*

PR

Bugatti Atalante ¥SOLD

公開日: : ブガッティ ,

Bugatti Atalante

車両価格:SOLD

 

Styled, refined, powerful and glory-covered in racing, which make could pride better prestige in the 1930s than Bugatti? Ettore Bugatti “Le Patron” after collaborating with various makes created « Automobiles Bugatti » in 1909 and launched the « Type 13 » which will be the first step from Bugatti’s legacy. Indeed soon after the War it finished at the first four places from the 1919 Italian Grand Prix, this opened the doors to much more ambitious and creative projects until the most famous of the Bugattis, the “Pur Sang” Type 35 introduced at the “Grand Prix de Lyon” in 1924. It won about 2000 races until the mid 1930s and these successes rendered the make so famous and popular that Ettore realized the potential of building high performance tourism cars to be sold to fortunate enthusiasts. The first car built by Bugatti devoted to a road use was the type 44 which was powered by a derivative from the 35 engine, the success was immediate and Ettore thought about more powerful and luxurious cars to compete with Hispano Suiza, Delage, Isotta or Rolls-Royce. The Type 46 ( Petite Royale ) and 49 were remarkable automobiles but the 1929 crisis and the progresses from the concurrence required a new model which was to be lighter and quicker. Jean Bugatti, Ettore’s son was a fabulously skilful engineer and designer, one of his first drawing was the Royale “Coupe Chauffeur” and he was much more “avant-gardiste” than Ettore. In 1931 at the beginning from the “Type 57” project Jean had extremely innovative ideas but he was refrained by Ettore on the independent suspensions, hydraulic brakes and separate cylinder heads. Despite this, Jean was able to create a fantastic car around the 3,3 liter engine from the “Type 55”. Launched in 1934, the Type 57 was a wonderful driver with remarkable handling and speed, its 3.3 liter double head cams engine delivered 140 HP and the car easily reached 155km/h. The factory Bugatti offered four types of body styles, the berline “Galibier” , coach “Ventoux”, “cabriolet” Stelvio and the magnificent two seater coupé “Atalante” ( named after the mythological Greek huntress ). All of these wonderful lines origin Jean Bugatti’s drawings who was at his pinnacle, indeed most of the 57s bodied by others were much less nicer. In 1936 Jean presented the “Aerolithe” which was later modified into the breath taking “Atlantic”. Reflecting Jean’s growing importance and the retirement from Ettore, between 1936 and 1937, the Type 57 was largely modernised with to name a few hydraulic brakes, rubber mounted engine, telescopic shocks and upgraded engine. From 1937 it was also possible to order the “Surbaissé” version from the Type 57, the “57 S” being a lighter, lower and shorter chassis. Only a total of 58 Atalante were built from 1935 to 1937 but only 14 were based on the normal Type 57 chassis. Many are those who consider this version to be more sculptural than the one on the “S” chassis.
This stunning Type 57 Atalante Chassis number 57570 and engine number 420 was ordered by Mister R. Du Pouget in France and completed on October 1937 the 19th according to the Bugatti Trust archives. It has been ordered in black with some special fittings such as the non incorporated head lights ( indeed this was no more used at this time on factory bodied 57s ), half incorporated fog lights ( one off ), four pointed wings at their submit with a very nice and round back styled in a very similar way to the Atlantic. 57570 passed through two hands, until its purchase by Mister Lecorchet, a reputed French pioneer collector from Clermont-Ferrand. During the mid 1960s the car was repainted into its current colours and sold to Albert Prost from Roanne via the famous dealer Johnny Tuisberg located nearby Cannes. Albert Prost was assembling at this period his wonderful collection, which gathered Delages, Hispanos, Bugattis and Ferraris including a 250 LM. Albert Prost very sparely used the Atalante, accordingly it has been very rarely seen during his ownership. Like most of his cars it was carefully kept and maintained during four decades until his death in the early 2000s. The Type 57 was retained by the family until it was sold to a French collector in 2008. During his ownership, it made a sensational appearance to the “Centenaire Bugatti” held at Molsheim in 2009. Prior to our purchase in June 2011 it has been serviced by the Garage Novo near Montlhéry, the best French Bugatti specialist, who confirmed the amazing originality and authenticity from this Atalante. Indeed it was never dismantled, only serviced, refreshed and repainted when needed. Since the repaint in the late 1960s it has never been restored, having been very sparely used since, it shows a very little and nice patina but can be described has being in very nice condition. This stunning automobile which never left France until we received it, is a very unique opportunity to purchase one of most original Atalante, virtually coming from four decades of display in a private and rarely seen collection.

 

ブガッティよりも1930年代にできたプライドより良い威信を作るこれは、洗練された、強力で、スタイル付きとレースで栄光に覆われましたか?エットーレ·ブガッティ「ル·パトロンは、「作成した1909年に«自動車ブガッティ»や各種のmakeと協力した後にブガッティの遺産からの最​​初のステップになる«タイプ13»を開始しました。確かにすぐに戦争の後、これはBugattis、「グランドで導入された「ピュールサンウ「タイプ35の最も有名なまでずっと野心的で創造的なプロジェクトへの扉を開いた1919年イタリアGPからの最初の4つの場所で終了しました1924でグランプリリヨン “これは1930年代半ばまで、約2000のレースで優勝し、これらの成功は、エットーレは幸運な愛好家に販売される、高性能観光車を構築する可能性を実現することをmakeがとても有名で人気レンダリング。道路利用に専念ブガッティによって構築された最初の車は35エンジンから派生することによって電力を供給されたタイプ44だった、成功は即時であり、エットーレはイスパノスイザ、ドラージュ、ISOTTAまたはロールに対抗するために、より強力な、豪華な車について考えました-Royce。タイプ46(プチ·ロワイヤル)と49が著しい自動車であったが、1929年危機と同意の進行は軽く、速くなるようにした新たなモデルを必要としました。ジャン·ブガッティ、エットーレの息子は、途方も巧みなエンジニアやデザイナーだった、彼の最初の図面の一つはロワイヤル」クーペ運転手」であり、彼はエットーレよりもはるかに「前衛gardiste」でした。 1931年に「タイプ57」プロジェクトの先頭にジャンは非常に革新的なアイデアを持っていたが、彼は独立した懸濁液、油圧ブレーキと独立したシリンダヘッドにエットーレによって控えました。これにもかかわらず、ジャンは「タイプ55」から3,3リッターエンジン周りの素晴らしい車を作成することができました。 1934年に発売し、タイプ57が顕著ハンドリングとスピードを持つ素晴らしいドライバーであった、その3.3リットルのダブルヘッドは、エンジン140 HPと簡単に毎時155キロに達した車を配信カム。工場ブガッティは、BERLINE「ガリビエ峠を」のボディスタイルの4種類を提供し、コーチ「ヴァントゥー」、「カブリオレ」ステルヴィオと(神話のギリシャの狩猟の女神にちなんで命名)​​壮大な2シータークーペ「アタランテ」。これらの素晴らしいライン彼の頂点にあった原点ジャン·ブガッティの図面のすべては、確かに他の人がボディ57Sのほとんどはそれほど立派でした。 1936年にジャンは、後の「大西洋」を息に修正された「Aerolithe」を発表しました。ジーンの重要性の高まりと1936年と1937年の間エットーレから退職を、反映して、タイプ57は、主にいくつかの油圧ブレーキ、ゴム搭載されたエンジン、テレスコピックショック、アップグレードエンジンに名前を付けで近代化しました。 1937年からは、「57 S」は、軽く下と短い筐体であり、タイプ57から「Surbaissé」バージョンを注文することも可能でした。 58アタランテの唯一の合計は、1935年から1937年に建設されたが、唯一の14は通常タイプ57シャーシに基づいていました。多くは、このバージョンは、「S」シャーシの1以上の彫刻であると考えている人です。

この見事なタイプ57アタランテ車台番号57570とエンジン番号420はブガッティ·トラストのアーカイブによると、フランスでミスターR.ドゥPougetにより注文し、1937年10月に第19回を完了しました。それは彼らに提出でこのようないくつかの非組み込まれたヘッドライトなどの特殊継手(確かにこれはもはや工場ボディ57Sで、この時に使用した)、半組み込まフォグライト(1オフ)、4尖った翼で黒に発注されています大西洋と非常によく似た方法でスタイル非常に素晴らしく、ラウンドバック。 57570はミスターLecorchet、クレルモンフェランから評判のフレンチパイオニアコレクターによって買収されるまで、両手を通過しました。 1960年代半ばの間、車は、現在の色に塗り替えたと近くのカンヌに位置し、有名なディーラージョニーTuisbergを介しロアンヌからアルバートプロストに売却します。アルバート·プロストは、この期間に250 LM含むDelages、のHispanos、Bugattisとフェラーリを集めて、彼の素晴らしいコレクションを組み立てました。アルバート·プロストは非常にけちけちしてそれに応じて、それは非常に稀に彼の所有権の間に見られていない、アタランテを使用していました。彼の車のほとんどのように、大切に保管され、2000年代初頭に彼の死までの四十年の間に維持しました。それは彼の所有権の間に2008年にフランスのコレクターに売却されるまで、タイプ57は家族によって保持され、それがされている2011年6月に先立ち、当社の購入に2009年にモルスハイムで開催された「サントネールブガッティ」にセンセーショナルな登場しましたこのアタランテから素晴らしい独創性と真正性を確認モンテリ近くガレージノボ、最高のフランスのブガッティの専門家、によってサービス。実際、唯一のリフレッシュ、サービスを提供し、必要に応じて再描画、解体されませんでした。非常にけちけちしてから使用されていたことが復元されていない1960年代後半で再描画するので、それは非常に少ないと素敵な緑青を示すが、説明することができる非常に良い状態にある持っています。我々はそれを受け取ったまでフランスを離れたことがないこの素晴らしい自動車は、事実上、民間とめったに見られないコレクション内の表示の四十年から来て、最も独創アタランテのいずれかを購入するための非常にユニークな機会です。

 

http://www.artandrevs.com/bugatti-atalante/en/pr-74-16

関連記事

2012 Bugatti Veyron 16.4 Convertible

2012 ブガッティ ヴェイロン 16.4 Convertible 2億2681万円

車両価格:$1,900,000 ブガッティサンディエゴはこの前楽しん2012ブガッティ

記事を読む

AZ15_r137_001

1993 Bugatti EB110 GT 

$575,000 - $775,000 550馬力、4ターボチャージャー、6速マ

記事を読む

2011 Bugatti Veyron Grand Sport

2011 Bugatti Veyron Grand Sport 2億2662万円

車両価格:$1,895,000 Performance - 8.0 Liter

記事を読む

2009 Bugatti Veyron - GCC Specs

2009 Bugatti Veyron – GCC Specs 1億6040万円

車両価格:AED4,750,000 Details Make Buga

記事を読む

Dauer Bugatti EB110 Supersport

Dauer ブガッティ EB110 Supersport 8964万円

車両価格:€690,000 カーボン軽量 - 最終版で販売 - 非常にまれDauerブ

記事を読む

1993 Bugatti EB 110 GT Coupe

1993 Bugatti EB 110 GT Coupe ¥ASK

車両価格:ASK 1993ブガッティEB110GT二ドア、2席、中央のエンジン、クワッ

記事を読む

2014 Bugatti Vitesse Meo Costantini

2014 Bugatti Vitesse Meo Costantini 3億3734万円

車両価格:AED9,990,000 Details Make Buga

記事を読む

1927 Bugatti Type 35 B Replica

1927 Bugatti Type 35 B Replica 2742万円

車両価格:$230,000 35型は非常に単純に決定的な戦前のブガッティグランプリカー

記事を読む

BUGATTI Veyron  16.4 (Coupé)

BUGATTI Veyron 16.4 (Coupé) 1億4351万円

車両価格:1'100'000スイスフラン Inverkehrsetzung 07.200

記事を読む

ブガッティ ヴェイロン 16.4 Bleu Centenaire

ブガッティ ヴェイロン 16.4 Bleu Centenaire ¥ASK

車両価格:ASK 2009年式 ブガッティ ヴェイロン ブルーサントネール ヴェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク