*

PR

1968 Ford Escort MK 1 Works Rally Recreation 425万円

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 フォード , ,

1968 Ford Escort MK 1 Works Rally Recreation

Sold for (£): 23,063

The Ford Escort Mark I was introduced in 1967 and was a commercial success in many parts of Western Europe. However, in the UK it was the best selling car during the 1960s. In June 1974, less than six years after the car’s UK introduction, Ford announced the completion of the two millionth Ford Escort, a milestone unmatched by any Ford model outside the USA. The Escort used a brand new unitary construction bodyshell and came with a choice of 1098cc or 1298cc four cylinder, overhead valve engines. It also featured contemporary styling cues in tune with its time: a subtle Detroit-inspired “Coke bottle” waistline and the “dogbone” shaped front grille – arguably, the car’s most famous stylistic feature. The Escorts became very successful as a rally car and they eventually went on to become one of the most successful rally cars of all time. The Ford works team was practically unbeatable in the late 1960s/early 1970s and, arguably, the Escort’s greatest victory was in the 1970 London to Mexico World Cup Rally being driven by Finnish legend Hannu Mikkola.

This 1968 Escort Works Rally Replica was built between 2006 and 2008 by renowned marque experts, Retrosport, for one of its owners. A solid donor shell was sourced and fully stripped for the build. New steel front wings and steel arches were fitted and the entire shell fully seam welded, gusseted and strengthened to Group 4 specification with works type jacking points. A Smith and Deakin fibre glass bonnet and boot were custom fitted along with a 6-point roll cage with door bars. The completed body was then painted in Ford Diamond White, photos of which are included in the history file.

The running gear was completely replaced with an Atlas axle, and many RS components such as hubs, vented discs and adjustable Bilstein struts. The engine is a lightened and balanced 2.0 litre Pinto on twin delortoes by respected engine builder Agra Race Engines of Dundee and boasts 187bhp at 7,000rpm. Additional features include an alloy sump, twin throttle cables, electronic ignition with electronic coil and Magnecor plug leads, Spenco silicone hoses, 12 gallon aluminum fuel tank, works replica dashboard/centre console and a 5-speed Type-9 2.8i Capri close ratio gearbox.

The car was stored after completion, having covered only 500 road miles. In 2011, it was recommissioned and supplied with a current MOT, tax and R.A.C.M.S.A motorsport logbook. The history file details the rebuild with a complete file by Retrosport, specifying every ordered component. The documentation confirms that this Escort has been built using new or refurbished parts to the highest possible standard with no expense spared.  In 2012, the car was sold to a well-known Bristol-based racing driver, in whose ownership the car has since remained.

‘SLD 245F’ has been taxed and MOT’d up until May 2013 since when it has had the benefit of a SORN. The car remains in good running order throughout. It is currently set up for tarmac rally competition and would make an ideal entry into historic motorsport.

フォードエスコートマークは私が1967年に導入され、西ヨーロッパの多くの地域で商業的な成功だった。しかし、英国では、1960年代に最も売れた車だった。 1974年6月には、0~6年の車の英国導入後、フォードは第二百万フォードエスコート、米国外のフォードモデルによって比類のないマイルストーンの完了を発表しました。エスコートは、ブランドの新しい一体構造のボディシェルを使用し、1098cc以上1298cc 4気筒の選択、オーバーヘッドバルブエンジンに付属している。 – 間違いなく、車の最も有名な文体の特徴は微妙なデトロイト風の「コーラボトル “ウエストラインと「ドッグボーン」形状のフロントグリル:それはまた、その時間と調和し、現代様式合図を特色にした。エスコートは、ラリーカーのような非常に成功したとなり、彼らは最終的にすべての時間の中で最も成功したラリーカーの1になるために行った。フォードは間違いなく、エスコートの最大の勝利は1970年、ロンドン、メキシコにワールドカップラリーはフィンランドの伝説ハンヌ·ミッコラによって駆動されていた、チームは1960年代後半/ 1970年代初期にはほとんど許さなかった動作し。

この1968エスコートワークスラリーレプリカは、その所有者のいずれかの有名なブランドの専門家、Retrosport、2006年から2008年の間に建設された。固体ドナーシェルは、ソースと完全にビルドにリッピングした。新しいスチールフロントウイングと鋼アーチを取り付けたとシェル全体が完全に溶接ガセットや作品でグループ4仕様に強化されたシームジャッキポイントを入力します。スミスとディーキンファイバーグラスボンネットおよびブートは、カスタムドアバー付きの6点ロールケージと一緒に適合させた。完成したボディは、その後フォードダイヤモンドホワイトで描かれた、の写真が履歴ファイルに含まれています。

ランニングギアは完全にアトラスの車軸に置き換え、そのようなハブなどの多くのRSコンポーネントは、ディスクおよび調節可能なビルシュタインストラットを排気した。エンジンは7,000rpmで軽量化とダンディーの尊敬エンジンビルダーアグラレースエンジンによって双子delortoes上の2.0リットルピントバランスのとれたと自慢187bhpです。その他の機能としては、電子コイルとMagnecorプラグリード、Spencoシリコーンホース、12ガロンアルミ燃料タンクとの合金サンプ、ツインスロットルケーブル、電子点火を含む、レプリカのダッシュボード/センターコンソールと5速タイプ-9 2.8Iカプリ近い比率に動作しますギアボックス。

車は、終了後に格納されていた唯一の500道路マイルをカバーした。 2011年には、それが就役したと現在のMOT、税金、RACMSAモータースポーツログブックに付属。履歴ファイルの詳細は、すべての注文したコンポーネントを指定して、Retrosportによる完全なファイルを使用して再構築します。ドキュメントには、この護衛が免れていない費用で可能な限り最高の標準に新規または改装されたパーツを使用して構築されたことを確認する。 2012年には、車は車が以来残っている所有権ではよく知られているブリストルベースの​​レーシングドライバー、に売却された。

「SLD 245F」は課税し、それがSORNの利益があったとき以来、2013年5月までMOT’dされました。車は全体に良好な走行順に残ります。これは、現在ターマックラリー競技用に設定されている、歴史的なモータースポーツへの理想的なエントリになるだろう。

http://www.silverstoneauctions.com/1968-ford-escort-mk-1-works-rally-recreation

関連記事

image-thumb[9]

1964 FIA Ford Falcon

登録:指定なし 車台番号:指定なし エンジン番号:指定なし シリンダーの数:V8

記事を読む

8726907

Ford Mondeo Super Touring ex BTCC Paul Radisich ¥ASK

車両価格:ASK フォードモンデオスーパーツーリング元BTCC 1996ポール

記事を読む

1896250

Ford KA Zetec 2.0 RWD 107万円

車両価格:£5,750 2.0 Zetec RWD(または4WD)V5とフォードのK

記事を読む

Ford RS200

Ford RS200 4653万円

車両価格:£245,000   Amidst the rise of

記事を読む

13653_1d7e4b3a74_low_res

1968 FORD TORINO NASCAR

ハイライト 彼の1968年のチャンピオンシップNASCARシーズンにデビッド・ピ

記事を読む

1970 70 Mustang fastback raced A sedan SCCA, group 6 SVRA vintage racecar

1970 70 Mustang fastback raced A sedan SCCA, group 6 SVRA vintage racecar 837万円

車両価格:$69,950 Nice fresh restoration, 70 Mus

記事を読む

1987 Ford Sierra RS Cosworth

1987 Ford Sierra RS Cosworth 293万円

Sold for (£): 15,870 The Ford Sierra RS Cos

記事を読む

NY15_r117_001

1986 Ford RS200

$475,000 - $600,000 250馬力、1,803 ccのDOHCコ

記事を読む

2006 Ford Gt

2006 Ford Gt 3918万円

車両価格:$318,888 http://fusionluxurymotors.com

記事を読む

image-thumbMATJJPXR

1980 Ford Capri Grp 1

登録:指定なし 車台番号:指定なし エンジン番号:指定なし 気筒数:6

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク