*

PR

1968 Ferrari 166 Dino F2/Tasman ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 F2, フェラーリ , , , ,

1968 Ferrari 166 Dino F2 Tasman

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

車台番号0010

細部

我々は、この信じられないほど珍しいフェラーリフォーミュラ2 /タスマンシングルシーターをexは-WORKS提供して喜んでいる。
大成功とジャッキー·イクスとデレック·ベルによる1968年と1969年シーズン中に建設され、期間中に駆動きれいなシングルシーターのひとつ。
グッドウッドや他の多くの偉大なイベントの対象。これは印象的な作品の歴史を持つこのような特殊な車を取得するための機会である – 車は36年のために、現在の所有していた。

第3のモデル68、S / N 0010は、ジャッキー·イクスとの最初の4つのレースのために委託し、フォーミュラ2の欧州選手権でそのキャリアをスタートさせました。その後、デレック·ベルは、モンツァでフェラーリのためのテストドライブを行うには、シェルのキースBallisat 6月の初めに接触させた。それは起こったし、結果は良好であった、とベルがチームになく、契約書に署名せずに設立されました。彼はGPでスクーデリア·フェラーリのための彼の最初のレースに入ったデッラLatteria、彼はポールを獲得した!

その後のレースで、彼は思わず特に他の二つのディノスがなくなり、放物線の周りに有名な衝突を引き起こした。このように、何の契約を有していない、彼はフェラーリでの彼のキャリアは、したがって、完成したと思ったが、何日か後、彼はマラネロに召喚され、彼は理由が何ができるか疑問に思いました。しかし、彼は称賛を受けた。「あなたの細かいポールポジションのためにおめでとうは、ここに米国が千ドルで、私たちはあなたと最も幸せだった! “彼らは彼に契約を提供し、彼はそれに署名した。彼は確認されませんでした何として署名…出演は時々誤解を招くです。

今もチームに統合され、ベルは、初めて、ディノスが使用ザントフォールトGP、で中央のリアウイングとフロントのスポイラーをポールポジションを取った。シーズンの終わりには、デレック·ベルは、彼のレースでうまく行った、クリス·エイモンのチームでは、タスマンシリーズに入力された第二の車の中でのドライブで報われました。タスマニアのバージョンで修正された、車は2.4リットルのV – 6を受け、ベルは1968年の終わりにモデナアウトドローモでそれをテストした。

彼はヨーロッパで基づいていたので、彼はシリーズ宛の材料のすべてのルーティングを担当するように頼まれた。彼のチーフメカニック、レイワーデルに伴われ、デレクは、トレーラーにマラネロから車を取り、彼らがしてオークランドに出荷されたイギリス、にそれらをもたらした。彼は、アンティでいくつかの細かい公演を持っていたし、タイトルを取るために彼の指導者を支援しながら、この1969年大会では第四の分類された。この経験は、彼のキャリアの継続のために彼に非常に有益になります。

これは、1970シリーズの契約を更新する予定がなかったことに注意することも最後に興味深いですが、シーズンの終わりにフェラーリから2ドライバーの出発で、これを行うことができませんでした。

工場への復帰後、S / N 0010は、改訂され、再描画され、車は過去36年の間、その現在の英語の所有者となっているし。

S / N 0010のためのレース結果

1968年3月31日GPバルセロナ – モンジュイックJ.Ickx DNF事故
1968年4月21日ADAC Eifelrennen – NURB。 J.Ickx DNFラジエーター
1968年5月5日GPランブール – ゾルダーJ.Ickx 4日
1968年6月3日ロンドントロフィー、Cyrstal宮殿J.Ickx DNF事故
6月23,1968 GPデラロッテリア、モンツァD.Bell DNF事故
1968年7月14日トゥルンLangenlebarn D.Bell 7日
1968年7月28日GPザントフォールトD.Bell 14日
8月25.1968 GPデルメディテラネオJ.Ickx 6日
10月13,1968ホッケンハイムD.Bell第三
10月27,1968 GPローマ、Vallelungo D.Bell 6日
1月4,1969ニュージーランドGP D.Bell 4日
1969年1月11日レビンインターナショナル – レビンD.Bell DNF油
1969年1月18日レディWigramトロフィーD.Bell 5日
1969年1月25日Teretonga国際D.Bell 5日
1969年2月2日オーストラリアGP、レイクサイドD.Bell第二は、
1969年2月9日ワーウィックファームのInt。 100 D.Bell第二
1069年2​​月16日サンダウンのInt、100 D.Bell 5日

Chassis number 0010
Details
We are delighted to offer this incredibly rare ex-works Ferrari Formula 2/Tasman single seater.
One of the prettiest single seaters built and driven in period during the 1968 and 1969 season by Jacky Ickx and Derek Bell with great success.
Eligible for Goodwood and many other great events.  This is an opportunity to acquire such a special car with an impressive works history – the car has been in its current ownership for 36 years.

The third model 68, s/n 0010, began its career in the European Championship of Formula Two, entrusted for the first four races with Jacky Ickx.  Then Derek Bell was contacted at the  beginning of June by Keith Ballisat of Shell, to do a test drive for Ferrari at Monza.  It took place and the results were good, and Bell was incorporated into the team but without signing a contract.  He entered his first race for the Scuderia Ferrari at the G.P. della Latteria, and he gained the pole!

Then in the race, he involuntarily provoked the famous collision around the parabolic, notably eliminating the other two Dinos.  Thus, having no contract, he thought that his career at Ferrari was therefore finished, but some days later he was summoned to Maranello and he wondered what the reason could be.  But he was received with praise: “Congratulations for your fine pole position, here is US$ 1000, we were most happy with you!”  They offered him a contract and he signed it.  Signed as what he was not sure … appearances are sometimes misleading.

Now well integrated into the team, Bell took pole position at the Zandvoort G.P., where the Dinos used, for the first time, a central rear wing and front spoilers.  At the end of the season, Derek Bell, having performed well in his races, was rewarded with a drive in the second car entered in the Tasman series, in Chris Amon’s team.  Modified in a Tasmania version, the car received a 2.4 litre V-6, and Bell tested it at the Modena Autodromo at the end of 1968.

Since he was based in Europe, he was asked to take charge of routing all of the material destined for the series.  Accompanied by his chief mechanic, Ray Wardell, Derek took the cars from Maranello on a trailer and brought them to England, where they then were shipped to Auckland.  He had some fine performances in the Antipodes and was classified fourth in this 1969 Championship, while helping his leader to take the title.  This experience will be very profitable to him for the continuation of his career.

It is at last also interesting to note that there were no plans to renew the agreement for the 1970 series, but with the departure of the two drivers from Ferrari at the end of the season, this could not be done.

After its return to the Factory, s/n 0010 was revised and repainted, and  the car has been with its current English owners, for the past 36 years.

Race Results for s/n 0010

March 31, 1968            GP  Barcelona – Montjuich         J.Ickx        DNF accident
April 21, 1968        ADAC Eifelrennen – Nurb.                J.Ickx        DNF radiator
May 5, 1968        GP Limbourg – Zolder                            J.Ickx        4th
June 3, 1968        London Trophy, Cyrstal Palace         J.Ickx        DNF accident
June 23,1968        GP Della Lotteria, Monza                     D.Bell        DNF accident
July 14, 1968        Tulln Langenlebarn                                D.Bell        7th
July 28, 1968        GP Zandvoort                                           D.Bell        14th
August 25.1968            GP del Mediterraneo                    J.Ickx        6th
October 13,1968            Hockenheim                                   D.Bell        3rd
October 27,1968            GP Roma, Vallelungo                 D.Bell        6th
January 4,1969            New Zealand GP                              D.Bell        4th
January 11, 1969    Levin International – Levin            D.Bell        DNF  oil
January 18, 1969    Lady Wigram Trophy                        D.Bell        5th
January 25, 1969    Teretonga International                  D.Bell        5th
February 2, 1969    Australia GP, Lakeside                      D.Bell        2nd
February 9, 1969    Warwick Farm Int. 100                    D.Bell        2nd
February 16, 1069    Sandown Int, 100                            D.Bell        5th

http://www.duncanhamilton.com/cars-for-sale/1968-ferrari-166-dino-f2tasman/

関連記事

Dino 246 GTS ¥ASK

車両価格:ASK 246ディノのGTSバージョンは1972年3月のジュネーブサロンに到

記事を読む

Ferrari 365 GT4 2+2 1333万円

車両価格:£69,990                                 

記事を読む

Ferrari F40 1億4703万円

車両価格:€1,084,500 Standard CARLINK offers you

記事を読む

フェラーリ ディーノ 246GT ¥ASK

車両価格:ASK 1972年式 フェラーリ ディーノ246GT。 フェラーリのバ

記事を読む

FERRARI F430 GT2 RACE CAR ¥ASK

車両価格:ASK This example of a Michelotto F430 GT

記事を読む

Ferrari 458 Challenge 1924万円

車両価格:$155,000 Mileage on the car:  2591 M

記事を読む

Ferrari 458 challenge evo 2012 2302万円

車両価格:€170,000 Description: Car is equippe

記事を読む

1973 FERRARI 365 GTB/4 Daytona 1億2874万円

車両価格:£675,000 Mileage 43,000 mil

記事を読む

1965 FERRARI 250 TR Recreation 1億3263万円

車両価格:£695,000 Mileage Delivery m

記事を読む

【F1】【シューマッハ】1998 Ferrari Other Model F1 F300 2億6851万円

車両価格:$2,250,000 フェラーリF1は、彼がその年ハンガリーのグランプリを受

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク