*

PR

1968 Alfa Romeo 1750 GTAm ¥ASK

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 アルファロメオ ,

1968 Alfa Romeo 1750 GTAm

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

登録番号:イタリア登録
シャーシ番号:AR1350034

したがって、「AM」の名前に – しばしば想定されることに反して、アルファロメオGTAmがGTAからではなく、GTV 1750のアメリカ版に由来していなかった。ツインカムエンジンは、異なる較正及び重要な開発のための潜在的に、排出量を削減するために米国で使用スピカ燃料噴射を有していた。下の2,000ccクラスに出場する1,995ccその後、1,985ccのエンジンサイズで、またツインプラグだった。 GTVの商業開発に伴い、2000次の年になりました1。車は名前1750と1970年に発表された、:それは11の圧縮率で、そのほとんどの先進形で7,500rpmで240 BHPすることができた2000クーペに道を譲った1750クーペ。

GTAmは900キロの増加最低重量を許可するそのクラスのための規制を、可能な限り低く、その体重を維持するのGTAとは異なり、それは重要ではありませんでした。いくつかのGTAm例はプラスチックの要素、他人のアルミニウムを持っていましたが、鋼は、常にメイン成分であった。外部的には、GTAmは車の恐ろしい表情を与えて、その超ワイドホイールと、多くの場合、リベット止めされた壮大な翼の拡張子によ​​り識別した。これは、一般的に厚い縁のモモホイールの賛成で、そのエレガントな木製のステアリングホイールを失ったその妥協のない内部を含む、多くの急進GTAを超えました。 GTAmsの大部分は、己(公式アルファロメオのレースの作成者)によって建てられたが、特定のプライベーターが己から購入部品を使用して独自のバージョンを構築しました。合計では1970年から1971年の間に構築された弱の40例がありました。

多くの輝かしい業績の中では、この伝説的なモデルは、1970年に先にBMWとフォードの、Toine Hezemans欧州ツーリングカー選手権を獲得させ、アルファロメオは1971年と1972年に同選手権のコンストラクターズタイトルを獲得する。

恐ろしく効果的な – – ミラノの電気通信博物館からお越しの30年間、同じ手の中に。

このアルファロメオ1750 GTAmは、特別なツーリングカーカテゴリーで車で競っ近いアルファロメオのアマチュアレーシングドライバー、エンジニアからジャコモTavolettiに買収された。 1986年には、このレース経歴以下は、その同僚の元己のメカニック、イタリア紳士Paoneたミラノのチェザーノマデルノ、、が運営する、Turbometer復元ワークショップに与えられた。写真のフォルダには、この時点で行う作業を文書化。一度復元されたフォルダに含まれて登録フォームに示すように、エンジンは、8500 rpmで210のbhpを記録し、ローリング道路上でテストされました。

§The車はその後ジャコモTavolettiによって駆動様々なアルファロメオのイベントに参加しましたが、Tavoletti、本物のモータースポーツ狂信者によって開かれたミラノ電気通信博物館で展示さ、その日の大半を過ごした。 1995年11月27日で、それは、その信憑性を確認、レジストロイタリア語アルファロメオ(RIAR)で記録した。 GTAmはこの競争モデルの正しい修正を加え、見事な状態で、今日発表した。ホイールアーチが広いホイールに対応するために拡大してきた、車はバンパーなしであり、ロールケージを装着されています。インテリアは取り除かれ、アクセラレータは、簡単にかかととつま先するようにする特定の形状を有している。

バケットシートは、サベルトハーネスが備わっています。送信は己が後部に、ブロックをスライドさせ、リアアクスルを備え、燃料タンクはトランクリッドを通じてフィラーキャップとの特別な注ぎ口が装備されている。ボンネットの下では、このモデルに特有の、射出スピカとの認識可能なツインスパークエンジンです。アラウンド40車は己により形質転換した。このモデルは、ジュリアスプリントの最も高度に発達したバージョンのいずれかに対応している。

それはとてもよく保存してそのような明確な歴史を持つされているような本物の例を見つけることは稀である。その発見と修復の写真記録に来て、これはコレクターから重大な関心を値する、非常にまれな見つけることです。

詳細については、または閲覧を配置する、弊社営業部までお問い合わせください。
Registration Number: Italian Registered
Chassis Number: AR1350034

Contrary to what is often assumed, the Alfa Romeo GTAm was not derived from the GTA but from the American version of the GTV 1750 – hence the “ Am “ in its name. The twin-cam engine had Spica fuel injection, used in the US to reduce emissions, with different calibrations and potential for significant development. It was also twin plug, with an engine size of 1,985cc then 1,995cc to compete in the under 2,000cc class. It was capable of 240 bhp at 7,500rpm in its most developed form, with a compression ratio of 11 : 1. The car was presented in 1970 with the name 1750, which became 2000 the following year, in line with commercial development of the GTV 1750 coupé which gave way to the 2000 coupé.

Unlike the GTA, it was not as important for the GTAm to keep its weight as low as possible, with regulations for its class allowing an increased minimum weight of 900kg. Some GTAm examples had plastic elements, others aluminium, but steel was always the main component. Externally, the GTAm was identifiable by its ultra-wide wheels and spectacular wing extensions that were often riveted, giving the car a formidable look. It was much more radical than the GTA, including its uncompromising interior which generally lost its elegant wooden steering wheel in favour of a thick rimmed Momo wheel. The majority of GTAms were built by Autodelta (the official Alfa Romeo racing preparer), but certain privateers built their own versions using parts bought from Autodelta. In total there were just under forty examples built during 1970 and 1971.

Among many glorious achievements, this legendary model allowed Toine Hezemans to win the European Touring Car Championship, ahead of BMW and Ford in 1970, and Alfa Romeo to win the constructors’ title of the same championship in 1971 and 1972.

In the same hands for 30 years – Formidably effective – Coming from the Telecommunications museum in Milan.

This Alfa Romeo 1750 GTAm was bought by the engineer Giacomo Tavoletti from an amateur racing driver close to Alfa Romeo, who competed in the car in the special touring car category. In 1986, following this racing career, it was given to the Turbometer restoration workshop, run by Cesano Maderno, in Milan, whose colleague was the former Autodelta mechanic, Signor Paone. A folder of photographs document the work carried out at this time. Once restored, the engine was tested on the rolling road, recording 210 bhp at 8,500 rpm, as shown on the registration form included in the folder.

§The car then took part in various Alfa Romeo events driven by Giacomo Tavoletti, but spent the majority of its days on display in the Milan Telecommunications museum opened by Tavoletti, a genuine motorsport fanatic. On 27 November 1995, it was recorded in the Registro Italiano Alfa Romeo (RIAR), confirming its authenticity. The GTAm presented today in superb condition, with correct modifications for this competition model. The wheel arches have been widened to accommodate wide wheels, the car is without bumpers and has been fitted with a roll-cage. The interior has been stripped out and the accelerator has a particular shape to make it easier to heel and toe.

The bucket seats are fitted with Sabelt harnesses. The transmission features a rear axle with Autodelta sliding block and, at the rear, the fuel tank is equipped with a special spout with a filler cap through the boot lid. Under the bonnet is the recognisable twin spark engine with Spica injection- specific to this model. Around forty cars were transformed by Autodelta. This model corresponds to one of the most highly developed versions of the Giulia Sprint.

It is rare to find such a genuine example that has been so well preserved and with such clear history. Coming with a photographic record of its discovery and restoration, this is a very rare find, meriting serious interest from collectors.

For further information or to arrange a viewing, please contact our sales department.

 http://www.coys.co.uk/showrooms.php?itemID=5638

関連記事

1990 ALFA ROMEO SZ COUPÉ 613万円(SOLD)

Sold for £39,100 新しいから291マイル 1990アルファロメオSZ

記事を読む

Alfa Romeo 155 2500 V6 Gruppo N 145万円

車両価格:€13,000 アルファロメオ155 2500グループN V6エンジンはフル

記事を読む

1986 Osella-Alfa Romeo F1 767万円(SOLD)

登録:指定なしシャーシ番号:01 エンジン番号:指定なし シリンダーの数:8

記事を読む

AUDI A4 QUATTRO STW / BTCC No SF 37 ORIGINAL Super Tour 1100万円

  車両価格:€99,000 アウディスポーツチーム-ABT前者A

記事を読む

Alfa Romeo 2.0 GTV 152万円

車両価格:€11,950 美しく、元の美しいシルバーメタリックALFA ROMEO G

記事を読む

Osella-Alfa Romeo F1 ¥SOLD

ロンバルディア、イタリアで1952年1月16日に生まれ、Piercarlo Ghinzan

記事を読む

1967 ALFA ROMEO TIPO 33/2 DAYTONA COUPE ¥ASK

    この崇高なアルファティポ33、シャーシ019は

記事を読む

1968 Alfa Romeo Tipo 33/2 Daytona 1億5484万円(SOLD)

    Sold for €1.260.000

記事を読む

1961 アルファロメオ Giulietta Spider 948万円

車両価格:$79,500 ジュリエッタは、アルファロメオのための主要な出発だった。年間

記事を読む

Alfa Romeo 1900 Super TI ¥ASK

車両価格:ASK 設備の整った黒のラリー内部と美しい黒の1953 ALFA ROMEO

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク