*

PR

250 GT PF Cabriolet Series I ¥ASK

250 GT PF Cabriolet Series I

車両価格:ASK

Coachwork by Pinin Farina
The Last of Only 40 Series 1 Cabriolets Built
Distinctive Late-Production Coachwork and Mechanical Features
A Very Correct, Authentic, and Well-Maintained Example
Proven Veteran of Numerous Long-Distance Tours
Complete with Original Logbook, Owner’s Manual, and Tool Roll

PROVENANCE
Eric Don Pam, Monaco, Monte Carlo (acquired new in September 1959)
Sidney Simpson, Houston, Texas (acquired circa 1974)
Hilary A. Raab Jr., Crown Point, Indiana (acquired from the above in 1976)

LITERATURE
Hilary A. Raab Jr., Ferrari Serial Numbers Part I, chassis no. listed p. 22
Ferrari Market Letter, Volume 6, Number 20, October 3, 1981, feature of subject article
“Official Ferrari Calendar,” 1996

EXHIBITED
FCA National Meeting, St. Louis, Missouri, May 1976
FCA National Meeting, Watkins Glen, New York, June 1977
Inaugural Colorado Grand, 1989
Copperstate 1000, April 1990
Meadow Brook Hall Concours d’Elegance, August 1990 (Blue Ribbon)
FCA National Meeting, Grand Rapids, Michigan, June 1992
Colorado Grand, September 1997
Quail Motorsports Gathering, Carmel Valley, California, August 2007
FCA National Meeting, Elkhart Lake, Wisconsin, July-August 2009
Milwaukee Masterpiece Concours, August 2009 (Best Exterior)

THIS CAR
That the 40 Pinin Farina Cabriolets produced between 1956 and 1959 are referred to and grouped as a distinct “series” is somewhat misleading since each of these spectacular cars is utterly unique in its combination of mechanical specification, interior appointments, exterior details, and overall character. Despite their differences, all 40 examples share the same basic 250 Gt chassis and timeless style that have garnered the model a revered reputation with collectors.

All of the Series 1 Cabriolets were assembled by Pinin Farina in its custom shop, not just in the effort of maintaining a superior build quality, but also in the interest of accommodating the wide variety of requests specified by the car’s original owners – generally top clients of Ferrari. In fact, the people who bought series 1 Cabriolets new were often as glamorous as the cars they drove, with a roster of original owners that include Peter Collins, Prince Sadruddin Aga Khan, Pofrio Rubirosa, Count Giovanni Volpi, and Muhammed Al Faisal.

When compared directly to the Scaglietti-bodied 250 GT LWB California Spider, an open Ferrari of the period that shares a similar design and chassis, it becomes clear that Pinin Farina’s Cabriolet is an even more refined and mature product. This extraordinary quality, style, and exclusivity came at a price; when new, the Cabriolet was not only the most expensive 250 model by a wide margin, it was also one of the most expensive automobiles money could buy. Factory literature indicates a list price of $14,950 for a new Cabriolet, $3,000 more than the California Spider and $2,500 more than the “Tour de France” Berlinetta.

The 250 GT Series I Cabriolet presented here, chassis 1475 GT, is the very last example built. As such, this is a virtually unique example in terms of its coachwork and mechanical specification.

Given its late build, this body, number 19473, displays clear evidence of the transition from the ornate designs of the late 1950s to the clean, modern styling that characterized Pinin Farina coachwork in the early 1960s.

As with nearly all late-production Cabriolets, 1475 GT features full-width bumpers, and its flanks are unadorned with vents, emphasizing the long, elegant lines of the front wings. Additionally, this Series I Cabriolet is one of only four examples built with the open headlamp treatment, and one of only two that feature the tall vertical taillights that were later incorporated into Pinin Farina’s 250 GT Coupe and Series II Cabriolet. As completed, 1475 GT was finished in a striking color scheme of Giallo Solare (Sun Yellow) with brown Connolly leather upholstery.

In addition to its refined coachwork, this Series I Cabriolet possesses mechanical specifications that differentiate it from other examples. 1475 GT is one of a limited number of Pinin Farina Cabriolets (three known and possibly as many as 10) that were factory equipped with a Lucas starter, generator, voltage regulator, coils, plug wires, and twin rear-mounted distributors – the same as those used in contemporary Aston Martin sports racing cars. Additionally, 1475 GT is the only Series I Cabriolet that was constructed with a Lucas parallel wiper system, in lieu of the standard “clap-hands” system.

1475 GT also features an improved six-blade cooling fan, and its radiator was equipped with a roll-up blind instead of the standard actuating louver system. While later 250 GTs had a more resolved system to raise and lower the radiator blind, in this car the actuator for the louvers was modified by drilling a hole in the pivot pin, thus allowing the cable to pass through and pull up the blind.

Completed on August 27, 1959, 1475 GT was first sold to Eric Don Pam, an American citizen living in Monaco, who took delivery at the Ferrari factory and had the car registered on Italian tourist license plates “EE 30001.”

In January 1963, presumably while in Mr. Pam’s ownership, the Series I Cabriolet was serviced at the Ferrari Factory Assistenza Clienti in Modena. Records indicate that, by this time, 1475 GT had covered 36,000 km and was registered on American license plates.

In the mid-1960s, the Ferrari was exported to the US and spent approximately 10 years in Florida. By 1974, 1475 GT was owned by proprietor of Simpson Automobili Sidney J. Simpson, a Ferrari specialist in Houston, Texas.

Two years later, Mr. Simpson offered the Series I Cabriolet for sale in Ferrari Market Letter and his ad caught the attention of Hilary A. Raab Jr., a pioneering enthusiast whose early efforts to document Ferrari production have proved instrumental to the collector-car community.

Shortly after seeing the ad, Mr. Raab few to Houston, bought 1475 GT, and drove it nonstop from Texas to his home in Indiana, with only a brief detour to Sue and Dyke Ridgley’s home for breakfast.

Since that time, 1475 GT has served as Mr. Raab’s preferred driver and, in 1989, it was the car he chose to take on the inaugural Colorado Grand. Following this event, Scott Taylor rebuilt the engine and it has since covered approximately 8,000 miles including two other Colorado Grands and two Copperstate 1000 rallies. Beyond these long-distance tours, the Series I Cabriolet was regularly used to drive to events throughout the Midwest, from Ferrari Club of America National Meetings to regional concours d’elegance.

In a recent conversation, Mr. Raab stated that 1475 GT is a car that he “would drive anywhere” and hopes that its new caretaker continues to enjoy this beautiful Ferrari as he has for the past 38 years. Amazingly, since it was delivered to its first owner in fall 1959, this Pinin Farina Cabriolet has covered just over 70,000 km (42,000 miles).

As presented today, this Ferrari remains in outstanding condition throughout and is finished in a very attractive color combination of Amaranto Bull Lea, a rich metallic dark red, with Crema Connolly leather upholstery. Unlike the vast majority of 250 Ferraris, this Series I Cabriolet has never been fully restored from the ground up. Instead, it has been regularly exercised and meticulously maintained in good working order.

As a result, this car displays a refreshing, authentic character. Even today, it retains its factory-applied undercoating, hood pad, and original rubber matting under the spare tire. Most importantly, Mr. Raab reports that the engine, gearbox, and rear end are original to 1475 GT, with their respective internal numbers corresponding to the factory assembly sheets, copies of which are included in the sale.

This outstanding Series I Cabriolet is also accompanied by important accessories and documents, including the original registration book, Italian “EE” tourist plates, rare leather key fob, handbook pouch, owner’s manual, service directory, tool roll, and a set of rarely seen maintenance tools secured in the proper wooden box. In addition, 1475 GT is offered with two new Lucas distributor caps, points, and used rotors, as these components are now quite difficult to source.

As Ferrari 250 GTs of all types have become increasingly sought after, the most desirable open models are especially prized and difficult to come by. These magnificent 250 GT Cabriolets are the result of a brilliant collaboration between Ferrari and Pinin Farina, each firm operating at the height of its powers. They are mechanical objects of exceptional beauty and sophistication that have long captured the interest of connoisseurs. Today, Series I Cabriolets are found only in the finest collections and continue to reward those who seek out only the very best.

In all respects, this is a Ferrari of particular distinction. As the last of just 40 Series I Cabriolets built, 1475 GT possesses a robust 250 GT chassis, unique mechanical specifications, and special coachwork details that place it among the most distinctive and recognizable examples. Furthermore, its outstanding presentation and superb condition reflect the care and attention it has continued to receive while in the long-term stewardship of Hilary Raab Jr., a gentleman widely regarded as one of the most influential and knowledgeable members of the Ferrari community.

While all Series I Pinin Farina Cabriolets are among the top tier of collector cars, 1475 GT is surely a star among the best of them.

 

ピニンファリーナによる自動車の車体
内蔵のみ40シリーズ1コンバーチブルの最後
独特の後期生産自動車の車体や機械的特徴
非常に、正しい本物の、そして手入れの行き届いた例
数多くの長距離ツアーの実績のあるベテラン
オリジナルログブック、取扱説明書、およびツールのロールとの完全な

出所
エリック·ドンパム、モナコ、モンテカルロ(1959年9月に新たに取得)
シドニー·シンプソン、ヒューストン、テキサス州(1974年頃取得)
ヒラリー·A.ラーブ·ジュニア、クラウンポイント、インディアナ(1976年に上から取得しました)

文学
ヒラリー·A.ラーブ·ジュニア、フェラーリシリアル番号第I部では、なし車台。記載されているP。 22
フェラーリマーケットレター、第6巻、20号、1981年10月3日、対象製品の特徴
「公式フェラーリカレンダー、「1996

出展
FCA全国大会、セントルイス、ミズーリ州、1976年5月
FCA全国大会、ワトキンスグレン、ニューヨーク、1977年6月
就任コロラド州グランド、1989
Copperstate 1000年、1990年4月
メドウブルックホールコンクール·デレガンス、1990年8月(ブルーリボン)
FCA全国大会、グランドラピッズ、ミシガン州、1992年6月
コロラド州グランド、1997年9月
ウズラモータースポーツギャザリング、カーメルバレー、カリフォルニア州、2007年8月
FCA全国大会、エルクハートレイク、ウィスコンシン州、2009年7〜8月
ミルウォーキーマスターピースコンクール、2009年8月(ベスト外観)

この車
これらの壮大な車のそれぞれが、機械的仕様、インテリア予定、外装の詳細、および全体的な文字のその組み合わせで全くユニークであるので、ピニンファリーナコンバーチブルは1956年から1959年の間に生産さ40が呼ばれ、別個の「シリーズ」としてグループ化されているということは、やや誤解を招きますその違いにもかかわらず、すべての40の例は、モデルにコレクターと尊敬の評判を集めている同じ基本250 Gtのシャーシと時代を超えたスタイルを共有しています。

シリーズ1コンバーチブルのすべてが優れたビルドの品質を維持するための努力ではなく、車の元の所有者によって指定された要求の多種多様を収容関心だけではなく、そのカスタムショップでピニンファリーナによって組み立てた – 一般的にトップのクライアントをフェラーリの。実際には、新シリーズ1コンバーチブルを購入した人々はしばしば、彼らはピーター·コリンズ、プリンスSadruddinアガ·カーン、Pofrio Rubirosa、ジョヴァンニ·ボルピ、モハメドアル·ファイサルカウントを含む、元の所有者の名簿と、運転した車のように華やかでした。

スカリエッティボディ250 GT LWBカリフォルニアスパイダーと直接比較すると、同様の設計とシャーシを共有する期間のオープンフェラーリは、それはピニンファリーナのカブリオレはさらに洗練され成熟した製品であることが明らかになりました。この特別な品質、スタイル、独占は価格で来ました。ときに、新しい、カブリオレ大差であっただけでなく、最も高価な250モデルは、それはまた、お金が買うことができる最も高価な自動車の一つでした。工場文献はカリフォルニアスパイダーよりも3000ドル以上と、「ツール·ド·フランス “ベルリネッタよりも2500ドル以上、新しいカブリオレのための14950ドルの定価を示しています。

250 GTシリーズIカブリオレはここに提示、シャーシ1475 GTは、構築された非常に最後の例です。このように、これは、自動車の車体との機械的仕様の点で実質的にユニークな例です。

その後半ビルドを考えると、この本体は、番号19473は、1960年代初頭にピニンファリーナの自動車の車体を特徴とする、清潔でモダンなスタイリングに1950年代後半の華やかなデザインからの移行の明確な証拠が表示されます。

ほぼすべての後期生産コンバーチブルと同様に、1475 GTは、全幅バンパーを備えており、その側面は、フロントウイングの長い、優雅なラインを強調し、通気口と飾り気のないです。また、このシリーズIカブリオレは、オープンヘッドランプ処理で構築された唯一の4つの例の一つであり、それ以降のピニンファリーナの250 GTクーペとカブリオレシリーズIIに組み込まれた背の高い垂直テールライトを備えています2つだけの一つです。完成したように、1475 GTは、茶色のコノリーレザー張りでGIALLOソラーレ(太陽黄)の印象的な配色で仕上げました。

その洗練された自動車の車体に加えて、このシリーズIカブリオレは、他の例と区別機械的仕様を持っています。 1475 GTはルーカススターター、発電機、電圧レギュレータ、コイル、プラグワイヤー、と双子の後部に取り付けられた代理店を装備した工場であったピニンファリーナコンバーチブル(3既知およびおそらく10と同数)の限られた数の一つである – 同じ現代アストンマーティンのスポーツレーシングカーに使用されるもののよう。さらに、1475 GTは、標準的な「拍手-手」システムの代わりに、ルーカス平行ワイパーシステムで構築された唯一のシリーズIカブリオレです。

1475 GTはまた、改善された6枚羽根冷却ファンを備えており、その放熱器は、ロールアップブラインドの代わりに、標準的な作動ルーバーシステムが装備されていました。後で250のGTはラジエーターブラインドを上げ、下げるために多くの解決システムを持っていたが、この車の中でルーバーのためのアクチュエータは、このようにケーブルが通過し、ブラインドをプルアップすることができ、ピボットピンに穴を穿孔することによって変更されました。

1959年8月27日に完成し、1475 GTは、最初にフェラーリの工場での配信を取り、車がイタリアの観光ナンバープレート「EE 30001」に登録されていたエリック·ドンパム、モナコに住んでいるアメリカの市民に売却されました

1963年1月には、おそらくしばらくは氏パムの所有で、シリーズIカブリオレはモデナのフェラーリファクトリーAssistenza Clientiでサービスされました。レコードは、この時点で、1475 GTは36000キロをカバーしていたとアメリカのナンバープレートの上に登録された、ことを示しています。

1960年代半ばには、フェラーリは、米国に輸出され、フロリダ州では約10年を過ごしました。 1974年、1475 GTは、シンプソンAutomobiliシドニーJ.シンプソン、ヒューストン、テキサス州にあるフェラーリの専門家の所有者が所有していました。

2年後、氏シンプソンはフェラーリマーケットレターに販売のためのシリーズIカブリオレを提供し、彼の広告はヒラリーA.ラーブ·ジュニア、その初期のフェラーリの生産を文書化するための努力コレクタ車に楽器を証明している先駆的な愛好家の注目を集めましたコミュニティ。

まもなく広告を見た後、ヒューストン氏ラーブは、数、1475 GTを購入し、唯一の短いスーへ迂回し、朝食のためのダイクRidgleyの自宅で、インディアナ州の自宅にテキサスからノンストップで運転しました。

その時以来、1475 GTは1989年に、それは彼が就任コロラドグランドを取ることを選んだ車をした、氏ラーブの好みのドライバーを務めています。このイベントの後、スコット·テイラーは、エンジンを再構築し、それ以来、他の二つのコロラドグランと2 Copperstate 1000年のラリーなど約8000マイルをカバーしています。これらの長距離ツアー以外にも、シリーズIカブリオレは、定期的にアメリカ国民会議のフェラーリクラブから地域コンクールデレガンスに、中西部全体のイベントに駆動するために使用されました。

最近の会話の中で、ミスター·ラーブは1475 GTが、彼は「どこでも運転する」とその新しい管理人は、彼が過去38年の間持っているとして、この美しいフェラーリを享受し続けることを期待している車であることを述べました。それは秋1959年にその最初の所有者に配信されたので驚くべきことに、このピニンファリーナカブリオレはわずか7万キロ(42000マイル)をカバーしています。

今日発表したように、このフェラーリは、全体を通して優れた状態のままで、クレマコノリーレザーの張りとAmarantoブルリー、豊富な金属暗赤色の非常に魅力的な色の組み合わせに仕上がっています。 250フェラーリの大半とは異なり、このシリーズIカブリオレは、完全に地面から復元されたことがありません。その代わりに、定期的に行使されており、細心の注意を払って良好な作業順序で維持しました。

その結果、この車は、さわやかな、本物の文字が表示されます。今日でも、それはスペアタイヤの下に工場出荷時の適用下塗り、フードパッド、およびオリジナルラバーマットを保持します。最も重要なのは、氏ラーブは、エンジン、ギアボックス、および後端部は、それぞれの内部番号は、工場組立シート、販売に含まれているのコピーに対応して、1475 GTの元であることを報告します。

この優れたシリーズIカブリオレは、元の登録ブック、イタリア「EE」観光プレート、希少なレザーキーフォブ、手帳ポーチ、取扱説明書、サービスディレクトリ、ツールロール、めったに見られないのセットなどの重要なアクセサリーや書類が添付されて保守ツールは、適切な木箱に固定します。これらのコンポーネントは、現在のソースに非常に困難であるように加えて、1475 GTは、二つの新しいルーカスディストリビューターキャップ、ポイント、および使用済みローターを提供しています。

フェラーリのようにすべてのタイプの250 GTSがますます求められて最も望ましいのオープンモデルは特に珍重されており、手に入れるのが困難になってきています。これらの壮大な250 GTコンバーチブルは、フェラーリとピニンファリーナ、その権限の高さで動作する各会社間の華麗なコラボレーションの結果です。彼らは長い間愛好家の関心をキャプチャしている例外的な美しさと洗練された機械的なオブジェクトです。今日、シリーズIコンバーチブルは、最高級のコレクションで発見し、非常に最高のを求める人たちに報いるために続けています。

すべての点において、これは、特に区別のフェラーリです。内蔵わずか40シリーズIコンバーチブルの最後として、1475 GTは、強力な250 GTシャーシ、ユニークな機械的仕様、最も個性的で認識可能な例の中に置き、特別な自動車の車体の詳細を持っています。また、その優れたプレゼンテーションと優れた条件は、ヒラリー·ラーブ·ジュニア、広くフェラーリのコミュニティの中で最も影響力のある知識豊富なメンバーの一人とみなさ紳士の長期管理にしばらく受信し続けてきたのケアと注意を反映しています。

すべてのシリーズIピニンファリーナコンバーチブルはコレクタ車のトップクラスの一つであるが、1475 GTは確かに彼らの最高の間でスターです。

 

http://talacrest.com/Ferrari-Sales/250-GT-PF-Cabriolet-Series-I/10764.htm

関連記事

Ferrari 500 Superfast

Ferrari 500 Superfast ¥ASK

車両価格:ASK - One of only eight Superfasts bui

記事を読む

Ferrari 512 BB LM

Ferrari 512 BB LM SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

1971 Ferrari 365 GTS 4 Daytona Spyder

1971 Ferrari 365 GTS/4 Daytona Spyder  4億2057万円

Sold for (£): 2,277,000 Designed by Pininfa

記事を読む

1968 Ferrari 365GT 2+2

1968 Ferrari 365GT 2+2 2137万円

車両価格:$179,500 1968フェラーリ365 GT 2 + 2クイーンマザー

記事を読む

1969 Ferrari 246GT Dino

1969 Ferrari 246GT Dino 5576万円

車両価格:$467,500 この1969フェラーリ246​​GT L型車台番号0050

記事を読む

1958 Ferrari 412 S Sports Racing Car

1958 Ferrari 412 S Sports Racing Car 6億9582万円(SOLD)

Sold for $5,610,000 The ex-Scuderia Ferrari,

記事を読む

1987 フェラーリ 328GTS

1987 フェラーリ 328GTS 1080万円

車両価格:1080万円 赤/タン 走行35,000km http://www.a

記事を読む

C29-slider-1_60C

2010 SAUBER FERRARI C29 ¥ASK

    我々は、市場でおそらく最新かつ最も包括的にサポートさ

記事を読む

AZ15_r243_001

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 11億8226万円(SOLD)

Sold for $9,625,000 320馬力、6ウェバー38 DCNキャブ

記事を読む

DSCF6274 (1)

2006 FERRARI F430 GT2 ¥ASK

このフェラーリF430 GT2は、巨大なレースの歴史があり、中にレースしました。 - 20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク