*

PR

1977 Porsche 934.5 IMSA ¥ASK

公開日: : ポルシェ , ,

1977 Porsche 934.5 IMSA - Click to see full-size photo viewer

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

Interscope team car

  • Competed at Sebring and Daytona
  • Complete cosmetic restoration by Canepa
  • Eligible for Historic Racing worldwide
  • Driven by Danny Ongais, Ted Field, Hurley Haywood, Hal Shaw, Jim Busby, Howard Meister, Tom Spalding, Monte Shelton, Gary Belcher, Norm Ridgely

In the late 1970’s the technology of racecars was changing very fast. Racing organizations such IMSA were re-writing rules to allow new cars to race and owners were putting a lot of pressure on the factories to supply them with the latest evolution as fast as possible. The Porsche 934 and in particular this 934 1/2 is a prime example of the intense competition in world sports car racing at that time.

Porsche’s street car, the 911 Turbo, was reconfigured for racing in two FIA categories; as the 934 for Group 4, and as the 935 for the faster Group 5. In the US the 934 was accepted in the SCCA Trans-Am in 1976 but not into IMSA until the following season. The 1977 IMSA rules allowed the 934 to be even more heavily modified using some 935 parts. The Porsche factory created an IMSA only version called the 934-1/2 late in 1976. The first race of the IMSA season is always the 24 Hours of Daytona held in January so the factory was under great pressure to get cars done and delivered in time.

Ted Field’s Interscope Racing Team had ordered two new 934.5s for the coming season but they were not going to be ready until later in the year. Under pressure from Field to get the car as soon as possible, the factory took this car, the last 934, originally slated for Vasek Polak, and converted it to full 934.5 specification at the Porsche factory. 0180, in turn, became the prototype 934.5. While it missed the 24 Hours of Daytona, it did make the next most important endurance race in the U.S., the 12 Hours of Sebring, by delivering the car from the Porsche factory by air. Future owner Tom McIntyre was there that day at Sebring, and witnessed first hand the car, still in factory white, arrive at the airport, being taken off the plane by a catering truck, and then transported directly to the track.

After making numbers out of some spare vinyl, the team got in one night practice, and the very next day Danny Ongais qualified 0180 on the front row along side Peter Gregg. For the 12 hours it would be driven by Ongais, Field, and Hurley Haywood to 5th place overall. After Sebring it was painted the signature colors of Interscope: black with pink, orange, and terracotta stripes. Using race number 00 for the remainder of the year it racked up several top ten finishes including a win at Brainerd.

For 1978 Interscope ordered two brand new 935s, and sold this 934.5 to Hal Shaw Racing. In order to remain competitive Jim Busby and Glen Blakely converted it to full 935 specifications for the 1978 season. They changed the intake system, fuel injection pump, installed a steel roll cage and all the 935 fiberglass body panels. The team would compete with the car for the next two years as No. 13 in selected IMSA and Trans-Am races achieving several top ten finishes. After its final race at the 1979 Trans-Am at Watkins Glenn it was retired from active competition, and returned to Shaw’s shop in California where it sat for the next few years.

Tom McIntyre purchased the car from the Shaw Estate in November 1982. He drove the car twice in Los Angeles Porsche club time trials before a full restoration was undertaken in the early 90s. Over the next five years, the car would slowly be dismantled and carefully restored to its former glory. McIntyre wanted it to look exactly the way it was for its first race at Sebring when Ongais/Field/Haywood finished 5th Overall. After a beautiful restoration job done by former 911 racers, Jim Torres and Jim Borsos, the car was accepted for the 25th 

anniversary Monterey Historics in 1998, where Porsche was the featured marque.

Since 1998 the 934.5 has returned to the Monterey Historics multiple times, including an appearance at Rennsport IV. Since arriving at Canepa 0180 has undergone a complete cosmetic restoration, returning the car to its menacing black Interscope livery. Every detail was addressed to ensure a period correct restoration. The car was painted as it would have been in the day, including the signature Interscope stripes. All of the graphics and decals were reproduced to exacting standards. The front windshield tabs and rear windshield strips were reinstalled. A correct period racing seat was sourced and fitted. Even the removal of the front turn signal lamps was reproduced as Interscope did in the day. They replaced the lamps with screens to increase the airflow to the front oil coolers, which was done to cope with the increased heat from Danny Ongais relentlessly turning up the boost. The final touch was the refitting of the BBS wheel fans, which was a signature Porsche look.

930 670 0180 is fitted with a correct three-liter flat-six engine with a period factory Andial case, single KKK turbocharger, intercooler, and mechanical fuel injection. The engine produces nearly 600 horsepower and 435 foot-pounds of torque, depending on turbo boost. Power is transmitted through a 930 four-speed transaxle. The wheels are lightweight, 16-inch diameter BBS alloys and tires are 11.5-inches wide in the front and 14-inches wide in the rear. Weight is 2489 lbs.

Team Interscope

1977 IMSA
3.19     12 hours of Sebring                 5th                                Ongais, Field, Haywood
4.17     Road Atlanta 100 miles           9th                                Field
5.1       Laguna Seca 100 miles           10th                              Field
6.5       Mid-Ohio 100 miles                  8th                                Field
6.19     Brainerd 100 miles                   1st                                Ongais
7.4       Daytona Paul Revere 250        40th                              Ongais
8.14     Pocono 100 mile                      22nd                             Field
8.28     Mid-Ohio 3 hour                       5th                                Ongais
9.5       Road Atlanta 100 mile             4th                                Ongais
11.27   Daytona Finale 250                 47th, Fastest Qualifier  Ongais

Hal Shaw Racing

1978 IMSA
2.5       24 Hours of Daytona               10th                              Busby, Shaw, Meister
3.18     12 Hours of Sebring                3rd                                Shaw, Spalding
4.2       Talladega 6 hours                   23rd                              Shaw, Spalding
4.30     Laguna Seca 100 mile            13th                              Shaw
7.8       Watkins Glen 6 hour                4th                                Shaw, Shelton

1978 Trans-Am
5.21     Sears Point                              3rd                                Shaw
6.4       Westwood                                2nd                               Shaw
8.19     Mosport                                   7th                                Shaw
9.4       Road America                         4th                                Shaw
10.8     Laguna Seca                           32nd                             Shaw
11.5     Mexico                                     21st                              Shaw

1979 IMSA
2.4       24 Hours of Daytona               40th                              Shaw, Spalding, Ridgely
3.17     12 Hours of Sebring                6th                                Shaw, Ridgely
4.22     Riverside 6 Hours                   53rd                              Shaw

1979 Trans Am
7.7       Watkins Glenn 6 Hours           23rd                              Shaw, Belcher

 

 

 

インタースコープチームカー
•セブリングデイトナで競っ
•Canepaによって化粧品の修復を完了します
•世界中の歴史レーシングの対象
•ダニーOngais、テッドフィールド、ハーレーヘイウッド、ハル·ショー、ジム·バズビー、ハワード·マイスター、トム·スポルディング、モンテシェルトン、ゲイリー·ベルチャー、ノームRidgelyで駆動
1970年代後半にレースカーの技術は非常に急速に変化しました。レーシング団体などIMSAは新しい車がレースすることを可能にするルールを記述再し、所有者が可能な限り速く、最新の進化とそれらを供給するために工場に多くの圧力をかけました。ポルシェ934とは、具体的には、この934 1/2は、その時点で世界のスポーツカーレースでの激しい競争の一例です。

ポルシェのストリートカー、911ターボは、2 FIAカテゴリーでレース用に再構成しました。次のシーズンまで、グループ4の934、および米国934で高速にグループ5の935は1976年にSCCAトランザムに受け入れられたようではなく、IMSAになど。 1977 IMSAのルールは934がさらに重く、いくつかの935の部品を使用して変更することを可能にしました。ポルシェ工場はIMSAシーズンの最初のレースは常に工場は車がで行い、配信得るために大きな圧力下にあったので、1月に開催されたデイトナ24時間レースで後半1976年に934から1/2と呼ばIMSA唯一のバージョンを作成しました時間。

テッド·フィールドのインターレーシングチームは、これからの季節のための2つの新しい934.5sを命じたが、彼らは今年の後半まで準備があることを行っていませんでした。できるだけ早く車を取得するには、フィールドからの圧力の下で、工場はこの車を取った、最後の934は、もともとVasekポラックの予定、とポルシェの工場でフル934.5仕様に変換します。 0180は、順番に、プロトタイプ934.5となりました。それはデイトナ24時間レースを逃したが、それは空気によってポルシェ工場から車を提供することにより、米国、セブリング12時間レースの次の最も重要な耐久レースを行いました。将来の所有者トム·マッキンタイアは、セブリングであり、その日だったし、最初に手に車を目撃し、まだ工場の白、空港に到着し、ケータリングト​​ラックで面を取り出し、その後、トラックに直接輸送されます。

いくつかの予備のビニールのうち数を行った後、チームは一晩の練習に入った、と非常に次の日にダニーOngaisはサイドピーターグレッグに沿ってフロントロー0180資格。 12時間のためには、全体の5位にOngais、フィールド、ハーレーヘイウッドによって駆動されることになります。ピンク、オレンジ、テラコッタのストライプと黒:セブリング後は、インタースコープの署名色を塗られました。年間の残りのレース番号00を使用して、それがブレーナードで勝つなど、いくつかのトップ10の仕上げをしぼっ。

1978年のためにインタースコープは、二つのブランドの新しい935sを命じ、そしてHalショー·レーシングにこの934.5を販売しました。競争力を維持するためにジム·バスビーとグレンブレイクリーは、1978シーズンに向けてフル935仕様に変換します。これらは、吸気系、燃料噴射ポンプを変更スチールロールケージとすべて935ガラス繊維ボディパネルを設置しました。チームはいくつかのトップ10の仕上げを達成する選択IMSAとトランザムレースで13番として、今後2年間のために車と競合することになります。ワトキンス·グレンで1979トランザムでの最後のレース後、それを活発な競争から引退し、それは今後数年間のために座っていたカリフォルニア州のショーの店に戻りました。

トム·マッキンタイアは、完全な復元が90年代初めに行われた前に彼が二度ロサンゼルスポルシェクラブのタイムトライアルで車を運転した11月1982年にショウエステートから車を購入しました。今後5年間で、車はゆっくりと解体されることになると慎重に、かつての栄光に復元します。マッキンタイアは、それがOngais /フィールド/ヘイウッドは、第5回総合終えセブリングでのその最初のレースのためにあった正確な方法を見てみたかったです。前者911レーサー、ジム·トーレスとジムBorsosによって行わ美しい復元ジョブの後、車はポルシェはおすすめの車種だった1998年に25周年記念モントレーHistoricsのために受け入れられました。

1998年から934.5はRennsportのIVでの外観を含め、モントレーHistorics複数回に戻ってきました。 Canepa 0180に到着するので、その威嚇するような、黒インタースコープのカラーリングに車を戻し、完全な化粧品の修復が行われました。すべての詳細は、期間正しい回復を確実にするために取り組みました。それが署名インタースコープストライプを含め、一日であったであろうとして、車が描かれました。グラフィックやデカールのすべてが厳格な基準に再現されました。フロントガラスのタブとリアウインドシールドストリップは再インストールされました。正しい期間レーシングシートは、ソースと取り付けました。インタースコープが一日で行ったようにさえ、フロントターンシグナルランプの除去は、再現されました。彼らはダニーOngaisから増加した熱は執拗にブーストを上げるに対処するために行われたフロントオイルクーラーへの空気の流れを増加させるために画面にランプを交換しました。最後の仕上げは、署名ポルシェを見たBBSホイールのファンの再取り付けました。

930 670 0180は期間工場耳へのケースで正しい3リッターフラット6エンジン、単一KKKターボチャージャー、インタークーラー、および機械的な燃料噴射が装備されています。エンジンはターボブーストに応じて、約600馬力とトルクの435フィートポンドを生成します。電源930は、4速のトランスアクスルを介して送信されます。ホイールは16インチの直径のBBS合金とタイヤが後部に広い広い前方に11.5インチと14インチであり、軽量です。重量は2489ポンドです。

チームインタースコープ

1977 IMSA
セブリング第5 Ongais、フィールド、ヘイウッドの3.19 12時間
4.17ロード·アトランタ100マイル第9フィールド
5.1ラグナセカ100マイル第10フィールド
6.5ミッドオハイオ100マイル8フィールド
6.19ブレーナード100マイル1 Ongais
7.4デイトナポールリビア250第40 Ongais
8.14ポコノ100マイル第22フィールド
8.28ミッドオハイオ3時間5日Ongais
9.5ロード·アトランタ100マイル4日Ongais
11.27デイトナフィナーレ250第47回、最速予選Ongais

ハル·ショー·レーシング

1978 IMSA
2.5デイトナ10日バズビー、ショー、マイスターの24時間
セブリング第三ショー、スポルディングの3.18 12時間
4.2タラデガ6時間23日ショー、スポルディング
4.30ラグナセカ100マイル、13ショー
7.8ワトキンスグレン6時間の4日ショー、シェルトン

1978トランザム
5.21シアーズポイント第3回ショー
6.4ウェストウッド第2ショー
8.19モスポート第7回ショー
9.4ロードアメリカ第4回ショー
10.8ラグナセカ第32回ショー
11.5メキシコ21ショー

1979 IMSA
2.4デイトナ第40回ショー、スポルディング、Ridgelyの24時間
セブリング6日ショー、Ridgelyの3.17 12時間
4.22リバーサイド6時間第53回ショー

1979トランザム
7.7ワトキンス·グレン6時間23日ショー、ベルチャー

 

http://www.canepacollection.com/detail-1977-porsche-934_5-imsa-used-11945898.html

関連記事

Very Rare Porsche 911 964 3.6 Turbo in Beautiful Condition 4590万円

車両価格:£250,000 確かに非常に特別な車。 *本物の3.6ターボ英国RHD駆

記事を読む

Porsche 914/6 GT ¥ASK

車両価格:ASK http://www.raceline-feustel.com/u

記事を読む

1964 Porsche 904 Carrera GTS 1億8231万円(SOLD)

Sold for €1.428.000 EST(東部基準時。 180馬力、196

記事を読む

ポルシェ 997 GT3 RS 4.0 ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make Por

記事を読む

ポルシェ911 2.0 4284万円

車両価格:€329,900 Category Coupe Make

記事を読む

1988 Porsche 959 ‘Komfort’

予想価格:$1,100,000 - $1,400,000 450馬力、2849の

記事を読む

ポルシェ 993 GT2 1億335万円

車両価格:€799,000 Category Coupe Make

記事を読む

1971年 ポルシェ 914/6仕様 ¥ASK

車両価格:ASK 1971年  71,000km レッド/黒革 2.2L

記事を読む

PORSCHE 997 GT3 RALLY 2032万円

車両価格:€150,000 TOTALMENTE REVISADO TEMPORADA

記事を読む

Porsche 924 GTR ¥ASK

車両価格:ASK Das ex Al Holbert Fahrzeug kam in

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク