*

PR

フェラーリ 288 GTO ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 フェラーリ ,

Ferrari 288 GTO

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

G、T、Oは最も望ましいと間違いなく最も貴重なフェラーリの世界を飾る3文字です。多くの大手自動車メーカーがFISAのグループBの規制は彼らの最も技術的に高度な機械を紹介するための決定的なプラットフォームに進化だろうと思ったときに、第2世代のGTOのは、1980年代初頭の間に生まれた。グループBのために修飾するためには、FISAは200同一の道路の車が生産され、ホモロゲが付与されるために民間に売却しなければならなかったことを定める。しかし、グループBは、フェラーリの288とポルシェ959は、怒りでトラックにかかったことがない、レースファンの失望に死産シリーズとずっと世界中になる運命にあった。それにもかかわらず、ポルシェのように、フェラーリは彼らの超高パフォーマンスグループBの挑戦者のための限られた生産実行を進めて行くことにした。
288は、これは0.8バールで二IHIのターボチャージャーに7000RPMのおかげで、驚異的な400bhpを​​生産する2855ccの容量を持つすべての合金ティポF114B 90°V8だった、最初のミッドシップフェラーリのストリート車は縦方向に搭載されたエンジンを搭載されることになっていたベーアのインタークーラーが充電空気冷却しながら、ブーストの。その結果、ゼロに60 MPHはちょうど4.8秒であり、毎時189マイルの最高速度が可能であった。これらの驚異的な数字は、フェラーリの288 GTOは、その1984年打ち上げに世界最速の量産車として到着した意味。そのフリップアップリアスポイラーはかなり見事に尾をフレアながら、その前身にうなずきとして、Bizzarrini設計された250 GTOを彷彿とさせる3つの垂直lourvesは、リアウィングに刻まれた。

GTOのはロッソコルサと左ハンドル車でしか利用できなかった。一方、内部はスエードカバーアンチグレアダッシュ、Veglia社の楽器を特色に、3-スポークのレザーは、モモステアリングホイールとデイトナと同様のデザインの座席を縁取り。拘束とスタイリッシュが、決して過度に豪華な、追加の快適さは、空調、電気窓およびステレオカセットプレーヤーが含まれて贅沢なパッケージを経由して指定することができた。フルレザートリムもリアフォグランプと一緒に(オレンジ色の布インサートと革の標準問題を交換するために)を選択することができます。

フェラーリの重く変装プロトタイプの下にいたかを正確にするように熱心に推測プレスモータリングの世界を見ていた長い開発期間の後に1984年3月のジュネーブサロンで発表、GTOは一晩感覚だった。このため預金世界で最も新しい、最も望ましい自動車場所 – 非常に少なくとも – コレクターの洪水はに吐き気た。フェラーリはもともとホモロゲのためだけに必須の200台を生産す​​ることを計画していた、しかし、需要は272例が、最終的には生産は早い1986年に廃止された時間までに完了したことをとても強かった。

この288 GTOは、1989年8月にそれは、その第二の所有者に売却された1985年1月にイタリアに新しい供給し、車第二所有者はわずか6週間で車の前に車を保つだろうが、その後1993年に、1989年9月に第三の所有者に売却車はこのGTOの第四の所有者、2 288sを所有していた有名なイタリアのコレクターに渡され、彼は驚くべき20年に亡くなるまで車を続けるだろう。

英国で到着(以前はその本来のイタリアを離れたことがないもの)車はDK工学」30年の主なサービス “、彼らはこのマイルストーンに到達するように、我々は288sの数に実施しているプロセスの恩恵を受けているので。この主要な機械的なオーバーホールは、総エンジンストリップとオーバーホール、ターボオーバーホール、車のサスペンションやブレーキのオーバーホール、及びフルディテールが含まれていた。その結果、この例では、288のGTOを駆動する最善の間である。

このセンセーショナルな4所有者の例では、初期の1985年に納入以来、33000キロの合計をカバーしている、車の仕様では、赤のインサートを有するネロ “デイトナ”スタイルの席ロッソの配送ごとの通りです。また、エアコン、電動窓が装備されている。これは最も希少とオリジナルのフェラーリスーパーカー、伝説の288 GTOの華麗な例を取得するための素晴らしい機会です。

G,T and O are three letters that adorn the worlds most desirable and arguably most valuable Ferrari. Second generation GTO’s were born during the early 1980’s when many leading motor manufacturers thought FISA’s Group B regulations would evolve into the definitive platform for showcasing their most technologically advanced machinery. In order to qualify for Group B, FISA stipulated that 200 identical road cars had to be produced and sold to the public for homologation to be granted. However, Group B was destined to become a stillborn series and much to the disappointment of race fans the world over, Ferrari’s 288 and the Porsche 959 never took to the track in anger. Nevertheless, like Porsche, Ferrari decided to go ahead with a limited production run for their super high performance Group B challengers.
The 288 was the first mid-engined Ferrari street car to be fitted with a longitudinally mounted engine, this was an all-alloy Tipo F114B 90° V8 with a capacity of 2855cc producing a phenomenal 400bhp at 7000rpm thanks to twin IHI turbochargers at 0.8 bar of boost while Behr intercoolers cooled the charge air. As a result zero to sixty MPH was just 4.8 seconds and a top speed of 189mph was possible. These astounding figures meant Ferrari’s 288 GTO arrived as the fastest production car in the world on its 1984 launch. As a nod to its predecessor, three vertical lourves reminiscent of the Bizzarrini-designed 250 GTO were carved into the rear wings while that flip up rear spoiler flared the tail quite magnificently.

GTO’s were only available in Rosso Corsa and left hand drive. Meanwhile, the interior featured a suede covered anti-glare dash, Veglia instruments, a three-spoked leather rimmed Momo steering wheel and seats of similar design to the Daytona. Restrained and stylish but never overly luxurious, additional comforts could be specified by way of a luxury package that included air-conditioning, electric windows and a stereo cassette player. Full leather trim could also be selected (to replace the standard issue of leather with orange cloth inserts) along with rear fog lights.
Unveiled at the Geneva Salon in March 1984 after a lengthy development period that had seen the worlds motoring press speculating avidly as to exactly what was beneath Ferrari’s heavily disguised prototype, the GTO was an overnight sensation. Floods of collectors were gagging to – at the very least – place a deposit for this the newest, most desirable car in the world. Ferrari had originally planned to produce just the mandatory 200 units for homologation, however, demand was so strong that 272 examples were eventually completed by the time production was discontinued in early 1986.

 

This 288 GTO was supplied new to Italy in January 1985 it was then sold to its second owner in August 1989, the cars second owner would only keep the car 6 weeks before the car then sold the third owner in September of 1989, in 1993 the car passed to this GTO’s fourth owner, a well-known Italian Collector who owned two 288s, and he would keep the car a remarkable 20 years until his death.

Since its arrival in the UK (having previously never left its native Italy) the car has benefited from a DK Engineering “30 Year Major Service”, a process we have carried out on a number of 288s as they reach this milestone. This major mechanical overhaul included a total engine strip and overhaul, Turbo overhaul, an overhaul of the cars suspension and brakes, and a full detail. As a result this example is amongst the best driving 288 GTOs.
This sensational 4 owner example has covered a total of 33,000 kms since delivery in early 1985, the cars specification is as per delivery of Rosso with Nero “Daytona” style seats with red inserts. It is also equipped with air conditioning and electric windows. This is a wonderful opportunity to acquire a splendid example of the rarest and original Ferrari Supercar, the legendary 288 GTO.

http://www.dkeng.co.uk/ferrari-sales/528/Blue_Chip_and_Competition_Cars/Ferrari_288_GTO.html

関連記事

【ヤフオク】H15年フェラーリ360モデナスパイダーF1

H15年(2003年?)モデスパ。 初期型のF1と比べ、シフトダウンは結構賢くなっています

記事を読む

Ferrari 250 GT Drogo ¥ASK

車両価格:ASK 概要: このシャーシはありませんとのフェラーリ250 GTドロ

記事を読む

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 11億8226万円(SOLD)

Sold for $9,625,000 320馬力、6ウェバー38 DCNキャブ

記事を読む

Ferrari 365 GTC4 27,000 miles ¥ASK

車両価格:ASK The 365GTC/4 is the last in the l

記事を読む

Ferrari 355 GT ¥ASK

車両価格:ASK レーシングカー 内部番号:ferr_355gt 300キロワット

記事を読む

Ferrari Sbarro P4 ¥ASK

車両価格:ASK 概要: 私たちは絶対に興奮と刺激的な車両を取得フェラーリP4

記事を読む

【ヤフオク】FERRARI フェラーリ F355 前期 6MT 中古エンジン

FERRARI  フェラーリ F355 前期 6MT の中古エンジンの出品です 1995年

記事を読む

1992 Ferrari F40 1億7884万円

車両価格:$1,495,500 1992 Ferrari F40, Final pro

記事を読む

1977 Ferrari 308 GTB Vetroresina 1839万円

Sold for (£): 100,000 Introduced by Ferrari

記事を読む

フェラーリ 330 GTC ¥ASK

車両価格:ASK 1967年式 フェラーリ330GTC 1966年のジュネーヴショー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク