*

PR

AMS Autoracing Tipo 277 778万円

公開日: : 未分類

ams_277_a

<スポンサーリンク>

 

車両価格:€70,000

AMS – 特別な機械設備は現在、2人乗りの野心的なプログラムとシングルシーターのレースで自分のビジネスを開始することを決定した短いATSの冒険のボロネーゼエンジニアイニシアチブタンクレディシモネッティ、感謝のデザイナーによって1969年に設立されました。新会社は、地元リノ(BO)、仮の選択に基づいており、あなたはすぐにサッソマルコーニ(BO)の郊外​​後の最適な解決策を見つけるでしょう。労働者が実質的にすべての元ATSあり、完全な人員体制は、いくつかの重要な生産数のための労働力を理解するようになります。新工場の製造は、少し後にスクーデリアAutoracing、スポーツと同じAMSに基づいて、車の商業管理のための構造の確立を見ています。
2人乗りの国家レースの歴史は主導的な地位、その成果と臨時かつ永続的な成功のおかげで疑う余地のない優れた技術でAMSを見ています。 AMSの大きな強みは、ビルドの品質、信頼性、容易なメンテナンス、競合に最も実行可能な代案の2シーターエミリアを修飾これらの要因です。約90検体で生産、サッソマルコーニの車は情熱的な紳士のドライバーや、エツィオBaribbi、ルイジ・モレスキとマウロNestiとして決定された専門家かどうか、パイロットの広いグループの期待に会う機会を持っています。

1976年にはそれが特に極端な(特にピッチと車道の点で)より多くの寸法にシャーシによって特徴づけ1.3、1.6および2.0リットルのエンジン、および空力フェアリングによって、2人乗りの研究を開始します。本体は、上部プロファイルおよび大型スポイラー片持ち尾に包まれ、尖った形状の顕著フロントオーバーハングと明確にウェッジライン、ハイサイドとスポイラーの実際にインテリアです。電源とパイロットの後ろに明白な潜望鏡を介して供給されます。洗礼型277は、新たなAMSは、エンジンの広範囲のために設計されています。

1977年シーズンは特にメーカーのチャンピオンシップのために有効なものをで、すべての全国大会でのAMS 277が積極的に現在見ているなど、さまざまなシェブロン、ローラ、3月とどこ最も加熱対決で、シーズン15のチャンピオンシップポイントの最後になりました。
1978年シーズンの直前ヶ月は特にサスペンションと空力の文脈で、タイプ277のいくつかのメジャーアップデートを完成価値があります。それは同時に、同僚ミンゲッティと共同でシモネッティによって設計されたAMS、ユニットによって完全に構築された新しい2リッターエンジン利用できるようになります。これは、16バルブ、分配ベルトと機械的注射で4気筒DOHCヘッドです。前のシーズンと同様に、AMSは、部分的には、業界の危機と販売の結果として生じる進行性の損失に選ばれた、競技イタリアの日でその存在を制限します。でも公式保有の予定は、イタリア選手権のために有効である秋。 1979年AMSは、新車の建設に主に身を捧げ、レースから彼の動員解除を強調し、サービスとサポートをアップグレードし、モータリングとは全く無関係な分野に経営多角化を開始します。主ビクターBernasconi、ジェロームCaciの、Odoardoゴボーニ、Nardariマリオとロベルト・ヴィラとタイプ277の衰えない、しかしスポーツ文を、続けています。

完全オリジナルの車、シャーシがクラッシュしたことはありません。オリジナルブレーキシステムがloocked。オリジナルAMS 413 DOHCエンジンベルト、ドライサンプ、68.5ミリメートルストロークと86ミリメートルの口径を持つ1592のccエンジン。タコメータ元AMS。オリジナルの赤。
車は最初が競争しているの(存在含む)のみ5所有者を、持っていました。
車はで2016年に(エンジンを除く)サービス提供:ベルトサベルトレーシング。消火器ライフライン。取り外し可能な安全ハンドル。 FIAは、有効期限なしで燃料タンクを公認しました。エンジンは、以前の所有者のために改訂されました。
レビューを確認した第三Memeorialパン2016上の3つだけ練習を行いました。

 

L’AMS – Attrezzature Meccaniche Speciali nasce nel 1969 per iniziativa dell’ingegnere bolognese Tancredi Simonetti, apprezzato progettista nella breve avventura ATS è ora deciso a mettersi in proprio con un ambizioso programma di biposto corsa e monoposto. La nuova azienda trova sede in un locale di Casalecchio di Reno (BO), una scelta provvisoria e che troverà poco dopo soluzione più ottimale alla periferia di Sasso Marconi (BO). Le maestranze sono praticamente tutte ex ATS, a pieno regime l’organico arriva a comprendere una forza lavoro per numeri produttivi di una certa rilevanza. L’approntamento della nuova factory vede di lì a poco la costituzione della Scuderia Autoracing, struttura finalizzata alla gestione sportiva e commerciale delle vetture, con sede presso la stessa AMS.
La storia delle biposto corsa nazionali vede l’AMS in una posizione di primo piano, grazie all’indiscussa eccellenza tecnica delle sue realizzazioni e agli straordinari e durevoli successi conseguiti. Principali punti di forza delle AMS sono la qualità costruttiva, l’affidabilità e la facile manutenzione, fattori questi che qualificano le biposto emiliane tra le più valide alternative alle concorrenti. Prodotte in circa 90 esemplari, le vetture di Sasso Marconi hanno modo di soddisfare le aspettative di una vasta schiera di piloti, siano essi appassionati gentlemen drivers oppure acclarati specialisti del settore come per esempio Ezio Baribbi, Luigi Moreschi e Mauro Nesti.

Nel 1976 viene avviato lo studio di una biposto per motorizzazioni di 1,3, 1,6 e 2,0 litri, contraddistinta da una telaistica maggiormente dimensionata (soprattutto in termini di passo e carreggiate) e da una vestizione aerodinamica particolarmente estremizzata. La carrozzeria si presenta infatti di linea spiccatamente a cuneo, con un pronunciato sbalzo anteriore di forma appuntita, fiancate alte e deportanti, abitacolo incassato nel profilo superiore e grande spoiler a sbalzo della coda. L’alimentazione e fornita attraverso un vistoso periscopio dietro il pilota. Battezzata Tipo 277, la nuova AMS è predisposta per un’ampia varietà di propulsori.

La stagione 1977 vede l’AMS 277 attivamente presente in tutte le gare nazionali, specialmente in quelle valide per il Mondiale Marche dove è più acceso il confronto con le varie Chevron, Lola, March, ecc., totalizzando a fine stagione 15 punti mondiali.
I mesi immediatamente precedenti la stagione 1978 valgono a perfezionare alcuni importanti aggiornamenti della Tipo 277, particolarmente nell’ambito delle Sospensioni e dell’aerodinamica. Si rende contestualmente disponibile un nuovo motore due litri interamente costruito dall’AMS, unità progettata dall’ingegnere Simonetti in collaborazione con il collega Minghetti. Si tratta di un 4 cilindri, con testa bialbero 16 valvole, distribuzione a cinghia e iniezione meccanica. Come per la stagione precedente, l’AMS limita la sua presenza alle sole competizioni italiane, scelta legata in parte alla progressiva crisi del settore e alla conseguente diminuzione delle vendite. Calano anche le partecipazioni ufficiali agli appuntamenti validi per il Campionato Italiano. Nel 1979 l’AMS accentua la sua smobilitazione dalle gare, dedicandosi prevalentemente alla costruzione di nuove vetture e ai servizi di aggiornamento e assistenza, inizia una diversificazione aziendale verso settori del tutto estranei all’automobilismo; proseguono comunque senza sosta le affermazioni sportive della Tipo 277, principalmente con Vittorio Bernasconi, Girolamo Caci, Odoardo Govoni, Mario Nardari e Roberto Villa.

Vettura completamente originale, telaio mai incidentato. Impianto frenante Loocked originale. Motore originale AMS 413 bialbero a cinghia, carter secco, 1592 cc con 68,5 mm di corsa e 86 mm di alesaggio. Contagiri AMS originale. Colore rosso originale.
La vettura ha avuto soli 5 proprietari (compreso l’attuale), di cui solo il primo ci ha gareggiato.
Vettura revisionata (escluso il motore) nel 2016 con: Cinture Sabelt Racing; Estintore Life Line; Volante estraibile di sicurezza. Serbatoio benzina omologato FIA senza scadenza. Motore rivisto per il penultimo proprietario.
Dopo la revisione ha effettuato solo 3 turni di prove al 3° Memeorial Pane 2016.

 

http://www.moreschi.info/auto/ams_277.htm

関連記事

【ヤフオク】希少スターリン限定車

自動車基本情報 メーカー名 その他 車種名 スターリン グレード名

記事を読む

【ヤフオク】モーガン 3ホイラー 正規輸

●正規輸入車 ●車検28年9月まであります。 ●エンジン S&S V-twin

記事を読む

【ヤフオク】メルセデス・レーシング?マンタレーシングです!!

  商品説明 ・希少マンタレーシングの車両寸法・・・長さ413cm・・・幅

記事を読む

Reynard F2000 1976. 302万円

  車両価格:£19500 F2000レイナード」の種類のひとつ"!

記事を読む

【ヤフオク】HUMMER H2 リムジン 120inc カスタム多数 現在価格:¥9,999,999

~車輌詳細~ ・初年度登録H16年11月 ・HUMMER H2リムジン 120

記事を読む

2011 Aquila CR1 2059万円

車両価格:$169,995 San Francisco Sports Cars is

記事を読む

1949 Delahaye 135M Cabriolet  3756万円(SOLD)

  Sold for €293,250 1949ドライエ135Mカブリ

記事を読む

1965 Superformance Mk III Cobra 427 SC 775万円

車両価格:$63,995 SF Sports Cars presents a Superf

記事を読む

【ヤフオク】REVO 99 新型 予約販売

REVO 99 新車・未使用・未登録 予約受付 3輪ホイールREVO 99車体カラ

記事を読む

1952-53 HWM FORMULA 2-BASED SUPERCHARGED ‘TASMAN’ RACING SINGLE-SEATER 2482万円(SOLD)

Sold for £158,300 元の作品、ランスマックリン、トニー・ゲイズ 19

記事を読む

PR

    • 9現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク