*

PR

1970 Pontiac Firebird Trans-Am ¥ASK

1970 Pontiac Firebird Trans-Am

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

  •    First production car to win a race using radial tires
  •    Raced in Trans-Am, the 24 Hours of Daytona, and the 12 Hours of Sebring
  •    Built by Jerry Titus’ TG Racing
  •    Recognized by the Historic Trans-Am Registry
  •    Fully restored to a concours standard by Mark Mountanos

 

In the days before our modern 186-mph Y-rated tires, street tires were street tires, and race tires were race tires, and never the two shall meet – until the T/A. The B.F. Goodrich Radial T/A was the first American-made tire that was DOT rated, and also had SCCA approval for track competition. In order to prove the new tire had what it took, B.F. Goodrich looked for a team and a series to run a street tire in professional competition. They found a perfect partner in Terry Godsall and Jerry Titus’ T/G Racing. They had built a trio of Pontiac Firebirds for the 1970 season. At the end of the season papers were signed, and the Firebirds became Tire Birds. This car was the third of three cars built by Jerry Titus’ T/G Racing for the 1970 Trans-Am season.

 

Driven by Canadian champion John Cordts, Don Pike, and Larry Dent, this car was raced in  Trans-Am, the 24 Hours of Daytona, the 12 Hours of Sebring, and SCCA events. B.F. Goodrich took stock T/As and shaved off half the tread and had them put on the 3,200 lbs racecar. This Firebird eventually became the first production car to win a race using radial tires with a class win at Watkins Glen. At the 24 Hours of Daytona they moved up 14 places in the first 5 hours, but the 303 ci Pontiac V8 would let go early in the morning on Sunday, ending their race. They proved their point though, being the first street tire ever to run at Daytona.

 

After Daytona the Firebird would become a Camaro. The team had already convinced the SCCA to allow this car to run with a Chevrolet engine instead of the problematic Pontiac engine based on the fact that Canadian Firebirds could be delivered with Chevrolet engines. As a precaution the car was converted to Camaro bodywork in time for the 12 Hours of Sebring. It remained in Camaro trim for the remainder of its active racing career.

 

At the conclusion of Godsall’s contract with B.F. Goodrich the car was sold to Alfie Ruys de Perez, and was raced by him in the 1972 Trans-Am season with assistance from Mo Carter’s team. He recorded a top speed of 187 mph during his time with the car.

 

Its final professional stint would be with Canadian Don Clement who campaigned the car in IMSA and CSCC events. Don Clement would advertise the car for sale in in February 1980.

 

This car has been restored to a very high concours standard by Trans-Am specialist Mark Mountanos and his team. The attention to detail down to the nut and bolt level is second to none. A huge collection of documentation, historic photographs, and interviews with Titus team members has insured a proper period correct restoration. The car has participated in just seven races since the restoration was complete including the Monterey Historics.

 

Today the car is in spectacular condition, fully sorted, and race ready. Last owned by a prominent west coast collector and vintage racer it has always had top quality care and preparation. The car looks as if the restoration had been completed yesterday.

 

The car has only three race weekends since a complete race-prep. Tony Oddo built the Chevy engine which has only 12 hours of track time, and produced 485.1 hp and 377.6 torque on the dyno. The T10 transmission has been completely rebuilt by Tex Racing.

 

1970

Watkins Glenn Trans-Am – Cordts , 22nd. (Goodyear tires)

Canadian Sedan Championship, Mosport – 3rd, Cordts

Watkins Glenn SCCA National – Cordts, 1st, A Sedan, 2nd overall

(first production car to win a race using radial tires.)

 

1971

24 Hours of Daytona 24 – Cordts, Pike , DNF

(converted to Camaro)

12 Hours of Sebring – Cordts, Pike, DNF

Bridgehampton SCCA – Dent, 2nd

Cumberland SCCA – Dent, DNF

Lime Rock SCCA – Dent, 1st in class, 10th overall

Bryar Trans-Am – Dent, 16th

Thompson SCCA – Dent, 2nd

Road America June Sprints – Dent, 3rd

Mid-Ohio Trans-Am – Dent, 3rd

Nelson Ledges Trans-Am – Dent DNS

 

1972

Bryar Trans-Am – Perez, 8th

Mid Ohio Trans-Am – Perez, 29th

Watkins Glenn Trans-Am – Perez, 9th

Donnebrooke Trans-Am – Perez, 26th

Road America Trans-Am – Perez, 8th

Saniar Trans-Am – Perez, 14th

 

 

About Jerry Titus
In 1967, Jerry Titus was the Trans-Am Champion racing a Ford Mustang for Carroll Shelby. In 1968 and 1969, he was third in the Trans-Am series.
He had 43 career races with 4 wins in the 1967 race season. He had 5 poles, and 7 wins in his career as a driver or co-driver.

At the final 1968 Trans-Am race at Kent, the big news was that Jerry Titus was leaving Ford and moving to Pontiac. Terry Godsall, a young Canadian businessman, offered Jerry a chance to run a team of his own Pontiac Firebirds.

In going with Pontiac, Titus found that he was handicapped by the need of a great deal of developmental work, especially on the engine. Early on, Godsall pulled out of the Trans Am series, saying that the SCCA was inconsistent in its rule enforcement policies. Jerry then carried on the administrative responsibilities as well as driving for his team.

In 1970, Jerry Titus decided to stop building Firebirds for customers and concentrate on his own race cars. Three cars were built. This BFG ” Tire Bird” and the Titus car are the only cars that still exist.

The third Trans Am Firebird was severely wrecked in a crash and eventually destroyed.
The 1970 Season was Jerry’s last season.

 

•最初の生産車は、ラジアルタイヤを使用して、レースに勝つために
トランザム中•レース、​​デイトナ24時間レース、およびセブリング12時間レース
•ジェリータイタス「TGレーシングによって建てられました
•歴史トランザムレジストリによって認識
•完全にマークMountanosによってコンクール規格に復元

現代の186 mphのY-定格タイヤの前の日では、ストリートタイヤはストリートタイヤだったし、レース用タイヤは、レース用タイヤであったし、2つが会うならないん – T / Aまで。 BFグッドリッチラジアルT / Aは、DOTが評価された最初のアメリカ製のタイヤであり、また、トラック競技のためのSCCAの承認を持っていました。新しいタイヤは、それが取ったものを持っていたことを証明するためには、BFグッドリッチは、チームとプロの競争の中でのストリートタイヤを実行するための一連のために見えました。彼らはテリーGodsallとジェリータイタス ‘T / Gレースで完璧なパートナーを見つけました。彼らは、1970年シーズンに向けポンティアックFirebirdsのトリオを作っていました。シーズンの終わりに論文が署名した、とFirebirdsはタイヤ鳥になりました。この車は1970年トランザムシーズンにジェリータイタス ‘T / Gレーシングによって建てられた3台の3位でした。

カナダのチャンピオンジョンCordts、ドン·パイク、とラリーデントに牽引され、この車は、トランザム、デイトナ24時間レース、セブリング、及びSCCAイベントの12時間に参戦しました。 BFグッドリッチは、株式T / Asを取り、半分のトレッドを削り取ら、それらを3200ポンドのレースカーに入れていました。このFirebirdのは、最終的にワトキンスグレンでクラス優勝とラジアルタイヤを使用して、レースに勝つために最初の生産車となりました。デイトナ24時間レースでは、彼らは最初の5時間で14場所を移動したが、303 CIポンティアックV8は、彼らのレースを終了し、日曜日の早朝に手放すことになります。彼らはこれまでにデイトナで動作する最初のストリートタイヤであること、しかしその点を証明しました。

デイトナ後Firebirdのは、カマロなります。チームはすでにSCCAがこの車はシボレーエンジンの代わりにカナダFirebirdsはシボレーエンジンを配信することができるという事実に基づいて、問題のポンティアックエンジンで実行できるように確信していました。念のため車はセブリング12時間レースに間に合うようにカマロのボディワークに変換しました。それは、その活性レーシングキャリアの残りのトリムカマロに残りました。

BFグッドリッチとGodsallの契約の終了時に車がアルフィーRuysデペレスに売却された、とMoカーターのチームからの支援を受けて1972年トランザムのシーズンに彼がレースをしました。彼は車で彼の時間の間、毎時187マイルの最高速度を記録しました。

その最終的なプロのスティントは、IMSAとCSCCイベントで車を運動をカナダドン·クレマンとなるであろう。ドン·クレメントは、1980年2月中に販売のための車を宣伝だろう。

この車はトランザムの専門家マークMountanosと彼のチームは、非常に高いコンクール標準に復元されました。ナットとボルトレベルまでの細部へのこだわりは誰にも劣りません。ドキュメントの膨大なコレクション、歴史的な写真、タイタス​​のチームメンバーとのインタビューは、適切な期間、正しい復元を被保険者です。復元はモントレーHistoricsを含む完了したので、車はわずか7レースに参加しています。

今日の車は完全にソートされ、レースの準備ができて、壮大な状態にあります。最後の著名な西海岸コレクターが所有しており、ヴィンテージレーサーは、常に最高品質のケアと準備してきました。復元は昨日完成されたかのように車が見えます。

車は完全なレースプレップ以来わずか3レース週末を持っています。トニー·オッドは、トラック時間の12時間を持っているシボレーエンジンを内蔵し、ダイノ上で485.1馬力と377.6トルクを生成しました。 T10の送信は完全にテックス·レーシングによって再建されました。

1970

ワトキンス·グレントランザム – Cordts、22日。 (グッドイヤータイヤ)

カナダセダン選手権、モスポート – 第3回、Cordts

ワトキンス·グレンSCCA国立 – Cordts、1日、セダン、全体で2番目

(ラジアルタイヤを使用して、レースに勝つために最初の生産車。)

1971

デイトナ24の24時間 – Cordts、パイク、DNF

(カマロに変換)

セブリング12時間レース – Cordts、パイク、DNF

ブリッジハンプトンSCCA – デント、第2回

カンバーランドSCCA – デント、DNF

ライムロックSCCA – 全体的なデント、クラスで1日、第10回

Bryarトランザム – デント、第16回

トンプソンSCCA – デント、第2回

ロードアメリカ6月スプリント – デント、第3回

ミッドオハイオトランザム – デント、第3回

ネルソンレッジトランザム – デントDNS

1972

Bryarトランザム – ペレス、第8回

ミッドオハイオトランザム – ペレス、29日

ワトキンス·グレントランザム – ペレス、9日

Donnebrookeトランザム – ペレス、26日

ロードアメリカトランザム – ペレス、第8回

Saniarトランザム – ペレス、14日

ジェリー·テトスについて
1967年、ジェリー·タイタスは、キャロル·シェルビーフォードマスタングレーシングトランザムチャンピオンでした。 1968年と1969年に、彼はトランザムシリーズで3位でした。
彼は、1967年のレースシーズン4勝で43キャリアのレースを持っていました。彼は5極、およびドライバやコ·ドライバーとしての彼のキャリアの中で7勝を持っていました。

ケントの最終1968トランザムレースでは、ビッグニュースは、ジェリータイタスはフォードを離れ、ポンティアックに動いていたということでした。テリーGodsall、若いカナダのビジネスマンは、ジェリーに彼自身のポンティアックFirebirdsのチームを実行する機会を提供しました。

ポンティアックと一緒に行くには、タイタス​​は、特にエンジンの上に、彼は開発作業の大量の必要性によって不利ことを見出しました。初期の段階では、GodsallはSCCAは、そのルールの執行方針の矛盾したことを言って、トランザムシリーズから引き出さ。ジェリーは、その後、彼のチームのための駆動と同様に、管理責任を実施しました。

1970年、ジェリー·タイタスは、顧客のためにFirebirdsを構築し停止し、彼自身のレースカーに集中することを決めました。 3台の車が建設されました。このBFG「タイヤの鳥」とタイタスの車はまだ存在している唯一の車です。

第トランザムFirebirdが厳しく事故で大破し、最終的に破壊されました。
1970シーズンは、ジェリーの最後のシーズンでした。

 

 

http://www.canepacollection.com/detail-1970-pontiac-firebird-trans_am-used-5117023.html

関連記事

【ebay】Pontiac Sunbird SD4 asphalt circle track racecar NO RESERVE

Pontiac Sunbird circle track racecar.  Former Go

記事を読む

1989 Pontiac Winston Cup Race Car ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

1965 PONTIAC GTO Convertible 883万円

車両価格:$72,500   --Blue Charcoal with

記事を読む

Pontiac Trans Am 【オークション】

即決:$10,000 I have up for sale, My 1979 Pont

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク