*

PR

1972 Alfa Romeo Montreal Coupe 1055万円

1972 Alfa Romeo Montreal Coupe

<スポンサーリンク>

車両価格:$88,500

1967年モントリオール万博では、印象的な新しいコンセプトカーは、アルファロメオスタンドの上に座っていた。 (でも、名前を与えられていなかった)車はジュリアはTi 1600ccのツインカム4を実行しているジュリアスプリントGTシャーシに基づいて積極的にスタイルの2 + 2クーペだった。コンセプトは、純粋に一度ベルトーネによって採用されたマルチェロ·ガンディーニによる書いスタイリング運動、で、生産のために意図されていなかった。視聴者はリトラクタブルヘッドライトルーバーと低い、広いボンネットラインを特色にした独特のフロントエンド設計によって満たされた。大胆な黒の垂直スラットのセット – その低いフードは寛大な温室に、あなたが車の第二の主要な視覚的なパンチを満たして太いCピラーに流入した。これらのスラットは、視覚的な文を作ることよりも、他のほとんどの目的を果たしますが、彼らは生産バージョンの所定の位置に誇らしげに残ったデザインのような署名した。生産といえば、コンセプトカーは、スタイリング運動よりanythingmoreとして意図はなかった、実際には、それも正式名称を持っていなかった – 「モントリオールは「publicとプレスによってそれに与えられたニックネームだった。しかし、それはアルファロメオは、真剣にそれを生産するというアイデアを検討しそのような物議をかもした。彼らが生産に達したときに、ほとんどのコンセプトカーが骨抜きに取得している間、モントリオールは、規則の例外だった。むしろ、ショーカーの1600ccfour気筒よりも、生産モントリオールは200馬力2.6リットル、エキゾチックTipo33スポーツレーサーから派生ドライサンプのV8を持っていた。この輝かしい、高回転型V8はリミテッドスリップデフとアルファの実績あるライブリアアクスルを通る、SPICAの燃料噴射を特色と5速ZF伝送に交配した。コンセプトの署名デザイン要素が残った:ルーバーのヘッドライトと柱上の大胆な通気口を。また、非機能ながら、V8をクリアするために必要な電力-膨らみを隠すために使用される巧妙なトリックだった、ボンネット上の大きなNACAダクトを得た。非常にスタイリッシュで快適なインテリアモントリオール実用的な高速大陸クルーザーたそのエキゾチックなドライブトレインと交配。 E-Typeやポルシェ911以上の原価計算、それにもかかわらず、印象的な、エキゾチックなモントリオールは、構築された3700例で実行7年間の生産を楽しんだ。

この1970年アルファロメオモントリオールは、黒千鳥格子インテリアオーバー鮮やかなオレンジ色の適切太字日陰に仕上がっ非常にいい例です。結局のところ、微妙な色でモントリオールを持つ意味はほとんどありませ。この特定の車は適切に維持し、魅力的な、非常によく、ソートされ、それを維持するために懸命に働いた情熱的な愛好家が所有していた。長年にわたり、これらの車は、低い値と高いメンテナンスコストなので、経験の浅い所有者の手で劣化したそれらの多大苦しんだ。ペイントとボディワークは、駆動され、楽しまれているいくつかのチップとこの車を示すマークが、非常に優れている。完全に復元されたことはありません、それが適切に世話されており、非常によく、適切なオリジナルの合金ホイールに至るまで、大部分が元の状態に維持した。インテリアは、緑豊かで魅力的である – 黒素材をふんだんに使った古典的な1970年代のイタリアのコックピットやエキゾチック、ドライバー重視の計器クラスタ。オリジナルの木材リムステアリングホイールが保持する喜びです。この特定の車はおそらく峠に沿って掃引しながらフルボリュームでお好みのクインシー·ジョーンズのアルバムを再生するために、オーディオファン品質のマッキントッシュオーディオシステムを取り付けた。のみ構築された3700で、彼らはこのような微細な状態では非常に珍しい光景です。

コレクターが最終的にその魅力的なスタイリング、素晴らしいエンジンと希少性の通知をとっているようにアルファロメオモントリオールは、最近値で当然の復活を楽しんでいる。しかし、それはまだそのようなポルシェ911やジャガーEタイプとしてのより一般的な競合他社と比較した相対的な割安のまま。エキゾチックな、高回転型V8、突飛ベルトーネスタイリングと荷物のための部屋の多くは、この理想グランツーリスモマシンになります。この例では、ホイールの後ろから自分の車を楽しむことを愛する愛好家のために非常に適しています。

At the 1967 Montreal Expo, a striking new concept car sat atop the Alfa Romeo stand. The car (which wasn’t even given a name) was an aggressively styled 2+2 coupe based on the Giulia Sprint GT chassis running a Giulia Ti 1600cc twin cam four. The concept was purely a styling exercise penned by Marcello Gandini, who was employed by Bertone at the time, and was not intended for production. Viewers were met by a distinctive front end design that featured retractable headlight louvers and a low, wide hood line. That low hood flowed into a generous greenhouse and into the thick C-pillars where you meet the car’s second major visual punch – a set of bold black vertical slats. These slats served little purpose other than to make a visual statement, but they were such a signature of the design that they remained proudly in place on the production version. Speaking of production, the concept car was never intended as anythingmore than a styling exercise, in fact, it didn’t even have an official name – “Montreal” was a nickname given to it by the public and press. But it caused such a stir that Alfa Romeo seriously considered the idea of producing it. While most concept cars get watered down when they reach production, the Montreal was the exception to the rule. Rather than the 1600ccfour cylinder of the show car, the production Montreal had a 200 horsepower 2.6 liter, dry-sump V8 derived from the exotic Tipo33 sports racer. This glorious, high-revving V8 featured SPICA fuel injection and was mated to a 5-speed ZF transmission, running through Alfa’s proven live rear axle with a limited slip diff. The concept’s signature design elements remained: Louvered headlights and those bold vents on the pillar. It also gained a large NACA duct on the hood that, while non-functional, was a clever trick used to disguise the power-bulge needed to clear the V8. A highly stylish and comfortable interior mated to that exotic drivetrain made the Montreal a practical high-speed continental cruiser. In spite of it costing more than an E-Type or Porsche 911, the striking and exotic Montreal enjoyed a seven year production run with 3,700 examples built.

This 1970 Alfa Romeo Montreal is a very nice example finished in an appropriately bold shade of bright orange over a black houndstooth interior. After all, there’s little point in having a Montreal in a subtle color. This particular car was owned by a passionate enthusiast who worked hard to keep it very well sorted, properly maintained and attractive. For many years, these cars suffered from low values and high maintenance costs, so a great deal of them deteriorated at the hands of inexperienced owners. Paint and body work are very good, with a few chips and marks showing this car has been driven and enjoyed. Never fully restored, it has been properly cared for and extremely well maintained in largely original condition, down to the proper original alloy wheels. The interior is lush and inviting – a classic 1970’s Italian cockpit with lots of black material and an exotic, driver-focused instrument cluster. The original wood-rim steering wheel is a delight to hold. This particular car was fitted with an audiophile-quality McIntosh audio system, presumably for playing your favorite Quincy Jones album at full volume while sweeping along a mountain pass. With only 3,700 built, they are a very rare sight in such fine condition.

The Alfa Romeo Montreal has enjoyed a well-deserved resurgence in value recently, as collectors have finally taken notice of its glamorous styling, fantastic engine and rarity. But it still remains a relative bargain when compared to its more common competitors such as the Porsche 911 or Jaguar E-Type. An exotic, high-revving V8, outlandish Bertone styling and lots of room for luggage makes this an ideal Gran Turismo machine. This example is very well suited for the enthusiast who loves to enjoy their cars from behind the wheel.

http://hymanltd.com/vehicles/5400-1972-alfa-romeo-montreal-coupe/

関連記事

1967 Alfa Romeo Duetto Conv 566万円

車両価格:$47,500 それは多くの場合、すべての車愛好家が彼らの生活の中で少なくと

記事を読む

【F1】ALFA ROMEO F1 Typ 182 ¥ASK

車両価格:ASK 販売のためのALFA ROMEO F1標準182 年:1982

記事を読む

Alfa Romeo Giulia 654万円

車両価格:£35,000 アルファロメオジュリアスーパー1600 1965年に建てら

記事を読む

【ヤフオク】サーキット仕様車まとめ

ヤフオクでサーキット仕様車として出品されているものをまとめてみました。 車検に通るものから通ら

記事を読む

Alfa Romeo 155 2500 V6 Gruppo N 145万円

車両価格:€13,000 アルファロメオ155 2500グループN V6エンジンはフル

記事を読む

【ヤフオク】アルファ156 V6 24V 3000ccエンジン搭載レース車

4人乗りの156のレースカーです。 アルファ166の3000ccエンジンに載せ換えてあり

記事を読む

【ヤフオク】痛車アルファロメオ156 車検付6速 高額ドレスアップ車高調アルミ

即決ご希望のかた、ご質問お気軽にどうぞ!! 車検28年5月まで有ります。  ナンバー付

記事を読む

1980 Alfa Romeo 179B Formula One 2029万円(SOLD)

    Sold for €168.000 50

記事を読む

Serem – Alfa Romeo V836 SP 329万円

車両価格:€25,000 フランスの左ハンドル車とダウンフォースのスポーツカー。

記事を読む

Alfa Romeo 8C Spider 3016万円

車両価格:£164,950 ローマ人はイタリア人から「パールホワイトマザー」に変換し、

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク