*

PR

1974 Porsche 914 Coupe

公開日: : ポルシェ , , ,

1974 Porsche 914 Coupe

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

3.2 liter Porsche Carrera engine
•915 Transaxle
•Coil-over Bilsteins front and rear
•930 brakes front and rear
•All steel, hand-shaped fender flares
•2″ roof chop
•All build records and photographs
This audacious 914 project began in July of 2006 when Mike Tobey purchased this 914 from Craig Laughlin of Camp 914 in Portland, Oregon. The 914 had already been converted to a 2.0 liter six with a dry sump oiling system, but Tobey wanted something more. By September he had completely disassembled the car and began planning its next iteration. To bring his vision to life Tobey chose A&M Deluxe Customs of Cornelius, Oregon to get busy with the bodywork.

The list of changes to the stock body is extensive and goes a little something like this: all-metal GT fender flares front and rear, 2″ roof chop with steel hardtop, pop-up headlight delete, door handles filled, trunk opener filled, wiper air vent filled, antenna and windshield squirters filled, custom steel rocker panels, and a whole lot more. The metalwork would consume almost 22 months. The nose and tail are 916 replicas, and you may notice the headlights are now placed 935-style in the front valance.

With the bodywork headed to the stratosphere it made sense to step up and make the drivetrain as spectacular as the body. A 3.2 Carrera long block was chosen and rebuilt to stock specs by Dick Elverud, who is well known northwest Porsche engine building circles. He topped the engine with brand-new Weber 40mm triple throat carbs sitting on a pair PMO intake manifolds. The power plant was then mated with a modified late 915 transaxle with WEVO side-shift linkage.

The result of the engine upgrade is 200hp and 197 ft/lbs of torque at the wheels driving a car that weighs only 2150 lbs wet. To handle a 220% increase of power from stock, the 914 was fitted with hardware from Elephant Racing including coil-over Bilsteins front and rear, raised spindles, and poly bronze suspension components to replace the rubber. To shrug off the speed now capable by this 914 hot rod a set of big 930 brakes were installed from Tobey’s 1982 Turbo. Rothsport Racing supplied the axles, 930 adapters, 930 hubs, and cv joints. To fill the yawning fender cavities 7×16 Fuchs wearing 225/50-16s were chosen for the front, and massive 11×16 Fuchs with 265/45-16s at the rear.

In the end the only parts of the car that remained untouched were the master cylinder and rear deck lid. With 3,900 miles on the clock since its completion all the teething pains have been sorted and seen to. What remains is a very streetable, one-of-kind Porsche 914 with sinister looks and performance to match.

 

ポルシェカレラエンジン3.2リットル
•915トランスアクスル
•コイルオーバーBilsteinsフロントとリア
•930ブレーキフロントとリア
•すべての鋼、手状のフェンダーフレア
•2「屋根チョップ
•すべてのレコードや写真を構築
マイクトビーは、オレゴン州ポートランドでキャンプ914のクレイグ·ラフリンからこの914を購入したときに、この大胆な914プロジェクトは、2006年7月に始まりました。 914はすでにドライサンプ給油システムで2.0リットル6に変換されていたが、トビーは、より多くの何かを望んでいました。 9月までに彼は完全に車を解体し、その次の反復を計画し始めましたました。トビーは、ボディワークで忙しい取得するにはコーネリアス、オレゴン州のA&Mデラックス税関を選んだ人生に彼のビジョンを持って。

ストック本体への変更のリストは広範であり、このような小さなものになる:全金属製のGTフェンダーフレアは、前面と背面には、鋼製のハードトップを持つ2「屋根チョップ、ポップアップヘッドライトは、ドアが満たされたハンドル、トランクオープナー満たさ削除し、今935スタイルに配置されているワイパーのエアベントは、アンテナおよびフロントガラススクワーターズが満たされた、カスタムスチールロッカーパネルを満たし、全体の多くは、金属細工はノーズとテールは916レプリカである、あなたはヘッドライトが発生する場合があります。ほぼ22ヶ月消費することになりますフロント価で。

成層圏に向かった車体で、それはステップアップと体として駆動系はとして壮観作るために意味を成していました。 3.2カレラロングブロックは、選択された、よく北西ポルシェエンジンの建物のサークルを知られているディックElverudによって株式の仕様に再建されました。彼はペアのPMOのインテークマニホールドの上に座って真新しいウェーバー40ミリメートルトリプル喉炭水化物でエンジンを突破しました。発電所は、その後WEVOサイドシフトリンケージで修飾された後期915トランスアクスルと交配しました。

エンジンのアップグレードの結果は、200HPとウェットだけ2150ポンドの重さの車を駆動輪のトルクの197フィート/ポンドです。株式からの電力の220パーセントの増加を処理するために、914はコイルオーバーBilsteins前後、上げスピンドル、およびポリブロンズサスペンション部品は、ゴムを交換するなど、エレファント·レーシングからハードウェアを取り付けました。この914ホットロッドによって今可能な速度を一笑に付すために大きな930ブレーキのセットがトビーの1982ターボからインストールされました。 Rothsportレーシングは車軸、930アダプタ、930ハブ、CVジョイントを供給しました。 225 / 50-16sを着てあくびフェンダーキャビティ7×16フックスを埋めるためには、背面に265 / 45-16sで、フロントのために選択され、大量の11×16フックスました。

最終的には手付かずのままであった自動車の部分だけは、マスタシリンダとリアデッキリッドました。その完成以来、時計の3900マイルですべての歯が生えるの痛みは、ソートされているとに見られます。どのような残っているのは不吉な外観と一致する性能を持つワンのユニークなポルシェ914、非常にstreetableです。

 

http://www.canepacollection.com/detail-1974-porsche-914-coupe-used-13484378.html

関連記事

Porsche 935 K3 Recreation 4888万円

車両価格:£274,995 概要: 道路燃料に1.3バールで633 BHP 105

記事を読む

1971 Porsche 914-6 Targa 470万円

車両価格:$39,500 1965年に356の終焉以来、ポルシェは912に依存していた

記事を読む

Porsche Kremer CK7  1682万円

車両価格:€125,000 Chassis und Karosserie Teile

記事を読む

1981 Porsche 935 IMSA ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title E

記事を読む

1982 Porsche 956 Group C Sports-Prototype 2億8496万円(SOLD)

  Sold for €2.352.000 620馬力、モトロニ

記事を読む

Porsche GT3 Cup Rally 2009-S 1325万円

車両価格:€98,000 Engine 997-2009-S, 445 CV, 4950 km

記事を読む

1973 Porsche 911 Carrera RS 2.7 Touring 7012万円(SOLD)

登録:EU登録  シャーシ番号:9113600235  エン

記事を読む

Porsche 911 Martini Racing Edition 2065万円

車両価格:£112,950 ローマ人はブラックレザーにホワイトで提示販売のためのこのブ

記事を読む

Very Rare Porsche 911 964 3.6 Turbo in Beautiful Condition 4590万円

車両価格:£250,000 確かに非常に特別な車。 *本物の3.6ターボ英国RHD駆

記事を読む

PORSCHE Carrera GT (Cabriolet) 1億4351万円

車両価格:1'100'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inver

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク