*

PR

Ferrari 500 Superfast ¥ASK

公開日: : フェラーリ , ,

Ferrari 500 Superfast

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

– One of only eight Superfasts built in right-hand drive
– Matching numbers and Ferrari Classiche certification with an extensive history file
– Very late Series I example with five-speed gearbox and A/C
– The only example originally equipped with rear seats
– 13,429 miles from new

In its day, the 500 Superfast represented the pinnacle of Ferrari ownership. Offering a full 400 hp from its 4.9-litre V-12 and capable of exceeding 170 mph, the ultra-exclusive 500 SF attracted Ferrari’s elite clients including Principe Sadhruddin Aga Khan, Peter Livanos (later to own Aston Martin), Georges Filipinetti, Reza Pahlavi (the Shah of Iran) and Peter Sellers.

The 500 Superfast was a supercar in the truest modern sense of the word: impossibly powerful, beautiful and unbelievably expensive, yet perfectly suited to high-speed continental trips in true GT fashion. Introduced at Geneva in 1964, with design and body construction by Pininfarina, the 500 Superfast was built in a limited run of only 376 cars. It was a logical evolution not only of the 410/400 Superamerica but also the one-off Superfast II styling/engineering exercise of 1960. Its Type 208 V-12 engine was unique to this model with the bore-and-stroke dimensions of the Lampredi V-12, but its construction with detachable cylinder heads was more akin to the Gioacchino Colombo-designed Ferrari engines.

Enthusiasts typically divide the 36-car 500 SF production run into two series, the first having 24 cars and the second 12. Generally, the differences between the two series involve their gearboxes, pedal configurations, clutches, power steering and other items, but as with all things Ferrari, these distinctions are not always set in stone, with numerous running changes that make true “series” distinction rather debatable.

The stunning 500 Superfast offered here, chassis 6659 SF, is the 22nd example of the 24 Series I cars built, and it is also one of the eight original right-hand drive cars. While all 500 SFs are of course special, 6659 SF was special-ordered from new and remains the sole example in the world to have been equipped with rear seats. In addition, 6659 SF was factory-fitted with air conditioning, and unlike the majority of the other Series I cars, it was equipped with a five-speed gearbox.

Assigned Pininfarina Job Number 99601, chassis 6659 SF entered the Pininfarina plant in Torino on 26 October, 1964, and it was completed according to Order Number 183 from UK Ferrari importer Maranello Concessionaires. The first of September, 1965 was the official Pininfarina completion date, with the car featuring a Grigio Argento exterior finish, Rosso Franzi upholstery, and “three duct” front wings. On 21 September, 6659 SF was invoiced to Maranello Concessionaires, and it was next delivered to dealer H.R. Owen Limited in London, who sold it to first owner Sir Eric M. Miller of London, England, who paid £11,518 in total—an extraordinary sum of money in those days. The car was UK-registered as “EMM 8” to Mr. Miller, who was a noted property developer, a one-time Labour Party treasurer and a director of Fulham F.C. The registration number “EMM 8” also serves to confirm that this was in fact “Sir Eric Merton Miller.”

Following the death of Mr. Miller in September 1977, 6659 SF remained in England and was stored for many years by Ash Marshall. Later in the 1970s, it was sold to Australia and Pat Burke’s Modena Collection. Since the late 1980s, the car has been owned by a known succession of enthusiasts in Australia and the UK and finally by a property developer of South Africa and England, who had 6659 SF refurbished for £30,000 at GTO Engineering. In late-November 2005, 6659 SF was acquired by a previous owner when UK-registered “KYY 500 C” and sold to a new owner in 2011.

At present, indicated mileage stands at less than 13,429 miles, which are believed to be accurate and original.

The offering of a 500 Superfast of this calibre is a rare occurrence indeed and marks a unique opportunity for the true connoisseur. These cars are rarely offered for sale, and they were and remain one of Ferrari’s finest Gran Turismos. Blessed with completely matching numbers, retaining the original interior and certified by Ferrari Classiche, this 500 Superfast, 6659 SF, combines all the required elements of desirability, plus a five-speed gearbox and air conditioning. The only ever example originally built with rear seats, 6659 SF stands proudly as the rarest of its kind. In the realm of ultra-exclusive Ferrari ownership, it represents perhaps the crowning achievement of Ferrari Gran Turismo production on all levels and can be accurately summed up as “The Rolls Royce of Ferraris.”

 

– 右ハンドルに内蔵された唯一の8 Superfastsの一つ
– 大規模な履歴ファイルとのマッチング番号とフェラーリClassiche認定
– 5速ギアボックスとA / Cと非常に遅くシリーズIの例
– 唯一の例では、最初に後部座席を装備します
– 新しいから13429マイル

その日には、500スーパーファストはフェラーリの所有権の頂点を表します。その4.9リットルのV-12と毎時170マイルを超えることができるから完全な400馬力を提供し、超排他的な500 SFはプリンシペSadhruddinアガ·カーン、ピーターリバノス(後アストンマーチンを所有するために)、ジョルジュ·Filipinetti、レザなど、フェラーリのエリートのクライアントを魅了しましたパーレビ国王(イランのシャー)とピーター·セラーズ。

信じられない、強力な美しく、信じられないほど高価な、まだ真のGTのファッションの高速大陸旅行に最適:500スーパーファストは、単語の本当の近代的な意味でのスーパーカーでした。ピニンファリーナによるデザインとボディ構造で、1964年にジュネーブで導入、500スーパーファストは、376台の限定されたランに建てられました。これは、その型208 V-12エンジンはのボアとストローク寸法で、このモデルに固有であった400分の410 Superamericaの論理的発展だけでなく、1960年の一回限りの超高速IIスタイリング/工学演習でしたLampredi V-12が、取り外し可能なシリンダヘッドとの構成はジョアッキーノ·コロンボ設計のフェラーリエンジンに、より似ていました。

愛好家は、通常、最初有する24車と一般的に第12、2つのシリーズ、そのギアボックスを伴う、ペダルの設定、クラッチ、パワーステアリングと他の項目との間の差が、のように、2つの系列に実行する36-車500 SFの生産を分割しますすべてのものフェラーリで、これらの区別は常に真」シリーズ」の区別はなく、議論の余地を作る多数の実行の変更で、石で設定されていません。

見事な500スーパーファストは、ここに提供される、シャーシ6659 SFは、構築された24シリーズI車の第22例であり、それはまた、8元右ハンドル車の一つです。すべての500のSFはもちろん特殊であるが、6659 SFは新しいから特別な秩序だったと後部座席が装備されている世界で唯一の例のまま。また、6659 SFは工場装着のエアコン付きで、他のシリーズI車の大半とは異なり、それは5速ギアボックスを備えていました。

ピニンファリーナジョブ番号99601を割り当てられ、シャーシ6659 SFは1964年10月26日にトリノでピニンファリーナ工場に入り、それが英国のフェラーリの輸入マラネロコンセッショネアから注文番号183に従って完了されました。 9月、1965年の第一は、グリージョアルジェント外装仕上げ、ロッソFranzi張り、および「3ダクト」のフロントウイングを搭載した車で、公式のピニンファリーナの完了日でした。 9月21日、6659 SFはマラネロコンセッショネアに請求したところ、次の総臨時に£11518を支払っロンドン、イングランドの最初の所有者サーエリックM.ミラーにそれを販売したロンドンのディーラーHRオーウェン·リミテッド、に配信されました当時のお金の合計。車は指摘不動産開発、ワンタイム労働党の会計とフラムFCのディレクターだったMiller氏は、「EMM 8」とUK-登録されました登録番号「EMM 8」はまた、これは実際にあったことを確認するのに役立つ「サーエリック·マートン·ミラー。」

1977年9月でのミラー氏の死に続いて、6659 SFはイギリスにとどまり、アッシュマーシャルによって長年にわたって保存しました。 1970年代後半には、オーストラリア、パット·バークのモデナコレクションに売却されました。 1980年代後半から、車がオーストラリアと英国で、最終的にGTOエンジニアリングで30,000ポンドのために改装されたSF 6659を持っていた南アフリカとイギリスの不動産開発による愛好家の既知の連続によって所有されています。後期2005年11月に、6659 SFは前オーナーUK-登録」KYY 500 C」によって取得され、2011年に新しい所有者に売却しました。

現時点では、走行距離が正確で元であると考えられている未満13429マイル、に立って示しました。

この口径の500スーパーファストの製品は確かにまれであり、真の愛好家のためのユニークな機会をマーク。これらの車はほとんど販売のために提供されていない、と彼らはあったし、フェラーリの最高級グランTurismosの一つ残っています。オリジナルの内装を保持し、完全に一致する数字に恵まれ、フェラーリClassiche、この500スーパーファスト、6659 SFの認定を受け、望ましさの必要なすべての要素を組み合わせ、プラス5速ギアボックス、エアコンが備わっています。もともと後部座席で構築されただけで、これまでの例では、6659 SFは、その種の最も稀として誇らしげに立っています。超排他的なフェラーリの所有権の分野では、それはおそらく、すべてのレベルでのフェラーリグランツーリスモ生産の最高の業績を表し、正確のように要約することができる「フェラーリのロールスロイス」。

 

http://talacrest.com/Ferrari-Sales/Ferrari-500-Superfast/10605.htm

関連記事

1965 Ferrari 330GT 2+2 Series 1 2062万円(SOLD)

Sold for €161,000 1965フェラーリ330GT 2 + 2シリーズ1

記事を読む

Ferrari – F 456 GT ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

FERRARI F40 ¥SOLD

FERRARI F40 YEAR : 1990 MILEAGE : D

記事を読む

FERRARI F40 1億9437万円

車両価格:£995,950 Rosso Corsa Registered 198

記事を読む

Ferrari 365 GTB / 4 Daytona ¥ASK

車両価格:ASK http://thecarexperience.com/ferrra

記事を読む

1991 FERRARI F40 1億6043万円(SOLD)

Sold for US$ 1,430,000 1991 FERRARI F40 ピニ

記事を読む

1973 FERRARI 365 GTB/4 Daytona 1億2874万円

車両価格:£675,000 Mileage 43,000 mil

記事を読む

フェラーリ F50 1億4220万円

車両価格:€1,100,000 Category Coupe Ma

記事を読む

1972 Ferrari Dino 246 GT 3335万円

Sold for (£): 180,550 The Ferrari Dino was

記事を読む

1972 Ferrari Dino 246GT For Sale in London 4483万円

年:1972 カラー:レッド トランスミッション:マニュアル ステアリング:LH

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク