*

PR

2008 Lamborghini Reventon 1億4359万円

2008 Lamborghini Reventon

<スポンサーリンク>

現在価格:$1,200,000

The essence of the marque: just 20 examples of a design masterpiece

And this is example 3 of 20 !!!!

Clearly a Lamborghini, but nothing quite like it. A super car without equals: the Lamborghini Reventon is a road vehicle with an extreme specification and, at the same time, a limited edition masterpiece a coherent style, angular with sharp lines, inspired by the very latest aeronautics.

With just 20 produced, each 1 Million Euro (without taxes) Lamborghini Reventon

is a symbol of extreme exclusivity, yet still offering the extraordinary performance that makes the Reventon so unrivalled: under the completely autonomous design, the Reventon possesses the entire technical and dynamic competence of the twelve cylinder Lamborghini.

Lamborghini prides itself on being the extraordinary manufacturer of extreme super sports cars without compromise. Sensuality and provocation characterize every Lamborghini, with an aggressively innovative style. However, the Reventon is the most extreme of all, a true automotive superlative. Our designers at the Lamborghini Style Centre took the technical base of the Murcielago LP640 and compressed and intensified its DNA, its genetic code, affirms Stephan Winkelmann, President and CEO of Automobile Lamborghini S.p.A.

Born in SantAgata Bolognese

The Lamborghini Reventon has been entirely designed in SantAgata Bolognese, the original birthplace of the Lamborghini and the native home of every super car born under the sign of the bull. The design drawn up in Lamborghini’s Centro Stile (Style Centre) is fine-tuned in close collaboration with the Lamborghini Research and Development Department. Thus, the Reventon is not only haute couture but it also stands out for its elevated dynamism whilst being entirely suitable for every day use.

The Lamborghini Reventon is not destined to remain a one-off. A total of 20 Lamborghini friends and collectors will be able to own this extraordinary car and, naturally, enjoy the incomparable pleasure of driving it.

The name Reventon has been chosen according to Lamborghini tradition. Reventon was a fighting bull, owned by the Don Rodriguez family. It is included in the list of the most famous bulls ever and is known for killing the famed bullfighter Felix Guzman in 1943.

Inspired by the fastest airplanes

The present day Lamborghini models are distinguished by the clear language of their shape. The coherent proportions of the Murcielago and Gallardo highlight their power and dynamism. Sharp edges, precise lines and clean surfaces: these are ingredients of a style reduced to the essential. Each element is created exactly according to its function; ornaments and decorations are totally foreign to a Lamborghini.

With the Reventon the Centro Stile designers have coherently developed this philosophy, inspired by another sphere where speed and dynamism reign absolute: modern aeronautics, responsible for the fastest and most agile airplanes in the world. This has created an extremely precise, technically striking style with a new vitality: interrupted lines and contorted surfaces create a fascinating play of light, giving the car incredible movement.

Made of carbon fibre and precision

Although it is based on the extraordinarily successful Murcielago LP640, the exterior design of the Reventon is completely new. Just like the base model, the exterior is made of CFC, a composite carbon fibre material, which is as stable as it is light. The exterior components are glued and fixed to the body comprised of CFC and steel.

The front is characterized by the acute angle of the central arrow and by the powerful forward-facing air intakes. Although they do not supply air directly to the turbine like an airplane, bearing in mind the 650 hp, an abundant volume of air is necessary to cool the carbon brake disks and the six cylinder callipers.

Characterized by coherent functions

Naturally, both doors on the Reventon open upwards since the legendary Countach this has also been a symbol of the V12 Lamborghini product line. With their asymmetric configuration, the large air intakes below the doors provide an example of the extreme coherence with which a Lamborghini fulfils its function: on the driver’s side it is large to increase the flow of oil to the radiator. On the passengers side of the vehicle, the air intake is flat because in this case, it only has to ensure the flow below the floor. The aerodynamically optimized flat floor structure terminates at the rear with a diffuser featuring an accentuated shape. This guarantees excellent road grip and stability even at 340 km per hour.

In spite of the extreme and innovative language of its shape, the Reventon not only maintains all the strong features of the Murcielago LP640, but also offers further amelioration in terms of aerodynamics, the important engine cooling system, the air intake system and brakes. The airflow and the section of the variable geometry air intakes of the engine and the rear spoiler (also adjustable) have been modified.

Owners of the 20 examples will be able to test the performance of his or her Lamborghini in person.

Perfected to the ultimate detail

The engine hood made of glass laminate with open ventilation slits offers a glimpse of the beating heart of the twelve cylinders of the super car. The glass also features the marked arrow angle that characterizes the design from the front to the rear spoiler. The Lamborghini designers love for detail is beautifully illustrated by the fuel tank lid: a small mechanical work of art, achieved by milling a solid aluminium block.

The combination lights transform the incisiveness of the design into light: the front features the most modern light-emitting diodes alongside Bi-Xenon headlights. Seven LEDs ensure continuous daylight while there are a further nine diodes for the indicator and hazard lights. Another technical innovation is found in the rear light LEDs. Because of the high temperature in the rear low part of the car, special heatproof LEDs are used for the indicator and hazard lights, stoplights and rear lights with a triple arrow optical effect.

A new body colour

Naturally, such a refined language of shape also demands an extraordinary colour. For the 20 examples of the Reventon, the designers from SantAgata Bolognese have created a totally new hue: Reventon, a mid opaque green/grey without the usual shine. However, thanks to the metallic particles, in the daylight this colour tone features surprising depth.

Opaque and brilliant colours for the wheel rims

This play of opaque and lustre is also featured on the wheel rims, especially created for the Reventon. Opaque carbon fins are screwed onto the black aluminium spokes, not only creating a visual effect with the precision of a surgeons scalpel, but a turbine effect also ensures optimum cooling for the powerful ceramic brake disks.

TFT display similar to an airplane

The same innovative force applied to the exterior design characterizes the cockpit of the Reventon. Designed and created using Alcantara, carbon, aluminium and leather that comply with the top quality standards, the interior is inspired by the next generation cockpits: just like in modern airplanes, the instruments comprise three TFT liquid crystal displays with innovative display modes. At the touch of a button, the driver can choose from two vehicle information display modes. The instruments are housed in a structure milled from a solid aluminium block, protected by a carbon fibre casing.

The G-Force-Meter is also completely new: this display shows the dynamic drive forces, longitudinal acceleration during acceleration and braking, as well as transversal acceleration around bends. These forces are represented by the movement of an indicator on a graduated 3D grid depending on the direction and intensity of the acceleration. A similar instrument can be found in the airplanes. Formula One teams also use a similar device to analyze dynamic forces.

Customizable instruments

The instrument on the left of the speedometer associates the number of revolutions in the form of a luminous column with the display of the selected gear. Finally, every Reventon is equipped with a robotizede.gear controlled by two small levers under the steering wheel.

By simply pressing a button, the driver can switch to the second, quasi-analogical display, where the classic circular instruments, speedometer and engine speed indicator are configured in an equally innovative way and transformed into luminous pilot lamps with varying colours. The G-Force-Meter naturally remains at the centre in this display mode.

Electronic system developed entirely by Lamborghini

All this is possible thanks to the fact that the entire electronic platform of the Reventon, together with all the control devices, has been autonomously developed by the Lamborghini experts.

The same process for integrating the electronic displays in the car was applied to the Lamborghini Engineering Department.

From the conception of the very first radical ideas, the entire Reventon has been developed in SantAgata Bolognese thanks to tight teams of remarkably creative experts. An extremely refined and efficient process was employed: CAD design and development, creation of the prototype in the Prototype Department, all carried out under the constant supervision of the Research and Development Departments technicians and testers.

Atelier of creativity and high efficiency

Inaugurated in 2004, the Centro Stile is dedicated to design and characterized by a high degree of efficiency: an atelier of creators, designers and prototype constructors, who encapsulate the Lamborghini culture and spirit by using their remarkable skills to create aesthetic innovation.

The Centro Stile is located in a 2,900 square two-storey building. The large pavilion houses two test floors and related production and analysis equipment, while other rooms are set aside for the most advanced computerized workstations for designers and a style-model construction workshop. The Centro Stile is also closely linked to the nearby Engineering Department: the direct line between the Lamborghini development departments guarantees that ideas rapidly become reality.

Creativity and production under the same roof

The Lamborghini Reventon is a practical illustration of the streamlined functionality and efficiency characterizing the Centro Stile: it took less than a year to progress from the first ideas to the finished car. The complete design process from the first sketches on paper, to three dimensional computer models with 1:10 or 1:4 scale, right up to the real size prototype is organized around streamlined, fast, efficient work groups. Thanks to the Centro Stile, for the first time in its history, Lamborghini is now able to create its own style philosophy in-house without having to rely on any external collaboration.

The 20 units will be manufactured in SantAgata, using a production process characterized by artisan perfection and rigorous quality standards.

A masterpiece with tested technology

The technology found in the Murcielago LP640 has not been modified. The engine in the LP640 forwards is the classic twelve-cylinder engine with 6.5 litre displacement. Only for this car, Lamborghini guarantees, an astounding 650 HP (478 kW) at 8,000 revolutions per minute (rpm). The huge torque, equal to maximum 660 Nm, ensures a powerful switch from any number of revolutions: even the slightest pressure on the accelerator is spontaneously transformed into thrust. The robotized e.gear changes gear faster than even the most expert driver. In addition, the permanent Viscous Traction four-wheel drive system ensures that every force is constantly translated into movement.

As in the original Murcielago LP640, the Reventon accelerates from 0 to 100 km/h in just 3.4 seconds, with a maximum speed over 340 km/h.

Born to become a legend

Since its foundation, Lamborghini has been a creator of trends in the world of sports cars and has always manufactured cars with an absolutely unmistakable character. Models such as the Miura or Countach, for example, were veritable forerunners and rapidly acquired the status of timeless classic cars. From the moment they are launched, every new Lamborghini promises to become a legend, destined to become a sought-after and precious possession.

With the Lamborghini Reventon, Lamborghini has done it again; it has created an unequalled super car; the perfect synthesis between the exclusivity and appeal of a limited edition design masterpiece, and the dynamism and drive-ability of a standard sports car. Thus, the Lamborghini legend is further enhanced by another, stylish future classic.
ブランドの本質:デザインの傑作のわずか20例

そして、これは例20の3です!!!!

明らかにランボルギーニが、非常にそれのような何もない。等しいなしのスーパーカー:ランボルギーニ·レヴェントンは非常に最新の航空学に触発され、極端な仕様と、同時に、シャープなラインとの角度の限定版の傑作コヒーレントスタイル、道路車両である。

わずか20生産、各1万ユーロ(税別)ランボルギーニ·レヴェントン付

極端な排他性の象徴である、まだ、まだReventonはとても無類なり臨時パフォーマンスを提供:完全に自律的なデザインの下で、Reventonは12気筒ランボルギーニの全体の技術とダイナミックな能力を有している。

ランボルギーニは、妥協することなく、極端なスーパースポーツカーの臨時メーカーであることに誇りを持っています。官能性と挑発は積極的に革新的なスタイルで、すべてのランボルギーニを特徴づける。しかし、Reventonは、すべての最も極端な、真の自動車の最上級です。ランボルギーニスタイルセンターで私たちの設計者は技術的ムルシエラゴLP640のベースと圧縮を取り、そのDNA、その遺伝子コードを強化し、ステファンWinkelmann、自動車ランボルギーニSpAの社長兼最高経営責任者(CEO)は断言する

SantAgataボローニャ生まれ。

ランボルギーニ·レヴェントンは完全にSantAgataボローニャ、ランボルギーニのオリジナルの発祥の地と牛の看板の下に生まれ、すべてのスーパーカーのネイティブの家に設計されています。ランボルギーニのセントロ踏み段(スタイルセンター)に策定デザインを微調整ランボルギーニ研究開発部との密接な協力関係にある。したがって、Reventonだけオートクチュールではありませんが、それはまた、毎日の使用のために完全に適している一方で、その上昇したダイナミズムのために際立っている。

ランボルギーニ·レヴェントンは一回限りのままに運命づけされていません。 20ランボルギーニの友人やコレクターの合計は、この特別な車を所有して、自然に、それを駆動する比類のない喜びを楽しむことができるようになります。

名前Reventonはランボルギーニの伝統に従って選ばれました。 Reventonはドンロドリゲス家族が所有して戦っ雄牛、だった。それは、これまでで最も有名な雄牛のリストに含まれており、1943年に有名な闘牛士フェリックスグスマンを殺すために知られている。

最速の飛行機に触発

今日のランボルギーニモデルは、その形状の明確な言語によって区別されます。ムルシエラゴとガヤルドのコヒーレント割合は、彼らの力とダイナミズムを強調表示します。シャープなエッジ、正確なラインと清浄な表面:これらは不可欠に減少スタイルの成分である。各要素は、その機能に応じて正確に作成されます。装飾品や装飾はランボルギーニに完全に外国人である。

世界で最も速く、最も機敏な飛行機の責任現代の航空学、:Reventonではセントロ踏み段の設計者は、コヒーレントにスピードとダイナミズムの治世絶対別の球に触発され、この哲学を開発した。これは新たな活力と非常に正確な、技術的に印象的なスタイルを作成しました:中断した線や歪んだ面が車信じられないほどの動きを与え、光の魅惑的なプレイを作成します。

炭素繊維および精密製

それは非常に成功したムルシエラゴLP640に基づいていますが、Reventonのエクステリアデザインは、完全に新しいです。ただベースモデルと同様に、外側がCFC、それが軽いほど安定である複合炭素繊維材料で作られている。外装部品は、CFC及び鋼からなる本体に接着固定されている。

前面は、中央の矢印の鋭角によって強力な前向きエアインテークによって特徴付けられる。彼らが念頭に置いて650馬力ベアリング、飛行機のようなタービンに直接空気を供給していないが、空気の豊富なボリュームは、カーボンブレーキディスクと6気筒キャリパーを冷却する必要がある。

コヒーレントな機能によって特徴づけられる

当然のことながら、Reventon上の両方のドアが、これもV12ランボルギーニ製品ラインの象徴とされていた伝説カウンタック以来上向きに開く。その非対称の構成によれば、ドア下に大きな空気取り入れ口は、ランボルギーニがその機能を果たすもので、極端なコヒーレンスの例を提供する:運転席側には、ラジエータへのオイルの流れを増加させるために大きい。この場合には、それだけ床下流れを確保する必要があるため、車両の搭乗者側では、吸気は平坦である。空気力学的に最適化されたフラットな床構造が強調さ形状をフィーチャーディフューザーとリアで終了する。これはさえ時速340キロで優れた道路グリップと安定性を保証する。

その形状の極端な革新的な言語にもかかわらず、ReventonはムルシエラゴLP640のすべての強力な機能を維持するだけでなく、空気力学の観点でさらなる改善を提供し、重要なエンジン冷却システム、吸気システムとブレーキ。気流とエンジンの可変ジオメトリのエアインテークとリアスポイラー(も調整可能)のセクションが変更されました。

20例の所有者は、人の彼または彼女のランボルギーニの性能をテストすることができます。

究極の細部に完成

開放換気スリットガラス積層製エンジンフードは、スーパーカーの12気筒の鼓動する心臓を垣間見ることができます。ガラスはまた、リアスポイラー、フロントからデザインを特徴づける顕著な矢印の角度を備えています。ランボルギーニの設計者は、詳細は大好き美しく燃料タンクリッドによって説明される:芸術の小さな機械的な仕事、固体アルミニウムブロックを粉砕することによって達成した。

コンビネーションライトは光にデザインのincisivenessを変革:フロントは、バイキセノンヘッドライトと並んで最も近代的な発光ダイオードを備えています。インジケータとハザードランプのためのさらなる9ダイオードが存在する間は七つのLEDが連続日光を確保する。もう一つの技術革新は、リア光LEDに含まれています。そのため、車の後部低い部分に高温のため、特殊な耐熱LEDはトリプル矢印光学効果を持つインジケータとハザードランプ、信号待ちと後部のライトに使用されます。

新しいボディカラー

当然のことながら、形状のような洗練された言語は、異常な色が求められています。 Reventon、通常の輝きのないミッド不透明グリーン/グレー:Reventonの20例については、SantAgataボロネーゼからデザイナーがまったく新しい色相を作成しました。しかし、金属粒子のおかげで、日光の下でこの色調は、驚くべき深さを備えています。

ホイールリムのための不透明な鮮やかな色

不透明と光沢のこの遊びは、特にReventonのために作成、ホイールリムに紹介されています。不透明なカーボンフィンだけでなく、外科医のメス精度で視覚効果を作成し、黒のアルミスポークにねじ込まれているが、タービン効果も強力なセラミックブレーキディスクのための最適な冷却を確実にします。

飛行機と同様のTFTディスプレイ

エクステリアデザインに適用される同じ革新的な力はReventonのコックピットを特徴付ける。デザインとインテリアが次世代コックピットに触発され、最高品質の基準を遵守アルカンタラ、カーボン、アルミニウムと革を使用して作成:ちょうど現代の飛行機のように、楽器は、革新的な表示モードを持つ3つのTFT液晶ディスプレイを備える。ボタンに触れるだけで、ドライバーは2車両情報表示モードから選択することができます。器具は、炭素繊維のケーシングによって保護された固体のアルミニウムブロックから粉砕した構造に収容されている。

Gフォースメーターも完全に新しいものです。この表示は動的な駆動力、加速とブレーキング時の前後加速度だけでなく、曲がりの周りの横方向加速度を示している。これらの力は、加速度の方向と強さに応じて目盛3Dグリッド上のインジケーターの動きによって表される。同じような楽器は飛行機で見つけることができます。フォーミュラワンチームはまた、動的な力を分析するために同様のデバイスを使用しています。

カスタマイズ可能な楽器

速度計の左側の機器は、選択された歯車の表示に発光列の形で回転数を関連付ける。最後に、すべてのReventonは、ステアリングホイールの下に2つの小さなレバーによって制御robotizede.gearが装備されている。

ボタンを押すだけで、運転者は第二、準類推表示に切り替えることができ、どこ古典的な円形の楽器、スピードメーター、エンジン速度インジケータも同様に革新的な方法で設定され、様々な色を持つ発光パイロットランプに変換されます。 Gフォースメーターは当然この表示モードでの中央に留まる。

ランボルギーニによって完全に開発された電子システム

このすべてが一緒にすべての制御装置とReventonの全電子プラットフォームは、自律的にランボルギーニの専門家によって開発されたという事実のおかげで可能である。

車の中で電子ディスプレイを統合するための同じプロセスがランボルギーニ工学部に適用した。

非常に最初の過激な思想の概念からは、全体ReventonはSantAgataボローニャに著しく創造的専門家の緊密なチームのおかげで開発された。非常に洗練された効率的なプロセスを採用した:CAD設計と開発、試作部門のプロトタイプの作成は、すべての研究開発部門の技術者やテスターの一定の監督の下で実施。

創造性と高効率のアトリエ

2004年に発足、セントロ踏み段を設計するために専用と効率性の高いことを特徴としている:美的革新を作成するために彼らの顕著なスキルを使用して、ランボルギーニの文化と精神をカプセルクリエイター、デザイナーやプロトタイプのコンストラクタのアトリエ。

セントロ踏み段は2900平方2階建ての建物に位置しています。大型パビリオンの家2テストの床と関連生産と分析機器、その他の客室は、デザイナーやスタイルモデル構築ワークショップのための最も先進的なコンピュータ化されたワークステーション用に確保されている間。セントロ踏み段にも密接に近くのエンジニアリング部門にリンクされている:アイデアが急速に現実のものとなるランボルギーニ開発部門を保証間の直接のライン。

同じ屋根の下で創造性と生産

ランボルギーニ·レヴェントンはセントロ踏み段を特徴づける合理化された機能性と効率性の実用的な例示である:それは、完成車に最初のアイデアから進行する年未満を取った。 1:10または1と3次元コンピュータモデルに紙の上で最初のスケッチからの完全な設計プロセス、:右の本当のサイズのプロトタイプまでの4スケールは、合理化された、高速で効率的な作業グループを中心に構成されています。セントロ踏み段のおかげで、その歴史の中で初めて、ランボルギーニは現在、任意の外部の協力に依存することなく、社内で独自のスタイルの哲学を作成することができる。

20単位は、当業者完璧と厳格な品質基準によって特徴付けられる製造プロセスを使用して、SantAgataに製造される。

テスト技術を持つ傑作

ムルシエラゴLP640で見つかった技術が変更されていません。 LP640を転送中にエンジンが6.5リットルの変位との古典的な12気筒エンジンである。この車、ランボルギーニの保証、驚異的な650馬力(478キロワット)のために毎分8000回転(rpm)でのみ。最大660 Nmとに等しい巨大なトルクは、回転の任意の数の強力なスイッチを確実にアクセルに少しでも圧力が自発的に推力に変換される。ロボット化e.gearの変更があっても、ほとんどの専門家のドライバよりも高速シザーズギヤ。加えて、恒久的な粘性トラクション四輪駆動システムは、すべての力が絶えず移動に変換されることを保証する。

オリジナルのムルシエラゴLP640のように、Reventonは毎時340キロ以上の最高速度で、ちょうど3.4秒で毎時0〜100キロ加速します。

伝説になるために生まれた

創業以来、ランボルギーニは、スポーツカーの世界で流行を生み出すクリエイターされていて、常に絶対に紛れもない文字で車を製造しています。そのような三浦やカウンタックなどのモデルは、例えば、真の先駆者だったと急速に時代を超​​えたクラシックカーのステータスを獲得した。彼らが起動された瞬間から、すべての新しいランボルギーニが求められていると貴重な所有物になる運命伝説、になることを約束する。

ランボルギーニ·レヴェントンでは、ランボルギーニは再びそれを行っている。それは比類のないスーパーカーを作成しました。排他性と限定版のデザインの傑作の魅力、そしてダイナミズムと標準スポーツカーのドライブイン能力との間の完全な合成。このように、ランボルギーニの伝説は、さらに別の、スタイリッシュな未来の古典によって強化されています。

http://www.ebay.com/itm/Lamborghini-Other-Roadster-2008-lamborghini-reventon-super-rare-limited-collector-/161619403146?forcerrptr=true&hash=item25a144618a&item=161619403146&pt=US_Cars_Trucks

 

関連記事

2002 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP620 6MT ¥ASK

車両価格:ASK 2002   38,045km   580PS シルバーメタリック

記事を読む

2014 Lamborghini Aventador Roadster LP700-4 5967万円

車両価格:$499,000 ENTERTAINMENT Real-Time Tra

記事を読む

Lamborghini Aventador Roadster 6026万円

車両価格:£329,950 エクストラ 20 "/21"パークのリアビューカメラ

記事を読む

1988 Lamborghini Countach 5000 QV ¥SOLD

Sold for $467,500 ボッシュKジェトロニック燃料噴射と420馬力

記事を読む

【SGT?】ランボルギーニ・ガヤルドRG3 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.carsensor.net/usedcar

記事を読む

1981 Lamborghini Countach LP400 S

登録:GJK 854X シャーシ番号:1121320 エンジン番号:11213

記事を読む

1989 Lamborghini Countach 25th Anniversary 4218万円(SOLD)

Sold for €330.400 449馬力、6ウェーバーキャブレター、5速マ

記事を読む

1983 Lamborghini LP500S 8610万円

車両価格:£449,995 This stunning 1980's icon is

記事を読む

1966 Lamborghini 400 GT 2+2 by Touring 6077万円(SOLD)

Sold for €476.000 320馬力、3929のcc DOHC 60度

記事を読む

LAMBORGHINI LM-002 2711万円

車両価格:230,000スイスフラン 提供を求めるために私達に連絡することを躊躇しないで

記事を読む

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク