*

PR

1970 FERRARI 512M ¥ASK

公開日: : フェラーリ ,

11653__dsc6735 11653__dsc6665

<スポンサーリンク>

「多くの人が悪いことをやって生きていきます。レーシングの重要なだけでなく、それを行う人に。あなたはレースしているとき、それは人生です。前または後に起こるものは単に ‘待っています。スティーブ・マックイーン、フィルムルマン(1971年)から。
おそらく、他の時代はそれほど魔法のスティーブ・マックィーンの映画で描か1よりスポーツカーレースのハイオクドラマ、神秘性、危険性、ヒロイズムとセックスアピールを獲得していません。 1960年代後半と1970年代初頭に属する年の一握りで、強大なフェラーリとポルシェは本当にルマン、雄大な24時間レースの家のフィールドの戦いをしました。このとき、スポーツカーレース以来繰り返されていない方法で、メインステージ上で演奏されていました。ラ・サルトサーキットで毎年恒例の天頂と真にグローバルなスポーツカー選手権。それは、自分のそれぞれの顧客とプライベーターチームが点在工場チームの時代でした。時代は男性と男の子世界中の両方の夢の中で不死化。期間上のほぼすべての歴史の本を開いて、画像がフロントランニングパック、明るい黄色Escuderiaモンジュイックフェラーリの中で、描写されます。それは私たちが今、販売のために提供できることを非常に興奮している、非常に車です。
フェラーリの工場はEscuderiaは、1960年代半ばには4つの裕福なカタロニア紳士ドライバによって設立されました4月1970年にEscuderiaモンジュイックにこの12気筒、5リットルのスポーツのレーシングマシンを販売しました。 (ペレとして知られている)、フェリックス・ムニョス、ホセ・Juncadellaとフアン・フェルナンデス – エンリケ・コーマ・クロ(ペガソ/ラ・パシオン・デル・AutomóvilブックRicartの共著者)。これらの後者の二つは、期間の両方のよく知られているレーシングドライバーであり、頻繁に現代的なレースレポートや雑誌に記載されています。
コンテキストでシャーシ1002を設定するには、512モデルは1960年代後半でスポーツカーレースでポルシェの新興優位にフェラーリの積極的な反応でした。フェラーリの学者、ル・マンでの彼の本のフェラーリでのドミニクパスカルは、512Sは、試してみて、ポルシェ917sの印象的な優位性に対抗するために未満9ヶ月で作成された」と説明しています。 1970年ル・マンのために、フェラーリはノー少ない12未満512S、公式と非公式に並びました。」
シャーシ1002は、非常に単純に、マラネロの最高級スポーツ競技車の1台の素晴らしい例です。絶対に歴史と起源が染み込んで、それはレースや所有家系の非常に最高級と512「クラス最高」を取得するための非常に貴重な機会を提供します。フェラーリは車のテストで数35、それはホセ・JuncadellaとJ.フェルナンデスによって操縦されたその後のレースで数9のように、ル・マン24時間レースの1970年版で競合することを描いた画像で、絶妙な期間の歴史を持っています。残念ながら、1002年には、オントラックの衝突に起因する前の時間で信頼性の高い10位を保持された後、土壇場でレースを残しました。
その年では、1002年には、ハラマ十二時間と伝説のモンテリサーキットで開催されたパリデ千キロ、など、より多くの高プロファイルのイベント、で競うようになりました。ジャック・ブラバムとフランソワ・セベールのマトラ・シムカはレースに勝ったが、JuncadellaとJabouilleは全体的に非常に立派な第二位に1002年の家を持ってきて、クラスで最初に取りました。
1971年には世界メーカーの選手権ラウンドの大半に参加して、1002年のための競争の別のいかだを提供します。シーズンは非選手権ラウンドで開始 – ブエノスアイレス千キロのレース – カーが置か五Juncadella、カルロスPairettiで駆動します。残念ながら、燃料圧力の問題のため終了しませんでしたが、これに続くのは、資格のある第七デイトナ24時間1002年でした。 1971年4月中のブランズハッチでBOAC千キロの世界選手権のスポーツカーレースに先立ち、車は512Mベルリネッタに変換する工場に戻されました。この新しい、改良された装いで、1002年は再び厳しいルマンレースを争いました。さらに乗組員を強化するために、Juncadellaはサポートフェラーリのファクトリードライバー、ニノVaccarella、時間の特別なドライバで起草しました。残念ながら、1002年には、前の時間に印象的な5位を保持後14時間で引退しました。ドミニクパスカルは、ル・マンでの彼の本のフェラーリに、「ニノVaccarellaと彼のパートナー、ホセ・マリア・Juncadellaは、フロントと、今後のラップ彼らはそれらの送信に被害を受けた前まで、見事なパフォーマンスに入れ。」ということを教えてくれる
1971年にはモンツァ千キロの形で、より多くの競争をもたらし、イモラ300キロ、Osterreichring 1000キロメートル・ド・パリ。今シーズンは、第三にアルファ二位でロミオとフェラーリとポルシェ917sに支配されていました。それはJuncadellaとジャン=クロード・Guenardによって駆動された場所1002年も1971年9月にツール・ド・フランスに参加しました。それは壮大な第二を配置し、それ故にスタイルで、そのシーズンを終えました。一つは、この純粋なスポーツレーシングカーの驚くべき光景が新たに登録されたミラノのナンバープレートに、フランスの長さを通ってハウリング想像することができます。
10月1974年Escuderiaモンジュイック、1002年との任期最終的に新しい所有者に直接その方法を発見した、英国紳士とFerraristロバート・ホーン常に偉大な車のための目を持っていた(とも冷戦の注目コレクタでいるロバート、以下のジェットは!)、マントヴァ、イタリア旅行中にそれを見た後に1002を取得しました。彼は改修事業のためによく知られたブランドの専門家に512、Greypaulモーターズのボブ・ホートンを送り、1002年は続いて作成されたものであり、愛情を込めてこの日にボブによって維持します。ホーン自身の野心は、国際競争の中で車を実行するには伸縮しませんでしたが、彼は代わりに、英国の土地速度記録を試みるために512を使用することにしました。 1977年、1002年に – ロバート・ホーンによって駆動される – レコードを設定するために飛行マイルの距離で毎時192マイルの非常に信頼できる速度に運ばれました。その後、ホーンは、35年間の驚くべき期間のフェラーリを楽しんで、特別な日に1002を使用し、最終的に現在の所有者の息子、1002の可能な手で2009年に現在の所有者に渡すは美しく、最近で駆動しました。それは、その期間のパフォーマンスを全く失っていないことを示したルマンクラシックの版。
顕著履歴ファイルを提示し、フェラーリClassiche、1002年からCertificazioneディAutenticitaは真に例外と真剣に重要な「タイムカプセル」の状態スポーツレーシングプロトタイプを取得するための一生に一度の機会を表しています。 1002年のコックピットにステップするには、レースの栄光の時代に時間を遡っステップすることです。どのように素晴らしい、新しい所有者が戻ってツール・ド・フランス、ル・マンサーキットが1002を取るために、それは次のようになります。ものは、我々は夢がで作られていることを、信じて…。

‘A lot of people go through life doing things badly. Racing’s important to men who do it well. When you’re racing, it’s life. Anything that happens before or after is just waiting’. Steve McQueen, from the film Le Mans (1971).

Perhaps no other era has quite captured the high-octane drama, mystique, danger, heroism and sex appeal of sports car racing than the one so magically depicted by Steve McQueen’s film. In that handful of years belonging to the late 1960s and early 1970s, the mighty Ferrari and Porsche truly did battle on the fields of Le Mans, home of the majestic 24-hour race. At this time, sports car racing was being played out on the main stage in a way that has not since been repeated; a truly global sports car championship with its annual zenith at the La Sarthe circuit. It was the era of factory teams interspersed with their own respective customer and privateer teams. An era immortalized in the dreams of both men and boys the world over. Open almost any history book on the period and the pictures will depict, amongst the front-running pack, a bright yellow Escuderia Montjuich Ferrari. It is that very car that we are now hugely excited to offer for sale.

The Ferrari factory sold this 12 cylinder, five litre sports racing machine to the Escuderia Montjuich in April 1970. The Escuderia was founded by four wealthy Catalan gentleman drivers in the mid 1960s; Enrique Coma-Cros (co-author of the book Ricart – Pegaso / La Pasión del Automóvil), Félix Muñoz (known as Pelé), José Juncadella and Juan Fernández. The latter two of these were both well-known racing drivers of the period and are frequently mentioned in contemporary race reports and magazines.

To set chassis 1002 in context, the 512 model was Ferrari’s aggressive response to Porsche’s emerging dominance in sports car racing in the late 1960s. Ferrari scholar, Dominique Pascal in his book Ferrari at Le Mans, explains that ‘the 512s were created in less than nine months to try and counteract the striking superiority of the Porsche 917s. For the 1970 Le Mans, Ferrari lined up no fewer than twelve 512s, official and non-official.’

Chassis 1002 is, quite simply, a superb example of one of Maranello’s finest sports competition cars. Absolutely steeped in history and provenance, it presents an extremely rare opportunity to acquire a ‘best in class’ 512 with the very finest of racing and ownership pedigrees. The Ferrari has an exquisite period history, with imagery depicting it competing in the 1970 edition of 24 Heures du Mans, as car number 35 in the test and number 9 in the subsequent race, where it was piloted by José Juncadella and J. Fernandez. Unfortunately, 1002 left the race in the eleventh hour after having been holding a credible tenth place in the preceding hour due to an on-track collision.

In that year, 1002 went on to compete at many more high-profile events, including the Jarama Twelve Hours and the 1000 Kilometres de Paris, held at the legendary Montlhéry Circuit. The Matra-Simca of Jack Brabham and François Cevert won the race but Juncadella and Jabouille brought 1002 home to a very respectable second place overall and took first in class.

1971 provided another raft of competition for 1002, taking part in the majority of the World Manufacturers’ Championship rounds. The season started with a non-championship round – the Buenos Aires 1000 kilometre race – where the car placed fifth driven by Juncadella and Carlos Pairetti. Following this was the Daytona 24 Hours where 1002 qualified seventh, although unfortunately did not finish due to fuel pressure problems. Prior to the BOAC 1000 kilometre world championship sports car race at Brands Hatch in April 1971, the car was returned to the factory to be converted to a 512M Berlinetta. In this new, improved guise, 1002 once again contested the grueling Le Mans race. To further strengthen the crew, Juncadella drafted in the support Ferrari factory driver, Nino Vaccarella, an extraordinary driver of the time. Unfortunately, 1002 retired at the fourteenth hour after holding an impressive fifth place in the previous hour.  Dominique Pascal, in his book Ferraris at Le Mans, tells us that ‘Nino Vaccarella and his partner, José Maria Juncadella put in a superb performance, up to the front and a lap ahead before they sustained damage to their transmission.’

1971 brought more competition, in the form of the Monza 1000 kilometre, the Imola 300 kilometre, Osterreichring and the 1000 Kilometre de Paris. The season was dominated by the Porsche 917s, with Alfa Romeo in second place and Ferrari in third. 1002 also took part in the Tour de France in September 1971 where it was driven by Juncadella and Jean-Claude Guenard. It placed a magnificent second and hence finished its season in style. One can only imagine the astonishing sight of this pure sports racing car howling through the length of France, on its newly registered Milan number plates.

Following its tenure with the Escuderia Montjuich, 1002 eventually found its way directly to new owner, English gentleman and Ferrarist Robert Horne in October 1974. Robert, who has always had an eye for a great car (and also is a noted collector of cold war jets!), acquired 1002 after seeing it during a trip to Mantua, Italy. He sent the 512 to well-known marque specialist, Bob Houghton of Greypaul Motors for remedial works and 1002 has subsequently been prepared and lovingly maintained by Bob to this day. Horne’s own ambitions did not stretch to running a car in international competition, but he instead decided to use the 512 to attempt a British Land Speed Record. In 1977, 1002 – driven by Robert Horne – was taken to a very credible speed of 192mph over a flying mile distance to set a record. Thereafter, Horne used 1002 on special occasions, enjoying the Ferrari for a remarkable period of thirty-five years and finally passing it on to the current owner in 2009. In the capable hands of the current owner’s son, 1002 was beautifully driven at a recent edition of the Le Mans Classic, where it showed that it has lost none of its period performance.

Presented with a remarkable history file and a Certificazione di Autenticita from Ferrari Classiche, 1002 represents a once in a lifetime opportunity to acquire a truly exceptional and seriously important ‘time capsule’ condition sports racing prototype. To step into the cockpit of 1002 is to step back in time to that glorious epoch of racing. How wonderful it would be for its new owner to take 1002 back to the Tour de France and the Le Mans Circuit. The stuff, we believe, that dreams are made of….

 

http://www.fiskens.com/cars-for-sale/Ferrari-512M/11653.htm

関連記事

1992 J トヨタ MR2 2.0 turbo フェラーリ 355 レプリカ 147万円

車両価格:£7,995 MR2、2リットルのターボに基づくフェラーリ355のレプリカ。

記事を読む

FERRARI ENZO LHD ¥ASK

  年:2002 カラー:ロッソ・コルサ トランスミッション:セミオ

記事を読む

1982 FERRARI 512 BBi BERLINETTA BOXER 5773万円

車両価格:$475,000   --Grigio Ferro with

記事を読む

FERRARI LaFerrari 3億2356万円

車両価格:2,650,000スイスフラン 提供を求めるために私達に連絡することを躊躇

記事を読む

1994 フェラーリ 512TR 1780万円

車両価格:1780万円 レッド/黒レザー 走行53,000km ディーラー車 点検・整

記事を読む

1966 Ferrari 330 GT 2+2 Series II 2868万円

Sold for (£): 155,250 There were three dist

記事を読む

Ferrari F40 1億6617万円

車両価格:£875,000   The Ferrari F40 was

記事を読む

Ferrari F40 ¥ASK

車両価格:ASK 何ABS、ないトラクションコントロール、無電気油圧パドルシフト、無安

記事を読む

1992 フェラーリ F40 2億5382万円

車両価格:$2,125,000 1992 FERRARIのF40(「COLLECTOR

記事を読む

FERRARI F40 (Coupé) 1億5003万円

車両価格:1'150'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverke

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク