*

PR

Ferrari 330 LMB 4381 ¥SOLD

公開日: : フェラーリ , ,

Ferrari 330 LMB 4381

<スポンサーリンク>

車両価格:SOLD

One of only three race examples built, this 330 Le Mans Berlinetta is in exceptional condition and won this year’s Goodwood TT race.

 

The 330LMB was created to compete in the famous Le Mans 24-hour endurance race and the model made a brief, one-off appearance at the 1963 event. This is a time when competition activities at Ferrari were probably the most prolific and exciting. The design and engineering developments, made necessary by changes in the FIA regulations, around this period were most interesting and they created some of the most wonderful Ferrari racing cars ever produced. The Grand Prix cars of the day were in transition form front to rear engines and the sports racing cars were also soon to adopt the re-location of the power unit. In the meantime a final series of front engined V12 sports cars was being developed, which were later to become the most sought after and valuable Ferraris ever made. They were the 250 GTOs and among the derivates were the 330 LMB models.

 

The 330 LMB was the product of the determination and driving force of Mike Parkes, an engineer and racing driver that so impressed Enzo Ferrari, he offered Parkes the opportunity to be production development engineer and also a place in the SEFAC-Ferrari works team. Parkes was therefore able to design, build and race a car to his own specifications.

 

For the 1962 Le Mans race an experimental category was introduced to increase the variety of cars. It was argued the sports cars had become highly expensive, thinly disguised Grand Prix cars and did not resemble anything that the man in the street could buy. The GT category was therefore seen as necessary. Their idea obviously worked because the race attracted a fabulous array of cars included fifteen Ferraris.

 

Enzo Ferrari capitalised on this opportunity to give his distinguished Testa Rossas a new lease of life and a car based on the TR1/61 was prepared. The car was also significant in that it allowed the manufacturer to establish the new, Testa Rossa derived, 3,967cc power unit that had been conceived in 1960. The engine was based on the 400 SA pro9duction block and fitted with the SOHC Testa Rossa heads and TR inlet system, dry sump and machined conrods. The 390bhp unit was fitted with six carbs and mated to a five speed gearbox.

 

The Hybrid car, chassis number 0808, was the last sports racing Ferrari with a front mounted engine. It was designated as the 330LM Experimental although, according to different sources, it was also known as the TR1 330LM or 330 TR. The new engine proved toe be extremely effective because the SEFAC-Ferrari entered car was driven to victory by Phil Hill and Olivier Gendebien.

 

Antoehr, more recognisable, 4-litre development car accoumpanied 0808 in the same race. The new engine was installed in a 250 GTO which ran together with 0808 until Mike Parkes parked it in the sand trap at Mulsanne on the first lap and later retired due to over heating. The prototype 330LM is often referred to as the 330 GTO and is distinguishable from other GTOs in having a large hump in the bonnet.

 

 

 

Due to speculation with regards to potential changes to the regulations for the GT prototypes category in 1962, Enzo Ferrari prepared two examples of the cars in intended to run for the 1963 race and unveiled them at the Monza press conference in March; the open 250P rear engined 3litre V12 closed coupe and the 330 LMB. There were three definitive 330 LMBs constructed for the Le Mans in 1963. They included the car offered (#4381).

Mike Parkes ran 4381 at the Le Mans trials in April when he set the second fastest time, recording 187 mph on the Mulsanne straight. This put the car in the record books as being the first car to attain 300km/h at Le Mans.

 

4381 survived the race for eight hours and was in 26th place until all oil was lost due to a loose filter.

 

This car is exceptionally rare and an important piece of history.

 

内蔵3つだけのレース例の一つは、この330ルマンBerlinettaでは例外的な状態にあり、今年のグッドウッドTTレースに勝ちました。

330LMBは有名なル·マン24時間耐久レースに出場するために作成されたモデルは、1963年のイベントを簡単に、ワンオフ外観としました。これは、フェラーリでの競争活動がおそらく最も多作かつエキサイティングた時間です。デザインとエンジニアリングの発展、この期間の周りのFIAの規制の変更、最も面白かったし、彼らがこれまで製造し、最も素晴らしいフェラーリレーシングカーの一部を作成して、必要な製。一日のグランプリ車はリアエンジンとスポーツレーシングカーに遷移形のフロントにあった電源ユニットの再位置を採用すること、すぐにもありました。一方で、フロントエンジン搭載のV12スポーツカーの最後のシリーズは、これまでに作った最も引っ張りだこと貴重なフェラーリになるために後であったが開発されていました。彼らは250のGTOであり、誘導体のうち、330 LMBモデルがありました。

330 LMBは決意の製品だったとマイク·パークス、エンジニアやレーシングドライバーに感動エンツォ·フェラーリの駆動力を、彼はパークスに製品開発エンジニアなる機会を提供し、またSEFAC·フェラーリでの場所はチームに動作します。パークスは、したがって、設計、構築、自分仕様に車をレースすることができました。

1962年ル·マンのレースのために実験的なカテゴリは、車の多様性を高めるために導入されました。それは、スポーツカーは非常に高価な、薄く偽装グランプリ車になっていたし、通りに人が買うことができるものに似ていなかったと主張しました。 GTカテゴリーは、したがって、必要に応じて見られました。レースカーの素晴らしい配列が15フェラーリを含ま集め、それらのアイデアは明らかに働きました。

エンツォフェラーリは彼の区別テスタRossas人生の新しいリースとTR1に基づいて車を与えるために、この機会に大文字/ 61を調製しました。それはメーカーが1960年のエンジンに考案された新しい、テスタ·ロッサが派生、3,967cc電源ユニットを確立することを許可されたという点で、400のSA pro9ductionブロックに基づいており、SOHCテスタ·ロッサヘッドを装着した車も有意であったとTR導入系、ドライサンプ及び機械加工コンロッド。 390bhpユニットは、6つの炭水化物を装着し、5速ギアボックスに釣り合わせました。

ハイブリッド車、シャーシ番号0808は、前面搭載されたエンジンとの最後のスポーツレーシングフェラーリでした。これは、別の情報源によると、それはまたTR1 330LMまたは330 TRとして知られていた、が、330LM実験としました。新しいエンジンはSEFAC-フェラーリは車がフィル·ヒルとオリビエGendebienによって勝利に牽引された入力したため、つま先が非常に効果的であることを証明しました。

Antoehr、より認識、4リットル開発車は、同じレースで0808をaccoumpanied。新しいエンジンは、マイク·パークスが最初のラップでミュルザンヌで砂トラップでそれを駐車し、後に加熱によるオーバーに引退するまで0808と一緒に走った250 GTOに設置されました。プロトタイプ330LMは、しばしば330 GTOと呼ばれ、ボンネットに大きなこぶを有する他のGTOに区別されます。

原因1962年にGTプロトタイプカテゴリーの規制の電位変化に関してで投機に、エンツォ·フェラーリは、1963年のレースのために実行することを意図しており、3月モンツァの記者会見で、それらを発表に車の2つの例を用意し; 3litreのV12エンジン搭載のオープン250Pの背面には、クーペと330 LMBを閉じました。彼らが提供する車(#4381)に含まれる1963年にル·マンのために構築3決定的330のLMBがありました。

彼はミュルザンヌのストレートで毎時187マイルを記録し、2番手タイムを設定するとマイク·パークス4月にル·マン裁判で4381を実行しました。これは、ル·マンで毎時300キロを達成する最初の車であるとして帳簿に車を置きます。

4381は8時間レースに生存し、すべての油が緩いフィルタのために失われたまでは26位でした。

この車は非常にまれであり、歴史の重要な部分です。

http://talacrest.com/Ferraris-Sold/Ferrari-330-LMB—4381/814.htm

関連記事

Ferrari 330 LMB ¥SOLD

車両価格:SOLD   There were four 330 LMB

記事を読む

フェラーリ ディーノ 246GT Mタイプ ¥ASK

車両価格:ASK レッド×ブラックデイトナシート フルレストア済 http://

記事を読む

1987 フェラーリ 328GTS 1080万円

車両価格:1080万円 赤/タン 走行35,000km http://www.a

記事を読む

1972 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA COUPE 1億330万円

車両価格:$850,000   --Rosso Chiaro Cors

記事を読む

1989 Ferrari 328 GTS 1423万円

Sold for (£): 77,050 The Ferrari 328 first

記事を読む

Ferrari 575M Maranello F1 1043万円

車両価格:79,000スイスフラン Boîte F1, Livraison Sui

記事を読む

1968-69 FERRARI DINO 166/246T FORMULA 2/TASMAN FORMULA RACING SINGLE-SEATER 1億4119万円(SOLD)

Sold for US$ 1,210,000 元クリス・エイモン、ブライアン・レッドマ

記事を読む

Ferrari 348 Michelotto Competizione ¥ASK

車両価格:ASK レーシングカー 内部番号:ferr_348_shell 265キ

記事を読む

1978 Ferrari 308 GTB 1130万円

Sold for (£): 61,313 The 308 GTB was launch

記事を読む

Ferrari 500 Superfast ¥ASK

車両価格:ASK - One of only eight Superfasts bui

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク