*

PR

1986 PORSCHE 962

公開日: : ポルシェ ,

37683_0352c063d5_low_res 36597_6b0cc7cf8d_low_res 37023_bc76f78edc_low_res 36621_9876fedac9_low_res

ハイライト

Hotchkisレーシングによって新たから所有
粉砕復元
デイトナ24時間レースやセブリング12時間レースを含め、IMSAのキャメルGTPシリーズに参戦
ジョンHotchkisのSr&ジュニア、ジム・アダムス、クリス・コード、ロブ・ダイソンによって駆動され、アル・ホルバートとポール・ニューマンによってテスト
ポルシェモータースポーツNAにより調製750馬力、3.2リットルターボチャージャー付き6気筒エンジン
概要

1986ポルシェ962
VIN:HR3

962は1984年に出てきたとき、FABCARはモノコックを修復するために開始し、最終的にはアル・ホルバート、ロブ・ダイソン、ブルース・レヴィン、およびHotchkisレーシングのための7モノコックを構築することになります。これらの7 HRシャーシはポルシェは浴槽が建てよりも剛性であると証明する、これはポルシェファクトリーの注目を浴びました。ポルシェは、工場出荷時のグループCのモノコックのすべてを構築するためにFABCARと契約し、また世界中の工場モノコック修理のすべてを行うだろう。

このFABCARは、数HR3、962 IMSAプロトタイプを構築し、車はウィンのエンジンオイル製品が主催し、1986年、7月6日にワトキンスグレンでシーズン半ばキャメルコンチネンタル500でHotchkisレーシングにHolbertレーシング(ポルシェモータースポーツNA)によって新しい配信されました当社は、1987年に車は小さな事故にあった、とHR3は、それがなるまで分解して取っておいたチームの店に戻って撮影された、アル・ホルバートによってテストされ、そのデビューは、しかしジム・アダムズとジョンHotchkisシニアによって駆動作られましたそれは完全に1990年には1989年に修復された、オリジナルと新しく再建浴槽は1991年以降1991年デイトナ24時間レースで3位を取って、デイトナ24時間レースでデビューし、1990年から1991年シーズンの残りのレース、Hotchkis 962は、それが恐るべきヴィンテージレーサーとしてトラックに戻った1997年まで現役から引退しました。

それは962が2009モントレーHistoricsでGTPカテゴリレースに勝った、そして2011年にはそれがポルシェRennsport IVで最速の962だった、目の前で実行している最近で1998年から2001年に東海岸の歴史的なスポーツカーレースのイベントで定期的に登場しました多くの新しいRSのスパイダーとパック。

この車は現在、ポルシェモータースポーツ北米によって構築された3.2シングルターボ962エンジンを搭載しています。パワープラントは、鍛造クランクシャフトと下端を含む新しいポルシェ911 GT1技術を利用します。その2つのバルブヘッド、ギャレットターボチャージャー、空対空インタークーラー、及びボッシュモトロニック燃料と点火管理システムと、エンジンは、健康な750プラス馬力を生成するために推定されます。電力は、ポルシェ5速トランスアクスルとMetalore車軸を介して配信され、ポルシェの元の機器よりも強いと言われています。四輪ディスクブレーキはブレンボからであり、ショックアブソーバーは、ペンスキーレーシングです。

この1オーナー車は確かに存在して最高の準備962sの一つであり、完全に準備ができて、レースと積極的にトラックの維持です。車は元HR3浴槽が供給されています。
962について:
1984年に導入されたポルシェの素晴らしい962耐久プロトタイプクーペは、確かに歴史の中で最も成功したと支配的なレースのデザインの一つとしてランクされなければなりません。これは、ヨーロッパのスポーツカー世界選手権グループCのために作成された以前の型956クーペに由来し、それはそのすべての亜種に大いに改善されたとして、それがほぼ完全な十年のためにビートにタフであることが証明された、ほとんどです前代未聞の達成。

962はIMSAのGTPシリーズのエントリとして導入されたとき、それは最初に、単一のKKKのターボチャージャーと非常に成功した2.8リットル、空冷フラット6 935エンジンの派生物によって供給されました。 1985年までに、IMSAは、洗練されたポルシェは、より大きな3.2リッターエンジンを実行することができ、より多くの競争を作成するために、その制限を緩和していました。彼らの空気取り入れ口が36ミリメートルに限定されていたが、1988年、再び活躍の場を平準化の利益のために、962sは、ツインターボチャージャーと水冷シリンダーヘッドを実行させました。

1984年から1991年の間、九〇から一962sの合計が七〇から五それらのは、顧客の車として構築されていると、ポルシェのレーシング部門によって建設されました。彼らの印象的な寿命の間、数が改善された効率化とシャシー性能のための様々なレーシングチームによって修正されました。その中で、自身のチームの車を変更し始め、その後、FABCARを通じて顧客のために改良されたタブの数が少ないの生産を開始したペンシルベニア州のHolbertレーシング、でした。自分の車は962 / HR7に962 / HR1から標識しました。アルミニウム板と強力な隔壁とデイブKlymの新しいFabcarシャーシ組み込まれたアルミハニカム、剛性と耐衝撃性を向上させることができます。
HIGHLIGHTS

Owned from new by Hotchkis Racing
Ground up restoration
Raced in IMSA’s Camel GTP series, including the 24 Hours of Daytona and the 12 Hours of Sebring
Driven by John Hotchkis Sr & Jr, Jim Adams, Chris Cord, Rob Dyson, and tested by Al Holbert and Paul Newman
750 bhp, 3.2-liter turbocharged six-cylinder engine prepared by Porsche Motorsport NA
OVERVIEW

1986 Porsche 962
VIN: HR3

When the 962 came out in 1984, FABCAR started to repair monocoques, and would eventually build seven monocoques for Al Holbert, Rob Dyson, Bruce Levin, and Hotchkis Racing. These seven HR chassis would prove to be stiffer than the Porsche built tubs, and this got the attention of the Porsche Factory. Porsche contracted with FABCAR to build all of their factory Group-C monocoques, and would also do all of the factory monocoque repairs worldwide.

This FABCAR built 962 IMSA prototype, number HR3, was delivered new by Holbert Racing (Porsche Motorsports N.A.) to Hotchkis Racing at the mid-season Camel Continental 500 at Watkins Glen on July 6, 1986. The car, sponsored by Wynn’s Engine Oil Products Company, was tested by Al Holbert and made its debut driven by Jim Adams and John Hotchkis Sr. However, in 1987 the car was in a small accident, and HR3 was taken back to the team’s shop, where it was disassembled and set aside until it was completely repaired in 1989. In 1990, the original and newly rebuilt tub debuted at the 24 Hours of Daytona, and raced for the rest of the 1990 and 1991 seasons, taking 3rd at the 24 Hours of Daytona in 1991. After the 1991, the Hotchkis 962 was retired from active duty until 1997, when it returned to the track as a formidable vintage racer.

It appeared regularly at Historic Sportscar Racing events on the East Coast from 1998 to 2001. Most recently the 962 won the GTP category race at the 2009 Monterey Historics, and in 2011 it was the fastest 962 at Porsche Rennsport IV, running at the front of the pack with much newer RS Spyders.

This car is currently powered by a 3.2 single-turbo 962 engine built by Porsche Motorsport North America. The powerplant utilizes new Porsche 911 GT1 technology, including a forged crankshaft and lower end. With its two-valve heads, Garrett turbocharger, air-to-air intercooler, and Bosch Motronic fuel and ignition management system, the engine is estimated to produce a healthy 750-plus horsepower. The power is delivered through a Porsche five-speed transaxle and Metalore axles, and it is said to be stronger than Porsche’s original equipment. The four-wheel disc brakes are from Brembo, and the shock absorbers are Penske Racing.

This one-owner car is certainly one of the best-prepared 962s in existence, and is fully race-ready and actively maintained for the track. The car is supplied with its original HR3 tub.
About the 962:
Porsche’s amazing 962 endurance prototype coupe, which was introduced in 1984, must certainly be ranked as one of the most successful and dominant racing designs in history. It was derived from the earlier-type 956 Coupe that was created for Europe’s World Sportscar Championship Group C, and as it was much-improved in all its variants, it proved to be tough to beat for almost a full decade, which is an almost unheard-of accomplishment.

When the 962 was introduced as an entry for IMSA’s GTP series, it was initially powered by a derivative of the highly successful 2.8-liter, air-cooled flat-six 935 engine with a single KKK turbocharger. By 1985, IMSA had eased its restrictions to create more competition, allowing the sleek Porsches to run larger 3.2-liter engines. By 1988, again in the interest of leveling the playing field, 962s were allowed to run twin turbochargers and water-cooled cylinder heads, although their air intakes were limited to 36 millimeters.

Between 1984 and 1991, a total of ninety-one 962s were built by Porsche’s racing department, with seventy-five of them being built as customer cars. During their impressive lifespan, a number were modified by various racing teams for improved streamlining and chassis performance. Among them was Holbert Racing, of Pennsylvania, which began modifying its own team cars, and then began producing a small number of improved tubs for customers through FABCAR. Their cars were labeled from 962/HR1 to 962/HR7. Dave Klym’s new Fabcar chassis incorporated aluminum honeycomb with an aluminum sheet and stronger bulkheads, to improve stiffness and crashworthiness.

 

http://canepa.com/photo-gallery/1986-porsche-9625321/

関連記事

1973 Porsche 914 Targa

1973 Porsche 914 Targa 315万円

車両価格:$26,500 そのエントリーレベルのモデルとしてではなく、彼らは彼らのショ

記事を読む

Porsche 3l RS Groupe 3

Porsche 3l RS Groupe 3 959万円

車両価格:€70,000 A vendre: Porsche 3l RS sur b

記事を読む

Porsche Carrera GT

Porsche Carrera GT 1億2344万円

車両価格:£650,000   The Porsche Carrera

記事を読む

MO14_r215_001

1986 Porsche 962 IMSA GTP

$800,000 - $1,000,000 EST(東部基準時。 750馬力、3

記事を読む

4497022

Porsche 997 GT3 Cup 2013 1223万円

車両価格:£66,500 完全公認プレミア安全タンクFT3と2014仕様にアップデ

記事を読む

RUF CTR 2 Racing

RUF CTR 2 Racing ¥ASK

車両価格:ASK 1996年式 RUF CTR2です。 「RUF」はポルシェのチューニン

記事を読む

1963 Porsche 356B Cabriolet

1963 Porsche 356B Cabriolet 1423万円

車両価格:$119,500 この美しい1963356Bカブリオレシャーシ#157255

記事を読む

porsche_carrera_gts

PORSCHE 904 / 6 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

1979 Porsche 930 Turbo

1979 Porsche 930 Turbo 947万円

車両価格:$79,500 この1979ポルシェ930ターボは、70Kマイルとの優れたオ

記事を読む

1964 Porsche 356C Cabriolet

1964 Porsche 356C Cabriolet 1488万円

車両価格:$125,000 この1964ポルシェ356Cカブリオレは非常にいいドライバ

記事を読む

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク