*

PR

デトマソ パンテーラ  GT4 フルカスタム (マットホワイト・マットブラック) 1950万円

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 デ・トマソ , ,

デトマソ パンテーラ  GT4 フルカスタム (マットホワイト・マットブラック)

<スポンサーリンク>

車両価格:1950万円

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU3327233342/index.html?TRCD=200002

パンテーラ(Pantera )は、デ・トマソの第三作目のスーパーカー。1960年代を代表するレーシングカーフォード・GT40の構造的特徴をイメージした、イタリア製のボディにアメリカ製の大排気量エンジンを搭載した、デ・トマソとフォードによる伊米合作のスーパーカーである。フォードの希望により、この種の車としては初めて大量生産性を重視して製作された。

「パンテーラ」はイタリア語で「豹」を意味する。
1960年代後半に、デ・トマソのオーナーで創始者であるアレッサンドロ・デ・トマソと個人的に親しかったイタリア系アメリカ人のリー・アイアコッカが当時副社長をつとめていたフォードが、ブランドイメージ向上のために「フォード・GT40のイメージを踏襲するスポーツカー」のプロジェクトを企画し、このプロジェクトにデ・トマソを招き入れたことによりパンテーラが生まれることとなった。

このプロジェクトの最大の目標は、徹底的にコストダウンを推し進め大量生産して廉価なスポーツカーとして売り出すことにあり、これを受けてパンテーラは前作のマングスタ同様、エンジンはフォード製を使用することとなった。現代の小規模生産のスポーツカーメーカーの大半は、自製でエンジンを製作しないが、その手本のような形態をとることとなった。

デザインは、当時デ・トマソ傘下で、フォードとも密接な協力関係にあったギアのトム・ジャーダが担当した(なおギアはパンテーラの開発中の1970年にフォードに売却されている)。イタリア製の美しいボディにアメリカ製のワイルドな大排気量エンジンをマッチングさせる経緯において、アレッサンドロ・デ・トマソの辣腕振りは遺憾なく発揮された。

なおメインの市場はそれまでデ・トマソなどのヨーロッパの高級スポーツカーメーカーが狙いを定めていたヨーロッパではなく、フォードの本拠地であるアメリカだった。ただし、アメリカでのデ・トマソの知名度は低かったため、フォードの巨大な販売網を利用しフォードブランドの名を借りて販売した。

関連記事

【ヤフオク】デ トマソ パンテーラ 1974年 完全フルレストア済

メーカー De Tomaso デ トマソ 商品名 Pantera パンテーラ 色 赤 サイ

記事を読む

De Tomaso Pantera Group 4 FIA race car – 1972 ¥ASK

車両価格:ASk This 1972 De Tomaso Pantera is

記事を読む

1969 DeTomaso Mangusta 3311万円

Sold for (£): 180,000 Designed by notable I

記事を読む

1968 DE TOMASO VALLELUNGA 4000万円~4500万円

予想価格:€320,000 - 360,000 1968デ・トマソ・ヴァレルンガ カ

記事を読む

De Tomaso Longchamp GTS Cabriolet 3024万円

車両価格:229,000スイスフラン Pièce Unique, Etat d’o

記事を読む

デ トマソ パンテーラ GT4仕様フルレストア済

現在価格:780万円 終了日時:11月 16日(日) 19時 43分 パンテーラ オ

記事を読む

1969 De Tomaso Mangusta 2145万円(SOLD)

Sold for €168.000 271馬力、289立方。インチOHVフォード

記事を読む

1971′ De Tomaso Pantera デトマソ パンテーラ 実動

自動車基本情報 メーカー名 その他 車種名 デトマソ パンテーラ

記事を読む

De Tomaso Pantera Gr4 (ex-works) ¥ASK

14 GR4車の中で最も有名なだけの車を動作します。アメージング歴史(勝者ジロ・デ・イタリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク