*

PR

Lancia Stratos HF Stradale

Exif_JPEG_PICTURE

<スポンサーリンク>

スポーツカー/クーペ
内部番号:lanc_strat
18700キロ、140キロワット(190馬力)
EZ:05/1978

SOLD!オリジナルの18700キロ

カラー:グリーン

登録された1978年5月9日1.ハンド(ドイツORIGの手紙のエントリ)、利用可能な車両のためのすべての原稿、(ORIG。Fahrzeugbrief、サービスブック、マニュアル)、インテリア茶色

Sportwagen / Coupé
Interne Nummer: lanc_strat
18.700 km, 140 kW (190 PS)
EZ: 05/1978

VERKAUFT ! original 18.700 Kilometer
Farbe: grünErstzulassung 09. Mai 1978, 1. Hand (ein Eintrag im deutschen Orig.-Brief), sämtliche original Dokumente zum Fahrzeug vorhanden, ( orig. Fahrzeugbrief, Serviceheft, Bedienungsanleitung), Innenausstattung braun

ストラトス(STRATO’S )は、ランチアが製造したスポーツカー。世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発されたホモロゲーションマシンである。

当時のラリー車は量産車両を競技用に改造したものが一般的だったため、グループ4も量産車の競技用特別仕様を想定したものである「連続する12か月に5,000台を生産した量産GTカー」をグループ3として公認し、それをベースに改造した車両をグループ4とする規定であった。しかしランチアのチェーザレ・フィオリオは、グループ4のホモロゲーション取得のための必須生産台数が「連続12か月間に400台」と少ないことを利用し、パワートレーンだけをグループ3車から流用した競技専用車に近い車両を製作してラリーに持ち込むという手法を編み出した。

グループ4の公認は1974年10月に下りたが、フェラーリからのエンジンの供給が途絶えがちだったこともあり、規定台数(分のパーツを含む完成車)を製造できたのは翌年以降であった。

ストラダーレ仕様車を市販車として見ると、座席は2名分しかなくラゲッジスペースはリアに搭載したエンジンの後端寄り上部のトレーとヘルメットが入る奥行きのあるドアポケット位のスペースしかなかったため、実用性と掛け離れたレイアウトとなっていた。その上馬力や排気量至上主義であった当時のスーパーカーファンからしてみると、この車以上の数値を持つ車が数多く存在する中でラリー競技に特化したストラトスへの理解が低かったことから、市場的に成功した部類の車とは言えなかった。さらにフェラーリとしては以前から続いているフィアット・ディーノへ優先的にエンジンを供給しなければならない立場にあり、ランチアにしても1973年のオイルショック後の景気回復までの影響が災いし、ストラダーレといった市販仕様でさえも消費者ニーズの優先順位的には低いものでしかなく、利益には繋がらなかった。結果的に最終的な全体での生産台数はFIAの規定台数をクリアしたが、フィアットの意向もありストラトスの生産は492台に留まった。その時点でストラトスの生産工程があるベルトーネのグルリアスコ工場が火災に見舞われ、全体生産台数に計上される予定であった1/5程のストラトスが失なわれた。世界的なコレクターの調査によれば結果的に当時の残存数は生産済みのもの含め400台未満とされる。

こういった事情からラリーを宣伝材料に利用したフィアットの販売戦略はその対象を高価で特殊な車から大衆車へと転換し、同社のラリーイメージを鮮明にするためのワークス活動の素材をフィアット・131を基にした「フィアット・131アバルトラリー」へと早々に変更すると同時にストラトス・プロジェクトに深く関与していたゴッバートはランチアのジェネラルディレクターを解任され、チームエンジニアを兼任していたF1ドライバーであったマイク・パークスの死去、フィオリオに至っては1977年よりフィアットのモータースポーツ部門責任者も兼任し、苦渋の思いであと5年はラリーでトップを渡りあえるだろう熟成度7割程であったストラトスでのワークス活動の引き際を模索する事になり、ランチアのWRC活動は縮小。その年の末のフィアットのモータースポーツ部門との統廃合により、両社のカラースキームはラリー活動をフィアットが担い、ランチアはスポーツカーレースへの参戦が割り振られた。

1974年から製造開始とされる市場に出たストラダーレ仕様は、後期のラリー仕様と同様の両側に張り出すフェンダーが純正オプション化され、プロトタイプでは前後ダブルウィッシュボーンであったサスペンションがリアをロアアームにラジアスアームを追加したマクファーソン・ストラットに改められていた。元々ラリー車として開発された設計思想からサスペンションは調整可能な構造であり、最低地上高は130から165mmの間で自由に調整できた。ストラダーレではフロントアップライトはフィアット・124用が使用されており、サスペンションピックアップの調整しろはジオメトリーが変更できるほどではなかったもののスプリングとダンパーはオプションとして数種類が用意され、使用状況に合わせて選択することができたほかスポーツオプションとして固定式のスタビライザーも用意されていた。

関連記事

1964 LANCIA SPORT ZAGATO PROTOTIPO

    EX-WORKS 1964年タルガ・フローリオ入

記事を読む

1992 Lancia Delta Integrale Evo 1  670万円

車両価格:£34,995 First registered in Italy in Apr

記事を読む

Lancia Delta Evolution Ex Works 1761万円

車両価格:€130,000 Lancia Delta Integrale Evolutio

記事を読む

1977 Lancia Stratos HF Stradale by Bertone 4938万円(SOLD)

Sold for €386.400 192馬力、3ウェーバーキャブレター、5速マ

記事を読む

1974 Lancia Stratos HF Stradale by Bertone 7302万円(SOLD)

  Sold for $660,000 192馬力、トリプルウェ

記事を読む

1980 LANCIA RALLY SE 037 PROTOTYPE GROUP B COMPETITION CAR 予想価格:3900-4900万円

€320,000 - 400,000 最初の工場のプロトタイプ 1980ランチアラリ

記事を読む

Lancia Integrale Martini 5 1519万円

車両価格:£79,995   The Lancia Delta was

記事を読む

LANCIA 037 Stradale 4420万円

車両価格:378,000スイスフラン mehr Fotos unter ww.ku

記事を読む

Lancia Delta S4 Gruppo B ricostruzione artigianale 2353万円

  車両価格:€195,000 ランチアデルタS4グループBクラフト

記事を読む

Volpini Lancia Aprilia MM, 1937. ¥ASK

車両価格:ASK One-off car prepared by Giampaolo

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク