*

PR

1963 Aston Martin Lagonda Rapide 1773万円

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 アストンマーチン ,

1963 Aston Martin Lagonda Rapide

<スポンサーリンク>

Sold for (£): 96,000

Aston Martin revived the dormant Lagonda name in 1961 with the luxurious Rapide four-door saloon – a car that was very much David Brown’s personal project. The Rapide’s sale brochure, which unusually was signed by him personally, stated “It has long been my ambition to build a car which would equally be suitable to drive or be driven in…”
Beneath the Superleggera aluminium coachwork by Touring of Milan was a lengthened DB4 chassis reconfigured to accept De Dion rear suspension, the adoption of which allowed rear compartment space to be maximised.

Powered by a 4.0 litre 236bhp version of the DB4’s twin-cam six that would later power the DB5, the Rapide certainly lived up to its name with brisk acceleration and a 130+mph top speed. Dual circuit, servo assisted disc brakes restrained the performance, while interior fittings included electric windows, picnic tables to the rear, filler cap remote opening a radio as standard and an electric aerial.
Just 55 units were produced almost all of which were equipped with Borg Warner three speed automatic transmission. Production ceased in 1964.

A copy of the build sheet for LR/125/R shows that it was supplied through Francis Motors to the first owner, Doctor Hugh Davies of London WC2. The only mediation from standard by the factory was the deletion of picnic tables for the back of the front seats, presumably to increase leg room in the rear.

The car then changed owners becoming the property of Dalton Peanuts in London before moving to Scotland under the ownership of the Reid family where it was passed from Arthur Reid to Alan Reid.

From Scotland it moved to Wales and its new owner was a Creighton Griffiths in Cardiff in 1968 who owned the car until 1974 when it passed to Mr Harry Brook in Hertfordshire.
The Lagonda Rapide remained within the Brook family from 1974 to 2011 passing from Harry to his son Peter. The car was taken off the road in 1986 and was barn stored until 2011, when it was sold to our vendor.

Since acquiring the car many hours and considerable monies have been spent with marque specialist, Chicane Classics, to ensure the smooth and reliable running of the engine and mechanicals. This included the fitment of twin SU carburettors in place of the less efficient and unreliable Solex carburettors, the result as you might expect from the 4 litre twin cam 6-cylinder engine is a purposeful power delivery propelling the car to speed and shifting accurately through the gears. Much to this cataloguers delight, it also stops as readily too!

To the interior you will find professionally retrimmed seats front and rear which have been completed tastefully and to a high standard in Black leather befitting the car. The wood is in good order, but in our opinion, the carpets should be replaced and the modern stereo unit exchanged for something more of the period. The front electric windows work perfectly, but the rear windows do not.

To the exterior the Superleggera body shows a handsome patina of age but is in all-round good order. The ‘patina’ on the paint however would need rectification if it was a show winner you sought. As it is, we would be proud to own and use this car without attending to the Caribbean Blue Pearl paintwork despite some flat spots and light bubbling.

Supplied with original buff log book, a copy of factory build sheet, previous history and recommissioning invoices from Chicane Classics, this handsome Gentleman’s Express – essentially a long wheelbase DB4 – can be enjoyed as is or improved as you own. Either way, a must-have collector car admired for its bravery in period, but rewarded for its rarity today.

非常に多くのデビッド·ブラウンの個人的なプロジェクトだった車 – アストンマーティンは、豪華なRAPIDE 4ドアサルーンで1961年に休眠Lagonda名を復活させた。異常に個人的に彼によって署名されたRAPIDEの販売のパンフレットには、「それは長い均等に駆動するのに適切であるかに駆動することが車を構築するための私の野望されている…」の言い方
ミラノのツーリングによるスーパーレジェアルミcoachworkの下にはデ·ディオンリアサスペンションを受け入れるように再構成長くDB4シャーシ、リアコンパートメントスペースを最大化することを許可されるの採用だった。

後でDB5に電力を供給するだろうDB4のツインカム6の4.0リットルの236bhp版を搭載、RAPIDEは確かに活発な加速と130 + mphのトップのスピードでその名に住んでいた。インテリア継手は背面に、電気の窓、ピクニックテーブルが含まれていながら、デュアル回路、サーボ補助ディスクブレーキは、パフォーマンスを拘束し、リモート標準、電気空中としてラジオを開くフィラーキャップ。
わずか55単位は、ほとんどすべてのボルグワーナー3速オートマチックトランスミッションが装備されていたそのうちのを作製した。生産は1964年に停止した。

LR / 125 / Rのビルドシートのコピーは、それが最初の所有者、ロンドンWC2の博士ヒュー·デイビーズにフランシス·モーターズを通じて供給されたことを示している。工場によって標準からのみ調停は、おそらく、後方のレッグルームを高めるために、フロントシートの背面のためのピクニックテーブルの削除だった。

車はその後、それがアラン·リードにアーサー·リードから渡されたリード家の所有権の下スコットランドに移動する前に、ロンドンのダルトンピーナッツの財産になって所有者を変更しました。

スコットランドからは、ウェールズに移動し、その新しい所有者は、ハートフォードシャー州の氏ハリーブルックに渡された1974年まで、車を所有していた1968年にカーディフでクレイトングリフィスた。
ラゴンダ·ラパイドは息子のピーターにハリーから渡す1974年から2011年ブルックファミリー内残った。車は1986年に道をオフに撮影されたと納屋は、それが私たちのベンダーに売却された2011年まで保存した。

車を取得しているため、多くの時間と相当の金銭は、エンジンとのmechanicalsの円滑かつ確実な実行を確保するためのmarque専門家、シケインクラシック、一緒に過ごしてきた。これはあまり効率的で信頼性の低いソレックスキャブレターの代わりにツインSUキャブレターの装備を含め、あなたは4リットルツインカム6気筒エンジンから期待するかもしれないように結果が意図的な電力供給速度に車を推進し、を通して正確にシフトしつつあるギア。この目録に多くは喜び、それはまた、あまりにとして容易に停止します!

内部には上品に、車にふさわしいブラックレザーの中でもハイスタンダードに完了している専門的にretrimmed前部座席と後部があります。木材は良い順にありますが、我々の意見では、カーペットを交換する必要があり、近代的なステレオユニットは期間のより何かのために交換した。フロント電動窓は完璧に動作しますが、リアウィンドウにはありません。

外部にスーパーレジェ本体は、年齢のハンサムな緑青を示すが、オールラウンド良いためである。それはあなたが求めショーの勝者であった場合、塗料に「緑青」はしかし整流が必要になります。それは、我々はいくつかのフラットスポットと光泡立ちもかかわらず、カリブ海ブルーパール塗装面に出席せずにこの車を所有し、使用して誇りに思うだろう。

オリジナルバフログブックが付属し、シケインクラシックス、このハンサムな紳士のExpressから工場ビルドシート、以前の歴史とコミッショニングの請求書のコピー – 基本的にロングホイールベースDB4は – であるとして楽しむか、あなたが所有向上させることができる。どちらにしても、コレクターカーが期間中にその勇気のために賞賛するが、その希少性今日報わ-持っている必要があります。

http://www.silverstoneauctions.com/1963-aston-martin-lagonda-rapide

 

1906年、ウィルバー・ガン(Wilbur Gunn)によって起業され、1907年から自動車の生産を始めたラゴンダ(Lagonda)は、ロンドン – エディンバラやモスクワ – サンクトペテルブルクの公道レースをはじめ、ベントレー、アルファ・ロメオ、ブガッティなどの強豪に伍し、ル・マン24時間レースでの優勝経験も持つ、レーシングカー直系の高級スポーツカーを得意とするメーカーであった。しかし経営は常に不安定で、M45Rラパイドでル・マン優勝を果たした1935年にはアラン・グッド(Alan Good )に買収された。

第二次世界大戦後、自動車業界が大衆車の大量生産を中心としたビジネスに切り替わると、ラゴンダはその波に乗れず経営破綻に陥った。

1948年にラゴンダを買収したのが、ギアとギアボックス、農業用トラクターなどの製造会社のオーナーであったデビッド・ブラウン(David Brown)であった。彼はこの前年、4連覇を含むル・マン5勝の栄誉に輝きながら、やはり経営状態が悪く、似た境遇にあったアストンマーチンも買収している。

ブラウンの経営の元でアストンマーチン傘下となったラゴンダは、顧客層の近いアストンマーチンとの棲み分けのため、4ドア車専用のブランドとなった。そのラゴンダ復活の試金石となったのが、ラゴンダ・ラパイドである。ラパイドは、ル・マン優勝車である「M45R ラパイド」にちなんだ車名を譲り受け、1961年から1964年にかけて生産が行なわれた。そのメカニズムやコーチワークはアストンマーチン・DB4を基にしている。

スタイルは、ゆったりとしたアンダーボディーと小ぶりなキャビンを組み合わせた伸びやかなプロポーションであり、控えめのテールフィン、フェラーリ・330GT 2+2のチャイニーズ・アイにも似た異径の4灯式ヘッドランプ、フォード・エドセルにも似た、長円形(Horse collar:ホース カラー=馬車馬の首輪と呼ばれる)のラジエーターグリル、その左右に配されたアルファロメオ・1900スプリントやジュリエッタのようなひげ状のサブグリルなど、その時代までの流行が散りばめられていた。しかしラパイド独自の新しい提案はなく、評価は芳しいものではなかった。

ただし、車体はアストンマーチンのセールスポイントともなっていた、スーパーレジェッラ(Superleggera)工法で造られており、内装もイギリス製高級車の文法どおり革がふんだんに使われ、ウォールナットのダッシュボードとピクニックテーブルを備えるなど、贅が尽くされている。

ラパイドには新設計のアルミ製、直列6気筒、DOHCの4.0Lエンジンが用意され、それは、その後DB5にも流用された。ブレーキ配管は完全な二重系で、サーボ付きのディスクブレーキを備えていた。目新しいところでは、リアサスペンションに採用された、車軸懸架ながらデフをばね上架装とした、ド・ディオンアクスルがあり、これもDBSまで使われることになる。親会社のデビッド・ブラウン製4速MTも用意されたが、車の性格とユーザーの嗜好を反映し、完成車のほとんどが4速ATで出荷されている。

生産は受注に基づいて行われ、価格が4950ポンドと非常に高価であったこともあり、総生産台数は僅か55台に留まるが、そのうち48台の現存が確認されている。

新生ラゴンダブランドの復活は4年間と短命に終わったが、その名は1974年に発表されたアストンマーチン・ラゴンダに継承された。ラパイドの名はDB9の4ドア版コンセプトモデルとして2006年に復活を遂げ、その後アストンマーチン・ラピードとして2010年より生産されている。

 

関連記事

Aston Martin DB4, 1960. ¥ASK

車両価格:ASK This is a RHD version that was sol

記事を読む

V8 VANTAGE V550 TWIN SUPERCHARGED 3640万円

車両価格:$299,500   --Cleveland Red wit

記事を読む

1987 Aston Martin V8 Vantage Zagato – 1 of 50 produced ¥ASK

車両価格:ASK 1980年代後半のスーパーカーバトルにアストンマーティンの応答は、フ

記事を読む

1965 Aston Martin DB5 Coupe 2億5905万円(SOLD)

Sold for $2,090,000 One of the Four James B

記事を読む

1955 Aston Martin DB2/4 LHD Drophead 6738万円

車両価格:$565,000 この1955アストンマーチンDB2 / 4 LHD Dro

記事を読む

ASTON MARTIN VANTAGE V12 GT3/SUPER GT ¥ASK

車両価格:ASK Description: OFFER FOR SALE - AST

記事を読む

2006 Aston Martin DBRS9 2066万円(SOLD)

Sold for $170,500 600馬力、5935 ccのDOHCアルミV

記事を読む

1962 Aston Martin DB4 GT “Zagato” 3億3431万円(SOLD)

Sold for $2,695,000 305bhp at 6000 rpm, 3,679

記事を読む

1970 Aston Martin DBS V8 6.0-Litre Competition Saloon 1167万円(SOLD)

Sold for £68,700 元ロビン・ハミルトン/マーシュプラント 1970ア

記事を読む

ASTON MARTIN V8 Vantage ¥SOLD

車両価格:SOLD Aston Martin was created in 1913, u

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク