*

PR

Ferrari 330 GTC ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 フェラーリ , ,

Ferrari 330 GTC

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

フェラーリは、フェラーリのフラッグシップベルリネッタの(275 GTB)とその壮大な4人乗りの間のギャップを占めるように中間モデルずに会社を残し、1964年に250 GTルッソの生産が中止

クーペの(330 GT)。ジュネーブサロンで1966年3月に発売し、330 GTCは正常にフェラーリの範囲のギャップを埋める、同様に顧客や道路テスターとの直接の成功を収めました。 4リットルの330年代の二つの代替ボディスタイルで利用できた – クーペ(GTC)またはスパイダー(GTS)。 330 GTCフレームは、これらのシャーシのティポ592と命名した、すでに伝統的なチューブラースチールシャーシいるフェラーリの275 GTBに使用されるものと外向きに非常に類似していた。油圧式ディスクブレーキは、完全に独立したサスペンションと一緒にオールラウンドに適合させた。同じメーカーからのスポークホイールは、必要に応じて利用可能であったもののBorraniの美しい10ホールの鋳造アロイホイールが標準だった。

エンジンワイズGTCは、フェラーリのツインカム4リットルティポ66分の209 60°V12を使用していました。電源は、3ツインチョークウェバー40キャブレターと7000RPMで300bhpであるとして、工場によって引用された。エンジンは5速ギアボックスにマッチした。パフォーマンスが6.5の下で0-60に達し車で印象的だった
トップスピードながら秒が毎時150マイルを超えていた。古いものと新しい機能のそのミックスにもかかわらず、330 GTCは非常に単純にその時代の最高の見栄えのGTの間にあった。リラックススタイルで、それはフェラーリの顎ドロップするベルリネッタの一部のよう対決はなかった – これは、所望することも、注目度抜群のマシンを必要とどちらも顧客のための車だった。電動窓はフルレザーインテリアと図が抱いのではなく、快適にパッド入りのバケットシートと一緒に標準装備された。エアコンはオプションの余分だった。

このLHD 330 GTCはアルジェント(シルバー)塗装とペレロッサレザーインテリアの、現在の色の組み合わせにニューヨークに1967年12月にルイジChinettiすることにより、新しい配信された、元の工場出荷時オプションのエアコンも車に命じられた。それは車が非常によく維持され、時折優し​​いヨーロッパラリーなど、定期的な運動を与えられた80年代後半にスイスにヨーロッパに持ち帰ったされるまで米国に残った。 2000年には、良好な状態であるが、決定は、その全体を機械的に車「ソート」に、その後、所有者によって作られた。 2001年から2003年の間約10万スイスフランは完全なエンジンが少しupratedな仕様は、報告に340 BHPの近くに生産するために再構築するなど、車に費やされた。

このエレガントと一致する数字の例では、完全なフェラーリClassiche認定を持っており、全体と広大な履歴ファイルを良好な状態で、元の見事な色の組み合わせで提示され、それは多くのコレクターが1であると考えるものの細かい例を見つけるのは難しいだろう最もバランスのとれたフェラーリGTカーの。

Ferrari discontinued production of the 250 GT Lusso in 1964, leaving the firm without an intermediate model to occupy the gap between Ferrari’s flagship Berlinetta’s (the 275 GTB) and their grand four-seater
Coupe’s (the 330 GT). Launched during March 1966 at the Geneva Salon, the 330 GTC was an immediate success with customers and road testers alike, successfully filling the gap in Ferraris range. The 4-litre 330’s were available in two alternative body styles – Coupe (GTC) or Spyder (GTS). The 330 GTC frame was designated Tipo 592. These chassis’s were outwardly very similar to those already used on Ferrari’s 275 GTB being a traditional tubular steel chassis. Hydraulic disc brakes were fitted all-round along with fully independent suspension. Borrani’s beautiful ten-hole cast alloy wheels were standard although spoked wheels from the same manufacturer were optionally available.

Engine-wise the GTC used Ferrari’s twin cam four-litre Tipo 209/66 60° V12. Power was quoted by the factory as being 300bhp at 7000rpm with three twin choke Weber 40 carburettors. The engine was matched by a five-speed gearbox. Performance was impressive with a car reaching 0-60 in under 6.5
seconds whilst top speed was in excess of 150mph. Despite its mix of old and new features, the 330 GTC was quite simply among the best-looking GT’s of its era. With a laid back style, it was never as confrontational as some of Ferrari’s jaw-dropping berlinetta’s – this was a car for the customer who neither desired nor required an attention-grabbing machine. Electric windows were fitted as standard along with a full leather interior and comfortably padded rather than figure hugging bucket seats. Air conditioning was an optional extra.

 

This LHD 330 GTC was delivered new by Luigi Chinetti in December 1967 to New York in its current colour combination of Argento (Silver) paintwork and Pelle Rossa leather interior, the original factory optional Air Conditioning was also ordered on the car. It remained in the USA until being brought back to Europe to Switzerland in the late 80’s where the car was very well maintained and given regular exercise including the occasional gentle European rally. In 2000, although in excellent condition, the decision was made by the then owner to “sort” the car mechanically in its entirety. Between 2001 and 2003 some 100,000 Swiss Francs were spent on the car including a complete engine rebuild to slightly uprated specifications reportedly producing close to 340 BHP.

 

This elegant and matching numbers example has Full Ferrari Classiche Certification, and is presented in its original stunning colour combination, in excellent condition throughout and with an expansive history file, it would be difficult to find a finer example of what many collectors consider to be one of the most well balanced Ferrari GT cars.

http://www.dkeng.co.uk/ferrari-sales/503/Blue_Chip_and_Competition_Cars/Ferrari_330_GTC.html

関連記事

1997 Ferrari F310 B 9086万円(SOLD)

Sold for $825,000 730馬力、2998 ccの40バルブ、後部

記事を読む

FERRARI F40 – 1989 ¥ASK

車両価格:ASK F40は、スポーツカーの生産とモーターレースのすべてのFERRARI

記事を読む

2004 Ferrari Enzo

予想価格:€1.500.000 - €2.000.000 ボッシュモトロニックエ

記事を読む

1970 Ferrari 365 GTB/4 Daytona Spyder 1億565万円

車両価格:$850,000   This particular Fer

記事を読む

1996 Ferrari 456 GT 913万円

Sold for (£): 49,450 At the time of first p

記事を読む

2011 Ferrari 599 GTO 8905万円

車両価格:$725,000 Comfort   Becke

記事を読む

Ferrari F40 ¥ASK

車両価格:ASK 何ABS、ないトラクションコントロール、無電気油圧パドルシフト、無安

記事を読む

フェラーリ FXX 2億8724万

車両価格:€2,222,000 Category Coupe Ma

記事を読む

1958 Ferrari 412 S Sports Racing Car 6億9582万円(SOLD)

Sold for $5,610,000 The ex-Scuderia Ferrari,

記事を読む

FERRARI F1 2003 GA EX Michael Schumacher Rennauto.Mit den F1 2003GA wurde Schumacher 2003 Weltmeister .3億524万円

車両価格:2,500,000スイスフラン 興味を持っている場合は、私たちにLOIを送

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク