*

PR

1984 LOLA T616 PROTOTYPE

公開日: : マツダ, ローラ , ,

37685_00a00f5704_low_res 36944_9bd31869d9_low_res 37030_473737525c_low_res 36969_3a3575b92e_low_res

ハイライト

ルマンでクラス優勝を獲得した最初の日本のメーカー(#68第一、第67位第三)
デイトナの銀行のラジアルタイヤを使用する最初のレースカー
元のドライバによって復元
ヴィンテージモータースポーツ2005年1月に登場
世界的に歴史的なレースの対象
概要

マツダ、ローラT616
シャーシ番号:H.U.2(#68)

マツダ-ローラT616は、彼らがロラパワード彼らのマツダのロータリーでルマンの伝説的な24時間で第一および第三級仕上げを獲得し、1984年にモータースポーツの歴史を作ったレースカー。マツダはルマンでクラス優勝を獲得した最初の日本のメーカーになります。

古典的な “デビッドゴリアテ対「対戦では、2軽量ロラのチームの車は、BFグッドリッチ/ジム・バスビー・レーシングの管理下で、他のC2の競争相手を長持ちし、より強力な競争を敗北させました。この記念碑的な成果は、両方の車が特別に開発BFグッドリッチラジアルT /ストリートタイヤに厳しいレースを実行していたという事実によって強調されました。

日本人ドライバーHoshami片山とアメリカ人のジョン・モートンとジョンO’Steenによって駆動車68は、アメリカのジム・バスビーとリックヌープ、およびオランダ人ボイ・ハイエが操縦カー67、一方で、クラスの第三置かれ、クラスで最初に取りました。

1984年を通して、T616 Lolasは、世界で最も偉大なレーストラックで成功を収めました。ル・マンの前に、車67は、ジム・バスビーとリックヌープによって駆動されるモンツァで千キロレース、で独自のクラスの勝利を主張しました。ル・マンの後、車は1984年7月にニュルブルクリンクに旅し、車67は、クラスで2位を終えました。 9月には、自動車67は、ジム・バスビーとピートHalsmerによって駆動される日本の富士山回路、でクラス2位を終えました。カー68は第四終了だろう。チームは、ほぼクラス勝、彼らはポイントで顕著第二に来る固体信頼性の両方でサポートされ、その年のスポーツカー世界選手権でグループC2プロトタイプクラスを獲得しました。

その後、両方のLolasは、独立したチームに売却された、オンとオフの両方の車は静かに横たわっていたであろう1990年まで参戦し、主にジム・バスビーとリックヌープは2003年にペアを再取得し、両方の車は包括的な化粧品を与えたまで、次の十年のために忘れ修復。 2010年に車の最新の所有者、熱心なヴィンテージレーサーは、両方の車が完全な、機械的な修復を浴槽ました。

どちらの車は、完璧な走行状態にあるすべてのFIAヴィンテージレース仕様を満たすと、それらの産地の世界的なヴィンテージレースの対象となります。車は2004ロード&トラック米スポーツカーインビテーショナル、スピードの2005年グッドウッド・フェスティバル、以降2004年からモントレーHistoricsと再会レースを含め、多くの歴史的レースイベントに参加しました。

売却に含ま極めて包括的なスペアリストです。このパッケージには、これらに限定されないが:(13Bを受賞したオリジナルの’84レースを含む)2スペアモーター、各自動車用タイヤとホイールの2セット、スペアノーズ、テール、屋根、そしてドアは多くのための金型として使用されるようにボディパーツ、ヒューランド製のトランスアクスルのための複数のギアセットは、ロータケーシング、クラッチ、フライホイール、A-武器、リング、ピニオン、ローター、帽子、キャリパー、CDの点火システム、ガスケットとのCVブーツ、オリジナルのペイントサンプル。また、元Strand21レーシングスーツ、3再生チームのシャツ1984年から、多数のポスター、版画、およびパンフレット、ほぼ最も重要な#68 BFGマツダローラT616のまだ箱入り1時43スケールのダイキャストモデルが含ま記念品があります。
マツダ、ローラT616について
Lolasは、自然吸気、燃料注入、ツインローターによりMSD点火と9000rpm 1.3リットルマツダ13Bロータリーエンジンを駆動されます。電源はヒューランド製5速トランスアクスルを介して駆動されます。ホイールはゴッティ3ピースモジュラー、13×11のフロントと13×14の背面です。ブレーキはAPキャリパーです。

どちらの車が唯一の真正/表示のために今ある新しい防火システム、並びにそれらの元のシステムを持っています。車が迅速にタイヤ交換のためのオンボードの空気ジャックが装備されています。

1984レースの歴史
2月5日デイトナ24時間レース
車68 Halsmer、Quester、グレイブル17日
車67バズビー、Hayje、ヌープ31日

マイアミの2月26日グランプリ
車68 Halsmer、Hayje 5日
車67バズビー、ヌープ6日

モンツァの4月23日千キロ
車67バズビー、ヌープ第一、クラスC2
車68 Quester、Hayje 5日、クラスC2

4月29リバーサイド・インターナショナル・レースウェイ
車67バズビー、グレイブル、ヌープ39

6月16日ル・マン24時間レース
車68片山、モートン、O’Steen 1日、クラスC2
クラスの車67バズビー、Hayje、ヌープ第三

7月15日千キロのNurbürgring
車67バズビー、Halsmerの第二、クラスC2
車68 Quester、ヌープDNF

9月30日富士山千キロ
車68 Quester、ヌープ第四、クラスC2
車67バズビー、Halsmerの第三、クラスC2

復元後
2004年、4月30日から5月2日まで、ロード&トラック米国スポーツカーインビテーショナル、ラグナセカ
2004年、8月13-15。ロレックスモントレーヒストリックカーレース、ラグナセカ
2005年、グッドウッドフェスティバルオブスピード。
2008年、グッドウッドフェスティバルオブスピード。
2009年、8月8-9。前Historics、ラグナセカ
2009年、8月14-16。ロレックスモントレーモータースポーツリユニオン、ラグナセカ
2009年、7月10-12。ポートランド歴史的なレース
2010年6月5-6。ソノマヒストリック・モータースポーツ・フェスティバル、ソノマレースウェイ
2010年、8月7-8。前Historics、ラグナセカ
2010年、8月12-15。ロレックスモントレーモータースポーツリユニオン、ラグナセカ
2011年、8月13-14。前Historics、ラグナセカ

HIGHLIGHTS

First Japanese manufacturer to score a class win at Le Mans (#68 first, #67 third)
First race cars to use radial tires on the banking of Daytona
Restored by the original drivers
Featured in Vintage Motorsport Jan 2005
Eligible for historic racing worldwide
OVERVIEW

Mazda-Lola T616
Chassis Number: H.U.2 (#68)

The Mazda-Lola T616 racecars made motorsports history in 1984 when they scored a 1st and 3rd class finish at the legendary 24 Hours of Le Mans with their Mazda rotary powered Lola. Mazda would become the first Japanese manufacturer to score a class win at Le Mans.

In a classic “David vs Goliath” matchup, the two lightweight Lola team cars, under the management of BF Goodrich/Jim Busby Racing, outlasted the other C2 competitors and defeated the more powerful competition. This monumental accomplishment was highlighted by the fact that both cars had run the grueling race on specially developed BF Goodrich Radial T/A street tires.

Car 68, driven by Americans John Morton and John O’Steen, with Japanese driver Hoshami Katayama, took first in class, while Car 67, piloted by American Jim Busby and Rick Knoop, and Dutchman Boy Hayje, placed third in class.

Throughout 1984, the T616 Lolas enjoyed success at the world’s greatest race tracks. Before Le Mans, Car 67 claimed its own class victory at the 1,000 km race at Monza, driven by Jim Busby and Rick Knoop. After Le Mans, the cars traveled to the Nurburgring in July 1984, and Car 67 finished 2nd in class. In September, Car 67 finished 2nd in class at the Mount Fuji circuit in Japan, driven by Jim Busby and Pete Halsmer. Car 68 would finish 4th. The team nearly won the Group C2 Prototype class in the Sports Car World Championship that year, supported by both class wins and solid reliability they would come in a remarkable second in the points.

Thereafter both Lolas were sold to independent teams and were raced on-and-off until 1990. Both cars would lay quiet, and mostly forgotten for the next decade until Jim Busby and Rick Knoop reacquired the pair in 2003 and both cars were given comprehensive cosmetic restorations. In 2010 the cars’ most recent owner, an avid vintage racer, gave both cars full, tub up, mechanical restorations.

Both cars are in perfect running condition, meet all FIA vintage racing specifications and because of their provenance are eligible for vintage racing worldwide. The cars have participated in many historic racing events, including the 2004 Road & Track U.S. Sports Car Invitational, the 2005 Goodwood Festival of Speed, and the Monterey Historics and Reunion races from 2004 onward.

Included in the sale is an extremely comprehensive spares list. This package includes, but is not limited to: 2 spare motors (including the original ’84 race winning 13B), 2 sets of tires and wheels for each car, spare nose, tail, roof, and doors to be used as molds for more body parts, multiple gear sets for the Hewland transaxle, rotor casings, clutches, flywheels, A-arms, rings and pinions, rotors, hats, and calipers, CD ignition systems, gaskets and cv boots, and original paint samples. Furthermore there is memorabilia which includes an original Strand21 racing suit, 3 reproduction team shirts from 1984, numerous posters, prints, and brochures, and almost most importantly a still boxed 1:43 scale diecast model of the #68 BFG Mazda Lola T616.
About the Mazda-Lola T616
The Lolas are powered by naturally aspirated, fuel injected, twin-rotor, 9000rpm 1.3 liter Mazda 13B rotary engines with MSD ignition. Power is driven through Hewland 5 speed transaxles. Wheels are Gotti three-piece modular, 13×11 front and 13×14 rear. The brakes are AP calipers.

Both cars have new fire systems, as well as their original system, which are now for authenticity/display only. The cars are equipped with on-board air jacks for quick tire changes.

1984 Race History
Feb 05 24 Hours of Daytona
Car 68 Halsmer, Quester, Grable 17th
Car 67 Busby, Hayje, Knoop 31st

Feb 26 Grand Prix of Miami
Car 68 Halsmer, Hayje 5th
Car 67 Busby, Knoop 6th

Apr 23 1,000 Kilometers of Monza
Car 67 Busby, Knoop 1st, class C2
Car 68 Quester, Hayje 5th, class C2

Apr 29. Riverside International Raceway
Car 67 Busby, Grable, Knoop 39th

June 16 24 Hours of Le Mans
Car 68 Katayama, Morton, O’Steen 1st, class C2
Car 67 Busby, Hayje, Knoop 3rd in class

July 15 1,000 Kilometers Nurbürgring
Car 67 Busby, Halsmer 2nd, class C2
Car 68 Quester, Knoop DNF

Sept 30 Mount Fuji 1,000 Kilometers
Car 68 Quester, Knoop 4th, class C2
Car 67 Busby, Halsmer 3rd, class C2

After Restoration
2004, Apr 30 – May 2, Road & Track US Sports Car Invitational, Laguna Seca
2004, Aug 13-15. Rolex Monterey Historic Automobile Races, Laguna Seca
2005, Goodwood Festival of Speed.
2008, Goodwood Festival of Speed.
2009, Aug 8-9. Pre Historics, Laguna Seca
2009, Aug 14-16. Rolex Monterey Motorsports Reunion, Laguna Seca
2009, July 10-12. Portland Historic Races
2010, June 5-6. Sonoma Historic Motorsports Festival, Sonoma Raceway
2010, Aug 7-8. Pre Historics, Laguna Seca
2010, Aug 12-15. Rolex Monterey Motorsports Reunion, Laguna Seca
2011, Aug 13-14. Pre Historics, Laguna Seca

 

http://canepa.com/photo-gallery/1984-lola-t616-prototype-5308/

関連記事

image

1969マツダコスモL10Bクーペ 707万円(SOLD)

Sold for €55,200 1969マツダコスモL10Bクーペ シャーシ  L

記事を読む

Lotus - Lola LMP 2

Lotus – Lola LMP 2 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

1984 Lola-Mazda T-616 2

1984 Lola-Mazda T-616  ¥SOLD

車両価格:SOLD 1984 Lola-Mazda T-616 —SOLD Two C

記事を読む

sk1227r_love55-img599x449-1465291127fjyvqc29530

【ヤフオク】サーキット仕様車まとめ

ヤフオクでサーキット仕様車として出品されているものをまとめてみました。 車検に通るものから通ら

記事を読む

1999 Lola T70 Mk IIIB Replica

1999 Lola T70 Mk IIIB Replica 1722万円

車両価格:£89,995 A Lola T70 for the road ...

記事を読む

【ヤフオク】SA22c IMSA ワイドボディ

【ヤフオク】SA22c IMSA ワイドボディ

SA22cとなります エンジン13B公認 IMSAワイドボディ2メートル公認となります

記事を読む

Lola T70 MK1 Spyder, 1964.

Lola T70 MK1 Spyder, 1964. ¥ASK

車両価格:ASK 我々は、民間所有者に代わって販売のために提供しているローラT70 M

記事を読む

2000 LOLA B2K  40 AER-NISSAN ALMS P2 SPORTSRACER

2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN ALMS P2 SPORTSRACER 2220万円

車両価格:$179,900 2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN

記事を読む

1968 Lola T70 MkIII GT

【タキレーシング】1968 Lola T70 MkIII GT ¥ASK

車両価格:ASK シャーシ番号:SL130分の73 東京、日本のフジ会社に1968年

記事を読む

used-1968-lola-t160-canam-9423-5111143-1-640

1968 Lola T160 Can-Am ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク