*

PR

1950 Healey Silverstone 3930万円

公開日: : 最終更新日:2015/03/03 未分類 ,

1950 Healey Silverstone

<スポンサーリンク>

Sold for (£): 212,750

The Donald Healey Motor company completed its first car in 1945, going into full-time production the following year. The firm’s first offering was a 2.4-litre Riley-powered sports saloon with welded-up chassis and Healey’s own trailing arm independent front suspension.

For the clubman racer there was the dual purpose ‘Silverstone’, a model equally at home on road or track. Designed by Len Hodges, the lightweight two-seater body was crafted in aluminum, while the car’s purposeful look was enhanced by cycle wings and closely spaced headlamps mounted behind the radiator grill. Another unusual feature was the spare wheel protruding from its compartment in the tail, thus doubling as a bumper. “The Motor”, when it announced and featured the model in July 1949, described the Silverstone as a light ‘competition type’ two seater to sell at the basic price of £975.

Observing a weight of only 18.5cwt, the new Healey offered improved performance for competition work, yet remained entirely suitable for normal road use. Getting the price down to less than £1,000 had been an important consideration in the Silverstone’s development, as that was the level at which the swinging 66% Purchase Tax would be levied.
The Silverstone was soon making a name for itself in rallying and circuit racing. With Donald himself, together with co-driver Ian Appleyard, securing a second in class and second overall in the 1949 Alpine Rally, they were the highest placed British car. Other noteworthy international successes included Peter Riley and Bill Lamb’s class win in the 1951 Liège-Rome-Liège Rally, Peter Simpson’s 6th place overall in the 1951 Isle of Man Manx Cup Races and Edgar Wadsworth and Cyril Corbishley’s victory in the 1951 Coupe des Alpes.
Many future stars gained their first track experience in the Silverstone, most notably Tony Brooks.

There were two generations of Silverstone’s, designated ‘D-Types’ and ‘E-Types’, in addition to two prototype “X” models. The D-Type had a front anti-roll bar and stiffer springs and retained the Riley power plant and rear axle. An improved E-Type, with a wider body and more comfortable cockpit, was introduced in 1950.

“LRR 267” is chassis number ‘E66′ and first registered on the 12th July 1950 to Fredrick Gordon Stewart Sims. It is an outstanding example of the rare E Type series. Over the past two years it has been subject to a complete nut and bolt restoration after lying dormant in a garage for 30 years. A photographic trail of the restoration accompanies the history file of the car, which includes the original buff logbook.

John Godley of “Classique Car Conduits” has researched “LRR 267” and produced a 30-page document that will accompany the car at the Sale. Notable findings include the second owner, as shown on the buff logbook, a Mr Joseph Cecil Winby. He was employed by Brico Pistons, a friend of the Healey family, and he went on to own and campaign it competitively for two years from 1955. Pictures show him at various “MMEC” races. Winby went on to become a respected racing driver and finished second in the Milli Miglia when partnering Tommy Wisdom.

The restoration was carried out during the last 2 years by Hennessy Motorsport LTD and completed to an exceptional standard. It has been prepared to racing specification with twin brake master cylinders and remote bias adjustment. The engine is fitted with high compression pistons and the block has been re-bored. A lightened, balanced and reground crank installed while the head has been ported, polished and flow tested. The cams were re-profiled by Newman cams, new valves and hardened valve seats cut with three angle seats for better flow.

No expense has been spared in preparing the bodywork, as the professional finish shows. The original body was soda blasted back to bare alloy ~ any cracks re-welded and racing dents removed. The bonnet ( as in period) is similar to the original Le Mans Silverstone and is chopped down to allow for quick and easy access. Painted in Aston Martin Grey the finish is truly stunning.

The Healey Silverstone has an excellent power to weight ratio offering fantastic performance from a car which was a pace setter in 1950 offering exhilarating performance to the most discerning enthusiast in excess of 100 mph well within the stride of this iconic 1950 sports car.
A car with wonderful road presence, it is also very rare, with just 105 cars ever built ~ this car now offers blue chip investment potential, year on year these fabulous cars continue to appreciate.

 

ドナルド·ヒーリー·モーター会社は翌年、フルタイムの制作に入る、1945年にその最初の車を完了した。同社の最初の製品は溶接されたアップシャーシとヒーリー自身のトレーリングアームの独立したフロントサスペンション付き2.4リッターライリーのパワーで動くスポーツサルーンだった。

クラブマンレーサーのために二重の目的「シルバーストーン」、道路やトラックに自宅で同じようにモデルがありました。車の意図的な外観は、サイクルの翼とラジエータグリルの後ろに取り付けられた狭い間隔のヘッドランプにより増強されたながら、レン·ホッジスによって設計され、軽量の2シーターボディは、アルミで作られた。もう一つの珍しい機能は、このようにバンパーを兼ね、尾部にそのコンパートメントから突出したスペアタイヤだった。それが発表され、1949年7月にモデルを特色に「モータ」は、光「競争タイプ ‘£975の基本的な価格で販売する2人乗りなどのシルバーストーンを説明した。

のみ18.5cwtの重量を観察すると、新しいヒーリーは、競争の仕事のための改良されたパフォーマンスを提供し、まだ通常の道路の使用のために完全に適して残った。それはスイング66%取得税が課税されるであろうレベルであったよう未満£1,000まで価格を取得する、シルバーストーンの発展における重要な検討されていた。シルバーストーンはすぐにラリーやサーキット走行に自分自身の名前を作っていた。ドナルド彼自身では、一緒にコ·ドライバーのイアン·アップルヤードと、1949アルパインラリーでクラスと総合2で第二の確保、彼らは最高に置か英国の車だった。その他の注目すべき国際的な成功は1951人マンクスカップレースとエドガーワズワースの島と1951クーペデザルプでシリルCorbishleyの勝利で全体のピーター·シンプソンの6位1951リエージュ·ローマ·リエージュラリー、ピーター·ライリーとビル·ラムのクラスの勝利が含まれていた。多くの未来の星は、最も顕著なのシルバーストーンでの最初のトラックの経験、トニー·ブルックスを得た。

2プロトタイプ “X”のモデルに加えて、「D-TYPES」と「E-TYPES」指​​定されたシルバーストーンの2つの世代が、ありました。 Dタイプは、フロントアンチロールバーとより堅いバネを持っていたし、ライリーの発電所と後車軸を保持した。広いボディとより快適なコックピットを有する改良E-Typeは、1950年に導入されました。

「LRR 267は「車台番号「E66」と最初のフレドリック·ゴードンスチュワート·シムズに1950年7月12日に登録されている。これはまれなE型シリーズの顕著な例である。過去2年間で、それは30年前からガレージに休眠横たわっ後に完了ナットとボルトの復元の対象となっている。回復の写真のトレイルは、オリジナルバフログブックを含む車の履歴ファイルを伴う。

「クラシックカーコンデュイット」のジョン·ゴッドリーは「LRR 267」を研究し、セールで車を同行する30ページの文書を生産している。バフログブック、氏はジョセフセシルWinbyに示すように、注目すべき所見は、第二の所有者が含まれています。彼はブリコピストンズ、ヒーリーファミリーの友人で採用され、彼は様々な “MMEC」のレースで彼を示して1955年の写真から2年間、競争的にそれを所有し、キャンペーンに行きましたした。 Winbyは尊重レーシングドライバーになるために行ったとトミーの知恵を提携時のMilliミッレミリアで二番目に終わった。

復元は例外的な標準にヘネシー·モータースポーツ株式会社によって最後の2年間に実施し、完成させた。これはツインブレーキマスターシリンダーとリモートバイアス調整でレース仕様に用意されている。エンジンが高圧縮ピストンが装着され、ブロックが再退屈されている。頭がテスト研磨し流れ、移植されていながら、設置、明るくされたバランスのとれた再研削クランク。カムは、より良い流れのための3つの角の席で切断ニューマンカム、新しいバルブと硬化バルブシートによって再プロファイルした。

いいえ費用は、プロの仕上がりが示すように、車体の製造に惜しまれていない。オリジナルの本体はソーダあらゆる亀裂再溶接し、レースのへこみが削除〜合金を露出するために戻ってブラストした。 (期間のように)ボンネットは、オリジナルのルマンシルバーストーンに類似しており、迅速かつ簡単にアクセス可能にするためにダウンしてみじん切りされています。アストンマーチングレーで塗装仕上げは、本当に素晴らしいです。

ヒーリーシルバーストーンはよく、この象徴的な1950スポーツカーのストライド内で毎時100マイルを超える最も目の肥えた愛好家にパフォーマンスを爽快な1950オファリングでペースセッターだった車から素晴らしいパフォーマンスを提供対重量比の優れた力を持っている。
素晴らしい道路の存在感のある車、ちょうど105の車が今までに作られたとそれは、また、非常に稀である〜この車は今これらの素晴らしい車は感謝し続け、前年同期比で優良投資の可能性を提供しています。

http://www.silverstoneauctions.com/1950-healey-silverstone-

 

関連記事

1960 Watson Indianapolis Roadster 6947万円(SOLD)

Sold for $577,500 255立方。燃料噴射、マイヤー・ドレイク逆、

記事を読む

MG LLoyd Supercharged 384万円

車両価格:€28,500 Modèle unique de LLoyd Speci

記事を読む

【ebay】Van Diemen RF-01 672万円

車両価格:$55,000 Ex USF-2000 car, formerly preppe

記事を読む

1974 March 742 Formula Atlantic/F2 802万円

車両価格:$67,500 歴史 1974月の工場出荷時のシャーシレコードがTrive

記事を読む

SEAT Leon MKII LONG RUN 388万円

  車両価格:€33,000   良好な状態でSEAT

記事を読む

Talbot Lago Record T 26 ’49 3248万円

車両価格:€250,000 タルボットラーゴ - レコードタイプT26が会社の長引く金

記事を読む

NOMAD Mk1a 1967 2335万円

車両価格:£125,000   Description: NOMA

記事を読む

1953 Talbot – Lago T 26 ‘Grand Sport’ ¥ASK

車両価格:ASK 初期の戦後4.5リットルタルボットラゴT26c「Monoplace」

記事を読む

Reynard 92d Formula 3000 942万円

    車両価格:£63,000 1973年に成功した

記事を読む

1984 Swift DB2 – Prototype 457万円

車両価格:$38,500 歴史 これは文書化され、第一は、これまでに構築されたD

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク