*

PR

Competition Car Porsche 962C ¥ASK

公開日: : Group C, ポルシェ , ,

1990 Porsche 962C Team Trust - Click to see full-size photo viewer

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

 

Team Trust

  • One of the Last Porsche Factory 962s Built
  • Prototype High Downforce Bodywork
  • The turbo 3.2 liter motor is of the latest and last Porsche factory 962 specification

 

Ordered by the Japanese racing team, Trust, 962-170 was constructed by Porsche as a complete rolling chassis, built by the factory to FIA World Sportscar Championship configuration. After its completion in December of 1990 it was sent to Japan in early 1991. The motor, 956 358, was sent on separately as it cost considerably less with regards to customs duty for importation. This was and still is a common practice. Motor 956 358 was a new turbo 3.2 liter 962 motor in latest and last Porsche factory specification.

962-170 was used by the Trust team for testing only and has very few hours of track time. Since it was a test car and not subject to the rigors of racing it was not modified or damaged in any way. Because of this 962-170 is the most original, period correct 962 in the world today.

This car has undergone a complete restoration and race preparation by Canepa. It is fully sorted, track tested and race ready. It is absolutely stunning, equally at home on the race track or in a museum. Nothing was over looked in the restoration of this car. It is as close as you can get to a brand new 962.

This car is eligible for the Rolex Monterey Motorsports Reunion and other historic events worldwide, and has a current HMSA log book.

Canepa Restoration

  • Disassembly
  • Remove bodywork, undertray and side pods
  • Remove suspension, engine, transmission, oil coolers, radiators, hoses, fire system, seat, seat belts, fuel cell, windshield and top of dash.

Tub

  • Inspect bare tub
  • No issues tub is in BRAND NEW condition.
  • Clean and detail tub
  • Wiring harness inspected, tested, and cleaned
  • Install radiators and oil coolers on tub
  • New fuel lines installed using original factory fittings
  • New oil lines installed using original factory fittings

Body

  • Fit body to tub
  • Make all door gaps and panel seams consistent width
  • Inspect undertray and refinish
  • Refinish inside of body panels
  • Paint body in proper period correct colors
  • Apply all period correct graphics and stripes to body, windshield and wing
  • Apply Clear Guard rock protection
  • Fabricate new headlight covers and install
  • Fabricate new side windows and install
  • Install all lights
  • Install undertray and side pods
  • Install body on car
  • Purchase new seat belts and installed
  • Re-charge fire system
  • Clean all instruments, and switches
  • Clean and install original dash top
  • Suspension, brakes and wheels
  • Crack check all suspension components
  • Install new wheel bearings
  • Inspect all hardware and replace with new where needed
  • Refinish all remaining hardware for correct factory finishes
  • Rebuild front and rear brake calipers
  • Install new brake hoses
  • Rebuild brake and clutch master cylinders
  • Refinish original factory wheels

Engine

  • Engine had very few hours of use, totally factory original
  • Engine removed from car
  • Inspect engine and perform leak down test, engine in excellent condition
  • Inspect fuel injection system
  • Clean all injectors and test
  • Rebuilt turbos
  • Rebuilt wastegates
  • Install new plugs and plug wires
  • Service engine management computer and install new internal battery
  • Clean and detail engine
  • Install engine in car

Transmission

  • Disassemble transmission and inspect all gears, ring and pinion and bearings
  • Replace bearings where needed
  • Fit proper gears ratios for Laguna Seca
  • Remove spool and install limited slip differential
  • Clean and detail case
  • Assemble transmission with new seals and gaskets
  • Install transmission in car
  • Inspect and service rear half shafts and CV joints

Race Preparation and Track Testing

  • Replace all fluids
  • Bleed Brakes
  • Perform full 4-wheel suspension alignment including corner weights
  • Install new springs with rates optimized for American road cources
  • Re-valve shocks for new spring rates
  • Front suspension “period correct update” for caster (reduces understeer)
  • Final “Nut and Bolt” check of entire car
  • Track test at Laguna Seca

Spare Parts

  • 1 set of new BBS wheels and racing tires
  • 1 set spare wheel nuts
  • 1 set tie down wheel nuts

About the 962

The Porsche 962 (also known as the 962C in international competition) was a sports-prototype racing car built by Porsche as a replacement for the 956 and designed to mainly to comply with IMSA’s GTP regulations, although it would later compete in the European Group C formula as the 956 had. The 962 was introduced at the end of 1984, from which it quickly became successful through privateer owners while having a remarkably long-lived career, with some examples still proving competitive into the mid-1990s.To make the 956 eligible under the new rules, Porsche redesigned the chassis to move the drivers feet behind the centerline of the front wheels. A steel roll cage was also integrated into the aluminum monocoque chassis.

The newer Andial built 3.2L fuel injected Flat-6 would be placed in the 962 by the middle of 1985 for IMSA competition, which made the car more competitive against Jaguar. However it would not be until 1986 that the 2.6L unit from the 956 was replaced in the World Sportscar Championship, using 2.8L, 3.0L, and 3.2L variants with dual turbochargers. The cars run under World Sportscar Championship regulations were designated as 962C to separate them from their IMSA GTP counterparts. The 3.2L unit, which had been eligible under IMSA’s Group 3 engine rules was banned in IMSA by 1987. In 1988, to counteract against the factory Nissans and the threat of withdrawal from Porsche teams, watercooled twin turbo Porsche engines would be allowed back but with 36mm restrictors.

 

チームトラスト
•最終ポルシェファクトリー962sの一つは内蔵します
•プロトタイプハイダウンフォースボディワーク
•ターボ3.2リットルモーターは、最新のと最後のポルシェ工場962仕様の

日本のレーシングチームが発注、信託、962から170は、FIA世界スポーツカー選手権構成に工場によって建てられ、完全ローリングシャーシとしてポルシェによって構築しました。 1990年12月に竣工した後、それが早期に1991年モーターに日本に派遣された、956 358は、それが輸入のための関税に関し​​てかなり少ない費用として別途に送信されました。これは、昔も今も一般的です。モーター956 358は、最新のと最後のポルシェ工場仕様の新しいターボ3.2リットル962モーターでした。

962から170は、テスト専用信託チームによって使用され、トラック時間の非常にいくつかの時間を持っていました。それは試験車とレースの厳しさを受けなかったので、それを変更または任意の方法で破損していませんでした。このため、962から170の世界で最も独創的、期間正しい962今日です。

この車はCanepaによって完全な回復とレースの準備が行われました。これは、完全にテストされ、トラックレース準備、ソートされます。これは、同じようにレーストラック上の自宅や博物館で、絶対に素晴らしいです。何も上のこの車の修復に見えませんでした。それはあなたが新しいブランド962に得ることができるように近くです。

この車は世界的にロレックスモントレー·モータースポーツ·リユニオンやその他の歴史的なイベントの対象であり、現在のHMSAログブックを持っています。

Canepa復元
•分解
•ボディワーク、アンダーとサイドポッドを削除します
•サスペンション、エンジン、トランスミッション、オイルクーラ、ラジエータ、ホース、消防システム、シート、シートベルト、燃料電池、フロントガラスやダッシュの上部を取り外します。

バスタブ
•裸の浴槽を点検
•いいえ問題浴槽はBRAND NEW状態ではありません。
•清潔で、詳細タブ
•配線ハーネスは、検査、テスト、および清掃します
•浴槽のラジエーターとオイルクーラーをインストール
•新しい燃料ラインは、工場出荷時の金具を使用してインストール
•新しいオイルラインは工場出荷時の金具を使用してインストール

ボディ
•浴槽に合わせる体
•すべてのドアの隙間やパネルの継ぎ目一貫した幅を作ります
•アンダーと補修を点検
•本体パネルの内側に補修
適切な期間正しい色で•ペイントボディ
•ボディ、フロントガラスと翼へのすべての期間の正しいグラフィックとストライプを適用します
•クリアガードのロック保護を適用します
•新しいヘッドライトのカバーを製作してインストール
•新しいサイドウィンドウを製作してインストール
•すべてのライトをインストールします
•アンダーとサイドポッドのインストール
•車のボディをインストール
•新しいシートベルトを購入してインストール
•再充電火システム
•すべての機器を清掃し、スイッチ
•清潔で、インストール元のダッシュトップ
•サスペンション、ブレーキとホイール
•クラックは、すべてのサスペンション部品をチェック
•新しいホイールベアリングをインストール
•すべてのハードウェアを点検し、必要な場合に新しいと交換
•正しい工場仕上げのために残りのすべてのハードウェアを再仕上げ
•フロントとリアのブレーキキャリパーを再構築
•新しいブレーキホースを取り付けます
•ブレーキとクラッチマスターシリンダーを再構築
•補修工場出荷時の車輪

エンジン
•エンジンが完全に工場出荷時の元、使用の非常にいくつかの時間を持っていました
•エンジン車から削除
•エンジンを点検し、テストをリークダウン行い、良好な状態でのエンジン
•燃料噴射システムを点検
•すべての注射器およびテストを清掃してください
•リビルトターボ
•リビルトwastegates
•新しいプラグとプラグワイヤーを取り付けます
•サービスエンジン管理コンピュータと新しい内部バッテリーを取り付け
•クリーン、詳細エンジン
•車の中でエンジンをインストールします。

トランスミッション
•送信を分解し、すべてのギア、リングとピニオンとベアリングを点検
•必要な場合にベアリングを交換します
•ラグナセカのための適切なギア比を取り付け
•スプールを外し、差動制限装置をインストール
•清潔で詳細ケース
•新しいシールおよびガスケットの伝送を組み立てます
•車の中で伝送をインストール
•リアハーフシャフトとCVジョイントを点検し、サービス

レースの準備とトラックテスト
•すべての液体を交換
•ブリードブレーキ
•コーナーウェイトを含めた完全4輪サスペンションのアライメントを実行します
•アメリカの道路cources用に最適化率を持つ新しいスプリングを取り付けます
•新しいスプリングレートの再バルブショック
•フロントサスペンション」期間正しい更新」キャスターのために(アンダーステア​​低減します)
•全体の車の最終的な「ナット及びボルト」のチェック
ラグナセカで•トラックテスト

スペアパーツ
•新しいBBSホイールの1セットとレーシングタイヤ
•1セットスペアホイールナット
•1セットホイールナットを縛り付けます

962について

それは、後にヨーロッパのグループCで競うことになるが、(また、国際競争の中で962Cとして知られている)ポルシェ962は、956の代替としてポルシェによって構築され、主にIMSAのGTPの規制に準拠するように設計され、スポーツ·プロトタイプレーシングカーでした956のような式がありました。 962は、いくつかの例は、まだ新しいルールの下で956が適格にするmid-1990s.Toに競争力を証明して、格段に長寿命のキャリアを持ちながら、それはすぐにプライベーターの所有者を通じて成功になったから、1984年の終わりで紹介されましたポルシェは、前輪の中心線の後ろのドライバーの足を移動するには、シャーシを再設計しました。鋼製ロールケージは、アルミモノコックシャーシに統合されました。

フラット6注入新しい耳への内蔵3.2L燃料はジャガーに対して車は、より競争力のある製IMSAの競争のための1985年の半ばまでに962に置かれることになります。しかし、956から2.6Lユニットは、デュアルターボチャージャーと2.8L、3.0L、3.2Lおよび変異体を用いて、世界スポーツカー選手権に代えたことを1986年までではないでしょう。世界スポーツカー選手権の規制の下で実行車は、それらのIMSA GTPの対応からそれらを分離するために962Cと命名しました。 IMSAのグループ3エンジンのルールの下で対象としていた3.2Lユニットは、工場日産に対して対抗するために、1988年には1987年によりIMSAで禁止されたポルシェチーム、水冷ツインターボポルシェエンジンからの撤退の脅威が戻ったが許可されます36ミリメートル絞りと。

 

http://www.canepacollection.com/detail-1991-porsche-962c-team_trust-used-5116604.html

関連記事

PORSCHE 911 ST ¥ASK

車両価格:ASK ポルシェ911 STは、1971年と1972年の間に非常に少数のコピ

記事を読む

DP Motorsport 935 3949万円

車両価格:£219,995 トランスミッション:マニュアル。 BHP:650。

記事を読む

【ヤフオク】1998 世界限定180台 Porsche 911 Turbo S GT2 エンジン搭載車両

超レア物 1998年式 最終型 Porsche 911 Turbo S

記事を読む

Argo – Porsche groupe C – JM19 ¥ASK

車両価格:ASK The only Argo on 16th cars to be b

記事を読む

Porsche 911 Carrera 3.0 RSR ¥ASK

車両価格:ASK Description: We are delighted to

記事を読む

Porsche 911 / 993 GT2 R ¥ASK

車両価格:ASK original Werksauto, unfallfrei, s

記事を読む

Porsche 991 Cup and 997 1031万円他

車両価格:€76,000 escription: 3x Porsche C

記事を読む

1976 ポルシェ 911 RSR Race Car Factory Turbo w/G50 現在価格416万円

現在価格:$35,000 販売のための1976ポルシェ911ターボRSRレースカーです

記事を読む

2005 Porsche Carrera GT Coupé 8490万円(SOLD)

Sold for €644,000 単なる9の一つは、ベルギーに新しい配信しました

記事を読む

1980 Porsche 935 K3 ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title Tr

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 8現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク