*

PR

Mercedes 300 SL Gullwing 1955 ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 メルセデスベンツ ,

Mercedes 300 SL Gullwing 1955

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

年:1955

エンジンサイズ:3000のcc

トランスミッション:マニュアル

我々は、この非常にオリジナルの1955年300 SLガルウィングを提供して喜んでいる、マッチング数字を完了します。

300SLガルウィングが特別だったこの特定のは、彼らの珍重さと非常に好まれ、クライアント、インディアナポリス、インディアナ州の氏ハーバートL·レビンソンに代わって車を命じグラン​​ドラピッズ、ミシガン州のディーラーに代わってマックス·ホフマンによって新しい注文した。レビンソンは、生命や「アメリカの夢」は作られているものよりも大きな文字だった。レビンソンは、1月13日、1924シカゴ、イリノイ州の上で非常に寒い冬の日に生まれた。彼はいくつかを持っていたではなく、家族の多くのお金と軍事に現役を回避することができる間、彼はレビンソンは第四海兵で区別を添えて18になったとき、彼はそれにもかかわらず、海兵隊に参加するために彼の世代のように多くの他のもののように選択しました隊とKwajulein、サイパン、テニアン、硫黄島の戦いでの最初の波に上陸した。戦後、レビンソンは少し時間を無駄にし、迅速にインディアナポリスエリアの様々なビジネスの利益を構築し始めた。 1950年、彼は40年近く、一緒に彼らは非常に成功して所有、運営、またインディアナポリスに住んで彼の人生、ドロシージェーングリーンガードの愛と結婚したドロシーの婦人服。レビンソンのはジャズ、シカゴスポーツフランチャイズそしてもちろんスポーツカーための傾向を持っていた。 XK120はスピードのために、彼らが新たに発表されたメルセデス300SLガルウィングのための特別なオーダーをしたグランドラピッズの接触を通じて彼らのニーズを満たすことができなかった。車は特別翌年1月にいつか約束した配信と1954年の秋に「ブルー格子縞の布」とビニールインテリアを補完してDB158 “ホワイト/グレー」に命じられた。 4500158英語でのゲージとでスピードメーターを標準北米生産ガルウィングだろう – メルセデスベンツ委員会第664 078.総会割り当てが自分の車がシャーシ番号300SL / 198.040に完成されて見た上レビンソン300SLためのホフマンの注文が実行された時速マイル。この300SLの最終的な完成と受け入れに起因処理順序と配信を取るに熱心クライアントのための車の仕上げのバックログに1月(土曜日)8日、1955年に行われた。送料が予約し、この300SLは1月(月曜日)17日に海の容器に残された、到着すると1955年には、陸路配信が配置され、レビンソンのは、同年2月上旬、新しい300SLの正式な受け入れを取った。他のいくつかの興味深い車が来て、長年にわたってレビンソンの手かかわらず行きましたが、彼らは罰金のほかになる彼らのガレージにフェラーリを決定するまで、彼らの大事な300SLは彼らと残った。余分な資金を調達するために、彼らの300SLはウィリアム「ビル」ラッセルブライアント、近くのマンシー、インディアナ州で時間未満離れて住んでいた有名な社交界や食料品店に売却された。レビンソンの300SLが最後と彼らが彼らの積極的な収集日、1965年フェラーリ500スーパーファスト、S / N 6305 / SFの間、その後最も重要な車両とみなさためのシード資金を提供するの販売。彼らは彼らのビジネスを売却し、セドナ、アリゾナ州に引退した1980年代後半まで、このフェラーリを維持するだろう。この300SLの第二所有者、ビル·ブライアントもスポーツカーのファンであり、彼の新しい300SLは、ブライアントは、元の所有者から購入していた1957燃料噴射式コルベットを含め、彼の小さなコレクションに参加しました。 1970年代初頭には、ブライアントはインディアナポリス·モーター·スピードウェイでの集会のために仲間のメルセデス·クラブ·アメリカのメンバーが参加しました。クラブは、毎時85マイルの厳格な最高速度の制限が守られることを理解した上でトラックを見学に招待された。ブライアントは心臓病と健康を失敗年齢の67歳で、トラック上の彼の唯一の進出が参加者全員でよく覚えことが決定。ブライアントは彼の足を下に置くと、後で驚くほどのトラックに彼の猛ダッシュを目撃するために存在したすべての人の喜びに、ほぼ毎時140マイルフロントストレートに打つリコール。チェッカーフラッグがスタート/フィニッシュラインに表示されたときに役人を無視、ブライアントは、最終的に引き込ま。暴徒シーンはブライアントが車から引き出され、シャンペーンで繰り返し彼を浴びせ仲間のクラブ会員の肩の上に掲揚されました!長くないその後、ブライアントは終了と両方300SLとにあったスポーツカーのホイールの後ろに自分の時間を決定し、彼のコルベットは、売りに出された。ブライアントは、装飾された空軍のパイロットが1954年から1955年にドイツの上に「Shooting Starsは「F80の際、写真付きの偵察任務を飛んでいた、それが早期に1973シェリダンにバーナード「ビーノ」J·シェリダンで見られたメルセデススターの手紙での販売のためにこのガルウィングを上場一つの特定のミッションに、彼はシュトゥットガルトの近くautobaunを行ったり来たりして、彼の最初の300SLガルウィングに遭遇したとき。車は永続的な印象を作り、引退と米国に戻って移動した後、彼はちょうど2500ドルのためにむしろディストレスト300SLを購入しました。彼の最初のガルウィングが混乱した。車はボディの前面と背面と他のマイナーでの被害といくつかの主要な問題を持っていた。取り除かスパークプラグの穴は、適切な復旧のために車の完全かつ合計ストリップダウンを行うにはシェリダン自身が終了しないと何かをシェリダンを主導した。スター誌の販売目的で提供されている彼の300SL約ビル·ブライアントを繰り返し呼び出した後、シェリダンはマンシー、インディアナ州で車を訪問し、点検するように配置。二人はうまく意気投合し、ブライアントはシェリダンに彼が最終的にはまだ未完成のプロ​​ジェクトとしてピーター·トーマスに売却された彼の “プロジェクト” 300SL処分ながら支払いを完了するためにいくつかの時間を与えることに合意した。彼はプレスコット、アリゾナ州に移動したときシェリダンが大幅に彼と一緒にそれを取って、次の40年以上にわたる彼の新しいガルウィング、私たちの自車を楽しんだ。彼は彼の最初300SLの購入以来、メルセデスクラブ、ガルウィンググループインターナショナルで活動を続け、頻繁に両方に貢献だけでなく、この特定の300SL約300スターの手紙のために記事を書いていたし、どのように彼はそれを購入するために来ています。

Year: 1955

Engine Size: 3000 cc

Transmission: Manual

 

We are delighted to offer this very original 1955 300 SL Gullwing, Will complete matching numbers.

This particular 300SL Gullwing was special ordered new by Max Hoffmann on behalf of Dealer in Grand Rapids, Michigan who ordered the car on behalf of their prized and highly favored client, Mr. Herbert L. Levinson of Indianapolis, Indiana.  Levinson was a character larger than life and the stuff “American Dreams” are made of.  Levinson was born on a very cold Winter day on January 13th, 1924 in Chicago, Illinois.  He had some but not a lot of family money and while able to avoid active service in the military, he nonetheless chose like so many others of his generation to enlist in the Marine Corps when he turned 18.  Levinson served with distinction in the Fourth Marine Corps and landed with the first wave at the battles of Kwajulein, Saipan, Tinian and Iwo Jima.  After the war, Levinson wasted little time and quickly began building up various business interests in the Indianapolis area.  In 1950, he married the love of his life, Dorothy Jane Greengard who also resided in Indianapolis, together they owned and operated very successfully, Dorothy’s Women’s Apparel for nearly 40 years.  The Levinson’s had a penchant for Jazz, Chicago Sports franchises and of course Sports Cars.  An XK120 failed to meet their need for speed and through a contact in Grand Rapids they made a special order for a newly announced Mercedes 300SL Gullwing.  The car was special ordered in DB158 “White/Gray” with complementing “Blue Plaid Cloth” and Vinyl interior in the Fall of 1954 with delivery promised sometime in January of the following year. Hoffman’s order for the Levinson 300SL was executed on Mercedes Benz Commission No. 664 078.  Assembly assignment saw their car being completed on Chassis No. 300SL/198.040 – 4500158 which would be a standard North American Production Gullwing with gauges in English and the speedometer in miles per hour.  Final completion and acceptance of this 300SL took place on Saturday, January 8th, 1955 due to a back-log of processing orders and finishing of vehicles for clients eager to take delivery.  Shipping was booked and this 300SL left in an ocean container on Monday, January 17th, 1955.  Upon arrival, overland delivery was arranged and the Levinson’s took formal acceptance of their new 300SL in early February of that same year.  Several other interesting vehicles came and went though the Levinson’s hands over the years but their prized 300SL remained with them until they decided a Ferrari in their garage would be a fine addition.  To raise the extra funds, their 300SL was sold to Wiliam “Bill” Russell Bryant, a prominent socialite and grocer who lived less than an hour away in nearby Muncie, Indiana. The sale of the Levinson’s 300SL would provide the seed money for the last and what they considered thereafter the most important vehicle during their active collecting days, a 1965 Ferrari 500 Superfast, s/n 6305/SF.  The would retain this Ferrari until the late 1980s when they sold their business and retired to Sedona, Arizona. This 300SL’s second owner, Bill Bryant was also a Sports Car fan and his new 300SL joined his small collection which included a 1957 Fuel-Injected Corvette that Bryant had purchased from the original owner.  In the early 1970s, Bryant joined fellow Mercedes Club of America members for a gathering at the Indianapolis Motor Speedway.  The club was invited to tour the track with the understanding that a strict top speed limit of 85mph would be adhered to.  Bryant decided that at 67 years of age in failing health with a heart condition, his one and only foray on a track would be remembered well by all who attended.  Bryant put his foot down and later recalled hitting nearly 140mph on the front straight, surprisingly to the delight of all who were there to witness his mad dash on the track.  Ignoring officials, Bryant only finally pulled in when a checkered flag was shown on the start/finish line.  A mob scene saw Bryant being pulled from the car and hoisted on the shoulders of fellow club members who doused him repeatedly in champaign! Not long thereafter, Bryant decided his time behind the wheel of Sports Cars was at and end and both the 300SL and his Corvette were put up for sale.  Bryant listed this Gullwing for sale in the Mercedes Star Letter where it was seen by Bernard “Beano” J. Sheridan in early 1973.  Sheridan was a decorated Air Force pilot flying photo reconnaissance missions in F80 “Shooting Stars” over Germany in 1954/55 when on one particular mission, he buzzed the autobaun near Stuttgart and encountered his first 300SL Gullwing.  The car made a lasting impression and after retiring and moving back to the States, he purchased a rather distressed 300SL for just $2500.  His first Gullwing was a mess.  The car had body damage in the front and rear and other minor and a few major issues.  A stripped out spark plug hole led Sheridan to do a complete and total strip-down of the car for proper restoration, something that Sheridan himself would never finish.  After repeated calls to Bill Bryant about his 300SL being offered for sale in the Star Magazine, Sheridan arranged to visit and inspect the car in Muncie, Indiana.  The two hit it off well and Bryant agreed to give Sheridan some time to complete payment while he disposed of his “project” 300SL which was eventually sold to Peter Thomas as a still unfinished project. Sheridan greatly enjoyed his new Gullwing, our subject vehicle over the next forty plus years taking it with him when he moved to Prescott, Arizona.  He has remained active with the Mercedes Club and the Gullwing Group International since the purchase of his first 300SL and was a frequent contributor to both as well as writing an article for the 300 Star Letter about this particular 300SL and how he came to purchase it.

http://www.duncanhamilton.com/cars-for-sale/mercedes-300-sl-gullwing-1955/

関連記事

1955 Mercedes-Benz 300 SL Gullwing

予想価格:$1,100,000 - $1,500,000 215馬力(DIN)、

記事を読む

Mercedes McLaren SLR 3289万円

車両価格:£179,950 ローマ人は「シルバーアローレッドレザー'で「クリスタルガラ

記事を読む

【ヤフオク】[超大物元プロレスラーワンオーナー車]S350LUX/車検29年12月8日

世界に1台超有名大物元プロレスラー様ワンオーナーでご使用されていた憧れのW221モデルメル

記事を読む

1956 Mercedes-Benz 300 Sc Roadster

$1,200,000 - $1,400,000 175馬力(DIN)、ボッシュ機

記事を読む

1963 Mercedes-Benz 300 SL Roadster 1億5729万円(SOLD)

Sold for €1.232.000 225馬力(DIN)、240馬力(SAE

記事を読む

2014 AMG SLS GT3 3653万円

車両価格:€270,000 Description: Sold as a 2014

記事を読む

2009 Mercedes-Benz SLR McLaren 8371万円

車両価格:$699,950 2009 Mercedes-Benz SLR McLare

記事を読む

Mercedes C63 AMG Superstars 1085万円

  車両価格:€95,000 非常に少数のレースが付いている車と完全な

記事を読む

1961 Mercedes-Benz 300 SL Roadster 1億1491万円(SOLD)

Sold for $962,500 215馬力(DIN)、240馬力(SAE)、

記事を読む

1971 MERCEDES BENZ 280 SE 3.5 CABRIOLET 4809万円

車両価格:$395,000   --Moss Green with S

記事を読む

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク