*

PR

Ferrari 250 GT Lusso ¥ASK

公開日: : フェラーリ , ,

Ferrari 250 GT Lusso

車両価格:ASK

We are pleased to bring into stock a special RHD example of the Ferrari 250 Lusso – a truly fabulous car.

Registration: WRT 76A
Chassis Number: 250GTL5443
Engine Number: 168
Number of cylinders: 12
CC: 2953cc
Year of Manufacture: 1963

Regarded by many as one of the most beautiful Pininfarina designs for Ferrari, the Scaglietti-built ‘Lusso’ sold as a road-going car and directly benefited from the successful lineage of its predecessor, the Ferrari 250 GT. It was developed from the dual-purpose 250 GT Short Wheel Base delivered as either a tractable competition steed or a steel-bodied grand touring car. When the SWB’s time was up, its road-going version was replaced in 1962 with the more curvaceous 250 GT Lusso.

The very first Lusso appeared in October of 1962 at the Paris Salon and generated much admiration for its exquisite proportions. Call us biased, but we can’t think of a prettier car before or since.

One of just 22 Righthand drive cars built by Maranello Concessionaires, some reports suggest that today just 17 examples remain. This car is particularly special thanks in no small part to the comprehensive and exacting restoration which this car received by respected craftsmen and former Pebble Beach Concours-winning restorers, Auto Restorations NZ of Christchurch in the years to 2010. Upon completion of its meticulous restoration this handsome Lusso was rightly crowned Winner in the Masters’ Class of the NZ Classic Car Weekend Intermarque Concours d’Elegance, Ellerslie, Auckland.

Formerly the property of Mr Warren de France, a 747 Captain for a major international airline, one of the benefits of holding such a role was indulging in one of his favourite pastimes of visiting European car yards and forecourts keeping a keen eye for any irresistible classics. One particular occasion in 1995 this gorgeous Lusso, chassis number #5443 adorned the appropriate ‘for sale’ sign and after some swift negotiation, it was his. For three years the car remained in the UK being visited occasionally for some spirited country-lane driving before the decision was made in early 1999 to ship the car to New Zealand where he’d anticipated moving from working overseas in order to restore and future-proof this important Ferrari. Without intentionally embarking on the level of restoration which then ensued, a small local restorer was enlisted to first strip a small amount of paint to ascertain the level of restoration required. As the area grew larger, predictably, all the paint was ultimately removed. Some previous repairs were uncovered but nothing of any deep concern. In for a penny, in for a pound, with the engine out of the car the decision to strip and refurbish the car and the Weber carburettors was an easy one to reach. Likewise, the differential and gearbox was treated to a rebuild at the same time.

By the time the car’s chassis had been dipped and coated for rust protection the demands of the restoration had begun to outgrow that of the appointed independent restorer. With the restoration fully committed and underway but Warren still living and working in Asia the car and all components were moved to another restorer before (to his credit) he too recognised that the job was beyond his means and skills. Requiring a professional and capable outfit who could complete the car to the greatest standard most deserving of this Ferrari, the Lusso naturally landed with the best Warren could find in mid-2006; Auto Restorations NZ. Within no time at all confidence with the project was at an all-time high and real progress was being made. With the experts at Auto Restorations in charge, they soon had all the elements of panel work, Rosso Cordoba paint, wiring, and the reinstallation of the Columbo-designed V12 engine fusing together to once again breathe life into this prancing horse.

Attention to detail was foremost throughout this restoration and the commitment shown by both Warren and Auto Restorations has paid huge dividends for the next owner. Whilst hard to source, important components such as fog light bulbs, correct headlining and no less than four hides for the intricate leather interior have all been appropriately married to this car, further enhancing the incredible package that this benchmark Ferrari now offers.

Resplendent in chosen Rosso Cordoba coachwork with contrasting tan leather interior the new owner of this very capable and matching-numbers GT can be confident that the quality of the restoration will stand the test of time.

 

本当に素晴らしい車 – 私たちは、在庫にフェラーリ250ルッソの特別RHD例を持って喜んでいます。

登録:WRT 76A
シャーシ番号:250GTL5443
エンジン番号:168
気筒数:12
CC:2953cc
製造年:1963

フェラーリ、スカリエッティ内蔵「ルッソ」ロードゴーイングカーとして販売されており、直接その前身、フェラーリ250 GTの成功系統の恩恵のための最も美しいピニンファリーナのデザインの一つとして多くの人に見なさ。これは、扱いやすい競技馬やスチールボディのグランドツーリングカーのいずれかとして配信デュアルパーパス250 GTショートホイールベースから開発されました。 SWBの時間がアップしたときは、そのロードゴーイングバージョンは、より多くの曲線美250 GTルッソと1962年に置き換えられました。

非常に最初のルッソは、パリのサロンで1962年の10月に登場し、その絶妙な割合のための多くの賞賛を生成しました。バイアスされたお電話が、私たちは前または以来きれい車を考えることはできません。

マラネロコンセッショネアによって建てられたばかりの22右側駆動車の一つは、いくつかの報告は、今日だけで17例が残っていることを示唆しています。この車は、これは、その細心の復元が完了すると、2010年に年間で、この車は尊敬職人と元ペブルビーチコンクール歴のレストアが受信した包括的かつ厳格な復旧、クライストチャーチの自動修復NZに少なからずに特に感謝ですハンサムルッソは当然NZクラシックカーの週末Intermarqueコンクール·デレガンス、エラズリー、オークランドのマスターズクラスで優勝者を戴冠しました。

かつて氏ウォーレン·ド·フランス、主要な国際的な航空会社のための747キャプテンは、そのような役割を持つことの利点の一つの特性は、任意の非常に魅力的な古典のために鋭い目を光らせ、欧州車のヤードと前庭を訪問し、彼のお気に入りの娯楽の一つにふけるました一つの特定の機会に1995年にこの豪華なルッソ、シャーシ番号#5443は、適切な「販売用」記号を飾ったし、いくつかの迅速な交渉の後、それは彼でした。 3年間、車が決定は、彼が回復し、未来にするために、海外で働いてから移動予想のだニュージーランドに車を出荷するために1999年初めに行われた前駆動いくつかの威勢の国車線のために時々訪問している英国に残りました証明この重要なフェラーリ。意図的に、その後続いた回復のレベルに着手することなく、小さなローカル復元を最初に必要な修復のレベルを確認するために、塗料の少量を除去するために入隊しました。面積が大きく成長したように、予想通り、すべての塗料は、最終的には削除されました。以前のいくつかの修理が発見されていないが、任意の深い懸念を何もしました。ペニーのために、ポンドのために、エンジンを搭載した車から車を除去し、改装することを決定し、ウェーバーキャブレターが到達するための簡単​​なものでした。同様に、差動とギアボックスは、同時に再構築するために処理しました。

時間によって車のシャーシは、復元の要求が任命独立した復元のそれを脱却し始めていた錆保護のために浸漬し、コーティングされていました。復元完全にコミットして進行するがウォーレンでまだ生きている、アジアでの作業車を、彼はあまりにも仕事が彼の手段とスキルを超えていたことを認識し(彼の信用に)前に、すべてのコンポーネントが別の復元に移動しました。このフェラーリの最もふさわしい最大の規格に車を完了できた専門家とすることができる服を必要とする、ルッソは当然ウォーレンは2006年半ばに見つけることができる最高で上陸しました。自動修復NZ。プロジェクトを持つすべての信頼でない時間内に高いと真の進歩がなされていたすべての時間でした。担当の自動修復の専門家で、彼らはすぐにパネル作業、ロッソコルドバ塗料、配線、再びこの跳ね馬に命を吹き込むために一緒に融合する刑事コロンボ設計のV12エンジンの再インストールのすべての要素を持っていました。

細部へのこだわりは、この復元を通じて最も重要であり、ウォーレンと自動修復の両方で示さコミットメントは次の所有者のための巨大な配当を支払いました。ソースへのハードながら、このようなフォグ電球、正しいヘッドライニングと複雑なレザー内装用無未満4皮などの重要なコンポーネントは、すべての適切さらにこのベンチマークフェラーリが今提供しています信じられないほどのパッケージを強化する、この車に結婚されています。

輝く対照的なタンレザーインテリアと選択されたロッソコルドバの自動車の車体に、この非常に可能とマッチングナンバーGTの新しい所有者は、復元の品質が時間の試練に耐えることを確信することができます。

 

http://talacrest.com/Ferrari-Sales/Ferrari-250-GT-Lusso/10110.htm

関連記事

ラ・フェラーリ

ラ・フェラーリ ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make Fer

記事を読む

Ferrari 458 Challenge

Ferrari 458 Challenge (2014 Specification) ¥ASK

車両価格:ASK   Description: Ferrari 458

記事を読む

Ferrari 330 LMB 4381

Ferrari 330 LMB 4381 ¥SOLD

車両価格:SOLD One of only three race examples b

記事を読む

Ferrari-LaFerrari-640x420

Ferrari LaFerrari ¥ASK

車両価格:ASK The ultimate modern Ferrari road c

記事を読む

1993 Ferrari 348TS

1993 Ferrari 348TS 456万円

Sold for (£): 24,725 The Ferrari 348 is a m

記事を読む

10389988_942668582427896_3095480823235175386_nAJSHfYAV

Ferrari F430 Challenge 1197万円

車両価格:£65,000 Description: Ferrari F430 Ch

記事を読む

Ferrari 365 GT 4 BB

Ferrari 365 GT 4 BB

スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_365 54000キロ、280キロワット

記事を読む

e8b7cd5497e23bcb1d61e45e6664a704x

2011 Ferrari 599XX Coupe ¥ASK

車両価格:ASK Year:  2011 . Make:  Ferrari . Mod

記事を読む

1969 FERRARI 365 GTC

1969 FERRARI 365 GTC ¥ASK

車両価格:ASK --Sera Blue metallic with Tan leat

記事を読む

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale  2406万円

Sold for (£): 130,500 The Ferrari F360 was

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク