*

PR

1970 FERRARI 246 GT “L-SERIES” DINO COUPE 7231万円

公開日: : フェラーリ , , ,

1970 FERRARI 246 GT L-SERIES DINO COUPE

<スポンサーリンク>

車両価格:$595,000

 

–Rosso Corsa with Tan leather interior and Beige carpets, Restored, 35,000 Kilometers/21,500 miles from new, 1 of 347 L-Series Dino GT’s manufactured, Documented by Massini, Excellent ownership and service history.

Clothed in dazzling Pininfarina-designed coachwork with body built by Scaglietti, the Dino first debuted in design concept form, known as the 206 S Speciale, at The Geneva Motor Show in March 1965. Several years later, it entered series production with the 206-specification, two-liter engine. After a short run of 150 cars, the 206 GT was updated in 1969 with a larger 2.4-liter motor, which was a displacement that remained unchanged until the Dino’s discontinuation in 1974. The Dino demonstrated impressive balance during tight handling, thanks to its near-even weight distribution, which was a dividend of the race-proven rear-mid engine placement.

The 246 GT was ultimately built in three separate iterations, respectively known as the L, M and E-series. The L-series served as the direct successor to the 206 GT and was built from March of 1969 until October of 1970. During this time, only 357 total examples were built, and they are considered by connoisseurs as the “bridge” between the 206 and 246 GTs. The L-Series kept many detailed from the 206 including, the more purposeful 206-style seats and dash, center-lock knock-off wheels, a deeper passenger footwell with a folding footrest, a wood-rimmed Nardi steering wheel and numerous other small distinctions. More significantly, the L-series cars featured lightweight alloy doors and decklids whereas the later M- and E-series cars used heavier all-steel bodies.

This desirable late-production L-series Dino 246 was built in July 1970 and was equipped to European specifications. It is an original number matching example, purchased new by John Calley, the famed producer of such films as The Cincinnati Kid, Catch 22, Remains of the Day and The DaVinci Code. Mr. Calley was also a Warner Brothers studio chief during the 1970s, and although not officially credited, he was no less responsible for such classics as The Towering Inferno, Deliverance, A Clockwork Orange and The Exorcist. Calley, who was equally known for socializing with celebrities ranging from Steve McQueen to Orson Welles, was also a collector of significant Ferraris, owning such cars as a 250 GTO, a 250 LM and a 250 GT SWB. He had previously purchased such important cars through Jacques Swaters’ renowned Garage Francorchamps in Belgium, this was likely the conduit that facilitated his purchase of chassis number 01016 in 1970 since Dinos were certainly difficult to source in the Unites States at this early juncture in the model’s run.

This 246 GT has a only a handful of collector owners since and has been kept in exception condition from new with sympathetic restoration undertaken when and where needed. In 2005, this 246 was purchased by its previous owner and keeper for the last ten years time. During this time, the Dino was used sparingly and enjoyed during seasonal use prior to having the following restoration work completed by a well-known Northeastern Ferrari specialist as well and further work being performed with the last year by Autosport Designs, Inc. Work included: Engine rebuild, Gearbox and Differential Rebuilds, Clutch assembly, Flywheel ring gear, Starter, Alternator, Voltage regulator, New alternator shield, Steering rack rebuild, Wiper motor rebuild, New fuses boxes, covers and decals, Clock rebuild, Complete front and rear suspension rebuild, Complete exterior chrome refurbishment, Refinished wheels, “5” new Michelin XWC tires, Supply and fitment of factory headlamp covers, New carpets interior, boot and overmats and the renewal of various factory silk screened emblems.

This is an exception L-Series Dino GT with complete ownership and service history and comes with its complete original tools, wheel chock, jack and complete books, user, sales and service manuals.

 

復元内部タンレザーとベージュのカーペットと–Rossoコルサ、新しい、1 LシリーズディノGTの製造、マッシーニによって文書化された、優れた所有権とサービス履歴347のから35,000キロメートル/ 21500マイル。

スカリエッティによって建てられたボディと見事なピニンファリーナがデザインし自動車の車体を着せ、ディーノは、最初の数年後、それはで量産に入った月1965年のジュネーブモーターショーで、206 S SPECIALEとして知られているデザインコンセプトの形でデビュー206-明細書、2リットルエンジン。 150車の短期た後、206 GTは、1974年ザ·ディノでディーノの中止は、タイトな取り扱い中にその近くのおかげで印象的なバランスが実証されるまで変化しないままでの変位であった、より大きな2.4リットルのモーターを1969年に更新されましたレースで実証されたリアミッドエンジンの配置の配当た-even量分布。

246 GTは、最終的には、それぞれL、MおよびEシリーズとして知られている3つの別々の反復、に建てられました。 Lシリーズは、206 GTへの直接の後継を務め、この間、1970年の10月まで、1969年3月から建設された、唯一の357合計の例が建設された、と彼らは206との間の「ブリッジ」として愛好家によって考えられていますおよび246のGT。 Lシリーズは、センターロックノックオフホイール、折りたたみ式のフットレストと深い乗客の足元、木材縁のナルディステアリングホイールや他の多数の小、より意図的な206スタイルシートやダッシュを含む206からの多くの詳細を保っ区別。さらに重要なことは、Lシリーズの車は、後にM-およびEシリーズ車は重いオールスチールボディを使用し、一方、軽量合金のドアやdecklidsを特色にしました。

この望ましい後期生産Lシリーズディーノ246は、1970年7月に建設されたと欧州仕様に備えていました。これは、例に一致する元の数は、22をキャッチ、ジョン·カリー、シンシナティ·キッドなどの映画の有名なプロデューサーによって新たに購入された日とダヴィンチコードの遺跡。氏カリーは、1970年代にも、ワーナーブラザーズスタジオのチーフなかった、と正式に入金されていないが、彼にはあまりタワーリング·インフェルノ、救出、時計じかけのオレンジとエクソシストのような古典を担当していました。均等スティーヴ·マックイーンからオーソン·ウェルズの範囲の有名人との交流のために知られていたカリーは、250 GTO、250 LM 250 GT SWBとして、自動車を所有し、また重要なフェラーリのコレクタました。以前は、これはおそらくディノスは、モデルの中で、この初期の接合部に結びつけるアメリカで元に確かに困難であったため、1970年に車台番号01016の彼の購入を促進し、導管た、ベルギーのジャックSwaters「有名なガレージ·フランコルシャンを介して、このような重要な車を購入していました実行します。

この246 GTはそれ以来コレクタの所有者のほんの一握りを持っており、交感神経復元がいつ、どこで必要に応じて実施さと新しいから例外状態に維持されています。 2005年には、この246は、過去10年間の時間のために、その前の所有者と看守によって購入されました。この間、ディーノは控えめに使用し、前だけでなく、周知の北東フェラーリの専門家によって完成し、さらに作業がオートスポーツデザインにより昨年に行われて、次の復旧作業を有することに季節の使用中に楽しんで、株式会社ワークが含まれます:エンジンは、ギアボックスおよび差分再構築​​、クラッチアセンブリ、フライホイールのリングギア、スターター、オルタネーター、電圧レギュレータ、新しいオルタネータシールド、ステアリングラックを再構築するワイパーモータの再構築、新規ボックス、カバーやデカール、時計の再構築、完全なフロントとリアのサスペンションを融合、再構築再構築、完全な外部クロム改修、再仕上げホイール、 “5”新しいミシュランXWCタイヤ、供給および工場ヘッドランプカバー、新しいカーペットインテリア、ブートおよびovermatsや各種工場のシルクスクリーニングエンブレムのリニューアルの装備。

これは完全な所有権とサービス歴史を持つ例外LシリーズディノGTであり、その完全なオリジナルツール、車輪止め、ジャックと完全書籍、ユーザー、販売、サービスマニュアルが付属しています。

http://www.autosportdesigns.com/inventory/stock/749/ferrari-246-gt-l-series-dino-coupe-1970

関連記事

A Ferrari 625 LM 2.5-liter four-cylinder engine, 3503万円(SOLD)

Sold for US$ 326,500 フェラーリ625 LM2.5リッター4気筒エ

記事を読む

Ferrari F430 GT2 1874万円

車両価格:£145,000 FIA GT2 エンジンのV8500hp 全2

記事を読む

Ferrari 348 Competizione Corsa ¥ASK

車両価格:ASK スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_348 265キ

記事を読む

1967 Ferrari 275 GTB/4 7626万円(SOLD)

Sold for $616,000 300bhp, 3,286cc four overhe

記事を読む

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale  2406万円

Sold for (£): 130,500 The Ferrari F360 was

記事を読む

Ferrari 330 GTC ¥ASK

車両価格:ASK フェラーリは、フェラーリのフラッグシップベルリネッタの(275 GT

記事を読む

フェラーリ 308 GTB “dry sump” 1340万円

車両価格:€99,500 EZ 03/1977 77.500 km 188 kW

記事を読む

【ヤフオク】フェラーリ 355ベルリネッタ 6F コーンズ物 希少

フェラーリF355 6F コーンズ物 タイミングベルトやクラッチ、エアコン整備、

記事を読む

Ferrari F40 1992  ¥ASK

F40は、その前身GTOで培った極端な機械哲学を続けたが、新しいレベルにそれを取りまし

記事を読む

1972 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA COUPE 9962万円

車両価格:$795,000   --Black with Red le

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク