2008へ:ウィリーKauhsen、ドイツ。
10/2008 2012分の12へ:ウルリッヒ・シューマッハ、スイス。
04/2015に2012分の12:クラウディオRoddaro、モナコ。
現在まで04/2015:ヤンB. Luehn、ドイツ。

917/10から001ドキュメント

車から撮影した復元のフォトレポートを来る車でだから1974年までの工場と後でそのレースの寿命の試験車としてピリオドの写真とその時から雑誌や新聞記事のコピーで充填された2つのバインダーが付属していますウィリKauhsenアーカイブだけでなく、元のONSカーパスポート(ログブック)と現在有効なFIAのパスポート(HTP)。

917/10から001結論

917/10から001疑い非常に興味深く、ユニークな車なしです。
だけでなく、根拠を証明する工場でのテストのその82日間でそれ問題ないポルシェプロトタイプの歴史を持っています。
それは、今までに917スパイダーが構築されてしまった最初だったとCAN-アムシリーズポルシェ車の開発に重要な役割を果たしました。その上、それはすべての917シリーズの唯一の001番のスパイダーである私的所有で、001フレームと他のすべては、今日ポルシェ博物館の手の中にあるされました。

事実は、この車は、完全な所有権証跡を有し、その元のフレームはとてもユニークです。

今日では、工場でのテスト・フェーズ中に持っていたとして車はヘッドライトを組み込むために、これはそれを可能にした、917クーペの鼻と特別なリアウイングを装着されているので、その人生で初めて、それは今まで発行されています1通りやツアー自動車のようなイベントでそれを実行することを望むならば今ルマンクラシックのような世界で最も有名なクラシックカーのイベントの一部に出場する資格があるどちらとFIAのパスポートは、あっても道路の登録が可能なのだろう。

エンジンが駆動する車は非常に簡単に作り、維持するためにはるかに少ないハード注入し、よりユーザーフレンドリー4.9Lフラット12大気中の燃料のためにスワップアウトされたものを4.5Lターボエンジン1.100Hp。 1は非常に競争的にはるかに高価なクーペ917に比べて販売されていなかった健全な投資であることの上に、任意の古典的な耐久レースシリーズに楽しむための熾烈な武器になります。

完全なドキュメントファイルを介して行くための約束をすること自由に感じ、車はヤンB. LUHNへの単純な要求に購入前に検査のために利用可能です。

THE FACTORY PROTOTYPE
Chassis No
917/10-001

Porsche 917/10-001 is the prototype “series 10” Can-Am/Interseries car and was built in December 1970 for Porsche’s own test purposes. In early January ’71 the car was aero tested in the Weissach wind-tunnel before embarking on a test and development program stretching from June ’71 through to October ’72. It was tested relentlessly at Weissach and also at Hockenheim and the Nurburgring, chiefly by Willi Kauhsen but also at length by Mark Donohue and at other times by Jo Siffert and chief test driver Herrman Mimler.

10-001’s role in the 917/10 winning the ’72 Can-Am cannot be underestimated. It spent a total of 80 days track testing including a remarkable 23 straight days on the Weissach skid and steering pan, where for the occasion it was fitted with twin-rear wheels which gave it a tyre width far exceeding what the then regulations would alloy. 10-001 was also the car which did all the turbo-charged engine tests and endurance runs. At some point after the 1971 24H of Le Mans the nose of the Pedro Rodriguez/Jackie Oliver Gulf sponsored 917L was fitted to 917/10-001. Today the car is representing this moment in time.

Reuniting one of the most iconic racing liveries one can have on a 917 with this unique 917 Spyder Prototype chassis.

During its time as a test car, it had three visits to the windtunnel which produced three different sets of bodywork. The first set ended up being used on Jo Siffert’s STP sponsored ’71 Can-Am contender, 10-002. The second set became the customer spec bodywork with the round nose and short rear wing overhang. The third set became the factory “shovel nose” spec with the rear wing set further back.

In October ’72 the car was completely rebuilt by the factory racing department and sold to Willi Kauhsen, who had previously crashed and partially burnt-out the car he was then racing in the Interserie, the ex-STP/Siffert ’71 Can-Am car, 10-002.

Some 18 months after it was first built, 10-001 finally made its racing debut at the Hockenheim Interserie, where fitted with a customer spec nose, Kauhsen finished 2nd. 10-001 then made its way to America for the Can-Am now fitted with a factory spec “shovel” nose. Kauhsen retired at Laguna Seca with a blown turbo, but finished 8th at Riverside despite running out of fuel within a couple of laps of the chequered flag.

Kauhsen then took up an invitation by the Fitipaldi brothers to race in the first two rounds of the Coppa Brazil at Interlagos held in December ’72. Kauhsen won the first race, its only ever recorded overall race win, but retired in the second race held a week later.

For 1973, Kauhsen bought a brand new car, 10-015 and throughout the year he would race both cars. When he was racing the new car, 10-001 would be rented out to paying drivers.

At Imola in May ’73, Bobby Rinzler borrowed the car for Charlie Kemp to race and it was re-painted in RC Crown Cola livery. After a strong early showing, Kemp retired with mechanical failure.

For its next race in 1973 at Silverstone, 10-001 was back in its usual yellow and red livery and raced by the hired gun-driver Gunther Steckkonig to a 6th place.

Kauhsen then did the Mid-Ohio Can-Am event in August, where he retired, before returning to Europe for the Interserie event at Hockenheim in 10-001 having rented out 10-015 to Wilson Fitipaldi.

In Hockenheim Wilson Fitipaldi though did the early practice sessions in 10-001 as this was his first taste of Porsche turbo power.

In the race itself, Kauhsen finished 4th overall in 10-001 after finishing 6th in heat 1 and winning the second heat.

917/10-001 saw no further action after that until June ’74 where it was entered by Kauhsen for Emerson Fittipaldi to race in the Nürburgring 300 Kms, a round of the Interserie. Emerson took the drive as he saw it as a chance to get some Nürburgring practice in before the German GP which would be held in a couple of months’ time in August.

For the race, the car wore the white, red and blue livery of Redlefsen, Kausen’s main title sponsor for his ’74 Interseries campaign in 10-015.

Emerson qualified on pole position, but in a race held in mixed wet/dry conditions, slipped back to finish 6th.

Kauhsen had retired 10-001 from active competition at the end of the 1974 racing season and placed his car in dry storage where it remained untouched until 1997!
It then underwent a two-year lasting complete restoration to be turned back in its iconic yellow and red Bosch livery.

From 2000 onwards Willi Kauhsen demonstrated 10-001 at several classic car and historic events over the next few years with appearances at Goodwood, Nurburgring, Daytona and Brands Hatch as well as spending some time in the Stavelot Museum at Spa.

The car comes with a great collection of personal photos from Kauhsen’s archive that document this part of 10-001’s life.

In 2003 the car was track tested by Motor Sport magazine and was also featured on the front cover.

In 2006 the car was offered for sale at the Monaco Coys auction, where it failed to sell. What didn’t help was the auction catalogue mistakenly using period pictures of Kauhsen’s other car 10-015, plus a full-page picture showing the construction of a magnesium test chassis, 10-010, and a race history which wasn’t anywhere near accurate.

Dr. Ulrich Schumacher bought 10-001 in 2008 and over the next four years demonstrated the car at Hockenheim, Goodwood and at the Ennstal Classic in Salzburg where in 2010 it was demonstrated by ex-Ferrari Grand Prix driver Gerhard Berger.

Dr. Ulrich Schumacher sold 10-001 in December 2012 to its next keeper who was based out of Monaco. Before undergoing its next restoration the car was shown at the St-Raphael Concourse d’Elegance where it was awarded a trophy for the best race car.

In November of 2014 the car was back together. The big 1.100bhp turbo engine had been swapped out in favour of a more manageable 600bhp normal aspirated flat-12 like it had in its early days at the factory.

By end of 2015 the car was finished in the current Porsche Weissach/Gulf livery and fully set up with the help of some marque specialists.

917/10-001 OWNERSHIP TRAIL

03/12/1970 to 10/1972: Porsche KG Racing Department, Germany.
10/1972 to 10/2008: Willy Kauhsen, Germany.
10/2008 to 12/2012: Dr. Ulrich Schumacher, Switzerland.
12/2012 to 04/2015: Claudio Roddaro, Monaco.
04/2015 to date: Jan B. Luehn, Germany.

917/10-001 Documentation

The car comes with two binders filled with period photography and copies of magazine and newspaper articles from its time as a test car at the factory and later its racing life up to 1974. Also with the car comes a photo report of the restoration taken from the Willi Kauhsen archive as well as the original ONS Wagenpass (log book) and a current valid FIA Passport (HTP).

917/10-001 CONCLUSIONS

917/10-001 is without a doubt a very interesting and unique car.
Not only has it unquestionable Porsche Prototype history with its 82 days of testing at the factory proving grounds.
It was the first ever 917 Spyder the got built and played a key role in the development of the Can-Am series Porsche cars. On top of this it is the only 001 numbered Spyder of all the 917 series that is in private ownership, all others with a 001 frame are in the hands of the Porsche Museum today.

The fact that this car has a complete ownership trail and its original frame is also very unique.

Today the car has been fitted with the 917 Coupe nose and a special rear wing as it had during a test phase at the factory, this made it possible to incorporate the headlights and so for the first time in its life it has now been issued an FIA passport with which it is now eligible to compete in some of the world’s most prestigious classic car events like Le Mans classic, even a road registration could be possible if one would desire to run it on the street or in events like the Tour Auto.

The 4.5L Turbo Charged 1.100Hp engine was swapped out for a more user friendly 4.9L Flat 12 atmospheric fuel injected engine making the car very easy to drive and a lot less hard to maintain. On top of being a sound investment, one that is very competitively priced compared to the much more expensive 917 coupés, it will be a fierce weapon to enjoy in any classic endurance racing series.

Feel free to make an appointment to go through the complete documentation file and the car is available for inspection prior to purchase on simple request to Jan B. Lühn.

http://www.janluehn.com/cars/1970-porsche-91710-prototype

関連記事

Porsche 911 GT2 (997) ¥SOLD

この車は、エンジンが双子の可変ジオメトリの水が過剰に終端速度につながる深刻な523bh

記事を読む

Porsche 997 GT3 Cup 1349万円

車両価格:€99,000 ポルシェ997 GT3カップ 車はプロのカレラカ

記事を読む

PORSCHE Carrera GT ¥ASK

車両価格:ASK Mileage 7,000 miles

記事を読む

1981 Porsche 935 IMSA ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title E

記事を読む

1973 Porsche 911 2.4S 2114万円

Sold for (£): 114,750 The 1973 Porsche 911S

記事を読む

RUF CTR 2 Racing ¥ASK

車両価格:ASK 1996年式 RUF CTR2です。 「RUF」はポルシェのチューニン

記事を読む

1978 factory Porsche 935 ¥ASK

車両価格:ASK Description: We are proud to prese

記事を読む

2011 Porsche 997 GT3 RS 3.8 2115万円

Sold for (£): 114,750 Described by every cr

記事を読む

Porsche Kremer CK 5 6054万円

車両価格:€450,000 Dieser Kremer CK5 hat die l

記事を読む

1989 ポルシェ 930 ターボ 最終 5速 1580万円

車両価格:1580万円 ブラック/黒レザー 走行33,000km 5MT 稀少モデル

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク