*

PR

1972 Lola T290 3681万円

公開日: : ローラ , ,

screen_shot_20140121_at_19_22_46 screen_shot_20140121_at_19_23_00

<スポンサーリンク>

車両価格:£195,000

Description:
This gorgeous “little” Lola has has spent its entire life in Italy and has continuous ownership from new as well as an excellent race history (see belo) which includes a 1972 Targa Florio class win and 4th OA !

The current owner bought the car in 2007 from Italy upon which he then commisioned a complete restoration by specialist Vin Malkie. It was decided to fit the car with the rare 2 litre Cosworth Vega engine which was used by the Lola works team in the seventies.The Hewland FG gearbox was rebuilt with mainly new parts, new body, new fuel tanks, fire extinguisher, seat belts, wiring, rebuilt suspension, etc..

Further detail regarding the restoration is as follows :

• Monocoque restored including new panels and rivets,

• Rear sub-frame/engine bay re-jigged and re-painted, including replacement of some tubes that were slightly damaged,

• New FIA approved fuel tanks in sill and behind seat.

• Complete new body parts fitted to car.

• New suspension and rose joints all round.

• New brakes or rebuilt and new parts fitted, including new discs all round..

• New fuel, oil and water lines.

• New electrical system and wiring loom

Following the restoration, HU08 has been prepared and supported by WDK Motorsport. The car has performed flawlessly and only has 4 races since restoration.HU08 was invited to the Goodwood Festival of Speed in 2010 The car was outright fastest up the hill on day 1. 2nd fastest by one 100th of a second, to a F1 car on day 2 and spun in the shoot out day 3. Quite a performance for a 2 litre car!

The car has been in cocoon storage for past 2 years. WDK have recently prepared and tested the car to ensure all is perfect. As such, it is totally race ready and needs nothing further.

HU-08 comes with spares, current FIA HTP papers and is eligible for Masters WSM, CER, LeMans Classic, etc..

History:
HU08 was delivered to Jo Bonnier on 1/03/72. He sold the car to the first owner Antonio Zadra who then raced HU08 in the 1972 European 2 litre championship where it was entered by the Scuderia Bresca Corsa team.

• 9.4.1972 Trophée Paul Ricard, Le Castellet, Antonio Zadra

• 23.4.1972 Tofeo Ignazio Giunti, Vallelunga, Antonio Zadra

• 25.4.1972 1000 Chiometri di Monza, Antonio Zadra / Giovanni Pierobon

• 21.5.1972 Targa Florio, Sicily, Antonio Zadra / Enrico Pesolini

• 4.6.1972 Grand Prix de Dijon Prenois, Antonio Zadra

• 9.7.1972 14th Circuit of Vila Real, Enrico Pasolini

• 6.8.1972 Circuit Misano, Italy, Mario Casoni.

Following its active circuit racing career, the car was used for hill climbs with a 1600 BDA engine. When it was retired from racing, HU08 has spent its entire life in Italy and prior owners include Mr Violati who owns the famous Rosso Corsa museum in San Marino.

概要:
この豪華な”小さな”ロラはイタリアでその全生涯を過ごし、新しいからの連続所有権だけでなく、1972年タルガ·フローリオクラス優勝と4 OAを含む優れたレースの歴史を(ベロを参照)を持っていました!

彼はその後、専門家ヴィンMalkieによる完全な復元をcommisionedその上に現在の所有者は、イタリアから2007年に車を買った。これは主に新パーツ、新ボディ、新しい燃料タンク、消火器、シートベルトで再建されたseventies.Theヒューランド製のFGギアボックス内のローラが動作するチームによって使用されたまれな2リットルコスワースベガエンジンを車に合うように決定されました、配線、再構築サスペンションなど。

次のように復元に関するさらなる詳細は、次のとおりです。

•モノコックは、新しいパネルやリベットなどの復元

•リヤサブフレーム/エンジンベイの再jiggedと少し被害を受けたいくつかのチューブの交換を含む、再塗装、

•新しいFIAは敷居で、シートの後ろに燃料タンクを承認した。

•完全な新しい身体の部分は、車に取り付け。

•新しいサスペンションとバラの関節すべてのラウンド。

新しいブレーキまたは新しいディスクをすべてのラウンドを含め装着再構築し、新しいパーツを、•..

•新しい燃料、油と水のライン。

•新しい電気システムと配線織機

修復に続いて、HU08が用意されているとWDKモータースポーツでサポートされている。車は完璧に実行され、restoration.HU08は2010年にグッドウッドフェスティバルオブスピードに招待されたので、唯一のF1車に、車が完全に最速の最大100分の1秒単位ずつ日最速の第二1上の丘だった4レースを持っています2日目と2リットルの車のために3日目かなり性能シュートアウトでスピン!

車は、過去2年間の繭·ストレージにされている。 WDKは最近作成し、すべてが完璧であることを確認し、車をテストしました。このように、それは完全に準備ができてレースをし、さらに何もする必要はない。

HU-08はスペア、現在のFIAのHTPペーパーが付属し、マスターズWSM、CER、ルマンクラシックなどの対象です..

歴史:
HU08は1/03/72にジョー·ボニエに送達した。彼はその後、それはスクーデリアBrescaコルサチームによって入力された1972年の欧州2リットル選手権でHU08をレース最初の所有者アントニオZadraに車を売却した。

•1972年4月9日トロフィーポールリカール、ル·カステレ、アントニオZadra

•1972年4月23日Tofeoイグナツィオ·ギュンティ、バレルンガ、アントニオZadra

•1972年4月25日1000年Chiometriディ·モンツァ、アントニオZadra/ジョヴァンニPierobon

•1972年5月21日タルガ·フローリオ、シチリア島、アントニオZadra/エンリコPesolini

•1972年4月6日のグランプリ·ド·ディジョンPrenois、アントニオZadra

ビラレアルの•1972年7月9日第14回回路、エンリコパゾリーニ

•1972年6月8日サーキットミサノ、イタリア、マリオカゾーニ。

そのアクティブサーキット走行のキャリアの後、車は1600 BDAエンジンとヒルクライムのために使用された。それは、レースから引退した時、HU08はイタリアでその全生涯を費やしてきたし、前の所有者は、サンマリノの有名ロッソコルサ博物館を所有氏Violatiが含まれています。

 

http://racecarsdirect.com/listing/52541/1972_lola_t290.html

関連記事

LOLA T310

二人乗りスポーツカーモノコックシャーシ シボレーV8(ビッグブロック)8,3 LTR。

記事を読む

NISSAN GTP ZX-T LOLA T710-3 ¥ASK

車両価格:ASK 「ローラのシャーシを使用Electramotiveによって建て2日産

記事を読む

2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN ALMS P2 SPORTSRACER 2220万円

車両価格:$179,900 2000 LOLA B2K/40 AER-NISSAN

記事を読む

Lola T70 MkI – 1965 ¥ASK

車両価格:ASK MKIシャーシ番号SL70/3 •トランスミッション:マニュアル

記事を読む

1999 GTD Lola T70 MkIIIB Replica

登録:V12 1 OLA シャーシ番号:GTDSC01675PR00196 エンジン番

記事を読む

1984 LOLA T616 PROTOTYPE

ハイライト ルマンでクラス優勝を獲得した最初の日本のメーカー(#68第一、第67

記事を読む

1984 Lola-Mazda T-616  ¥SOLD

車両価格:SOLD 1984 Lola-Mazda T-616 —SOLD Two C

記事を読む

Lola 9651 1212万円

新鮮な無限MF308エンジンとローラ9651 5速シーケンシャルギアボックススタック/

記事を読む

Lola – T-70 SL70/1 Spyder MK1 ¥ASK

車両価格:ASK The first Lola T-70 was built in

記事を読む

【タキレーシング】1968 Lola T70 MkIII GT ¥ASK

車両価格:ASK シャーシ番号:SL130分の73 東京、日本のフジ会社に1968年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク