*

PR

1975 Ford Torino NASCAR / IMSA ¥ASK

公開日: : NASCAR, フォード , , ,

1975 Ford Torino NASCAR  IMSA

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

Chassis No: HM001

  • 1976 24 Hours of Daytona – 1st in Class, 16th Overall
  • Exactly as it rolled off the track at Daytona in 1976
  • Featured in the Canepa Motorsport Museum

Team: Holman Moody
Drivers: David Pearson, Larry Pearson,Gary Bowsher, Jim Bowsher
Engine: Ford Boss 429 Cubic Inch V8
Horsepower: 600+
Weight: 3500 lbs
Top Speed: 207 MPH

In 1975 NASCAR founder Bill France asked IMSA and the FIA to create a class for stock cars in their series, and in particular the 24 Hours of Daytona and the 24 Hours of Le Mans. Holman and Moody built this car at France’s suggestion specifically for those two races.

This car was based on a fabricated Grand National style chassis that was nearly identical to the one developed for oval track racing. NASCAR Ford Galaxie based front suspension components and massive drum brakes were used up front, with a trailing arm-equipped, coil spring suspension system in the rear.

Power came from a dry sump equipped Boss 429 engine mounted as low and rearward in the chassis as possible to aid in handling.

The IMSA rules allowed more freedom in fabricating the body than what was allowed in NASCAR racing. The Torino’s body was sectioned so severely that its rocker panels were completely removed. Large front and rear spoilers add to the car’s road race looks and serve as the mounting points for brake and driving lights.

David Pearson and his son Larry, along with Jack Bowsher’s sons, Gary and Jim, were assigned to drive the car at Daytona. The Pearsons led the NASCAR class during the daylight hours of the race. As night fell, the Bowsher’s kept the car in contention until they were sidelined for three hours while a blown engine was changed. The team came back to finish a remarkable first in class and sixteenth overall.

Plans to campaign the car at the fabled 24 Hours of Le Mans fell through when John Holman unexpectedly passed away. The Torino was never raced again. This car has not been restored-it is exactly as it rolled off the track at Daytona in 1976.

David Pearson is second only to Richard Petty on NASCAR’s all-time win list with 105 victories. In all, Pearson entered 572 races, of which he won 105 and placed within the top five 301 times. Pearson was the NASCAR Champion in 1966, 1968 and 1969. Pearson became the first man to break the 190 mph barrier at Daytona in 1969.

Holman Moody was Ford Motor Company’s official racing contractor. They prepared the famous Ford GT 40s, A/FX Mustangs, Shelby Cobras, and Stock Cars. They have competed in NASCAR, Sports Car Racing, Drag Racing, and Ocean Boat Racing.

 

シャーシNo:HM001の•1976デイトナ24時間レース – クラス第1回、第16回総合
•それは1976年のデイトナでトラックをロールオフとおりに
•Canepaモータースポーツ博物館におすすめ
チーム:ホルマンムーディーズ
ドライバ:デビッドピアソン、ラリー·ピアソン、ゲイリーBowsher、ジムBowsher
エンジン:フォードボス429立方インチV8
馬力:600 +
重量:3500ポンド
トップスピード:207 MPH

1975年にNASCARの創設者ビル·フランスは、その直列に在庫車のクラスを作成するIMSAとFIAに尋ね、特にデイトナ24時間レース、ル·マン24時間。ホルマンとムーディーズは、これらの2つのレースのために特別にフランスの提案でこの車を構築しました。

この車は、楕円形のトラックレースのために開発されたものとほぼ同一であった製作グランドナショナルスタイルのシャーシに基づいていました。 NASCARフォードギャラクシーベースのフロントサスペンションコンポーネントと大量のドラムブレーキは、後方のトレーリングアーム付き、コイルスプリングサスペンションシステムと、前面を使用しました。

電源は取り扱いを支援するために可能なように、シャーシのように低く、後方に取り付けられたドライサンプ搭載ボス429エンジンから来ました。

IMSAのルールは、NASCARのレースで許可されたものよりも体を製造する際に、より自由度を可能にしました。トリノの体はとても厳しく、そのロッカーパネルが完全に除去されたこと切片ました。大きなフロントとリアのスポイラーは車のロードレースルックスに追加し、ブレーキや駆動ライトの取り付け点として機能します。

デビッド·ピアソンと彼の息子ラリーは、ジャックBowsherの息子と一緒に、ゲイリーとジムは、デイトナで車を運転するために割り当てられました。ピアソンは、レースの日照時間中にNASCARのクラスを導きました。夜が落ちたように吹きエンジンを変更している間、彼らは3時間欠場されるまで、Bowsherのは競合車を保ちました。チームは顕著クラスの最初の第16全体的に完了するために戻ってきました。

ジョン·ホルマンが突然亡くなったとき、ル·マンの伝説的な24時間で車をキャンペーンに計画は失敗に終わりました。トリノは再びレースをすることはありませんしました。この車は、復元され、それがされていない、それは1976年のデイトナでトラックをロールオフとまったく同じです。

デビッドピアソンは105勝でNASCARのすべての時間の勝利リストにのみリチャード·ペティに2番目です。すべてでは、ピアソンは、彼が105を獲得し、トップ5 301回内に配置されたそのうちの572のレースを、入力されました。ピアソンは、1966年にNASCARチャンピオンだった、1968年から1969年ピアソンは1969年にデイトナで毎時190マイルの壁を破るために最初の人となりました。

ホルマンムーディーズは、フォードモーターカンパニーの公式レースの契約者でした。彼らは有名なフォードGTの40代、A / FXムスタング、シェルビーコブラ、および在庫車をご用意しました。彼らはNASCAR、スポーツカーレース、ドラッグレース、オーシャンボートレースに出場しています。

http://www.canepacollection.com/detail-1975-ford-torino-nascar_slash_imsa-used-11544862.html

関連記事

1971 AMS171 SP フォード1000 ノバ

車両価格:ASK 1971 レッド/ブラック 生産台数9台 車重500Kg イタ

記事を読む

2011 Ford GT GT3 Evo – The last one built ¥ASK

  フォードGT GT3エボ2011年1〜3のエボの組み込み、これまでとて

記事を読む

BENETTON-COSWORTH FORD B194 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER 9682万円(SOLD)

Sold for £617,500 元ミハエル・シューマッハ、1994 FIAフォーミ

記事を読む

2006 Ford GT 6587万円

車両価格:$529,750 Welcome to Crave Luxury Auto,

記事を読む

NASCAR レーシングカー Rolling Chassis Dodge Charger racecar 59万円

車両価格:$5,000 これは、固体のガラス繊維体とシャーシを転がり、使用するレースカ

記事を読む

Ford KA Zetec 2.0 RWD 107万円

車両価格:£5,750 2.0 Zetec RWD(または4WD)V5とフォードのK

記事を読む

1966 Superformance GT40 1527万円

車両価格:$125,995 San Francisco Sports Cars off

記事を読む

FORD ESCORT WRC 1964万円

車両価格:€145,000 Motor Mountune, Cambio X-Trac

記事を読む

2006 Ford Gt 3673万円

車両価格:$298,888 http://fusionluxurymotors.com

記事を読む

1987 Chevrolet Monte Carlo NASCAR ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク