*

PR

1981 Ferrari 308 GTSi LHD 973万円

公開日: : フェラーリ , , ,

1981 Ferrari 308 GTSi LHD

<スポンサーリンク>

Sold for (£): 52,875

October 1975 saw the debut of the most successful shape ever to wear the Cavallino Rampante emblem. Over 20,000 examples of all engine types and sizes were produced from 1975-1989. Pininfarina designed the two seater Berlinetta using the engine (now dry sump) and running gear from the 308 GT4 2+2. This new car was made on a traditional steel tube chassis but its beautiful body was firstly manufactured in GRP then after two years Scagaletti started making GTBs in steel. The 3 litre four cam V8 was more or less unchanged until March 1981 when Bosch fuel injection was added in place of the 4 double choke Webers, although the final drive was altered on these cars to give similar acceleration to a carburetter car. Irrespective of the model the 308 has to go down as one of Ferrari’s all-time greatest road cars and prices are most definitely on the rise.

We are informed by the vendor that this particular 308 GTS/i was supplied new by The Sports Car Exchange of Dearborn, Michigan on the 15th of July 1982 to a Mr Clifford Robinson for $56000 who subsequently owned this car for the next 20 years and formed part of a private collection hence the very low mileage. With only 2 further keepers, the last being the President of the Ferrari Owners Club Houston Texas (who owned the car for six years), this particular car has led a much pampered existence, and it shows. Finished externally in Black there is a deep mirror like finish throughout, all panel gaps are reported to be consistent throughout and sets the car off beautifully.

It’s the sharpness of detail that really impresses, the pedal rubbers are unworn, the steering wheel isn’t shiny, the dashboard and both seats are virtually unmarked and the red leather is in superb order throughout. The centre console is complete with a bank of classic chrome levers and flick switches are reported to work perfectly. The window rubbers retain their original finish, even the original tool kit is complete, the original spare tyre has never been used and the jack looks never to have been touched.

The engine bay is reported to be like new with coolant and oil to level and clean; it fires instantly from cold with no smoke and soon settles to an even tick over. The vendor informs us that the driving experience on this particular car is sublime. The time honored clunk clunk of metal to metal gear lever and H gate merely add to the occasion, we are informed by the vendor that SVR 416W has just been the subject of a major service including the all important cambelts, and as such is ready to be driven without any concerns or worries whatsoever.

With a warranted mileage of just 15,660, 2 sets of keys, original owners wallet with all handbooks and documentation including service book and a new MOT certificate, it’s the 308 that now offers the best value entry into full fat Ferrari ownership experience. The 308 is an old school charmer, the induction noise of which makes pulling away in first gear an occasion. This has to be one of the best 308s on offer anywhere in the world right now with its warranted low mileage, original condition and provenance. If you’ve always fancied one, we wouldn’t hang around.

1975年10月にはCavallinoランパンテエンブレムを着用することをこれまでで最も成功した形状のデビューを見ました。すべてのエンジンタイプとサイズの20,000以上の例は、1975から1989を製造した。ピニンファリーナは308 GT4 2 + 2からエンジン(今ドライサンプ)と実行中のギアを使用して2人乗りベルリネッタを設計しました。この新しい車は従来の鋼管シャーシで行われたが、その美しいボディは、まずそれから2年後Scagalettiは鋼中GTBsを作り始めたGRPを製造した。 3リットル4カムV8は、最終的なドライブがキャブレター車と同様の加速を与えるためにこれらの車に変更されたが、ボッシュの燃料噴射が、4ダブルチョークヴェーバーの代わりに追加されました1981年3月まで、多かれ少なかれ変化しなかった。関係なく、モデルの308は、フェラーリのすべての時間の最大の道路の車の一つとしてダウンする必要があり、価格が上昇して最も確実である。

我々は、この特定の308 GTS / Iが、その後、次の20年間、この車を所有し、形成された誰が56000ドルのために氏クリフォード·ロビンソンに1982年7月15日にディアボーン、ミシガン州のスポーツカー取引所が新たに供給されたベンダーによって通知されますしたがって、個人のコレクション非常に低燃費の一部。唯一の2さらにキーパー、最後は(6年間の車を所有していた)フェラーリオーナーズクラブテキサス州ヒューストンの社長であることで、この特定の車は非常に甘やかさ存在をリードしてきましたし、それが表示されます。ブラックに外部から仕上がり仕上がりのような深いミラーが全体であり、すべてのパネルギャップは全体で一貫性であると報告され、美しく車をオフに設定している。

それは本当にペダルゴムが未使用で​​ある、感動細部のシャープだ、ステアリングホイール、ダッシュボードと両方席が事実上マークされていないで、赤い革は、全体を通して素晴らしい順である、光沢のあるではないです。センターコンソールには、古典的なクロームレバーの銀行と完了し、フリックスイッチは完全に動作することが報告されている。窓ゴムが元の仕上げを維持するも、元のツールキットには、元のスペアタイヤが使用されていないとジャックがタッチされたことは決して見えない、完全である。

エンジン室は、レベルへの冷媒と油との新しい、きれいなようであると報告されている。それが煙を寒さから瞬時に起動されて、すぐにでも上の目盛りに落ち着く。ベンダーは、この特定の車の上の運転経験は崇高であることを私たちに通知します。単に機会に追加するメタルギアレバーとHゲートに金属の一撃の一撃を光栄時間は、我々はSVR 416Wだけで、すべての重要なcambeltsを含む主要サービスの対象となって、そのようにする準備ができているベンダーによって通知されますいかなる懸念や心配なしに駆動すること。

キー、サービスブックと新しいMOT証明書を含むすべてのハンドブックとドキュメントと元の所有者の財布のちょうど15660、2セットの機能を保証走行距離、それは今全脂肪フ​​ェラーリの所有権の経験に最高の値エントリを提供しています308です。 308は、古い学校の魅惑、第一ギヤでの機会を引き離しになりそのうちの誘導ノイズである。これは、その正当低走行距離、元の状態と出所で、今世界のどこでも提供する上で最高の308Sの1である必要があります。あなたは常に1を夢見てきた場合は、たむろしないでしょう。

http://www.silverstoneauctions.com/1981-ferrari-308-gtsi-lhd

関連記事

1963 Ferrari 250 GT Lusso 2億6860万円

車両価格:$2,250,000 シャーシ#5231は慎重に1985年から現在の愛好家/

記事を読む

FERRARI ENZO LHD ¥ASK

年:2004 カラー:ロッソ・コルサ トランスミッション:セミオート ステアリン

記事を読む

2004 Ferrari Enzo 2億4242万円

現在価格:$2,000,000 即決:$2,250,000 2004フェラーリエ

記事を読む

Ferrari Dino 246 GT (1971). 4560万円

車両価格:€350,000 フェラーリディーノ246 GTのもう一つの良い例はちょうど

記事を読む

Ferrari 348 Michelotto Competizione ¥ASK

車両価格:ASK レーシングカー 内部番号:ferr_348_shell 265キ

記事を読む

1972 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA COUPE 9962万円

車両価格:$795,000   --Black with Red le

記事を読む

1991 Ferrari F40 Berlinetta 1億771万円(SOLD)

Sold for £634,300 1991年フェラーリF40ベルリネッタ カロッツ

記事を読む

フェラーリ 365 GTB/4 Daytona 1億2519万円

車両価格:€935,000 1967年、フォード/フェラーリの戦いの中心は、フェラーリ

記事を読む

1991 FERRARI F40 1億6043万円(SOLD)

Sold for US$ 1,430,000 1991 FERRARI F40 ピニ

記事を読む

【ヤフオク】一生物です!サーキットを走れるDINO246GTバージョンL!

ショールームに入れて置いておくなんて もったいない!! 即サーキット

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク