*

PR

Ferrari F40 GT ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 フェラーリ , ,

Ferrari F40 GT

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

その凶暴なパフォーマンスと機知に富んだ空気力学的なスタイリングで、フェラーリのF40は、多くの場合、今までに作られた最大のスーパーカーと呼ばれてきた。モデルは、道路の車のマナーでトラックに駆動することができたレースのための用意ができてフェラーリとして考え、1950年代と1960年代初頭の間にスポーツ/レーシングカーのマラネロの尊敬伝統を思い出した。エンツォフェラーリのリーダーシップの下で設計され、最後のモデルとの違いを主張し、適切な名前のF40はフェラーリの生産の四十年を記念。

間もなくマラネロで7月、1987年の記者会見でF40の公式デビューした後、特殊な競争準備されたバージョンの議論が浮上し、必要な調整と修正がランチアストラトスラリー車やフェラーリにその作品ジュリアーノMichelotto、に委託し、 308 IMSA車は彼による評価を得ていた。いわゆるF40のGT仕様に標準F40例のMichelottoの変換はパッケージはその後レーサーをプライベーター、工場によって販売された。有名な育毛ディノCognolatoによりさらに軽く体を用いGT修飾は、例えば、F40はLMおよびF40 LM進化のよりpurpose-内蔵レーシングバージョン、前身であることが判明した。

構築された唯一の約7公式F40のGTSがありました。すべてはMichelottoによって変換された – 様​​々なフェラーリスパバックアッププロジェクトを処理するための有名な。これらの車は、F40 CSAI-GTカーとして記述し、すべてはシグノはジョイントサスペンション、F40 LMはダブルウィッシュボーン、完全に調整可能なローズレース、upratedなエンジン、より大きなF40 LMのBremboブレーキとF40 LMを冷却ダクト、軽い炭素繊維のフロントとリアのハマグリの殻を特色にした。アンチロールバー(フロントとリア)、広いCSAI-GTホイールや他の多くの微妙な修正。

この車、シャーシ85690は、期間中のGTレースのために準備しただけで16認識CompetitizioneのF40年代のレース勝利例です。この車は最もよく知られており、広く3車の公式の1993年シーズンのチームの車「イタリアのフェラーリ·クラブ」の一つとして最高潮に達するのイタリアGT選手権で実行したF40年代の文書化の一つです。

車は1990年7月ポポフにレリチイタリアのピエール·ポポフに新しい配信されたエンツォ·フェラーリの親友であり、彼の建設会社は、ムジェロサーキットを構築しました。フェラーリクラブイタリアポポフは車がイタリアのGT選手権の就任の1992年シーズンのレースのために変更いたし、最終年度で2勝を含む1992年から1994年の間にチャンピオンシップの27ラウンドで車を争う続け、の熱狂的な一員として他の機会に7表彰台。

シリーズが進むにつれて、競争残った車は、最初はしかし仕事Nicomedi 1992年シーズンに向けて準備したとサポートが迅速にフェラーリの近い協力者Michelottoに委託され、それが車を結果として起きるために多数のアップグレードを含め、そのレースのキャリアの残りのためにそれらによってサポートされていました。車は非常によく文書化され、最終的な本の「F40·ダ·コルサ」で広く表示され、年間の他の出版物の様々なレビューの対象となっているされている。その競争のキャリアの終わりに、車が道路の車として使用するバック戻った。

1997年には車はそれはそれ以来居住しており、主にマラネロ、最近でボブ·ホートンフェラーリによって世話された英国に輸入された。 2008年7月には車がフルフェラーリClassiche認定(レッドブック)を付与された後、2013年に元の所有者の息子、アンドレア·ポポフの緊密な連携と、車は慎重にと同情も維持しながら、その1993年のレースのカラーリングや仕様に逆変換した道路の車として使用できる車。

CSAI-GTレースカーは、基本的に軽く、標準的な道路の車を変更されたような変換作業は主に、フロントブレーキに追加の冷却ダクトを追加し、Bremboブレーキを再レース排気を再装着し、正しい元の期間で実行するために車を修正することを中心に(としたそれは最初の車が持っている英国に輸入されたので、信じられないほどまれ)17 “マグネシウムホイールは。懸濁液は。車は通常のストリートタイヤ上で動作する通常の道路の、そしてもちろん、より良いコンプライアンス)関節を道路仕様で左(ゴムブッシュVSバラした潔癖なほどに世話され、英国で最も有名な専門家のいくつかによって、その上にふんだんにされたすべてのケアの全範囲を詳細にすべての請求書、領収書やMOTののコピーを含む巨大な履歴ファイルが付属しています。

フルレースの歴史のためにDKエンジニアリングにお問い合わせください。

With its ferocious performance and scintillating aerodynamic styling, Ferrari’s F40 has often been called the greatest supercar ever built. The model recalled Maranello’s revered tradition of sport/racing cars during the 1950s and early 1960s, conceived as a race-ready Ferrari that could be driven to the track with the manners of a road car. Claiming the distinction as the last model engineered under Enzo Ferrari’s leadership, the appropriately named F40 commemorated four decades of Ferrari production.

Not long after the F40’s official debut at a July, 1987 press conference in Maranello, discussions of a special competition-prepared version emerged, and the necessary tuning and modifications were entrusted to Giuliano Michelotto, whose work on the Lancia Stratos rally cars and the Ferrari 308 IMSA cars had earned him due praise. Michelotto’s conversions packages of standard F40 examples into so-called F40 GT specifications were then sold by the factory to privateer racers. The GT modifications, which employed an even lighter body by the renowned restorer Dino Cognolato, proved to be a forerunner to more purpose- built racing versions, such as the F40 LM and the F40 LM Evolution.

There were only approximately 7 official F40 GTs built. All were converted by Michelotto – famous for handling various Ferrari Spa backed projects. These cars were described as F40 CSAI-GT cars and all featured uprated engines, larger F40 LM Brembo brakes and F40 LM cooling ducts, lighter carbon fibre front and rear clam shells, racing uni-ball rose jointed suspension, F40 LM wishbones, fully adjustable anti roll bars (front and rear), wider CSAI-GT wheels and many other subtle modifications.

This car, chassis 85690, is a race winning example of only 16 recognised Competitizione F40’s that were prepared for GT racing in period. This car is one of the most well-known and widely documented of the F40’s that ran in the Italian GT Championship culminating as one of the 3 car official ‘Ferrari Club of Italia’ Team Cars in the 1993 season.

The car was delivered new to Pierre Popoff of Lerici Italy in July 1990. Popoff was a close friend of Enzo Ferrari and his construction firm helped build the Mugello racing circuit. As an enthusiastic member of the Ferrari Club Italia Popoff had the car modified for racing in the inaugural 1992 season of the Italian GT championship and continued to contest the car in 27 rounds of the championship between 1992 and 1994 including two wins in the final year and seven podiums on other occasions.

The car was initially prepared for the 1992 season by Nicomedi however work and support was swiftly entrusted to Ferrari’s close collaborator Michelotto and it was supported by them for the remainder of its race career including numerous upgrades to ensue the car remained competitive as the series progressed. The car is extremely well documented and appears extensively in the definitive book ‘F40 da Corsa’ and has been the subject of various reviews in other publications over the years. At the end of its competition career the car reverted back to use as a road car.

In 1997 the car was imported to the UK where it has resided ever since and has been looked after by primarily Maranello and more recently Bob Houghton Ferrari. In July 2008 the car was granted full Ferrari Classiche certification (Red Book) and then in 2013 with the close collaboration of the original owner’s son, Andrea Popoff, the car was carefully and sympathetically converted back into its 1993 race livery and specification whilst also keeping the car usable as a road car.

As the CSAI-GT race cars were essentially lightly modified standard road cars the conversion work was primarily centred around reinstalling Brembo brakes, adding additional cooling ducts to the front brakes, refitting the race exhaust and modifying the car to run on original period correct (and incredibly rare) 17″ magnesium wheels. The suspension was left in road specification (rubber bushes vs rose joints) for better compliance on normal roads and of course the car runs on normal street tyres. Since it was first imported into the UK the car has been fastidiously looked after and is accompanied by a huge history file including copies of all invoices, receipts and MOT’s detailing the full extent of all the care that has been lavished on it by some of the UK’s best known specialists.

Please contact DK Engineering for the full race history.

http://www.dkeng.co.uk/ferrari-sales/523/Blue_Chip_and_Competition_Cars/Ferrari_F40_GT.html

関連記事

1984 Ferrari 288 GTO 3億3786万円(SOLD)

Sold for $2,750,000 400馬力、ツインIHIのターボチャージ

記事を読む

【ヤフオク】■フェラーリF40純正リアカウル/中古■

Ferrari純正、F40のリアカウルです。 リアアクリルガラス、スポイラー等の付属品

記事を読む

Ferrari F40 1億4703万円

車両価格:€1,084,500 Standard CARLINK offers you

記事を読む

フェラーリ FXX 2億8724万

車両価格:€2,222,000 Category Coupe Ma

記事を読む

1994 FERRARI 512 TR COUPÉ 1755万円(SOLD)

Sold for £113,500 1994フェラーリ512 TRクーペ ピニンファ

記事を読む

2001 Ferrari 550 Barchetta 6510万円

車両価格:$529,900 Here is a very rare 2001 550 Ba

記事を読む

1968 Ferrari 166 Dino F2/Tasman ¥ASK

車両価格:ASK 車台番号0010 細部 我々は、この信じられないほど珍し

記事を読む

Ferrari 365 GTC/4 3655万円

車両価格:£199,950 ローマ人はブラックレザーとシルバーで提示販売のために、この

記事を読む

Ferrari Mondial 3.4 T 779万円

車両価格:59,000スイスフラン Livraison Suisse, Etat

記事を読む

【ebay】Ferrari 308 288 GTO Huffaker Engineering IMSA GTU Race Car 1 of 3 2717万円

車両価格:$225,000 Huffaker Ferrari 308/288GTO I.M

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 10現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク