*

PR

1994 Jaguar XJ220 4552万円

公開日: : 最終更新日:2015/03/03 ジャガー ,

1994 Jaguar XJ220

<スポンサーリンク>

Sold for (£): 247,500

The story behind the Jaguar XJ220 is an inspiring one. Professor Jim Randall, the head of Jaguar’s engineering department, started the ball rolling by sketching out some ideas whilst on a Christmas holiday in the 1980s. It was the stuff of fantasies – V12, 4WD, slippery body with ground effects. Together with colleagues in the ‘Saturday Club’ at Jaguar (so called because they met out of hours and at weekends to work on unofficial pet projects) they toyed with the concept until Jaguar started getting genuinely excited by the idea and official plans were put in place to build what was to be the fastest ever road car.

The Birmingham Motor Show in 1988 saw the unveiling of the powered concept with the design featuring a V12, fuel injected, 48 valve 530BHP engine delivering its output to all four wheels. Ultimately, the use of the V6 allowed the chassis to be shortened, although the proportions of this car are still truly impressive. The engine sits behind the two seat cabin, with a tiny boot available behind that. The styling is heavily influenced by the need to cool the highly tuned engine and also to provide sufficient downforce to keep the car steady at the 217mph top speed.

To say this is a very very special Jaguar is somewhat of an understatement, we are told by the vendor that chassis no 220693 was built by TWR Jaguar in Oxford in 1991 before being despatched to Brunei having being ordered by the Royal family. The car covered very little mileage in intervening years and was repatriated back to the UK in September of 2002. According to records at its first MOT in the UK in July of 2002 it had a mileage reading of 1412 and as befitting a car of this nature the car then became the property of flamboyant champagne dealer before becoming the property of our vendor.

There’s no doubt about it, this car is as visual as it is all about power, it may be 20 years old, but this Jaguar looks like it’s ready to take on a McLaren P1! Having owned this car for a long period of time the vendor informs us that the driving experience of this car can only be described as totally addictive if you are a petrol head. Turn the ignition key, hit the starter button and behind your head the Group C derived V6 bursts aggressively into life, harsh metallic whips of sound lash wildly from the engine bay, it’s a noise straight from the Le Mans pit lane. Once up to speed it becomes addictive to lift off the accelerator and listen to the frenetic mixture of turbo waste gate chatter. Continuing to feed power through the gearbox only results in more drama as it reaches the limits of its abilities before the brace of mighty turbochargers reach full compression and the seductive noise dissipates into an aeronautical gale of vast quantities of air being manipulated both around the high-downforce body and through the engine.

Make no mistake this car has the looks to match, the Jaguar metallic green paintwork is absolutely stunning from any angle thanks to the fact that this particular XJ220 was the subject of a hugely expensive glass out repaint in 2007 as its former years in Brunei had done nothing for this cats external coat. It was also decided at the same time an internal retrim was in order; the nett result is a car that looks better than the day it left the TWR factory.

The milometer currently shows a speedo reading of just under 6000 miles and is supported by MOT certificates dating back to 2002. We are reliably informed that JAZ 220 has had work done by probably the UKs leading authority on XJ220s namely Don Law based of Staffordshire. Other than trips to the MOT station this car has had little use over recent years and now feels it is time to pass the enjoyment of owning this incredible machine onto somebody else who will maintain and cherish it in a similar way.

Sold with a current MOT until the 19th of August 2015 and taxed until February 2015, this 6,000 mile right hand drive car has its original factory hand pack and supporting documents. Only 281 of these Jaguar icons were ever built and contrast with todays standards of automotive restraint and green manufacturing; which makes all the more sense to buy one whilst you still can.

ジャガーXJ220の背後にある物語は感動的です。教授ジム·ランドール、ジャガーのエンジニアリング部門の長は、1980年代にクリスマス休暇にしながらいくつかのアイデアをスケッチすることでボールが転がり始めた。 V12、4WD、滑りやすいボディアース効果を持つ – それは、ファンタジーのようなものだった。一緒にジャガーはアイデアによって純粋に興奮し始め、公式の計画が入れされるまで、彼らはコンセプトをおもちゃジャガーで「土曜日クラブ」(彼らは非公式のペットのプロジェクトで作業するために時間外や週末で会ったのでそう呼ばれる)で同僚と最速のこれまで道路の車であることだったものを構築するための場所。

1988年のバーミンガムモーターショーは、すべての4つの車輪に、その出力を提供するV12、燃料注入された、48バルブ530BHPエンジンを搭載し、デザインとパワーコンセプトの除幕式を見ました。この車の割合はまだ本当に印象的ですが、最終的には、V6の使用は、シャーシを短縮することができました。エンジンは、その背後にある利用可能な小さなブーツで、2つの座席キャビンの後ろに座っている。スタイリングは重く高度にチューニングエンジンを冷却するため、また、毎時217マイルトップスピードで安定した車を維持するのに十分なダウンフォースを提供する必要性に影響されます。

これは非常に非常に特別なジャガーであると言うためには、やや控えめの、我々は全く220693はロイヤルファミリーが発注されたブルネイに発送される前に、1991年にオックスフォードにTWRジャガーによって建設されなかったシャーシベンダーによって言われている。車は、介在年間に非常に少ない走行距離をカバーし、それが1412の走行距離の読み取りを持っていたし、この種のクルマにふさわしいとして2002年7月に英国で初のMOTでの記録によると、2002年9月に英国に戻って送還された車はその後私たちのベンダーの財産になる前に華やかなシャンパンディーラーの財産となった。

それについては疑いがあると、この車は、それが20年古い可能性があり、それはすべての電源についてですほどの視覚的であるが、それはマクラーレンP1に取る準備ができているようこのジャガーに見えます!長時間のこの車を所有していたが、ベンダーはあなたがガソリンヘッドの場合は、この車の運転経験が唯一の完全に習慣性として記述することができることを私たちに通知します。イグニッションキーを回し、スターターボタンを押すと、あなたの頭の後ろにグループCはV6が積極的に生活にバースト派生、乱暴にエンジンベイからの音ラッシュの厳しい金属鞭、それはルマンのピットレーンからストレートノイズだ。速度まで一度アクセルをオフに持ち上げ、ターボウエストゲートチャタリングの熱狂的な混合物を聞くために中毒性になります。それがその能力の限界に達すると強大なターボチャージャーのブレースがフル圧縮に到達し、魅惑的なノイズが両方高の周りに操作される空気の膨大な量の航空強風に放散する前にギアボックスを介して電力を供給するために続けるとだけ多くのドラマになるダウンフォース本体とエンジンを通じて。

ブルネイその前の年はDONEを持っていたように、この特定のXJ220が出て非常に高価なガラスの主題であったという事実のおかげで、2007年に再描画どの角度からこの車が一致するようにルックスを持って、ジャガーの金属製の緑色の塗装は絶対に素晴らしいです間違いなくこの猫の外部コートには何もありません。また、内部再度トリミングが順であったと同時に決定されました。正味の結果は、TWRの工場を出た日よりも良く見える車です。

milometerは現在すぐ下に6000マイルのスピードメーターの読みを示し、2002年にさかのぼるMOTの証明書によって我々は確実にJAZ 220はスタッフォードシャーのベースXJ220sすなわちドン·ロー上の権限をリードする、おそらくUKSによって行われた仕事があったことを知らされているサポートされています。 MOT駅への旅行以外に、この車は近年ほとんど使用を持っていたし、今では同じような方法でそれを維持し、大切にします他の誰かにこの信じられないほどのマシンを所有する楽しさを渡すための時間であると感じています。

2015年2月まで、2015年8月19日まで、現在のMOTで販売され、課税、この6000マイル右ハンドル車の車は工場出荷時のハンドパック及びその支持文書を持っています。これらのみジャガー·アイコンの281は、これまでに構築され、自動車の拘束と緑の製造の今日の標準とは対照した。これはあなたがまだすることができながら、いずれかを購入するためのすべてのより多くの意味があります。

http://www.silverstoneauctions.com/1994-jaguar-xj220

関連記事

1956 JAGUAR XK-140 3.4 MC ROADSTER 2127万円

車両価格:$175,000   --Red with Black le

記事を読む

1964 Jaguar E-Type Series 1 1683万円

Sold for (£): 91,125 Many words have been w

記事を読む

1965 Jaguar XKE Fixed Head Coupe 4.2 1037万円

車両価格:$84,500   1965 Jaguar XKE Fixe

記事を読む

ジャガーXJS Tom Walkinshaw Racing 449万円

TWRから有名なジャガーXJSに触発ジャガーXJSトム·ウォーキンショー·レーシングクローン

記事を読む

1972 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster 831万円

Sold for (£): 45,000 A true icon of the 20t

記事を読む

1971 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster 1115万円

Sold for (£): 60,375 2011 marked the 50th b

記事を読む

1991 Jaguar XJ220  5377万円(SOLD)

登録:JAZ 220シャーシ番号:SAJJEAEX7AX220693 エンジン番号:

記事を読む

Jaguar E lightweight FIA, 1964 ¥ASK

車両価格:ASK この車に付属している情報によると、それは、それが地域のイベントで広範

記事を読む

1967 Jaguar E-Type 2-Door Convertible 1906万円

車両価格:$159,900 Vehicle Description 1967 Ja

記事を読む

1988 Jaguar XJR-9 2億5998万円(SOLD)

Sold for $2,145,000 EST(東部基準時。 670馬力、ボッシ

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク