*

PR

ジネッタ G20 レーシングカー NASA SCCA Speed Ventures track ready newer version of G4  272万円

公開日: : ジネッタ , ,

Ginetta G20 racecar NASA SCCA Speed Ventures track ready newer version of G4

車両価格:$22,800

 

2005ジネッタG20レースカー。
アートアレンGinettasの元米国の輸入インポート。
この車はジネッタカップカーとしてスタートし、その後、完全を経て、アップグレードされたイギリスから輸入されました。
最大の変化は、大規模なスピードは大きなバルブヘッドが(ちょうどそれにゼロ時間だけダイノ時間でリフレッシュ)Crowerステージ3カムを使用してインストールされた移植で在庫1.8Lが出swapedと2.0L Zetecありました。
新しい2.0Lは今160hpを出す古い1.8Lに比べて(あなたには、いくつかのより多くのアップグレードでさらに多く得ることができます)200 +馬力を出します。
古いフォードType9のtransmisionははるかに滑らかで強いフォードマスタングSVOのT5にアップグレードされました。
これは、アルミニウムのフライホイールと高性能クラッチを有しています。摂取量は、カスタムメイドの摂取にHyabusa独立スロットルボディにアップグレードされた排気は、カスタム長い管ヘッダーです。
古いロックECUは、任意のloptopと完全にprogramambleあるAEMのEMS4にアップグレードされました。これは、すべてのarroundのショック以上の新しいダブルアジャスタブルコイルを有しています。
フルIMSAケージと消防システム。
画像のタイヤは、我々が実行するものではない、車がその上にBFGのg力R1 225/15分の50年代のほぼ新しいセットを持っています。
また、それがまっすぐ車であることを確認するためにlazeredフレームを持っていたし、それは本当、まっすぐであり、任意の補正を必要としませんでした。
この車は1650ポンド(トラックの運転手と1850ポンド)であり、非常に速く、にcompetativeです。

我々は、4つのイベントで、ST-3で、NASAとこの車を実行して、我々は(これは古いダイノ番号で表され、セットアップを実行していた)車を整理し、inprovementsを作るために続けてきたが第1および3秒かかっています。
この車は、トラックで大きな注目グラバーで、運転する楽しみのトンです。私はエンジンとサスペンションのいくつかの写真だけでなく、当社のチューニングを行い教会自動車で今日ダイノセッションからの写真を掲載しました。
新たな速度スタックとヘッダがコーナーから加速するための追加的なミッドレンジのトルクのトンをもたらしました。
4300 rpmで、我々はほぼ41フィートを拾っ/トルク(オレンジラインと下部にある緑色のボックスのポンド2013 TODAY 12月}に巨大である2013年1月)であった下部の最後のセッション番号(PINKラインと黄色のボックスの上にありましたこのような軽量車。また、(ミッドレンジのrpmで20HPゲインについて)以前のrpmでの今後より多くの力を持っています
トルクグラフは左にあり、馬のパワーグラフは右側にあります。私はあなたの下端部(現在の株式)に入る前に、より多くの利益がさらにいくつかの微調整で可能であると確信しています。
あなたはドライブトレインを介して、10%の損失を考慮するとき、クランクで約205馬力であるべきであるハブで183.5馬力を示すダイノで(我々は燃料をレースではない91オクタンポンプガスを実行します)。

 

2005 Ginetta G20 racecar.
Imported by Art Allen the original U.S. importer of Ginettas.
This car started as a Ginetta Cup Car and was imported from England then completely gone through and upgraded.
The biggest change was the stock 1.8L was swaped out and a 2.0L Zetec with a Massive Speed ported big valve head was installed with a Crower stage 3 cam (just refreshed with zero hours on it, only dyno time).
The new 2.0L now puts out 200+hp (you can get even more with some more upgrades) compared to the old 1.8L that put out 160hp.
The old Ford Type9 transmision was upgraded to a Ford Mustang SVO T5 that is much smoother and stronger.
It has an aluminum flywheel and high performance clutch. The intake was upgraded to Hyabusa Independent throttle bodies on a custom made intake and the exhaust is a custom long tube header.
The old locked ECU was upgraded to an AEM EMS4 that is fully programamble with any loptop. It has new double adjustable coil over shocks all arround.
Full IMSA cage and fire system.
The tires pictured are not what we run, The car has an almost new set of BFG g-force R1 225/50/15’s on it.
We also had the frame lazered to make sure it is a straight car and it is true and straight and did not need any correction.
This car is 1650 lbs (1850 lbs with driver on the track) and is very fast and competative.

We have run this car with NASA in ST-3 at 4 events and took 1 first and 3 seconds while we have been sorting the car out and continuing to make inprovements (this was running the setup that is represented by the old dyno numbers).
This car is a big attention graber at the track and is a ton of fun to drive. I posted some pics of the engine and suspension as well as a pics from todays dyno session at Churches Automotive who does our tuning.
The new velocity stacks and header resulted in a ton of additional mid range torque for accelerating out of the corners.
At 4300 rpm we picked up almost 41 ft/lbs of torque (ORANGE line and the green boxes at the bottom were TODAY December 2013} over last sessions numbers (PINK line and yellow boxes at the bottom were JANUARY 2013) which is huge in a light weight car like this. We also have a lot more power coming on at earlier rpms (about a 20hp gain in the mid range rpms)
The torque graph is on the left and the horse power graph is on the right. I’m sure more gains are possible with a few more tweaks before you get into the bottom end (currently stock).
With the dyno showing 183.5 hp at the hubs that should be about 205 hp at the crank  when you factor in a 10% loss through the drivetrain (we run 91 octane pump gas not race fuel).

 

http://www.ebay.com/itm/Ginetta-G20-racecar-NASA-SCCA-Speed-Ventures-track-ready-newer-version-of-G4-/191566587634?forcerrptr=true&hash=item2c9a4226f2&item=191566587634

関連記事

Ginetta G55

Ginetta G55 1114万円

車両価格:£58,500 3.7 litre V6 engine, hewland

記事を読む

ジネッタ G4

【ヤフオク】●GINETTA●ジネッタG4●極上車 現在価格:250万円

●GINETTA●ジネッタG4●極上車 ●'95年 DEARプロダクションのG4前期の

記事を読む

Ginetta G50 GT4

Ginetta G50 GT4 505万円

車両価格:£28,000 ATS-レーシングは販売のために持っている: ジネッタG5

記事を読む

1965 Other Makes Ginetta G4 R

1965 Other Makes ジネッタ G4 “R” 113万円

車両価格:$94,475 1965ジネッタG4 R工場「R」モデルレースする準備ができ

記事を読む

DSC_0098v2HzkgQ7

Ginetta G20 junior spec 92万円

Description: ginetta g20 still in junior spec

記事を読む

10296602_246614998866015_5891584426204190404_nWlEQCoOD

Ginetta G20 Championship Winner 129万円?

車両価格:£6,995 Description: Stuart Pearson's

記事を読む

2007 Ginetta G20

2007 Ginetta G20 92万円

Sold for (£): 5,060 This is a 2007 Ginetta

記事を読む

Ginetta G50 GT4 Race  Track Day Car

ジネッタ G50 GT4 Race / Track Day Car 598万円

車両価格:£33,000 ジネッタG50 GT4。最初FIAヨーロッパ選手権のために2

記事を読む

434752

Ginetta G55 GT4 556万円

  車両価格:£49,995 スーパーシリーズの2015 AMカテゴリ

記事を読む

1968 Ginetta G16

1968 Ginetta G16 ¥ASK

車両価格:ASK 8内蔵車と何がありの一つは、今日運動を最も成功したG16することがで

記事を読む

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク