*

PR

1968 FERRARI 166/246 DINO¥ASK

公開日: : F2, フェラーリ ,

11641_front_three_1 11641_rear_three 11641_detail_cockpit2

この非常に歴史的ディーノはそれはジャッキー・イクス、デレック・ベルとブランビラによってその年の間に出走した当初ティポ166 F2として1968年式二シーズンに向けて構築された1968年と1970年の間のタスマン仕様にフェラーリによって変更だけで2台の車の一つです。
その式の2つの構成では、車は1968年10月18日にオートスポーツ誌で参照されている、「エルネスト・ブランビラはフェラーリがホッケンハイムでの最後の日曜日のPreisフォン・ヴュルテンベルクの最初に式2勝利を与えました。野生のレースを運転、​​少しティノは草の上に文字通り最後のラップでリードを取って、0.2秒によって勝利、後ろから来た… .Brambillaは…シャーシ0010を運転しました。」。
0010は急速に彼のタスマンレーシングプログラムのニュージーランド人クリス・エイモンによって飛びつきました。タスマン選手権は、オーストラリアとニュージーランドで上演モーターレースのシリーズでした。 0010および0008 – – のマントルにかかったシドニーベースのレースチームスクーデリア・ベローチェにモデナから出荷されるようにした彼はチャンピオンシップで第二に来た1968年、中の下アモンの成功をダウンに続いて、彼は2台の車のためにエンツォFerarriを尋ねましたフェラーリの対蹠地のレーシングアーム。
アモンは、私は非常にそれが彼らからすごい長い道のりだからフェラーリが私のためにやったことに感謝 “と言った、彼らは我々が必要なすべての部品をairfreighted、彼らは我々が尋ねたすべての情報を供給しました…。私は彼らのナンバーワンドライバーになるはずなので、それも私は車 ‘(ディノ・リトル・フェラーリ、ダグ・ナイ1979年)に入ったすべての時間を行うための責任でした。
車はもともとエンジンa1596cc収容され、ルーカス間接燃料噴射とストレートギアボックスハウジングファイナルドライブと一体化5ギア、恩恵を受けた、いくつかの300馬力を生産する2.4リットルのV6エンジンとフェラーリによってupratedなされました。差動制限装置は、ラック・ピニオンステアリング、コイルスプリングダンパーユニットと2ポットキャリパーブレーキを換気ガーリングは、設定を完了しました。
1969タスマンシーズンを通して、2ディノスは非常に競争力でした。 0010 – – クリス・エイモンは、0008を駆動し、この車の中で、優勝とデレック・ベルを獲得し、全体的な立派4位を取りました。ベルと0010その年のレースのハイライトは、両方のブリスベンのレイクサイド回路と、シドニーのワーウィックファームでのフェラーリでデレクの最初のレースの勝利だった1月中レビンで勝利、Teretongaにおける第4と第二が含まれます。
その作品のキャリアの終わりには、車は彼の伝説的なフェラーリコレクションに参加するサーアンソニーバンフォードの手に渡され、その後、仲間に買収されたフェラーリコレクターを崇め、丘1980年代に選択的に車を登っダドリーとサリー・メイソン・スタイロン、そのようなスピードのグッドウッド・フェスティバルなどのイベントで。車は多くの周期写真と見事な履歴ファイルでの販売のために提示されており、非常に最高の歴史的なイベントで歓迎されるだろう。

This exceptionally historic Dino is one of just two cars modified by Ferrari to Tasman specification between 1968 and 1970. Originally built for the 1968 Formula Two season as a Tipo 166 F2, it was raced during that year by Jacky Ickx, Derek Bell and Brambilla.

In its Formula Two configuration, the car is referenced in Autosport magazine on October 18, 1968, ‘Ernesto Brambilla gave Ferrari their first Formula 2 win in last Sunday’s Preis von Wurttemberg at Hockenheim. Driving a wild race, little Tino came from behind, taking the lead on the last lap literally on the grass and winning by 0.2 sec….Brambilla drove chassis 0010….’.

0010 was rapidly snapped up by New Zealander Chris Amon for his Tasman racing programme. The Tasman Championship was a motor racing series staged in Australia and New Zealand. Following Amon’s success down under in 1968, where he came second in the championship, he asked Enzo Ferarri for two cars – 0010 and 0008 – which were to be shipped from Modena to Sydney-based race team Scuderia Veloce, who took on the mantle of Ferrari’s antipodean racing arm.

Amon said, ‘I greatly appreciate what Ferrari did for me because it’s a helluva long way from them, they airfreighted out any parts we needed and they supplied all the information we asked for…. I was supposed to be their number one driver, so it was a responsibility to do well every time I got in the car’ (Dino the Little Ferrari, Doug Nye 1979).

The cars were uprated by Ferrari with a 2.4 litre V6 engine producing some 300 bhp, having originally housed a1596cc engine and benefited from Lucas indirect fuel injection and a straight gearbox housing five gears, integral with final drive. A limited slip differential, rack and pinion steering, coil spring damper units and girling ventilated two-pot caliper brakes completed the configuration.

Throughout the 1969 Tasman season, the two Dinos were very competitive. Chris Amon, driving 0008, won the championship and Derek Bell, in this car – 0010 – took a respectable fourth position overall. Racing highlights for Bell and 0010 that year include a win at Levin in January, which was Derek’s first race win in a Ferrari, fourth at Teretonga and second at both Brisbane’s Lakeside circuit and Sydney’s Warwick Farm.

At the end of its works career, the car passed into the hands of Sir Anthony Bamford to join his fabled Ferrari collection and was then acquired by fellow revered Ferrari collectors, Dudley and Sally Mason-Styron, who hill climbed the car selectively in the 1980s at events such as the Goodwood Festival of Speed. The car is presented for sale with a superb history file with many period photographs and would be welcomed at the very best historic events.

http://www.fiskens.com/cars-for-sale/Ferrari-166-246-Dino/11641.htm

関連記事

AZ15_r189_001

1984 Ferrari 288 GTO 3億3786万円(SOLD)

Sold for $2,750,000 400馬力、ツインIHIのターボチャージ

記事を読む

f300-F1-Replica-650x420

SCHUMACHER レプリカ 1007万円

車両価格:£55,000 SCHUMACHERいいえ、本物のF1カーが、シューマ

記事を読む

Ferrari 512 BB RHD

Ferrari 512 BB RHD 6932万円

車両価格:£365,000 This is the very last right h

記事を読む

1972 Ferrari 365 GTB 4 Daytona

1972 Ferrari 365 GTB/4 Daytona ¥ASK

車両価格:ASK 1972 Ferrari 365 GTB/4 Daytona coupe

記事を読む

image

1965 FERRARI 330GT 2+2 BERLINETTA 5643万円(SOLD)

Sold for £359,900 元ジョン・レノン 1965フェラーリ330GT

記事を読む

フェラーリ F40 GTE仕様

フェラーリ F40 GTE仕様 ¥ASK

車両価格:ASK フレームから全て、イタリアにてミケロットパーツを使用し製作 h

記事を読む

フェラーリ 512BB

フェラーリ 512BB ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make Fer

記事を読む

1977 Ferrari 308 GTB Vetroresina - Ex-Al Fayed Collection

1977 Ferrari 308 GTB Vetroresina – Ex-Al Fayed Collection 2384万円

Sold for (£): 129,375 When Ferrari introduc

記事を読む

1992 Ferrari F40

1992 フェラーリ F40 2億5382万円

車両価格:$2,125,000 1992 FERRARIのF40(「COLLECTOR

記事を読む

pic101_h300[2]

1967 Brabham BT23C – Peroid F2 winner & multiple national record holder  1604万円

車両価格:$135,000 歴史 これは、元のフランク・ウィリアムズチームの車で

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク