*

PR

1967 ALFA ROMEO TIPO 33/2 DAYTONA COUPE ¥ASK

公開日: : アルファロメオ

11643__dsc6530 11643__dsc6585 11643__dsc4114 11643__dsc4033

 

 

この崇高なアルファティポ33、シャーシ019は、イタリアのレーシング巨人の競技歴の著しい部分を表します。デイトナレースの強大な24時間で2リッタークラス用に構築された3台の車の一つは、019がAutodeltaによって作られた、アルファロメオは、競争アームを動作します。これは、アルファロメオのクラスでの印象的な第一、第二、第三の場所で、その結果、その2つの兄弟と一緒に、1968年のレースに出場しました。
そのDNAの中心にレースを持つ企業は、アルファロメオは、早ければ1911年のようにそれが徐々にそのため例外的なレーシングマシンとティポ33の出現を作成するための恐ろしい評判れた待望の開発を成長軌道に乗って、その努力を開始しました。実際、ロードとトラックマガジンで1ジャーナリスト ‘は、のみダイムラー・ベンツによってレースへの復帰、またはゼネラル・モーターズによってリストにエントリを書いた、主要な国際ニュースのように、すべての新しいグループ6スポーツレーシングの最近の除幕式をトップでしたアルファロメオによって車…。いない1951年のタイプ159以来、ファンジオは彼の最初のチャンピオンシップを獲得したグランプリカーは…アルファは、ワークス・チームのチーム」(8月、1967)によって主要なレースのエントリに完全に特別な車を構築しています。
イタリアの巨獣がティポ33を作成するために行ってきました痛みは、完了するまで、描画ボードからこのモデルを取るに必要な季節外れ長い妊娠期間によって証言することができます。開発は1964年に開始され、国民は2月、1967年まで車を見ていないモデルは、シーズン中に15全体の優勝と6クラスの勝利を切り欠い、1968スポーツレースシーンで大成功を収めたことに行きました。
ティポ33は、シャーシの背面で、1995年のエンジンのポジショニングの容積を持つ新しいV8エンジンを収容された一度だけ、以前にこのようにしてエンジンを位置付けていたアルファ、の出発のようなものでした。 512 – – レースず、ラップの下に保持驚異20年間、その完了後に1940年ティポ33エンジンは6速ギアボックスと一体のユニットを形成し、期間中、最高速度で、できたんでした車に時速180マイルを超えるインチ
独立したリアアクスルでは、シャーシは航空設計と標準装備の繊維ガラス体上に構築され、ティポ33の総重量は小さな580キロでした。 1968年、Autodeltaによって採取したものの車は、019を含め、デイトナに戦いを取るために、今日、この例に見られるように、新しいクーペ型のボディを装着しました。
019は、デイトナでの成功に続いて、米国に残り、他の地域のイベントと一緒に、ワトキンスグレンで6時間レースにアルファに入った便利なプライベーター、ジョン・マルティーノに売却されました。 019は日本で彼の名門コレクションに参加するために、有名なコレクター、林氏によって80年代に購入される前に、国の所有者の数を通過しました。車は車も誇らしげに表示されていた氏小坂、富士山の近くアバルトギャラリー博物館の所有者によって買収される前に、長年にわたって収集に残りました。
2001年に、019は完全にレーストラックのために車を準備するために、ブランドの専門家によって行われ、英国に車を返却し、重要なまだ交感神経復元について設定し、その前の所有者、ティムSamwaysによって購入されました。修復の完了後、現在の所有者は、2004年にルマンクラシックを含め、多くの権威ある歴史的なイベントで019を運動をしており、2006年019はオプションになりまし2.5リットルエンジンを収容し、まだすべての最高の歴史的なイベントで競争する資格があります。 019は、そのロングテール本体と発表されています。短いTargoフロリオつかれた体はまた、その2リットルエンジンと一緒に、販売の一部として提供されています。 019は、広範書かれており、絵の履歴ファイルが添付とその次の幸運の所有者との歴史的な競争に戻るのを楽しみにしていますされています。

 

This sublime Alfa Tipo 33, chassis 019, represents a remarkable piece of the Italian racing giant’s competition history. One of three cars built for the two-litre class at the mighty 24 Hours of Daytona race, 019 was made by Autodelta, the Alfa Romeo works competition arm. It competed in the 1968 race, along with its two siblings, resulting in an impressive first, second and third place in class for Alfa Romeo.

A company with racing at the heart of its DNA, Alfa Romeo started its endeavours on track as early as 1911. It gradually grew a fearsome reputation for creating exceptional racing machines and the advent of the Tipo 33 was therefore an eagerly awaited development. Indeed one journalist at Road and Track Magazine wrote, ‘Only a return to racing by Daimler-Benz, or the entry into the lists by General Motors, could top as major international news the recent unveiling of an all-new Group 6 sports-racing car by Alfa Romeo…. Not since the Type 159 of 1951, the Grand Prix car in which Fangio won his first Championship…has Alfa built a completely special car for major race entries by a factory-backed team’ (August, 1967).

The pains that the Italian behemoth went to create the Tipo 33 can be testified by the unseasonably long gestation period required in taking this model from the drawing board to completion. Development started in 1964 and the public did not see the car until February 1967. The model went on to be hugely successful in the 1968 sports racing scene, notching up 15 overall victories and six class victories during the season.

The Tipo 33 housed a new V8 engine with a cubic capacity of 1995. The engine positioning, at the rear of the chassis, was something of a departure for Alfa, who had only once previously positioned the engine thus; on a car – the 512 – that was never raced and kept under wraps for a staggering twenty years after its completion in 1940. The Tipo 33 engine forms an integral unit with the six-speed gearbox and was capable, in period, of maximum speeds in excess of 180 miles per hour.

With independent rear axles, a chassis built on aeronautic design and a fibre glass body fitted as standard, the Tipo 33’s total gross weight was a tiny 580kg. In 1968, those cars that were picked by Autodelta to take the fight to Daytona, including 019, were fitted with a new coupé type body, as can be seen on this example today.

019, following its success in Daytona, remained in the USA and was sold to handy privateer, John Martino who entered the Alfa in the six-hour race at Watkins Glen, along with other local events. 019 passed through a number of owners in the States before being purchased in the eighties by renowned collector, Mr. Hayashi, to join his prestigious collection in Japan. The car remained in the collection for many years before being acquired by Mr. Kosaka, owner of the Abarth Gallery Museum near Mount Fuji, where the car was also proudly displayed.

In 2001, 019 was purchased by its previous owner who returned the car to the UK and set about a significant yet sympathetic restoration, carried out by marque specialist, Tim Samways, in order to fully prepare the car for the race track. Following completion of the restoration, the current owner has campaigned 019 at many prestigious historic events, including Le Mans Classic in 2004 and 2006. 019 now houses the optional 2.5 litre engine, and is still eligible to compete at all the best historic events. 019 is presented today with its long tail body; a shorter Targo Florio tailed body is also offered as part of the sale, along with its two litre engine. 019 is accompanied by an extensive written and pictorial history file and looks forward to returning to historic competition with its next lucky owner.

http://www.fiskens.com/cars-for-sale/Alfa-Romeo-Tipo-33-2-Daytona-Coupe/11643.htm

関連記事

auto_WP_20160208_004

Alfa Romeo 155 2500 V6 Gruppo N 145万円

車両価格:€13,000 アルファロメオ155 2500グループN V6エンジンはフル

記事を読む

Alfa Romeo 2.0 GTV

Alfa Romeo 2.0 GTV 152万円

車両価格:€11,950 美しく、元の美しいシルバーメタリックALFA ROMEO G

記事を読む

1971 Alfa Romeo 1300 GT Junior Zagato

1971 Alfa Romeo 1300 GT Junior Zagato 457万円

Sold for (£): 24,725 The Alfa Romeo GT 1300

記事を読む

431483

ALFA 155 V6TI 1994 EVO ex Bartels 95 2778万円

    車両価格:€250,000 更新されたデュアル

記事を読む

1961 Alfa Romeo Giulietta Spider

1961 アルファロメオ Giulietta Spider 948万円

車両価格:$79,500 ジュリエッタは、アルファロメオのための主要な出発だった。年間

記事を読む

V836 SP

Serem – Alfa Romeo V836 SP 329万円

車両価格:€25,000 フランスの左ハンドル車とダウンフォースのスポーツカー。

記事を読む

Alfa Romeo 8C Competizione

Alfa Romeo 8C Competizione 2833万円

車両価格:£154,950 ローマ人は「クラウド·ホワイト」に、イタリア語から翻訳し、

記事を読む

393158

AUDI A4 QUATTRO STW / BTCC No SF 37 ORIGINAL Super Tour 1100万円

  車両価格:€99,000 アウディスポーツチーム-ABT前者A

記事を読む

1967 Alfa Romeo Giulia SS

1967 Alfa Romeo Giulia SS 935万円

Alfa Romeo introduced the 1600cc version of th

記事を読む

1969 Alfa Romeo Duetto Spider

1969 Alfa Romeo Duetto Spider 297万円

Sold for (£): 16,100 Widely regarded as a d

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク