*

PR

1979 BMW M1 AHG ¥ASK

公開日: : BMW , ,

1979 BMW M1 AHG

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

 

One of 10 AHG M1 Studie cars ever built
•AHG upgraded 350 horsepower engine
•AHG M1 Procar-style bodywork
•Number 94 of approximately 454 M1s produced
•Started as a spare body for a Procar

The first question usually asked about this vehicle is “What is an AHG M1 Studie?”, and that is an understandable query considering that only 10 were ever built.

Start with one of the 399 street BMW M1s, and then do the following: upgrade the engine to 350 horsepower and mate it to a special racing clutch and a new exhaust system; add an adjustable racing suspension and three-piece 16-inch BBS wheels, which were 8-inches wide up front and 9-inches wide at the rear; install a front air dam with brake ducts, wider front and rear fenders, side skirts, and special rear wing to give the car a Procar look; then finish the car off with Cibie lights, a leather interior, upgraded stereo, and a special “art car” paint by Hermann Altmiks.

The M1 Studie package was prohibitively expensive, not just for the extensive work done to the car, but also because the modifications had to be TÜV-certified in Germany. This required extensive testing and approvals, which only added to the cost. Allegedly, it was the rear wing that was the costliest part to get approved, and eventually it had to be made from a soft material to pass German regulations. Due to low production and custom ordering each AHG car is unique. Who ordered these cars? Most were available only to special BMW customers and race drivers.

This vehicle, number 94 of 454 M1s produced from 1979-1981, started its life as a spare body for a Procar, but was then assembled as a series production car and delivered to a BMW AG Niederlassung. It was then sold as a street M1 to its first owner from Mainz, Germany in November of 1979. In October of 1981 it moved on to what is believed to be the first owners daughter. According to AHG it was then sold to an artist who used the car as a canvas featured in expositions and newspapers. That paintwork is still vaguely visible under the current paintwork.

094 returned to the AHG dealership in May of 1983, who then fitted the car with their special package. The famous German paint shop of Hermann Altmiks was hired to apply the current custom paint scheme. The engine was completely rebuilt and now puts out 350hp as opposed the stock rating of 277hp. The rebuild was completed 1200km (746 miles) before it was shipped to the US in 1984. Since then the car has only covered an additional 6000km (3728 miles.)

4301094 was purchased by an American collector in November of 1983 from Automobile International in Munich, West Germany. It arrived in the US in March of 1984, and received its EPA release letter in December of that year. When imported this M1 was modified for DOT compliance, but was released as EPA exempt (not street legal in California).   Full DOT/EPA documentation is included. The NHTSA released the car in 1985, and the car began to appear in shows soon after. 4301094 was very active in the BMW scene until the late 90’s, when it was put in storage as a long term collectable.

In October of 2012 the M1 was awakened once more, and over $3500 in original BMW parts were used in its resurrection. Now in the hands of Canepa the car is receiving a thorough inspection and will be given the care it requires to meet our exacting standards.

About the M1 and AHG

The E26 M1 project, which helped launch the BMW Motorsport division, was approved by BMW AG in 1976 under the condition that it would not interfere with the production of any other BMW model. The M1 was developed to show that BMW was a legitimate manufacturer of sports cars that could compete with Porsche and Ferrari on the street, and to offer a purpose-built machine that could participate competitively in the Group 4 and Group 5 racing series.

BMW Motorsport initially contracted Lamborghini to assemble the cars with engines produced and shipped from Germany. However, severe financial troubles at Lamborghini forced BMW to terminate their agreement with the Italian supercar maker after only a few cars had been produced. Going forward the production examples of the Giugiaro-designed E26 M1 were partially assembled at Ital Design in Turin using fiberglass bodywork supplied by T.I.R, and tubular spaceframes supplied by Marchesi. Final assembly was then conducted at the Baur coachworks in Stuttgart, Germany. Each M1 was then given a final inspection at the BMW Motorsport facility in Munich before being delivered to its owner.

Unfortunately the Lamborghini delay meant that the M1 would never see direct competition with the Porsche 935 in Group 5 racing, instead BMW created a one-make series call the BMW M1 Procar Championship, or simply Procar. The series pitted professional drivers from the Formula One World Championship, World Sportscar Championship, European Touring Car Championship, and other international series against one another using identically modified BMW M1 sports cars.

While the Procar series only lasted two seasons, from 1979 to 1980, its popularity was undeniable. With their flared fenders, imposing front spoiler, massive rear wing, and incredible speed, the M1’s presence on the race track left a lasting impression.

In 1982, after the series ended and production for the M1 was completed, Peter Gartemann, the president and owner of the German BMW dealer AHG, had the brilliant idea of creating a limited-design study that was based on the look of the Procar M1s but was intended for the street. This option, which was open to well-to-do BMW customers, involved having the AHG Motorsport division take an owner’s standard road going M1 and transform it into the ultimate Procar-style street fighter. From the outside, the changes are clearly apparent, but the modifications didn’t simply end with the race-inspired body.

 

10 AHG M1 Studie車の一つは、これまでに構築されました
•AHGは、350馬力のエンジンをアップグレード
•AHG M1 Procarスタイルのボディワーク
•約454 M1S数94は、生成します
•Procarのスペア体としてスタート

通常、この車について尋ねた最初の質問は「AHG M1 Studieは?」であり、それが唯一の10は今までに作られたことを考えると理解できるクエリです。

399通りBMW M1Sのいずれかを使用して起動し、次の操作を行います。350馬力のエンジンをアップグレードし、特別レースのクラッチと、新しい排気システムに嵌合します。調整可能なレーシングサスペンションを追加し、後部に広い広いフロントアップの8インチと9インチであった3ピース16インチBBSホイール、;車にProcarの外観を与えるために、フロントブレーキダクト、より広いフロントとリアフェンダーとエアダム、サイドスカート、そして特別なリアウイングをインストールします。その後Cibieライト、レザーインテリア、アップグレードされたステレオ、ヘルマンAltmiksによって特別な「アートカー」塗料で車を仕上げます。

M1 Studieパッケージだけではなく、車に行わ広範な仕事のためだけでなく、修正がドイツのTUV認定されなければならなかったので、非常に高価でした。これは、コストに追加され、広範なテストと承認を必要としました。伝えられるところでは、それが承認を得るための最も高価な部分だったリアウイングであり、最終的には、ドイツの規制を渡すために柔らかい材料から作らなければなりませんでした。低い生産、カスタムの順序に各AHG車はユニークです。これらの車を注文した誰ですか?ほとんどは、特別なBMWの顧客とレースドライバーに利用可能でした。

この車両は、1979から1981産454 M1S、数94はProcarのスペア体としての生活を始めたが、その後の量産車として組み立てやBMW AG Niederlassungに送達しました。それは、それが最初の所有者の娘であると考えられるものに移った1981年の10月に1979年の11月にマインツ、ドイツからの最初の所有者にストリートM1として販売されていました。 AHGによると、それは、その後、展示会や新聞で紹介キャンバスとして車を使用するアーティストに売却されました。その塗装は、現在の塗装の下にまだ漠然と見えます。

094は、その後、彼らの特別なパッケージに車を取り付けた1983年5月AHGの販売店に戻りました。ヘルマンAltmiksの有名なドイツの塗装工場は、現在のカスタムペイントスキームを適用するために雇われました。エンジンが完全に再構築し、277hpの株式の評価とは対照的に、今350hpを出しました。その後、車は追加の6000キロのみカバーしているので、それが1984年に米国に出荷される前に、1200キロ(746マイル)を完了した再構築(3728マイルを。)

4301094は、ミュンヘンでの自動車·インターナショナル、西ドイツから1983年の11月にはアメリカのコレクターによって購入されました。これは、1984年3月、米国に到着し、その年の12月に、そのEPAリリース手紙を受け取りました。インポートされると、このM1は、DOTのコンプライアンスのために変更されましたが、免除EPA(カリフォルニア州の法律通りではない)としてリリースされました。フルドット/ EPAの資料が含まれています。 NHTSAは、1985年に車をリリースし、車はすぐ後の番組に表示されるようになりました。 4301094は、それが収集可能な長期として記憶装置に置かれたときに、90年代後半まではBMWのシーンで非常に活発でした。

2012年10月にM1はもう一度起こされた、元BMWの部品でオーバー3500ドルは、その復活に使用しました。今Canepaの手の中に車は徹底的な検査を受けているし、それが私たちの厳格な基準を満たすために必要と注意が与えられます。

M1およびAHGについて

BMWモータースポーツ部門を立ち上げにE26 M1プロジェクトは、それが他のBMWモデルの生産を妨害しないことを条件に、1976年にBMW AGによって承認されました。 M1は、BMWが路上でポルシェとフェラーリに対抗できたスポーツカーの正規業者であり、グループ4とグループ5レースのシリーズで競争的に参加できる専用のマシンを提供することを示すために開発されました。

BMWモータースポーツは、最初は、ドイツから製造され、出荷されたエンジンを搭載した自動車を組み立てるためにランボルギーニを縮小しました。しかし、ランボルギーニで深刻な金融危機は、わずか数台が生産された後にイタリアのスーパーカーメーカーとの契約を終了するためにBMWを余儀なくされました。今後ジウジアーロがデザインしE26 M1の製造例は、部分的にガラス繊維TIRによって供給車体、およびマルケージによって供給された管状spaceframesを使用して、トリノのイタルデザインで組み立てました。最終組み立ては、その後シュトゥットガルト、ドイツのバウアーのcoachworksで行いました。各M1は、その所有者に配信される前にミュンヘンのBMWモータースポーツ施設に最終検査を与えられました。

残念ながらランボルギーニ遅延M1はグループ5レースでポルシェ935と直接競合を見ることはないだろうことを意味し、その代わりにBMWが作成ワンメイクシリーズは単にBMW M1 Procar選手権、またはProcarを呼び出します。シリーズは、フォーミュラ·ワン世界選手権、世界スポーツカー選手権、ヨーロッパツーリングカー選手権、そして同じよう修正されたBMW M1のスポーツカーを使用して、1つ別のに対して、他の国際シリーズからプロのドライバーがピットイン。

Procarシリーズのみ1979年から1980年、二つの季節を持続させたが、その人気は否定できないとしました。そのフレアフェンダーと、フロントスポイラー、巨大なリアウイング、そして信じられないほどの速度を課す、レーストラック上のM1の存在は、永続的な印象を残しました。

シリーズが終了し、M1の生産が完了した後の1982年、ピーター·Gartemann、ドイツのBMWディーラーAHGの社長兼オーナーは、Procar M1Sの外観に基づいた限定デザインスタディを作成する素晴らしいアイデアを持っていましたしかし、通りのために意図されていました。裕福なBMWの顧客に開いていた。このオプションは、AHGモータースポーツ部門がM1に行く所有者の標準的な道を取ると究極Procarスタイルのストリートファイターに変換した関与しました。外部からの変更は明白ですが、修正が簡単にレース風の体ではありませんでした。

 

http://www.canepacollection.com/detail-1979-bmw-m1-ahg-used-10066921.html

関連記事

1957 BMW 507 Roadster Series II

予想価格:€1.900.000 - €2.200.000 デュアルゼニスdown

記事を読む

BMW M3 E30 M3スポーツエボリューション サーキット仕様 838万円

車両価格:838万円 年式 走行距離 排気量 車検 修復歴 地域

記事を読む

1938 BMW 328 SPORTS TWO-SEATER 1億2316万円(SOLD)

Sold for £785,500 1938 BMW 328スポーツツーシーター 登

記事を読む

1975 Osella PA3 BMW M12 2399万円(SOLD)

登録:指定なし シャーシ番号:PA029 エンジン番号:BMW M12 気筒数:4

記事を読む

BMW M3 E92 Race Car 672万円

車両価格:€49,500 Description: BMW M3 E92 33

記事を読む

1973 BMW 3.0 CSL (E9) ¥ASK

所有者は、それが元アルピナ車だったと主張したフロリダ州のディーラーから2009年に車を購入し

記事を読む

2014 MINI JOHN COOPER WORKS ★ ONLY 4K MILES ★ SHOW TRACK PROMO RACE CAR GP ★ 現在価格:77万円

2014 BMWミニ 211馬力 1.6ターボ マニュアル 終わ

記事を読む

1971 BMW 2800CS 230万円

車両価格:$18,750 1971 BMW 2800CS 1971 BMW 28

記事を読む

2015 spec BMW GT3 Z4 2663万円

車両価格:€199,000 概要: 2015スペックZ4の車はなし1037車は冬が再

記事を読む

2003 BMW Z8 2272万円

車両価格:$189,990 Z8(ズィーエイト)は、ドイツの自動車メーカーBMWが20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク